サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

女たちの明治維新

鈴木由紀子 著

詳細情報

タイトル 女たちの明治維新
著者 鈴木由紀子 著
著者標目 鈴木, 由紀子
シリーズ名 NHKブックス ; 1161
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本放送出版協会
出版年月日等 2010.7
大きさ、容量等 217p ; 19cm
注記 並列シリーズ名: NHK BOOKS
注記 文献あり
ISBN 9784140911617
価格 950円
JP番号 21805377
NS-MARC番号 113136300
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 女性--日本--歴史--明治時代--伝記
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GK13
NDC(9版) 281.04 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 女たちの明治維新
  • 女たちの明治維新 【目次】
  • はじめに 3
  • 第一章 変革への始動―常識を破る女たち 13
  • 第一章 一 女囚高須久子と吉田松陰 13
  • 第一章 一 はじまりは野山獄
  • 第一章 一 獄中俳諧
  • 第一章 一 高須久子の罪
  • 第一章 一 自宅ではじめた講義
  • 第一章 一 好学の家風
  • 第一章 一 村塾をささえた母滝
  • 第一章 一 すぐれた教育者の感化力
  • 第一章 二 松陰との再会と別れ 41
  • 第一章 二 怒りをつのらせる松陰
  • 第一章 二 草莽の志士こそが変革の担い手
  • 第一章 二 松陰の遺書『留魂録』
  • 第一章 三 漢詩で自己表現した細香と紅蘭 54
  • 第一章 三 新興知識層の台頭
  • 第一章 三 江馬細香と頼山陽
  • 第一章 三 張紅蘭と梁川星巌
  • 第一章 三 駱駝行
  • 第一章 三 「死(詩)に上手」な夫と妻の受難
  • 第二章 維新前夜―挑戦する女たち 73
  • 第二章 一 日本茶を世界に広めた大浦慶 73
  • 第二章 一 維新前夜の長崎
  • 第二章 一 伝説化した慶の実像
  • 第二章 一 鋭敏な国際感覚
  • 第二章 一 のるかそるかの大勝負
  • 第二章 一 大富豪となった慶と志士たち
  • 第二章 一 九州茶の衰退と詐欺事件
  • 第二章 二 俠気で龍馬をささえた楢崎龍 88
  • 第二章 二 なぜか女にもてる男
  • 第二章 二 おもしろき女
  • 第二章 二 龍の機転で命拾い
  • 第二章 二 鹿児島への新婚旅行
  • 第二章 二 龍馬暗殺
  • 第二章 二 その後の龍
  • 第二章 三 日本初の女医となった楠本稲 105
  • 第二章 三 シーボルトの娘
  • 第二章 三 未婚の母
  • 第二章 三 大村益次郎との出会い
  • 第二章 三 父との再会
  • 第二章 三 国家試験の壁
  • 第三章 敗者からの転身―会津藩の女たち 119
  • 第三章 一 同志社の母とよばれた新島八重 119
  • 第三章 一 朝敵にされた会津藩
  • 第三章 一 会津のはみだし者
  • 第三章 一 お針の稽古より射撃の訓練
  • 第三章 一 大砲隊を指揮して奮戦
  • 第三章 一 モダンレディへの変身
  • 第三章 一 近代的な夫婦の手本
  • 第三章 一 篤志看護婦を志願
  • 第三章 二 伯爵夫人となった大山捨松 136
  • 第三章 二 優秀な山川きょうだい
  • 第三章 二 捨てて待つ
  • 第三章 二 受け皿のない日本社会
  • 第三章 二 考えぬいた末の結婚
  • 第三章 二 鹿鳴館の花と賞賛
  • 第三章 二 女子英学塾の後見人
  • 第三章 三 『小公子』を翻訳した若松賤子 152
  • 第三章 三 一家離散
  • 第三章 三 フェリス・セミナリー
  • 第三章 三 花嫁のベール
  • 第三章 三 新しいことばによる表現
  • 第三章 三 無縁仏となりかけているお墓
  • 第四章 世界デビュー―外交官の妻たち 165
  • 第四章 一 森有礼と契約結婚した広瀬常 165
  • 第四章 一 当代きっての国際人
  • 第四章 一 血染めの大礼服
  • 第四章 一 森有礼の「妻妾論」
  • 第四章 一 開拓使女学校の才媛
  • 第四章 一 前代未聞の結婚式
  • 第四章 一 外交官夫人として海外へ
  • 第四章 一 離婚の本当の理由
  • 第四章 二 陸奥宗光の杖となった亮子の献身 189
  • 第四章 二 「かみそり大臣」の意外な素顔
  • 第四章 二 すずしい眼とすばらしい眉
  • 第四章 二 四年四カ月の獄中生活
  • 第四章 二 夫婦は道づれの旅人
  • 第四章 二 外交のパートナー
  • 参考文献 205
  • あとがき 215

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで