サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

叢書現代のメディアとジャーナリズム 第4巻

吉見, 俊哉, 1957-,土屋, 礼子, 1958-

詳細情報

タイトル 叢書現代のメディアとジャーナリズム
著者標目 吉見, 俊哉, 1957-
著者標目 土屋, 礼子, 1958-
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社ミネルヴァ書房
出版年月日等 2010.8
大きさ、容量等 386, 9p ; 22cm
注記 索引あり
ISBN 9784623055487
価格 3800円
JP番号 21820200
NS-MARC番号 113658600
巻次 第4巻
別タイトル 大衆文化とメディア
部分タイトル 大衆文化とメディア / 吉見俊哉, 土屋礼子 責任編集
部分タイトル 両大戦間期の大衆文化とメディア・オーディエンス 円本の誕生と「普選国民」 / 永嶺重敏 著
部分タイトル 大正期の夕刊紙『東京毎夕新聞』にみる新聞の大衆化 / 土屋礼子 著
部分タイトル 大正期日本における映画恐怖症 / 長谷正人 著
部分タイトル 寄席芸をめぐる受容史の再想像 / 真鍋昌賢 著
部分タイトル 「聞くスポーツ」の離陸 / 山口誠 著
部分タイトル 戦後大衆文化とメディア・オーディエンス 戦後映画における観衆 / 谷川建司 著
部分タイトル テレビを抱きしめる戦後 / 吉見俊哉 著
部分タイトル 大河ドラマの文化政治学 / 李受美 著
部分タイトル 家庭空間とワイドショー的世界 / 石田佐恵子 著
部分タイトル 越境する大衆文化とメディア消費 戦後流行歌のオーディエンス / 小川博司 著
部分タイトル 新時代のフェティッシュ、モンスター、そして友達 / アン・アリソン 著山下玲子 訳
部分タイトル ナショナルな「日常」としての韓国、オルタナティヴな「想像」としての日本 / 曹李昇美 著
部分タイトル グローバル化するサッカー放送とその受容 / 有元健 著
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) マスメディア
件名(キーワード) 日本--文化
NDLC UC21
NDLC EC235
NDC(9版) 070.8 : ジャーナリズム.新聞
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで