The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

スポーツ運動科学 : バイオメカニクスと生理学

W.E.ギャレット, Jr., D.T.カーケンダル 編,宮永豊 総監訳,阿江通良, 河野一郎, 高松薫, 徳山薫平 監訳

details

Title スポーツ運動科学 : バイオメカニクスと生理学
Author W.E.ギャレット, Jr., D.T.カーケンダル 編
Author 宮永豊 総監訳
Author 阿江通良, 河野一郎, 高松薫, 徳山薫平 監訳
Personal Name (Author) Garrett, William E
Personal Name (Author) Kirkendall, Donald T
Personal Name (Author) 宮永, 豊, 1941-
Personal Name (Author) 阿江, 通良, 1951-
Personal Name (Author) 河野, 一郎, 1946-
Personal Name (Author) 高松, 薫, 1944-
Series スポーツ科学・医学大事典
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher西村書店
Date 2010.10
Size & Duration 959p ; 27cm
Description 原タイトル: Exercise and sport science
Description 文献あり 索引あり
ISBN 9784890134007
Price 18000円
National Bibliography No.(JPNO) 21826593
NS-MARC No. 126118800
Parallel Title Exercise and sport science
Year of Publication(W3CDTF) 2010
Subject Heading(Keyword) 運動医学
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC FS13
NDC(9th revised) 780.19 : Sports and physical training
Original Lunguage (ISO639_2) eng : English
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • スポーツ運動科学 : バイオメカニクスと生理学
  • 目次
  • 総監訳者序文 iii
  • 訳者一覧 iv
  • 編者序文 vi
  • 執筆者一覧 vii
  • I部 エネルギー代謝
  • I部 第1章 糖質代謝と運動 3
  • I部 第1章 糖質の貯蔵 3
  • I部 第1章 安静時の糖質代謝 3
  • I部 第1章 運動中の糖質代謝 3
  • I部 第1章 運動後の糖質代謝 6
  • I部 第1章 結論 7
  • I部 第2章 脂質代謝 8
  • I部 第2章 外因性脂質の消化,吸収 8
  • I部 第2章 貯蔵脂肪 9
  • I部 第2章 脂質代謝 9
  • I部 第2章 安静時における脂質の代謝回転 11
  • I部 第2章 運動時の脂肪酸代謝 11
  • I部 第3章 運動中のタンパク質代謝 18
  • I部 第3章 タンパク質の必要量:何が問題となっているのか? 19
  • I部 第3章 タンパク質代謝の概略 19
  • I部 第3章 1970~80年代前半にかけての研究データ 21
  • I部 第3章 最近の研究 21
  • I部 第3章 指針 24
  • I部 第3章 結論 24
  • II部 運動の生理学
  • II部 第4章 スポーツにおける仕事とパワーの測定 29
  • II部 第4章 仕事とパワーのテスト 29
  • II部 第4章 スポーツ特殊テスト 33
  • II部 第4章 結論 49
  • II部 第5章 間欠的運動の生理学 50
  • II部 第5章 間欠的運動中における有酸素性エネルギー産生 51
  • II部 第5章 間欠的運動中における無酸素性エネルギー産生 52
  • II部 第5章 間欠的運動中における基質利用 55
  • II部 第5章 間欠的運動中におけるパフォーマンス 56
  • II部 第5章 結論 60
  • II部 第6章 トレーニング効果の特質 61
  • II部 第6章 エクササイズを用いたトレーニングの生物学的本質 61
  • II部 第6章 トレーニング効果のメカニズム 62
  • II部 第6章 トレーニング効果の実現化 66
  • II部 第6章 骨格筋におけるトレーニングの特性 66
  • II部 第6章 他の組織や器官に対するトレーニング効果の特性 76
  • II部 第7章 随意運動における疲労 89
  • II部 第7章 中枢性疲労 90
  • II部 第7章 末梢性疲労 92
  • III部 運動に対する全身の反応
  • III部 第8章 運動やトレーニングに対する心血管系の反応 97
  • III部 第8章 運動におけるエネルギー産生システム 97
  • III部 第8章 酸素摂取 97
  • III部 第8章 運動に対する呼吸・循環系の急性反応 99
  • III部 第8章 VO2maxの測定 100
  • III部 第8章 VO2maxの生理的変動 101
  • III部 第8章 トレーニングに対する心血管系および代謝系の適応 102
  • III部 第8章 動的運動対等尺性運動 104
  • III部 第9章 運動やトレーニングに対する呼吸反応 105
  • III部 第9章 呼吸器系の役割 105
  • III部 第9章 呼吸器系の構造 107
  • III部 第9章 急性運動に対する呼吸反応 110
  • III部 第9章 長期間の運動における呼吸反応 114
  • III部 第9章 結論 118
  • III部 第10章 運動やトレーニングに対する内分泌反応 119
  • III部 第10章 内分泌システムの概観 120
  • III部 第10章 下垂体 120
  • III部 第10章 甲状腺生理学 126
  • III部 第10章 副腎 128
  • III部 第10章 膵臓 134
  • III部 第10章 精巣 136
  • III部 第10章 卵巣ホルモン 138
  • III部 第10章 他のホルモンと非古典的なホルモン 139
  • III部 第10章 結論 141
  • III部 第11章 運動やトレーニングに対する骨格筋の反応 143
  • III部 第11章 解剖 143
  • III部 第11章 運動やトレーニングに対する短期的な反応 148
  • III部 第11章 運動やトレーニングに対する長期的な反応 151
  • III部 第11章 結論 153
  • III部 第12章 運動,免疫系および感染症 155
  • III部 第12章 B型ウイルス性肝炎 155
  • III部 第12章 HIV感染症 156
  • III部 第12章 皮膚感染 157
  • III部 第12章 上気道感染症(URTI) 158
  • III部 第12章 免疫系における運動の影響 161
  • III部 第12章 感染症罹患中のスポーツ選手の管理 164
  • III部 第12章 結論 165
  • III部 第13章 運動と消化管機能 166
  • III部 第13章 解剖 166
  • III部 第13章 消化管機能に対する運動の影響 178
  • III部 第14章 運動やトレーニングに対する腎臓の反応 188
  • III部 第14章 腎臓の解剖生理 188
  • III部 第14章 腎血流 188
  • III部 第14章 尿細管腔 189
  • III部 第14章 糸球体濾過 189
  • III部 第14章 尿細管機能 190
  • III部 第14章 尿成分の構成に影響するホルモン 191
  • III部 第14章 腎臓でのホルモン産生 191
  • III部 第14章 運動に対する急性反応 192
  • III部 第14章 慢性運動に対する反応 194
  • III部 第14章 慢性腎不全や末期腎疾患における運動トレーニング 194
  • III部 第15章 運動やトレーニングに対する骨の反応 196
  • III部 第15章 骨の量と大きさに対する力学的調節 196
  • III部 第15章 骨の運動に対する反応 200
  • III部 第16章 運動やトレーニングに対する皮膚の反応 205
  • III部 第16章 熱伝達の機序 205
  • III部 第16章 皮膚の解剖学的構造 206
  • III部 第16章 温度調節と皮膚 206
  • III部 第16章 動的運動の開始 209
  • III部 第16章 中等度の長さの動的運動 210
  • III部 第16章 長時間にわたる動的運動 211
  • III部 第16章 局所皮膚温と動的運動 213
  • III部 第16章 等尺性運動と皮膚 213
  • III部 第16章 環境への順化とトレーニング効果 213
  • III部 第16章 結論 213
  • III部 第17章 運動の分子生物学 215
  • III部 第17章 定義 215
  • III部 第17章 筋肥大の概要 215
  • III部 第17章 肥大した骨格筋における分子適応 216
  • III部 第17章 筋骨格筋肥大における分子シグナル 220
  • III部 第17章 ミトコンドリアの適応 222
  • III部 第17章 トレーニングによる筋中のミトコンドリア密度増加のメ力ニズム 223
  • III部 第17章 運動分子医学 224
  • III部 第17章 今後の研究 226
  • III部 第17章 結論 226
  • IV部 応用的な課題
  • IV部 第18章 血中乳酸測定による有酸素-無酸素の変換期の評価 229
  • IV部 第18章 最大運動時のパラメーター 229
  • IV部 第18章 最大下運動時のパラメーター:無酸素性作業閾値の概念 229
  • IV部 第18章 IATの再現性と信頼性 230
  • IV部 第18章 IATの妥当性―生理的閾値か 231
  • IV部 第18章 測定法の影響 232
  • IV部 第18章 スポーツへの応用 232
  • IV部 第18章 IATとトレーニングのモニター 233
  • IV部 第18章 インターバルトレーニング 233
  • IV部 第18章 オーバートレーニング 234
  • IV部 第18章 心臓リハビリテーションの運動 234
  • IV部 第18章 結論 234
  • IV部 第19章 運動によって幸せな老後を 235
  • IV部 第19章 有酸素性運動 235
  • IV部 第19章 運動と炭水化物代謝 236
  • IV部 第19章 筋力トレーニング 237
  • IV部 第19章 健康な骨のために 239
  • IV部 第19章 タンパク質所要量と老化 239
  • IV部 第19章 高齢者の筋力トレーニング 241
  • IV部 第19章 結論 241
  • IV部 第20章 エクササイズに及ぼす大気汚染の影響 242
  • IV部 第20章 大気汚染物質への曝露 242
  • IV部 第20章 大気汚染曝露の慢性影響 244
  • IV部 第20章 室内空気 244
  • IV部 第20章 オゾン 245
  • IV部 第20章 一酸化炭素 248
  • IV部 第20章 二酸化硫黄 249
  • IV部 第20章 粒子状物質 251
  • IV部 第20章 窒素酸化物 252
  • IV部 第20章 結論 252
  • IV部 第20章 但し書き 252
  • IV部 第21章 運動とスポーツにおけるフリーラジカルと抗酸化物 253
  • IV部 第21章 運動中のフリーラジカルの生成 253
  • IV部 第21章 抗酸化防衛系 258
  • IV部 第21章 結論 268
  • IV部 第22章 スポーツと身体組成:測定方法ならびに減量と増量への応用 269
  • IV部 第22章 身体組成がパフォーマンスに及ぼす影響 269
  • IV部 第22章 身体組成の評価 270
  • IV部 第22章 スポーツ選手の身体組成の特徴 274
  • IV部 第22章 最小限および理想体重の推定 275
  • IV部 第22章 スポーツ選手の体格と身体組成をつくり替える 276
  • IV部 第23章 運動科学と小児のスポーツ選手 285
  • IV部 第23章 運動に対する生理的反応:小児に特有の反応 285
  • IV部 第23章 運動トレーニングへの反応 288
  • IV部 第23章 小児のスポーツ選手における生理的,精神的ストレスの影響 292
  • IV部 第23章 結論 295
  • IV部 第24章 時間生物学と身体パフォーマンス 296
  • IV部 第24章 ヒトの安静時における概日リズム 297
  • IV部 第24章 パフォーマンスのリズム 299
  • IV部 第24章 トレーニングと時刻 304
  • IV部 第24章 パフォーマンスのリズムにおける個人差 305
  • IV部 第24章 睡眠-覚醒サイクル 306
  • IV部 第24章 体内時計 310
  • IV部 第24章 旅行時の体内時計の乱れ 311
  • IV部 第24章 結論 316
  • IV部 第25章 競技力向上用増強補助製品 317
  • IV部 第25章 生理的増強 318
  • IV部 第25章 薬学的増強 323
  • IV部 第25章 結論 327
  • IV部 第26章 高温,低温の気候における身体活動 328
  • IV部 第26章 熱ストレス 328
  • IV部 第26章 寒冷ストレス 334
  • IV部 第26章 結論 339
  • IV部 第27章 運動誘発性筋損傷と炎症 341
  • IV部 第27章 運動誘発性筋損傷 341
  • IV部 第27章 炎症概要 342
  • IV部 第27章 急性炎症とサイトカイン 342
  • IV部 第27章 急性炎症と白血球 344
  • IV部 第27章 急性炎症と化学的誘引物質 345
  • IV部 第27章 急性炎症と細胞接着分子 345
  • IV部 第27章 急性炎症と急性期タンパク質 346
  • IV部 第27章 アポトーシスと炎症の終結 347
  • IV部 第27章 コルチコステロイドと炎症の終結 347
  • IV部 第27章 提唱されている運動誘発性急性炎症の過程 347
  • IV部 第27章 いくつかの"見解"に対する疑問 348
  • IV部 第28章 運動時の水分と電解質 350
  • IV部 第28章 運動中の体温調節 350
  • IV部 第28章 発汗:水分と電解質の喪失 351
  • IV部 第28章 汗の喪失:運動のパフォーマンスへの影響 353
  • IV部 第28章 水分と電解質のバランスの調節 353
  • IV部 第28章 運動中の水分と電解質の補給 355
  • IV部 第28章 運動前の水和作用 358
  • IV部 第28章 運動後の水分補給 358
  • IV部 第29章 成長,成熟と運動能力 360
  • IV部 第29章 生後の成長と成熟の概観 361
  • IV部 第29章 成長の研究 361
  • IV部 第29章 成熟の研究 363
  • IV部 第29章 身体の大きさ,プロポーションと身体組成の年齢差,性差 366
  • IV部 第29章 運動発達 369
  • IV部 第29章 運動能力 370
  • IV部 第29章 成熟に関連したばらつき 370
  • IV部 第29章 青少年スポーツ選手の成長と成熟 372
  • IV部 第29章 成長と成熟指標へのスポーツトレーニングの影響 375
  • IV部 第30章 パフォーマンスに対する低圧と高圧の影響 379
  • IV部 第30章 低圧環境 379
  • IV部 第30章 高圧環境 389
  • IV部 第31章 運動能力に及ぼす微小重力の影響 390
  • IV部 第31章 宇宙環境適応後の運動能力 390
  • IV部 第31章 運動機能低下に関与する生理変化 393
  • IV部 第31章 微小重力環境への適応が身体機能に及ぼす影響 397
  • IV部 第31章 微小重力への身体適応に対する運動の効果 397
  • IV部 第31章 結論 398
  • IV部 第32章 栄養による運動パフォーマンス向上 400
  • IV部 第32章 エネルギー代謝 400
  • IV部 第32章 三大栄養素とエネルギー供給 402
  • IV部 第32章 パフォーマンス向上の食事戦略 405
  • IV部 第32章 タンパク質必要量 408
  • IV部 第32章 ビタミンとミネラル 409
  • IV部 第32章 栄養補助食品としてのクレアチン補給 410
  • IV部 第32章 結論 411
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチング:病因,病態,予防 412
  • IV部 第33章 オーバートレーニングの徴候と症状 412
  • IV部 第33章 オーバートレーニング研究のモデル 413
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチングの罹患 413
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチングの生理的変化 414
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチングのホルモン変化 416
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチングの免疫学的変化 417
  • IV部 第33章 オーバートレーニングとオーバーリーチングの心理的変化 419
  • IV部 第33章 スポーツ選手のオーバートレーニング症候群のモニタリング,予防,治療 420
  • IV部 第33章 オーバートレーニングのメカニズム 422
  • IV部 第34章 トレーニングの期分け 423
  • IV部 第34章 歴史的考察 423
  • IV部 第34章 コーチングの観点 424
  • IV部 第34章 科学的観点 428
  • IV部 第34章 理論的観点 431
  • IV部 第34章 研究的観点 433
  • IV部 第34章 結論 434
  • V部 スポーツのバイオメカニクス
  • V部 第35章 自転車運動のバイオメカニクス 437
  • V部 第35章 一般的な自転車運動のオーバーユース障害 437
  • V部 第35章 自転車運動のキネマティクス 439
  • V部 第35章 自転車運動における筋活動 444
  • V部 第35章 自転車運動のキネティクス 447
  • V部 第35章 結論 458
  • V部 第36章 着地動作のバイオメカニクス 459
  • V部 第36章 着地局面 459
  • V部 第36章 地面反力 459
  • V部 第36章 着地におけるGRFの減弱に影響を及ぼす要因 462
  • V部 第36章 着地動作における筋群の役割 465
  • V部 第36章 関節キネティクスとエネルギー論 467
  • V部 第36章 内的負荷 467
  • V部 第36章 結論 468
  • V部 第37章 キック動作のバイオメカニクス 470
  • V部 第37章 キック動作の局面分け 471
  • V部 第37章 助走の角度 471
  • V部 第37章 支持足にかかる力 472
  • V部 第37章 蹴り足で発揮される力 473
  • V部 第37章 蹴り足のスイング中の股関節の屈曲と膝関節の伸展動作 474
  • V部 第37章 ボールインパクト 479
  • V部 第37章 フォロースルー 480
  • V部 第37章 結論 481
  • V部 第38章 オーバーヘッドスポーツのバイオメカニクス 482
  • V部 第38章 運動連鎖 482
  • V部 第38章 投球動作 484
  • V部 第38章 他のオーバーヘッドスポーツ 494
  • V部 第38章 投球動作や他のオーバーヘッド動作にかかわる傷害 495
  • V部 第38章 オーバーヘッド選手のためのリハビリテーション 500
  • V部 第38章 結論 500
  • V部 第39章 パワーリフティング,ウェイトリフティング運動のバイオメカニクス 501
  • V部 第39章 動的スクワットにおける膝のバイオメカニクス 501
  • V部 第39章 デッドリフトのバイオメカニクス 514
  • V部 第39章 ベンチプレスのバイオメカニクス 518
  • V部 第39章 ウェイトリフティングのバイオメカニクス 520
  • V部 第39章 リフティング中のウェイトベルトと腹腔内圧/胸腔内圧の役割と効果 525
  • V部 第40章 アルペンスキーとノルディックスキーのバイオメカニクス 530
  • V部 第40章 アルペンスキーのバイオメカニクス 530
  • V部 第40章 クロスカントリースキーのバイオメカニクス 536
  • V部 第40章 クロスカントリースキーのスケーティング 540
  • V部 第40章 バイオメカニクスからみたスケーティングのその他の特性 544
  • V部 第40章 スケーティング中にポールとスキーに加わる力 546
  • V部 第40章 結論 548
  • V部 第41章 水泳のバイオメカニクス 549
  • V部 第41章 抵抗 550
  • V部 第41章 抵抗の測定 551
  • V部 第41章 ヒトの水泳における推進力 554
  • V部 第41章 水泳のエネルギー論 559
  • V部 第41章 推進時のエネルギー損失 560
  • V部 第41章 推進効率を決定する要因 562
  • V部 第41章 結論 566
  • V部 第42章 歩行とランニングのバイオメカニクス 568
  • V部 第42章 歩行のバイオメカニクスと経済性の関係 568
  • V部 第42章 高齢者,障害者における歩行のバイオメカニクス 572
  • V部 第42章 歩行とランニングの弾性機構 575
  • V部 第42章 歩行の適応性 576
  • V部 第42章 結論 579
  • V部 第43章 アイスホッケーのバイオメカニクス 580
  • V部 第43章 アイスホッケー競技 580
  • V部 第43章 ホッケーのスキル 580
  • V部 第43章 スケートの力学 582
  • V部 第43章 スティックとパックの力学 592
  • V部 第43章 結論 596
  • VI部 スポーツの応用生理学
  • VI部 第44章 アルペンスキーの生理学 599
  • VI部 第44章 競技特性 599
  • VI部 第44章 スキーに必要とされること 601
  • VI部 第44章 生理的必要条件 602
  • VI部 第44章 競技者 608
  • VI部 第44章 競技者のトレーニング 609
  • VI部 第45章 野球の生理学 614
  • VI部 第45章 競技特性 614
  • VI部 第45章 競技者 618
  • VI部 第45章 競技者のトレーニング 621
  • VI部 第45章 リハビリテーションの概要 625
  • VI部 第45章 結論 631
  • VI部 第46章 バスケットボールの生理学 635
  • VI部 第46章 競技特性 635
  • VI部 第46章 競技者 637
  • VI部 第46章 競技者のトレーニング 641
  • VI部 第46章 結論 647
  • VI部 第47章 カヌースポーツの生理学 648
  • VI部 第47章 競技特性 648
  • VI部 第47章 フラットウォータースプリント 649
  • VI部 第47章 スラローム 654
  • VI部 第47章 その他のカヌー競技 657
  • VI部 第47章 結論 659
  • VI部 第48章 自転車競技の生理学 660
  • VI部 第48章 競技特性 660
  • VI部 第48章 競技者 664
  • VI部 第48章 競技者のトレーニング 666
  • VI部 第48章 結論 671
  • VI部 第49章 ダンスの生理学 672
  • VI部 第49章 競技特性 672
  • VI部 第49章 競技者 681
  • VI部 第49章 競技者のトレーニング 682
  • VI部 第49章 今後の研究 683
  • VI部 第49章 結論 684
  • VI部 第50章 フィギュアスケートの生理学 685
  • VI部 第50章 競技特性 685
  • VI部 第50章 競技者 690
  • VI部 第50章 競技者のトレーニング 691
  • VI部 第51章 アメリカンフットボールの生理学 694
  • VI部 第51章 競技特性 694
  • VI部 第51章 競技者 698
  • VI部 第51章 競技者のトレーニング 702
  • VI部 第51章 結論 711
  • VI部 第52章 アイスホッケーの生理学 713
  • VI部 第52章 競技特性 713
  • VI部 第52章 競技者 716
  • VI部 第52章 競技者のトレーニング 723
  • VI部 第53章 クロスカントリースキーの生理学 725
  • VI部 第53章 競技特性 725
  • VI部 第53章 競技者 731
  • VI部 第53章 競技者のトレーニング 733
  • VI部 第54章 ボート競技の生理学 738
  • VI部 第54章 競技特性 739
  • VI部 第54章 競技者 756
  • VI部 第54章 競技者のトレーニング 759
  • VI部 第54章 結論 762
  • VI部 第55章 サッカーの生理学 764
  • VI部 第55章 競技特性 764
  • VI部 第55章 競技者 766
  • VI部 第55章 競技者のトレーニング 769
  • VI部 第55章 結論 773
  • VI部 第56章 スピードスケートの生理学 774
  • VI部 第56章 競技特性 774
  • VI部 第56章 競技者 777
  • VI部 第56章 競技者のトレーニング 778
  • VI部 第57章 水泳の生理学 782
  • VI部 第57章 競技特性 782
  • VI部 第57章 競技者 785
  • VI部 第57章 競技者のトレーニング 785
  • VI部 第57章 結論 790
  • VI部 第58章 ラケットスポーツの生理学 791
  • VI部 第58章 競技特性 791
  • VI部 第58章 競技者 795
  • VI部 第58章 競技者のトレーニング 799
  • VI部 第58章 結論 803
  • VI部 第59章 トライアスロンの生理学 804
  • VI部 第59章 競技特性 805
  • VI部 第59章 競技者 806
  • VI部 第59章 生理的特徴 813
  • VI部 第59章 競技者のトレーニング 817
  • VI部 第59章 期分け 821
  • VI部 第60章 ウェイトリフティングの生理学 824
  • VI部 第60章 競技特性 824
  • VI部 第60章 競技者 833
  • VI部 第60章 競技者のトレーニング 833
  • VI部 第60章 結論 836
  • VI部 第61章 レスリングの生理学 837
  • VI部 第61章 競技特性 837
  • VI部 第61章 競技者 841
  • VI部 第61章 競技者のトレーニング 843
  • VI部 第61章 結論 846
  • 参考文献 847
  • 和文索引 939
  • 欧文索引 956

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here