サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

血液診療エキスパート貧血

中尾眞二, 伊藤悦朗, 通山薫 編,金倉譲 監修

詳細情報

タイトル 血液診療エキスパート貧血
著者 中尾眞二, 伊藤悦朗, 通山薫 編
著者 金倉譲 監修
著者標目 中尾, 眞二, 1955-
著者標目 伊藤, 悦朗
著者標目 通山, 薫
著者標目 金倉, 譲, 1953-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中外医学社
出版年月日等 2010.3
大きさ、容量等 253p ; 26cm
注記 索引あり
ISBN 9784498125582
価格 7200円
JP番号 21812406
NS-MARC番号 116968500
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 貧血
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC287
NDC(9版) 493.175 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 血液診療エキスパート貧血
  • 目次
  • A. 検査・分類
  • A. 1. 貧血診断へのアプローチ <檀和夫> 2
  • A. 1. 1. 貧血の分類 2
  • A. 1. 2. 貧血の症候 3
  • A. 1. 3. 貧血の検査異常 4
  • A. 1. 4. 貧血の鑑別診断 5
  • A. 1. 5. 微量元素欠乏による貧血症 7
  • A. 2. 貧血の分子病態と分類 9
  • A. 2. a) 造血と骨髄微小環境 <桐戸敬太>,<小松則夫> 9
  • A. 2. a) 1. 骨髄微小環境についての最近の知見 9
  • A. 2. a) 2. 骨髄微小環境と貧血の分子病態 10
  • A. 2. b) 鉄代謝と病態 <川端浩> 14
  • A. 2. b) 1. 細胞レベルでの鉄の制御機構 14
  • A. 2. b) 2. 個体レベルでの鉄の制御機構 16
  • A. 2. b) 3. ヘプシジンが関与する鉄代謝異常症 19
  • A. 2. c) 赤血球の膜異常・血色素異常 <山城安啓>,<服部幸夫> 23
  • A. 2. c) 1. 赤血球膜の異常 23
  • A. 2. c) 2. 血色素異常症 27
  • A. 3. 貧血の検査法 40
  • A. 3. a) 末梢血液検査 <土屋達行> 40
  • A. 3. a) 1. 血液一般検査 40
  • A. 3. a) 2. 貧血に対する血液像検査 44
  • A. 3. b) 溶血に関する検査 <上妻行則>,<二宮治彦> 48
  • A. 3. b) 1. 赤血球浸透圧抵抗性試験 48
  • A. 3. b) 2. 赤血球酵素活性測定 48
  • A. 3. b) 3. Ham試験とショ糖水試験 49
  • A. 3. b) 4. 異常ヘモグロビンの測定 51
  • A. 3. b) 5. Coombs試験(抗グロブリン試験) 51
  • A. 3. c) 骨髄検査 <通山薫>,<大倉貢> 54
  • A. 3. c) 1. 骨髄検査の意義・目的 54
  • A. 3. c) 2. 骨髄穿刺検査の方法と注意点 54
  • A. 3. c) 3. 骨髄生検の奨励 55
  • A. 3. c) 4. 骨髄所見の評価 56
  • A. 3. d) フローサイトメトリー検査 <米山彰子> 59
  • A. 3. d) 1. フローサイトメトリーの基礎 59
  • A. 3. d) 2. 貧血の診療に用いられるFCM解析 61
  • A. 3. d) 3. PNH血球の検出 61
  • A. 3. d) 4. 赤血球結合IgG定量検査 63
  • A. 3. d) 5. MDSの解析 63
  • A. 3. d) 6. 造血器腫瘍細胞の浸潤の検出 64
  • A. 3. e) 遺伝子・染色体検査 <宮地勇人> 65
  • A. 3. e) 1. 遺伝子検査の定義と分類 66
  • A. 3. e) 2. 遺伝子変異と種類 67
  • A. 3. e) 3. 検出技術:核酸増幅法と核酸プローブハイブリダイゼーション法 68
  • A. 3. e) 4. 遺伝子情報の種類と検出技術 69
  • A. 3. e) 5. 検査の利用法:測定前のプロセスの重要性 71
  • A. 4. 小児にみられる貧血の分類と診断へのアプローチ <伊藤悦朗> 74
  • A. 4. 1. 小児貧血の特徴 74
  • A. 4. 2. 小児の貧血の分類 74
  • A. 4. 3. 貧血を疑うときの検査の進め方 74
  • B. 診断と治療
  • B. I. 造血必須物質の欠乏による貧血 84
  • B. I. 1. 鉄欠乏性貧血 <生田克哉>,<高後裕> 84
  • B. I. 1. 1. 鉄欠乏性貧血の診断 84
  • B. I. 1. 2. 鉄欠乏性貧血の治療 86
  • B. I. 2. 巨赤芽球性貧血 <片山直之> 91
  • B. I. 2. 1. 病態 91
  • B. I. 2. 2. ビタミンB12(コバラミン)と葉酸の吸収,輸送,細胞内機能と代謝 91
  • B. I. 2. 3. 原因 95
  • B. I. 2. 4. 臨床症状 96
  • B. I. 2. 5. 検査所見 97
  • B. I. 2. 6. 悪性貧血 98
  • B. I. 2. 7. 治療 98
  • B. II. 全身疾患に伴う貧血 100
  • B. II. 1. 感染・炎症に伴う貧血 <小船雅義>,<加藤淳二> 100
  • B. II. 1. 1. ACDにおける鉄代謝および造血異常 100
  • B. II. 1. 2. ACDの診断 103
  • B. II. 1. 3. ACDの治療 104
  • B. II. 1. 4. ヘプシジン制御による治療への可能性 104
  • B. II. 2. 腎性貧血 <友杉直久> 107
  • B. II. 2. 1. 腎性貧血とは 107
  • B. II. 2. 2. 腎性貧血はいつから出現するのか 108
  • B. II. 2. 3. EPO分泌低下はいつ頃から出現するのか 109
  • B. II. 2. 4. 腎性貧血治療を早期に始める必要性 110
  • B. II. 2. 5. 腎性貧血のrHuEPOを主体とした治療への抵抗性 111
  • B. II. 2. 6. 腎性貧血の管理:ヘプシジン-25による新しい観点 112
  • B. II. 3. リウマチ・膠原病に伴う貧血 <福島俊洋>,<梅原久範> 116
  • B. II. 3. 1. ACD 116
  • B. II. 3. 2. ACD以外の貧血 119
  • B. II. 4. 加齢に伴う貧血 <大田雅嗣> 123
  • B. II. 4. 1. 加齢に伴う造血能の変化 123
  • B. II. 4. 2. 造血幹細胞の老化 124
  • B. II. 4. 3. 加齢に伴う貧血 126
  • B. II. 5. 薬剤性貧血 <張替秀郎> 130
  • B. II. 5. 1. 溶血機序による薬剤性貧血 130
  • B. II. 5. 2. 非溶血機序による薬剤性貧血 133
  • B. III. 造血幹細胞異常による貧血 136
  • B. III. 1. 成人再生不良性貧血 <中尾眞二> 136
  • B. III. 1. 1. 再不貧診断の問題点 136
  • B. III. 1. 2. 免疫病態マーカーとしてのPNH型血球 138
  • B. III. 1. 3. PNH型血球検出の治療への応用 138
  • B. III. 1. 4. 治療の実際 139
  • B. III. 1. 5. 造血幹細胞移植の適応と実際 142
  • B. III. 1. 6. 輸血による鉄過剰症の治療 143
  • B. III. 2. 小児再生不良性貧血 <小島勢二> 145
  • B. III. 2. 1. 小児再不貧の診断 145
  • B. III. 2. 2. 同種幹細胞移植の適応 148
  • B. III. 2. 3. 免疫抑制療法 150
  • B. III. 2. 4. 中等症再不貧に対する治療 150
  • B. III. 2. 5. Fanconi貧血の診断と治療 151
  • B. III. 3. 赤芽球癆(後天性) <廣川誠> 154
  • B. III. 3. 1. 赤芽球癆診断のポイント 154
  • B. III. 3. 2. 赤芽球癆治療のポイント 157
  • B. III. 4. 骨髄異形成症候群 <松田晃> 161
  • B. III. 4. 1. 疾患概念 161
  • B. III. 4. 2. 診断 161
  • B. III. 4. 3. 病型分類 163
  • B. III. 4. 4. 予後スコアリングシステム 163
  • B. III. 4. 5. 治療 164
  • B. III. 4. 6. 今後の期待 169
  • B. III. 5. 発作性夜間血色素尿症 <中熊秀喜> 171
  • B. III. 5. 1. PNHの診断 171
  • B. III. 5. 2. 溶血の分子病態と治療方針 171
  • B. III. 5. 3. 血栓症の分子病態と治療方針 176
  • B. III. 5. 4. 造血不全の分子病態と治療方針 177
  • B. III. 5. 5. eculizumabの抱える他の話題と課題 178
  • B. III. 5. 6. 根治療法 178
  • B. IV. 溶血性貧血 181
  • B. IV. 1. 自己免疫性溶血性貧血 <亀崎豊実> 181
  • B. IV. 1. 1. AIHAの病型分類と頻度 181
  • B. IV. 1. 2. AIHAの診断の実際 181
  • B. IV. 1. 3. 診断の問題点 182
  • B. IV. 1. 4. 治療の実際 186
  • B. IV. 2. 遺伝性溶血性貧血 <中西秀和>,<杉原尚> 189
  • B. IV. 2. 1. 疫学 189
  • B. IV. 2. 2. 診断 190
  • B. IV. 2. 3. 治療 191
  • B. IV. 2. 4. 遺伝性溶血性貧血の病型別の診断と治療 191
  • B. IV. 3. 赤血球破砕症候群 <藤村吉博>,<八木秀男> 196
  • B. IV. 3. 1. 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 196
  • B. IV. 3. 2. 溶血性尿毒症症候群(HUS) 200
  • C. トピックス
  • C. 1. 難治性貧血におけるゲノム異常 <真田昌>,<小川誠司> 206
  • C. 2. テロメア関連遺伝子異常による骨髄不全 <山口博樹> 209
  • C. 3. Diamond-Blackfan貧血におけるリボソーム機能異常 <倉光球>,<浜口功> 212
  • C. 3. 1. リボソーム蛋白質の変異 212
  • C. 3. 2. 変異遺伝子の表現型 212
  • C. 3. 3. リボソーム蛋白質の発現低下とリボソーム形成不全 213
  • C. 3. 4. リボソームストレスとp53の安定化 214
  • C. 4. Fanconi貧血の分子メカニズム <板谷亜希子>,<高田穣> 215
  • C. 4. 1. FA経路の分子と相互作用 215
  • C. 4. 2. 発がんと幹細胞維持 217
  • C. 5. 5q-症候群の病態と治療 <松岡亮仁>,<通山薫> 218
  • C. 5. 1. 5q-症候群の特徴と病態,責任候補遺伝子 218
  • C. 5. 2. lenalidomideの5q-症候群への治療効果 219
  • C. 6. 鉄欠乏性貧血とHelicobacter pylori感染 <坂部秀明> 222
  • C. 7. 発作性夜間ヘモグロビン尿症の分子病態 <村上良子> 225
  • C. 7. 1. 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)に関わるGPIアンカー生合成のステップ 225
  • C. 7. 2. PNHのクローン拡大のメカニズム 226
  • C. 8. 骨髄不全の病態診断 <山崎宏人> 228
  • C. 8. 1. 免疫病態の検索 228
  • C. 8. 2. 非免疫病態の検索 229
  • C. 9. 難治性貧血に対するfludarabineを前処置に用いた造血幹細胞移植 <矢部普正> 231
  • C. 9. 1. fludarabine(Flu:フルダラ)の特徴 231
  • C. 9. 2. 再生不良性貧血(再不貧)に対する前処置への応用と注意点 231
  • C. 9. 3. 先天性再不貧に対する前処置 232
  • C. 9. 4. Fluを前処置に用いた移植成績 232
  • C. 10. 貧血に対する新規治療薬 <寺村正尚> 235
  • C. 10. 1. darbepoetin alfa 235
  • C. 10. 2. continuous erythropoietin receptor activator(CERA) 236
  • C. 10. 3. Hematide 236
  • C. 10. 4. hypoxia inducible factor prolylhydroxylaze(HIF-PH)阻害薬 236
  • C. 11. 輸血後鉄過剰症の治療 <鈴木隆浩> 239
  • C. 11. 1. 鉄過剰症の診断 239
  • C. 11. 2. 鉄過剰症の治療 241
  • C. 11. 3. 治療目標および副作用対策 241
  • C. 11. 4. 鉄過剰症治療の効果 241
  • C. 12. 輸血のガイドライン <和田秀穂> 243
  • C. 12. 1. 赤血球輸血 243
  • C. 12. 2. 血小板輸血 245
  • C. 12. 3. 新鮮凍結血漿輸血 245
  • C. 12. 4. 血液型不適合造血幹細胞移植例に対する輸血療法 246
  • C. 12. 5. 宗教的輸血拒否者への対応 247
  • 索引 249

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで