サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

保育士の需給状況等に関する調査研究報告書 平成21年度

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

詳細情報

タイトル 保育士の需給状況等に関する調査研究報告書
著者標目 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三菱UFJリサーチ&コンサルティング
出版年月日等 2010.2
大きさ、容量等 127p ; 30cm
注記 平成21年度厚生労働省委託調査研究
JP番号 21858801
巻次 平成21年度
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 保育士
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC EG57
NDC(9版) 369.42 : 社会福祉
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 保育士の需給状況等に関する調査研究報告書.平成21年度.
  • ◆目次◆
  • 第1章 調査概要概要 1
  • 第1章 1 実施概要 1
  • 第1章 1 (1) 目的 1
  • 第1章 1 (2) 内容と方法 2
  • 第1章 1 (3) 実施体制 5
  • 第2章 保育所保育士の就業状況、需給動向等の整理 6
  • 第2章 1 関連する既存統計の整理 6
  • 第2章 2 保育士の就業状況、需給動向 8
  • 第2章 2 (1) 保育士の就業状況 8
  • 第2章 2 (2) 保育士の供給動向 9
  • 第2章 2 (3) 保育士の需要動向 10
  • 第2章 3 保育士の求人・求職のマッチング状況(参考) 12
  • 第2章 3 (1) 保育士求人数、求職者数の推移 12
  • 第2章 3 (2) 求人側が希望する雇用形態、求職側が希望する雇用形態 12
  • 第3章 都道府県別保育士の需給推計について 13
  • 第3章 1 都道府県別保育士の需要推計 13
  • 第3章 1 (1) 今後の保育所利用の増加に伴う必要保育士数の推計方法 13
  • 第3章 1 (2) 今後の保育所利用の増加に伴う必要保育士数の推計結果 14
  • 第3章 2 都道府県別保育士の労働力供給、労働力需給ギャップの推計 17
  • 第3章 2 (1) 都道府県別年齢階層別の保育士データの整備 17
  • 第3章 2 (2) 将来の都道府県別保育士の労働力供給推計 18
  • 第3章 2 (3) 将来の都道府県別保育士の労働力需給の推計 19
  • 第4章 保育士有資格者の就業継続及び再就職の意向等の実態 22
  • 第4章 1 基本属性 22
  • 第4章 1 (1) 年齢・性別 22
  • 第4章 1 (2) 婚姻関係・子どもの状況 23
  • 第4章 2 保育士資格取得時の状況 23
  • 第4章 2 (1) 保育士資格の取得方法 23
  • 第4章 2 (2) 資格取得直後の就職先 24
  • 第4章 2 (3) 資格取得直後(初職)に、保育士の仕事に就くために必要な支援や課題 25
  • 第4章 3 現役保育士の就業状況 27
  • 第4章 3 (1) 就業先 27
  • 第4章 3 (2) 就業形態 27
  • 第4章 3 (3) 現在の職場の見つけ方 29
  • 第4章 3 (4) 現在の職場を選んだ決め手 29
  • 第4章 3 (5) 仕事や職場の満足度 30
  • 第4章 3 (6) 保育施設の職員用の設備の状況 31
  • 第4章 3 (7) 今後の保育士の仕事の継続意向 31
  • 第4章 3 (8) 保育士の仕事を続けるにあたって、不安に感じていること 32
  • 第4章 3 (9) 保育士として辞めずに働き続けるために必要な支援や課題 34
  • 第4章 4 保育士の仕事の離職等の状況 36
  • 第4章 4 (1) 保育士の仕事の離職経験、離職回数 36
  • 第4章 4 (2) 直近の保育士の仕事を離職した理由 37
  • 第4章 4 (3) 直近の保育士の仕事を離職したことに対する意識 38
  • 第4章 4 (4) 保育士の仕事に再就職する際に課題となっている(なった)こと 39
  • 第4章 4 (5) 保育士として就業した経験がない理由 40
  • 第4章 5 現在保育士に就業していない人の保育士への就業意向 42
  • 第4章 5 (1) 今後の保育士の仕事の就業意向 43
  • 第4章 5 (2) 就業意向のある人の意識 44
  • 第4章 5 (3) 保育士として再就職するために必要な支援や課題 47
  • 第4章 6 保育士の仕事に対する意識 49
  • 第4章 7 保育士として就業していないが、就業意向のある人の状況 50
  • 第4章 7 (1) 年齢 50
  • 第4章 7 (2) 保育士として就業するために準備していること 51
  • 第4章 7 (3) 保育士として就業する際の希望する就業形態 52
  • 第4章 7 (4) 職場を選ぶ際に決め手となること 52
  • 第4章 8 まとめ 54
  • 第4章 8 (1) 保育士資格取得時の保育士への就業に関する課題 54
  • 第4章 8 (2) 保育士の仕事を継続するための課題 54
  • 第4章 8 (3) 保育士の仕事に再就業するための課題 55
  • 第5章 各地域の保育所保育士の確保困難状況、対応方策実施動向 57
  • 第5章 1 保育所保育士の確保難の発生状況 57
  • 第5章 1 (1) 全体概況 57
  • 第5章 1 (2) 主たる「確保困難な保育士」のタイプ(雇用形態及び就業形態) 58
  • 第5章 2 確保難の背景、要因 59
  • 第5章 3 採用確保難への対応策として実施していること 71
  • 第5章 3 (1) 潜在有資格者の再就職支援 71
  • 第5章 3 (2) 保育士の処遇向上関連 71
  • 第5章 4 資質向上の対応策として実施していること 72
  • 第6章 保育士の就職、就業継続及び再就職を取り巻く課題と今後の方策のありかた 73
  • 第6章 1 課題状況の整理 73
  • 第6章 1 (1) 有資格者調査結果から 73
  • 第6章 1 (2) 全国の自治体調査結果から 74
  • 第6章 2 課題解決のための今後の方策、枠組みのありかた 76
  • 第6章 2 (1) 正規(常勤)で保育所の保育士の仕事を継続していくための労働条件の整備 76
  • 第6章 2 (2) 出産子育て期間後に再就職・復職できるための労働条件の整備 76
  • 第6章 2 (3) 長期勤続を支援し専門性と経験を高め「保育のプロ」として成長できる機会がある専門職とするための仕組みの整備 77
  • 第6章 2 (4) 経営の近代化、1法人1施設の保育所保育士の職場環境向上課題の解決のための仕組みの整備 77
  • 資料編 79
  • 都道府県別カルテ 79

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで