サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

伊賀・名張のたから : 写真探訪

詳細情報

タイトル 伊賀・名張のたから : 写真探訪
出版地(国名コード) JP
出版地松本
出版社郷土出版社
出版年月日等 2010.7
大きさ、容量等 231p ; 31cm
ISBN 9784863750869
価格 9500円
JP番号 21803279
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 伊賀市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 名張市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC147
NDC(9版) 291.56 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 伊賀・名張のたから : 写真探訪
  • 目次CONTENTS
  • カラー口絵 1
  • 刊行にあたって《中川甫》 9
  • 凡例 15
  • 伊賀地方地図 16
  • 「1」 自然編Nature
  • 「1」 (1) 岩倉峡(●)木津川の絶景地 18
  • 「1」 (2) 上野公園(●)伊賀上野の至宝 20
  • 「1」 (3) 余野公園(●)ツツジの公園として知られる 22
  • 「1」 (4) 阿山ふるさとの森公園(●)古代のロマン漂う森 24
  • 「1」 (5) 青山高原(●)ナチュラルパワーの集積地 26
  • 「1」 (6) 尼ヶ岳(●)人々を魅了する伊賀富士 28
  • 「1」 (7) 真泥池・馬野渓谷・かえで橋(●)大山田の三景勝地 30
  • 「1」 (8) 大山田せせらぎ運動公園(●)四〇〇万年前の命の息吹 32
  • 「1」 (9) 御斎峠と三国越(●)歴史の舞台となった峠 34
  • 「1」 (10) 香落渓(●)紅葉と絶景の渓谷 36
  • 「1」 (11) 赤目四十八滝(●)名瀑と憩うパワースポット 38
  • 「1」 (12) シブナシガヤ(高倉神社、果号寺)、アヤマスズ(高倉神社)(●)全国でも珍しい植物の宝 40
  • 「1」 (13) 花垣の八重ザクラ(●)人々が守るサクラの名木 42
  • 「1」 (14) 霊山寺のオハツキイチョウ、霊山のイヌツゲ・アセビ群生(●)自然の宝庫としての霊山 44
  • 「1」 (15) ステゴドンゾウの門歯化石(●)火に焼かれたゾウの化石 46
  • 「1」 (16) 奥山愛宕神社のブナ原生林(●)真紅の社殿を包むブナの緑 48
  • 「1」 (17) 長瀬のヒダリマキガヤ(●)日本でも希少な大ガヤ 50
  • 「1」 (18) 延寿院の枝垂桜(●)全国に名高い枝垂桜の古木 52
  • 「1」 (19) 西之沢・安部田のノハナショウブ(●)人々の手で復活する自然花 54
  • 「1」 (20) オオサンシォウオ(●)伊賀の大自然の象徴 56
  • Column
  • Column 古写真に見る懐かしい風景 58
  • 「2」 歴史編History
  • 「2」 (21) 伊賀国分寺跡・長楽山廃寺跡(●)奈良時代の大寺院跡 60
  • 「2」 (22) 城ノ越遺跡(●)日本最古の庭園 62
  • 「2」 (23) 鍵屋の辻(●)伊賀越仇討ちの舞台となった辻 64
  • 「2」 (24) 旧崇廣堂(●)県内に残る唯一の藩校 66
  • 「2」 (25) 伊賀国庁跡(●)伊賀国府の中枢 68
  • 「2」 (26) 御墓山古墳(●)県内最大の前方後円墳 70
  • 「2」 (27) 旧麗澤舎(●)人心を培った心学の拠点 72
  • 「2」 (28) 霊山山頂遺跡(●)霊山山頂の大寺院跡 74
  • 「2」 (29) 福地城跡(●)芭蕉翁のルーツの城跡 76
  • 「2」 (30) 御旅所古墳(●)古代を伝える「伊賀の石舞台」 78
  • 「2」 (31) 鳳凰寺跡・鳴塚古墳(●)伝説が残る飛鳥時代の史跡 80
  • 「2」 (32) 夏見廃寺跡(●)白鳳文化をいまに伝える 82
  • 「2」 (33) 美旗古墳群(●)伊賀国の起源を象徴する古墳群 84
  • 「2」 (34) 名張藤堂家邸跡(●)名張藤堂家の生活を伝える名館 86
  • 「2」 (35) 琴平山古墳(●)名張で最初につくられた前方後円墳 88
  • 「2」 (36) 大和街道(●)英雄たちが往来した古道 90
  • 「2」 (37) 伊賀街道(●)芭蕉翁が往来した伊賀越 92
  • 「2」 (38) 初瀬街道(●)女性に人気の参宮道 94
  • 「2」 (39) 射手神社(●)仏性寺の名残りある石塔 96
  • 「2」 (40) 高倉神社(●)現存する戦国期の社殿 98
  • 「2」 (41) 猪田神社(●)古墳を背負う古社 100
  • 「2」 (42) 菅原神社(●)伊賀上野の心の故郷 102
  • 「2」 (43) 愛宕神社(●)高虎公が再建した名社 104
  • 「2」 (44) 西蓮寺(●)藤堂家の軌跡を伝える 106
  • 「2」 (45) 春日神社(●)貴重な絵馬コレクション 108
  • 「2」 (46) 萬寿寺(●)松尾家の菩提寺 110
  • 「2」 (47) 手力神社・正覚寺(●)藤林長門守ゆかりの地 112
  • 「2」 (48) 大村神社(●)地震除けの神として鎮座 114
  • 「2」 (49) 新大仏寺(●)東大寺の伊賀別所 116
  • 「2」 (50) 観菩提寺(●)「正月堂」として親しまれる名刹 118
  • 「2」 (51) 榮林寺(●)初瀬街道の寺 120
  • 「2」 (52) 杉谷神社(●)名張最大の豪族大江氏の氏神 122
  • 「2」 (53) 延寿院(●)伊賀最古の石塔のひとつ 124
  • 「2」 (54) 宇流冨志禰神社(●)名張の総鎮守 126
  • 「2」 (55) 常福寺(●)五体がそろう国宝級の仏像 128
  • 「2」 (56) 市場寺(●)本尊を守る四体の勇姿 130
  • 「2」 (57) 勝因寺(●)空海開基の寺 132
  • 「2」 (58) 見徳寺(●)国内最古級とされる坐像 134
  • 「2」 (59) 常楽寺(●)兼好法師の伝説を伝える画 136
  • 「2」 (60) 廣徳寺(●)秀麗な二体の御本尊 138
  • 「2」 (61) 西念寺(●)島ヶ原を代表する涅槃図 140
  • 「2」 (62) 弥勒寺(●)名張の仏像の宝庫 142
  • 「2」 (63) 宝泉寺(●)中世の文化をいまに伝える 144
  • 「2」 (64) 福成就寺(●)匠の技を集めた黒漆厨子 146
  • 「2」 (65) 旧小田小学校本館(●)現存する県内最古の小学校校舎 148
  • 「2」 (66) 北泉家住宅主屋(旧上野警察署庁舎)(●)明治二十一年に建てられた警察署 150
  • 「2」 (67) 福岡醤油店(●)昔のままの醤油づくりを伝える 152
  • 「2」 (68) 川地写真館(●)県内最古の写真館 154
  • 「2」 (69) 大和屋店舗(●)江戸時代のままの現役店鋪 156
  • Column
  • 上野城下の寺町風情 158
  • 城下の芭蕉史跡と顕彰会 158
  • 役行者と忍者 159
  • 観阿弥の郷 159
  • 文人の風景~利一、乱歩 160
  • 「3」 暮らし編Living
  • 「3」 (70) 上野天神祭(●)伊賀を代表する祭り 162
  • 「3」 (71) 敢国神社の獅子舞(●)伊賀獅子舞の原型 164
  • 「3」 (72) 三田神社の御田植祭(●)早乙女たちの伝統美を今に 166
  • 「3」 (73) それぞれの盆の風景(●)伊賀の夏の伝統行事 168
  • 「3」 (74) うちわ取りの風景(●)魔除けのために奪い合う 170
  • 「3」 (75) 岡八幡宮の流鏑馬神事(●)復活した伝統の神事 172
  • 「3」 (76) 田守神社の例大祭(●)多彩な神事が行われる珍祭 174
  • 「3」 (77) 勝手神社の神事踊(●)雨乞系かっこ踊の代表格 176
  • 「3」 (78) 大江のかっこ踊(●)大江の人々が守る踊り 178
  • 「3」 (79) 真木山神社の能奉納(●)年に一度の幽玄のとき 180
  • 「3」 (80) 陽夫多神社の祇園祭(願之山踊)(●)陽夫多社の真夏の祭典 182
  • 「3」 (81) 種生神社のおわたり(●)珍しい船形山車が渡る風情 184
  • 「3」 (82) 植木神社の祇園祭(●)神輿が宙に舞う大祭 186
  • 「3」 (83) 正月堂の修正会(●)修二会発祥の古祭 188
  • 「3」 (84) 八幡神社の若子祭(●)天高く矢を射る晴れ姿 190
  • 「3」 (85) 蛭子神社の八日戎(●)心から「目出度い」を実感 192
  • 「3」 (86) 伊賀一ノ井松明調進行事(●)修二会を支える松明の調進 194
  • 「3」 (87) 愛宕神社の火祭り(●)名張の夏を熱くする一大祭 196
  • 「3」 (88) 宇流冨志禰神社の秋祭り(●)街全体が盛り上がる秋の大祭 198
  • 「3」 (89) 勧請縄吊り(●)集落に伝わる伝統の行事 200
  • 「3」 (90) カギヒキ(●)現在も残る山神への畏敬 202
  • 「3」 (91) 伊賀焼(●)八〇〇年以上の歴史を有する伝統産業 204
  • 「3」 (92) 組紐(●)戦を支えた組紐の美しき風合い 206
  • 「3」 (93) 伊賀の地酒(●)伊賀の大自然が育んだ銘酒の数々 208
  • 「3」 (94) 青蓮寺湖のブドウ(●)農林水産大臣賞受賞の名張のブドウ栽培 210
  • 「3」 (95) 伊賀牛(●)伊賀忍者も愛した極上和牛 212
  • 「3」 (96) 伊賀米(●)目指すは「日本一の米」というブランド 214
  • 「3」 (97) 上林の水車群(●)上林地区ならではの初夏の風景 216
  • 「3」 (98) かた焼き(●)日本一硬い菓子として全国区に 218
  • 「3」 (99) 市部の垂園森と素麺づくり(●)市部の立地が生み出した景観と地場産業 220
  • 「3」 (100) 小波田の火縄づくり(●)八坂神社の伝統行事を支える 222
  • Column
  • 懐かしい鉄道風景 224
  • 地域に残る行事と祭り 224
  • まちかど博物館の活動 225
  • 名張高校郷土研究部OBによる郷土研究会の活動 225
  • 文化財一覧表 226
  • 写真・資料提供およびお世話になった方々 230
  • 主な参考文献 231

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで