サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

小売業の会計実務

あずさ監査法人 編

詳細情報

タイトル 小売業の会計実務
著者 あずさ監査法人 編
著者標目 あずさ監査法人
シリーズ名 業種別アカウンティング・シリーズ ; 6
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中央経済社
出版年月日等 2010.7
大きさ、容量等 272p ; 21cm
注記 文献あり
ISBN 9784502232107
価格 3000円
JP番号 21802648
NS-MARC番号 112929800
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 小売商--会計--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DH468
NDC(9版) 673.7 : 商業経営.商店
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 小売業の会計実務
  • 目次
  • 第1編 経営
  • 第1編 第1章 特徴・ビジネスモデル 3
  • 第1編 第1章 「1」 総論 3
  • 第1編 第1章 「1」 (1) 小売業の特徴 3
  • 第1編 第1章 「1」 (1) (1) 大規模小売店鋪法(大店法)と大規模小売店鋪立地法(大店立地法) 3
  • 第1編 第1章 「1」 (1) (2) 商品 4
  • 第1編 第1章 「1」 (1) (3) GDP成長率 4
  • 第1編 第1章 「1」 (1) (4) 有店舗販売 4
  • 第1編 第1章 「1」 (1) (5) 非階級性 4
  • 第1編 第1章 「1」 (2) 売上の推移 5
  • 第1編 第1章 「2」 百貨店 6
  • 第1編 第1章 「2」 (1) 歴史 6
  • 第1編 第1章 「2」 (2) 売上の推移 6
  • 第1編 第1章 「3」 スーパーマーケット 7
  • 第1編 第1章 「3」 (1) 歴史 7
  • 第1編 第1章 「3」 (2) 売上の推移 8
  • 第1編 第1章 「4」 コンビエンスストア 9
  • 第1編 第1章 「4」 (1) 歴史 9
  • 第1編 第1章 「4」 (2) 売上の推移 11
  • 第1編 第1章 「5」 家電量販店 12
  • 第1編 第1章 「5」 (1) 歴史 12
  • 第1編 第1章 「5」 (2) 売上の推移 13
  • 第1編 第2章 財務構造 15
  • 第1編 第2章 「1」 業法・規制 15
  • 第1編 第2章 「1」 (1) 都市計画法 15
  • 第1編 第2章 「1」 (2) 中心市街地活性化法 15
  • 第1編 第2章 「1」 (3) 大規模小売店舗立地法 16
  • 第1編 第2章 「1」 (4) エコポイント制度 16
  • 第1編 第2章 「1」 (5) 食品循環資源の再生利用などの促進に関する法律(食品リサイクル法) 16
  • 第1編 第2章 「1」 (6) パートタイム労働法 16
  • 第1編 第2章 「1」 (7) 薬事法 17
  • 第1編 第2章 「1」 (8) 駅ナカ課税,2007年強化 17
  • 第1編 第2章 「1」 (9) taspo(タスポ) 17
  • 第1編 第2章 「1」 (10) 特定家庭用機器再商品化法 17
  • 第1編 第2章 「1」 (11) 電気用品安全法 18
  • 第1編 第2章 「2」 ガバナンス構造 18
  • 第1編 第2章 「2」 (1) 統治形態 18
  • 第1編 第2章 「2」 (2) 株主構造 19
  • 第1編 第2章 「2」 (3) 労働組合 19
  • 第1編 第2章 「3」 経営・財務分析および内部管理指標 19
  • 第1編 第2章 「4」 有価証券報告書からみた業界の特性 22
  • 第1編 第2章 「4」 (1) 会計方針について 22
  • 第1編 第2章 「4」 (1) (1) 減価償却について 22
  • 第1編 第2章 「4」 (1) (2) 特殊性 22
  • 第1編 第2章 「4」 (2) 事業等のリスク分析 23
  • 第2編 会計・税務
  • 第2編 第1章 販売関係 29
  • 第2編 第1章 「1」 小売業における売上 29
  • 第2編 第1章 「1」 (1) 損益計算書の特徴 29
  • 第2編 第1章 「1」 (2) 内部統制 30
  • 第2編 第1章 「1」 (3) 開示 31
  • 第2編 第1章 「1」 (4) IFRSにおける考え方 32
  • 第2編 第1章 「2」 テナント売上 33
  • 第2編 第1章 「2」 (1) 取引の概要と特徴 33
  • 第2編 第1章 「2」 (1) (1) テナント賃料の形態 33
  • 第2編 第1章 「2」 (2) 会計処理 35
  • 第2編 第1章 「2」 (3) その他 36
  • 第2編 第1章 「2」 (3) (1) テナントの売上金 36
  • 第2編 第1章 「2」 (3) (2) テナント賃料の算定 36
  • 第2編 第1章 「2」 (3) (3) IFRSにおける考え方 38
  • 第2編 第1章 「3」 消化仕入 38
  • 第2編 第1章 「3」 (1) 取引の概要 38
  • 第2編 第1章 「3」 (2) 現行の会計処理の論点 39
  • 第2編 第1章 「3」 (3) 論点の考察 39
  • 第2編 第1章 「3」 (4) IFRSにおける考え方 40
  • 第2編 第1章 「3」 (5) 税務上の取扱い 40
  • 第2編 第1章 「4」 総額表示 41
  • 第2編 第1章 「4」 (1) 現行の考え方 41
  • 第2編 第1章 「4」 (1) (1) わが国における考え方 41
  • 第2編 第1章 「4」 (1) (2) IFRSにおける考え方 42
  • 第2編 第1章 「4」 (2) わが国における現行実務への影響 43
  • 第2編 第1章 「4」 (2) (1) 全体の方向性 43
  • 第2編 第1章 「4」 (2) (2) 小売業における影響 44
  • 第2編 第1章 「5」 割賦販売 45
  • 第2編 第1章 「5」 (1) 取引の概要と特徴 45
  • 第2編 第1章 「5」 (2) 会計・税務処理 46
  • 第2編 第1章 「5」 (2) (1) 会計上の処理 46
  • 第2編 第1章 「5」 (2) (2) 税務上の処理 49
  • 第2編 第1章 「5」 (3) 現行の会計処理とIFRSに基づく収益計上との比較 51
  • 第2編 第1章 「5」 (3) (1) 現行の会計処理上の論点 51
  • 第2編 第1章 「5」 (3) (2) 現行の会計処理の考え方 51
  • 第2編 第1章 「5」 (3) (3) IFRSにおける考え方 51
  • 第2編 第1章 「6」 売価変更管理 54
  • 第2編 第1章 「6」 (1) 取引の概要と特徴 54
  • 第2編 第1章 「6」 (1) (1) 建値制と希望小売価格 54
  • 第2編 第1章 「6」 (1) (2) 値入れと粗利益 55
  • 第2編 第1章 「6」 (1) (3) 売価設定 57
  • 第2編 第1章 「6」 (2) 会計・税務処理 58
  • 第2編 第1章 「7」 外商取引 58
  • 第2編 第1章 「7」 (1) 取引の概要と特徴 58
  • 第2編 第1章 「7」 (2) 会計・税務処理 59
  • 第2編 第1章 「7」 (2) (1) 個人への外商取引における売上計上のタイミング 59
  • 第2編 第1章 「7」 (2) (2) 法人への外商取引における売上計上のタイミング 60
  • 第2編 第1章 「7」 (2) (3) 債権管理 60
  • 第2編 第1章 「7」 (2) (4) 持ち出した在庫の管理 61
  • 第2編 第1章 「7」 (2) (5) 在庫評価 62
  • 第2編 第1章 「7」 (3) 内部統制上の特徴 62
  • 第2編 第1章 「7」 (3) (1) 売上計上時点 62
  • 第2編 第1章 「7」 (3) (2) 入金方法 62
  • 第2編 第1章 「8」 商品保証引当金 63
  • 第2編 第1章 「8」 (1) 取引の概要と特徴 63
  • 第2編 第1章 「8」 (1) (1) 基本的な取引内容 63
  • 第2編 第1章 「8」 (1) (2) 保証料の受取りの有無 64
  • 第2編 第1章 「8」 (2) 会計・税務処理 64
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (1) 会計基準等 64
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (2) 引当金の算定方法 65
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (3) 次期以降の引当金の取崩し処理 65
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (4) 損益計算書における表示 67
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (5) 貸借対照表における表示 68
  • 第2編 第1章 「8」 (2) (6) 税務上の取扱い 68
  • 第2編 第1章 「8」 (3) その他 69
  • 第2編 第1章 「8」 (3) (1) 前受収益としての会計処理 69
  • 第2編 第1章 「8」 (3) (2) IFRSにおける考え方 69
  • 第2編 第2章 購買関係 71
  • 第2編 第2章 「1」 買掛金計上 71
  • 第2編 第2章 「1」 (1) 取引の概要と特徴 71
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (1) 仕入の形態 71
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (2) サプライチェーンマネジメント 72
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (3) 物流の仕組み 72
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (4) 統一伝票 74
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (5) 流通経路 76
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (6) 生鮮食品の加工 78
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (7) トレーサビリティ 78
  • 第2編 第2章 「1」 (1) (8) PB商品 79
  • 第2編 第2章 「1」 (2) 会計・税務処理 79
  • 第2編 第2章 「1」 (2) (1) 買取仕入 79
  • 第2編 第2章 「1」 (2) (2) 委託仕入 79
  • 第2編 第2章 「1」 (2) (3) 消化仕入 80
  • 第2編 第2章 「1」 (3) その他 80
  • 第2編 第2章 「1」 (3) (1) 購買関連の内部統制 80
  • 第2編 第2章 「1」 (3) (2) 開示上の留意事項 82
  • 第2編 第2章 「2」 リベート 82
  • 第2編 第2章 「2」 (1) 取引の概要と特徴 82
  • 第2編 第2章 「2」 (2) 会計・税務処理 84
  • 第2編 第2章 「2」 (2) (1) リベートの計上時期 84
  • 第2編 第2章 「2」 (2) (2) リベートの勘定科目 85
  • 第2編 第2章 「2」 (2) (3) 会計処理 85
  • 第2編 第2章 「2」 (3) その他 86
  • 第2編 第2章 「2」 (3) (1) 留意事項 86
  • 第2編 第2章 「2」 (3) (2) リベート管理 86
  • 第2編 第3章 棚卸資産関係 89
  • 第2編 第3章 「1」 棚卸資産評価および開示 89
  • 第2編 第3章 「1」 (1) 取引の概要と特徴 89
  • 第2編 第3章 「1」 (1) (1) 小売業における棚卸資産の評価方法 90
  • 第2編 第3章 「1」 (1) (2) 小売業における棚卸資産の評価基準 90
  • 第2編 第3章 「1」 (2) 会計・税務処理 91
  • 第2編 第3章 「1」 (2) (1) 売価還元法の処理 91
  • 第2編 第3章 「1」 (2) (2) 売価還元法の特徴 91
  • 第2編 第3章 「1」 (2) (3) 最終仕入原価法の適用 95
  • 第2編 第3章 「1」 (2) (4) 小売業における評価基準の適用 96
  • 第2編 第3章 「1」 (2) (5) 税法上の売価還元法 99
  • 第2編 第3章 「1」 (3) その他 100
  • 第2編 第3章 「1」 (3) (1) 売価還元法を採用している場合における棚卸資産のグルーピング 100
  • 第2編 第3章 「1」 (3) (2) 利益操作 100
  • 第2編 第3章 「1」 (3) (3) IFRSにおける考え方 101
  • 第2編 第3章 「2」 実地棚卸 101
  • 第2編 第3章 「2」 (1) 取引の概要と特徴 101
  • 第2編 第3章 「2」 (1) (1) 実地棚卸の手順 101
  • 第2編 第3章 「2」 (1) (2) 循環棚卸 102
  • 第2編 第3章 「2」 (1) (3) プライスカード・値札による棚卸 103
  • 第2編 第3章 「2」 (1) (4) 実地棚卸の業務委託 104
  • 第2編 第3章 「2」 (2) 内部統制上の特徴 104
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (1) 循環棚卸における在庫移動 104
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (2) 後ロスの検討 104
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (3) タグ方式・バーコード方式 105
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (4) プライスカード・値札による棚卸 105
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (5) 棚卸対象在庫の峻別 106
  • 第2編 第3章 「2」 (2) (6) 実地棚卸の業務委託 106
  • 第2編 第3章 「2」 (3) その他 107
  • 第2編 第3章 「2」 (3) (1) J-SOXにおける位置づけ 107
  • 第2編 第3章 「2」 (3) (2) 委託業務としての取扱い 107
  • 第2編 第3章 「3」 在庫管理 108
  • 第2編 第3章 「3」 (1) 取引の概要と特徴 108
  • 第2編 第3章 「3」 (1) (1) 在庫管理の指標 108
  • 第2編 第3章 「3」 (1) (2) 数量管理 111
  • 第2編 第3章 「3」 (1) (3) 滞留在庫管理 111
  • 第2編 第3章 「3」 (1) (4) 在庫現物の保全 112
  • 第2編 第3章 「3」 (2) 内部統制上の特徴 112
  • 第2編 第3章 「3」 (2) (1) 滞留在庫管理 112
  • 第2編 第3章 「3」 (2) (2) その他 113
  • 第2編 第3章 「4」 商品マスター管理 113
  • 第2編 第3章 「4」 (1) 取引の概要と特徴 113
  • 第2編 第3章 「4」 (1) (1) 価格情報 114
  • 第2編 第3章 「4」 (1) (2) 一般的な価格マスターの例 115
  • 第2編 第3章 「4」 (1) (3) 商品情報-JANコード 115
  • 第2編 第3章 「4」 (1) (4) その他の商品情報 116
  • 第2編 第3章 「4」 (2) 内部統制上の特徴 116
  • 第2編 第3章 「4」 (2) (1) 価格の管理 116
  • 第2編 第3章 「4」 (2) (2) マスターデータの保全 117
  • 第2編 第3章 「5」 ロス 117
  • 第2編 第3章 「5」 (1) 業種に特有な会計実務 117
  • 第2編 第3章 「5」 (1) (1) ロス 118
  • 第2編 第3章 「5」 (1) (2) 逆ロス 119
  • 第2編 第3章 「5」 (2) 内部統制上の特徴 119
  • 第2編 第3章 「5」 (2) (1) 不明ロスの抑制 119
  • 第2編 第3章 「5」 (2) (2) 廃棄ロスと値引ロス 120
  • 第2編 第3章 「5」 (2) (3) ロスの予算管理 120
  • 第2編 第3章 「5」 (3) 税務との違い 120
  • 第2編 第3章 「6」 高額商品(宝飾,絵画,呉服等) 122
  • 第2編 第3章 「6」 (1) 取引の概要と特徴 122
  • 第2編 第3章 「6」 (2) 会計・税務処理 123
  • 第2編 第3章 「6」 (2) (1) 受払管理 123
  • 第2編 第3章 「6」 (2) (2) 期末評価 124
  • 第2編 第3章 「6」 (2) (3) 固定資産への振替 124
  • 第2編 第3章 「6」 (2) (4) 消化仕入 125
  • 第2編 第3章 「6」 (3) その他 125
  • 第2編 第4章 固定資産関係 126
  • 第2編 第4章 「1」 固定資産計上処理 126
  • 第2編 第4章 「1」 (1) 取引の概要と特徴 126
  • 第2編 第4章 「1」 (1) (1) 固定資産の取得について 126
  • 第2編 第4章 「1」 (1) (2) 小売業界の特徴 127
  • 第2編 第4章 「1」 (2) 会計・税務処理 128
  • 第2編 第4章 「1」 (2) (1) 取得原価の決定 128
  • 第2編 第4章 「1」 (2) (2) 資本的支出と修繕費の区別 130
  • 第2編 第4章 「1」 (2) (3) 減価償却方法と残存価額,耐用年数の決定 130
  • 第2編 第4章 「1」 (2) (4) 建設仮勘定から本勘定への振替時期 131
  • 第2編 第4章 「1」 (3) その他 131
  • 第2編 第4章 「1」 (3) (1) 固定資産の計上に関する内部統制 131
  • 第2編 第4章 「1」 (3) (2) IFRSにおける考え方 132
  • 第2編 第4章 「2」 減価償却 133
  • 第2編 第4章 「2」 (1) 取引の概要と特徴 133
  • 第2編 第4章 「2」 (2) 会計・税務処理 133
  • 第2編 第4章 「2」 (2) (1) 償却基礎価額 133
  • 第2編 第4章 「2」 (2) (2) 残存価額 133
  • 第2編 第4章 「2」 (2) (3) 減価償却方法 134
  • 第2編 第4章 「2」 (2) (4) 耐用年数 134
  • 第2編 第4章 「2」 (2) (5) 個別償却と総合償却 137
  • 第2編 第4章 「3」 改装時の除却処理 137
  • 第2編 第4章 「3」 (1) 取引の概要と特徴 137
  • 第2編 第4章 「3」 (1) (1) 固定資産の除却について 137
  • 第2編 第4章 「3」 (1) (2) 小売業界の特徴 138
  • 第2編 第4章 「3」 (2) 会計・税務処理 138
  • 第2編 第4章 「3」 (2) (1) 除却資産の帳簿価額の計算 138
  • 第2編 第4章 「3」 (2) (2) 除却損益の計算 139
  • 第2編 第4章 「3」 (2) (3) 除却時期 139
  • 第2編 第4章 「3」 (2) (4) 除却損失の表示方法 140
  • 第2編 第4章 「3」 (3) 固定資産の除却に関する内部統制 140
  • 第2編 第4章 「4」 出店仮払金 141
  • 第2編 第4章 「4」 (1) 取引の概要と特徴 141
  • 第2編 第4章 「4」 (1) (1) 土地・建物の取得,賃借 141
  • 第2編 第4章 「4」 (1) (2) 小売業界の特徴 142
  • 第2編 第4章 「4」 (2) 会計・税務処理 142
  • 第2編 第4章 「4」 (2) (1) 資産計上の範囲(取得) 142
  • 第2編 第4章 「4」 (2) (2) 資産計上の範囲(借地権) 143
  • 第2編 第4章 「4」 (2) (3) 長期化している出店仮払金の資産性 143
  • 第2編 第4章 「4」 (3) その他 144
  • 第2編 第4章 「5」 差入保証金の回収可能性 144
  • 第2編 第4章 「5」 (1) 取引の概要と特徴 144
  • 第2編 第4章 「5」 (1) (1) 差入保証金とは 144
  • 第2編 第4章 「5」 (1) (2) 小売業界の特徴 146
  • 第2編 第4章 「5」 (2) 会計・税務処理 146
  • 第2編 第4章 「5」 (2) (1) 差入保証金の会計処理(返還されない部分) 146
  • 第2編 第4章 「5」 (2) (2) 差入保証金(建設協力金等)の割引計算 148
  • 第2編 第4章 「5」 (2) (3) 回収可能性の検討 149
  • 第2編 第4章 「5」 (3) その他差入保証金の管理 149
  • 第2編 第4章 「6」 店舗流動化 150
  • 第2編 第4章 「6」 (1) 取引の概要と特徴 150
  • 第2編 第4章 「6」 (1) (1) 取引の概要 150
  • 第2編 第4章 「6」 (1) (2) 目的 150
  • 第2編 第4章 「6」 (1) (3) 不動産流動化の典型的スキーム 150
  • 第2編 第4章 「6」 (2) 会計・税務処理 152
  • 第2編 第4章 「6」 (3) その他 154
  • 第2編 第4章 「6」 (3) (1) 開示 154
  • 第2編 第4章 「6」 (3) (2) SPCと連結の範囲 155
  • 第2編 第4章 「7」 固定資産受贈益 155
  • 第2編 第4章 「7」 (1) 取引の概要と特徴 155
  • 第2編 第4章 「7」 (1) (1) 固定資産受贈益 155
  • 第2編 第4章 「7」 (1) (2) 小売業における主な固定資産受贈益 155
  • 第2編 第4章 「7」 (1) (3) メリット・デメリット 156
  • 第2編 第4章 「7」 (2) 会計・税務処理 157
  • 第2編 第4章 「7」 (2) (1) 贈与を受けた側の会計処理 157
  • 第2編 第4章 「7」 (2) (2) 贈与した側の会計処理 158
  • 第2編 第4章 「7」 (3) IFRSにおける考え方 158
  • 第2編 第4章 「8」 店舗閉鎖損 159
  • 第2編 第4章 「8」 (1) 取引の概要と特徴 159
  • 第2編 第4章 「8」 (1) (1) 取引の概要 159
  • 第2編 第4章 「8」 (1) (2) 店舗閉鎖プロセス 160
  • 第2編 第4章 「8」 (2) 会計・税務処理 161
  • 第2編 第4章 「8」 (2) (1) 会計処理 161
  • 第2編 第4章 「8」 (2) (2) 税務 164
  • 第2編 第4章 「8」 (3) 関連する内部統制 164
  • 第2編 第4章 「9」 リース資産 165
  • 第2編 第4章 「9」 (1) 会計処理 165
  • 第2編 第4章 「9」 (1) (1) リース取引の定義 165
  • 第2編 第4章 「9」 (1) (2) ファイナンス・リース取引 165
  • 第2編 第4章 「9」 (1) (3) オペレーティング・リース取引 167
  • 第2編 第4章 「9」 (2) 小売業における留意点 167
  • 第2編 第4章 「9」 (2) (1) 総論 167
  • 第2編 第4章 「9」 (2) (2) 不動産にかかるリース取引の会計処理 168
  • 第2編 第4章 「9」 (3) その他 169
  • 第2編 第4章 「9」 (3) (1) 税務上の取扱い 169
  • 第2編 第4章 「9」 (3) (2) IFRSにおける考え方 169
  • 第2編 第4章 「10」 資産除去債務 170
  • 第2編 第4章 「10」 (1) 取引の概要と特徴 170
  • 第2編 第4章 「10」 (1) (1) 出店の形態と退店時の原状回復義務 170
  • 第2編 第4章 「10」 (1) (2) 資産除去債務会計基準が適用される以前の退店時などの会計処理 171
  • 第2編 第4章 「10」 (2) 会計・税務処理 171
  • 第2編 第4章 「10」 (2) (1) 会計基準等 171
  • 第2編 第4章 「10」 (2) (2) 事業用定期借地権契約における資産除去債務 173
  • 第2編 第4章 「10」 (2) (3) 賃借契約に関連して敷金を差し入れている場合 174
  • 第2編 第4章 「10」 (2) (4) 税務上の取扱い 175
  • 第2編 第4章 「10」 (3) IFRSにおける考え方 175
  • 第2編 第4章 「11」 減損会計 176
  • 第2編 第4章 「11」 (1) 取引の概要と特徴 176
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (1) 減損会計の意義 176
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (2) 資産のグルーピング 176
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (3) 小売業界のグルーピングの特徴 177
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (4) 減損の兆候 177
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (5) 減損の兆候に関する小売業特有の論点 178
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (6) 減損損失の認識 178
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (7) 減損損失の認識に関する小売業特有の論点(1) 179
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (8) 減損損失の認識に関する小売業特有の論点(2) 179
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (9) 減損損失の認識に関する小売業特有の論点(3) 180
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (10) 減損損失の測定 180
  • 第2編 第4章 「11」 (1) (11) 小売業界の減損処理の動向 180
  • 第2編 第4章 「11」 (2) 会計・税務処理 181
  • 第2編 第4章 「11」 (2) (1) 会計処理 181
  • 第2編 第4章 「11」 (2) (2) 税務処理 181
  • 第2編 第4章 「11」 (3) その他 182
  • 第2編 第4章 「11」 (3) (1) 開示 182
  • 第2編 第4章 「11」 (3) (2) 関連する内部統制 183
  • 第2編 第4章 「11」 (3) (3) IFRSにおける考え方 184
  • 第2編 第5章 コンビニエンスストア(チェーン形態)の特徴 185
  • 第2編 第5章 「1」 取引の概要等 185
  • 第2編 第5章 「1」 (1) チェーンの形態 185
  • 第2編 第5章 「1」 (1) (1) フランチャイズチェーン 185
  • 第2編 第5章 「1」 (1) (2) ボランタリーチェーン 186
  • 第2編 第5章 「1」 (1) (3) レギュラーチェーン 186
  • 第2編 第5章 「1」 (2) ロイヤルティの算出 186
  • 第2編 第5章 「1」 (2) (1) 売上分配方式 187
  • 第2編 第5章 「1」 (2) (2) 粗利分配方式 187
  • 第2編 第5章 「1」 (2) (3) 一定金額方式 187
  • 第2編 第5章 「1」 (3) 本部の役割 188
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (1) 出店戦略の策定 188
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (2) 物流システムの構築 188
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (3) 情報システムの構築 188
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (4) 商品の開発 189
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (5) 加盟店の指導 189
  • 第2編 第5章 「1」 (3) (6) 広告宣伝 189
  • 第2編 第5章 「1」 (4) 加盟店の役割 189
  • 第2編 第5章 「1」 (5) 加盟店と本部の取引 189
  • 第2編 第5章 「1」 (5) (1) 発注 190
  • 第2編 第5章 「1」 (5) (2) 検品 190
  • 第2編 第5章 「1」 (5) (3) 販売(レジ) 190
  • 第2編 第5章 「1」 (5) (4) ロイヤルティ 191
  • 第2編 第5章 「1」 (5) (5) その他 191
  • 第2編 第5章 「2」 会計・税務処理 191
  • 第2編 第5章 「2」 (1) 売上計上 191
  • 第2編 第5章 「2」 (2) オープン・アカウントの利用 192
  • 第2編 第5章 「3」 その他 195
  • 第2編 第5章 「3」 (1) 内部統制の特徴 195
  • 第2編 第5章 「3」 (2) コンビニエンスストアのロイヤルティのIFRSにおける取扱い 195
  • 第2編 第6章 その他の論点 199
  • 第2編 第6章 「1」 商品券 199
  • 第2編 第6章 「1」 (1) 取引の概要と特徴 199
  • 第2編 第6章 「1」 (1) (1) 商品券の概要 199
  • 第2編 第6章 「1」 (1) (2) 友の会について 200
  • 第2編 第6章 「1」 (2) 会計・税務処理 200
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (1) 商品券発行時と使用(回収)時の会計処理 200
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (2) 商品券の税務処理 201
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (3) 商品券回収損引当金の会計処理 202
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (4) 商品券回収損引当金の算定方法 204
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (5) 商品券回収損引当金の開示例 205
  • 第2編 第6章 「1」 (2) (6) 商品券回収損引当金の税務上の取扱い 207
  • 第2編 第6章 「1」 (3) IFRSにおける考え方 207
  • 第2編 第6章 「2」 友の会 207
  • 第2編 第6章 「2」 (1) 制度の概要 207
  • 第2編 第6章 「2」 (2) 通常の会計処理 208
  • 第2編 第6章 「2」 (3) 会計処理上の論点 209
  • 第2編 第6章 「2」 (3) (1) ボーナス分の費用処理 209
  • 第2編 第6章 「2」 (3) (2) その他の論点 211
  • 第2編 第6章 「2」 (4) その他税務上の取扱い 211
  • 第2編 第6章 「3」 仕立券 211
  • 第2編 第6章 「3」 (1) 概要 211
  • 第2編 第6章 「3」 (2) 会計処理上の論点 211
  • 第2編 第6章 「3」 (3) その他税務上の取扱い 212
  • 第2編 第6章 「4」 ポイント引当金 212
  • 第2編 第6章 「4」 (1) 取引の概要と特徴 212
  • 第2編 第6章 「4」 (1) (1) ポイント制度の概要 212
  • 第2編 第6章 「4」 (1) (2) ポイントの還元形態と利便性 213
  • 第2編 第6章 「4」 (1) (3) 現金値引きとの対比 214
  • 第2編 第6章 「4」 (1) (4) 電子マネーとの対比 214
  • 第2編 第6章 「4」 (2) 会計・税務処理 214
  • 第2編 第6章 「4」 (2) (1) 会計処理方法の例示 214
  • 第2編 第6章 「4」 (2) (2) ポイントを発行する目的と会計処理(売上値引か販促費か) 217
  • 第2編 第6章 「4」 (2) (3) ポイント引当金の算定方法 217
  • 第2編 第6章 「4」 (2) (4) 税務上の取扱い 219
  • 第2編 第6章 「4」 (3) その他 219
  • 第2編 第6章 「4」 (3) (1) ポイントに関するデータの把握 219
  • 第2編 第6章 「4」 (3) (2) IFRSにおける考え方 220
  • 第2編 第6章 「5」 (レジ)現金管理 221
  • 第2編 第6章 「5」 (1) 取引の概要と特徴 221
  • 第2編 第6章 「5」 (1) (1) レジの使用 221
  • 第2編 第6章 「5」 (1) (2) POSレジ 221
  • 第2編 第6章 「5」 (1) (3) POSレジの流れ 222
  • 第2編 第6章 「5」 (1) (4) 売上現金の回収 223
  • 第2編 第6章 「5」 (2) 内部統制上の特徴 224
  • 第2編 第6章 「5」 (2) (1) 売上代金の着服 224
  • 第2編 第6章 「5」 (2) (2) レジ差異 224
  • 第2編 第6章 「5」 (2) (3) 現金輸送サービスの利用 225
  • 第2編 第6章 「5」 (3) J-SOXにおける取扱い 225
  • 第3編 監査
  • 第3編 第1章 監査の概要 229
  • 第3編 第1章 「1」 監査の分類と三様監査 229
  • 第3編 第1章 「2」 会計監査の萌芽とその歴史 232
  • 第3編 第1章 「3」 わが国における公認会計士監査制度の生成とその発展 234
  • 第3編 第1章 「4」 業種別にみる内部監査の実際 237
  • 第3編 第1章 「4」 (1) 内部監査の意義・定義 237
  • 第3編 第1章 「4」 (2) 内部監査の制度的位置づけ 238
  • 第3編 第1章 「4」 (3) 業種別にみる内部監査体制 238
  • 第3編 第1章 「4」 (3) (1) 企業グループにおける内部監査対象 238
  • 第3編 第1章 「4」 (3) (2) 内部監査の組織上の所属形態 239
  • 第3編 第1章 「4」 (3) (3) 内部監査部門の人的資源 240
  • 第3編 第1章 「4」 (4) 業種別内部監査の実施状況 241
  • 第3編 第1章 「4」 (4) (1) 監査対象業種別にみた内部監査実施状況 241
  • 第3編 第1章 「4」 (4) (2) 業種別内部監査の実際 242
  • 第3編 第1章 「5」 公認会計士監査と内部監査の連携状況 249
  • 第3編 第1章 「5」 (1) 会計監査人と内部監査の連携の意義と制度的背景 249
  • 第3編 第1章 「5」 (2) 会計監査人と内部監査の連携状況 249
  • 第3編 第1章 「6」 公認会計士監査と監査役(監査委員会)監査の連携 252
  • 第3編 第1章 「6」 (1) わが国における監査役(監査委員会)制度 252
  • 第3編 第1章 「6」 (2) 会計監査人と監査役等の連携強化の制度的背景 253
  • 第3編 第1章 「6」 (3) 会計監査人と監査役等の連携の必要性とその効果 254
  • 第3編 第1章 「6」 (4) 会計監査人と監査役等の連携に関する基本的事項 255
  • 第3編 第1章 「6」 (5) 会計監査人と監査役等の具体的連携方法に関する業種別調査結果 258
  • 第3編 第2章 小売業における内部監査のポイント 261
  • 第3編 第2章 「1」 小売業の業務特性 261
  • 第3編 第2章 「2」 小売業に特有の内部監査の目的 262
  • 第3編 第2章 「3」 小売業に特有の内部統制の特徴 262
  • 第3編 第2章 「3」 (1) 店舗運営マニュアルの存在 262
  • 第3編 第2章 「3」 (2) 売上金や商品などに対する強い統制 262
  • 第3編 第2章 「3」 (3) 統一的なシステムツールの存在 263
  • 第3編 第2章 「3」 (4) 人事教育および研修制度の強化 263
  • 第3編 第2章 「3」 (5) 複数店舗の統括管理者の存在 263
  • 第3編 第2章 「4」 内部統制報告制度における小売業特有のポイント 265
  • 第3編 第2章 「5」 小売業における店舗業務を対象とする内部監査の留意点 266
  • 第3編 第2章 「6」 小売業における本部機能を対象とする内部監査の留意点 267
  • 第3編 第2章 「7」 小売業における内部監査の課題 269
  • 第3編 第2章 「7」 (1) 店舗監査における課題 269
  • 第3編 第2章 「7」 (2) 本部監査における課題 270
  • 参考文献 271

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで