サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

末梢神経学ケース・スタディ

J.A.ライブソン 著,栢森良二 訳

詳細情報

タイトル 末梢神経学ケース・スタディ
著者 J.A.ライブソン 著
著者 栢森良二 訳
著者標目 Liveson, Jay Allan
著者標目 栢森, 良二, 1949-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社西村書店東京出版編集部
出版年月日等 2010.7
大きさ、容量等 470p ; 26cm
注記 原タイトル: Peripheral neurology.3rd ed
注記 索引あり
ISBN 9784890133987
価格 5500円
JP番号 21800225
NS-MARC番号 125615600
別タイトル Peripheral neurology.3rd ed
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 電気診断法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 神経--診断
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC367
NDC(9版) 492.16 : 臨床医学.診断・治療
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 末梢神経学ケース・スタディ
  • 目次
  • 訳者序文 iii
  • 第3版の序文 iv
  • 謝辞 v
  • 第2版の序文 vi
  • 第3版刊行に寄せて vii
  • 第1部 基本概念 1
  • 第1部 1 電気診断学データの解釈 3
  • 第1部 1 運動および感覚神経伝導検査 3
  • 第1部 1 針筋電図 5
  • 第1部 1 安静時活動 5
  • 第1部 1 随意収縮時の活動 7
  • 第1部 2 広汎性病変 9
  • 第1部 2 前角細胞疾患 9
  • 第1部 2 多発神経根症 10
  • 第1部 2 多発ニューロパチー 11
  • 第1部 2 神経筋接合部疾患 12
  • 第1部 2 シナプス後疾患 12
  • 第1部 2 シナプス前疾患 13
  • 第1部 2 ミオパチー 14
  • 第1部 2 まとめ 16
  • 第1部 3 限局性病変 17
  • 第1部 3 正中神経 17
  • 第1部 3 主根管症候群 17
  • 第1部 3 円回内筋症候群 19
  • 第1部 3 前骨間神経 20
  • 第1部 3 Struthers靱帯 21
  • 第1部 3 その他の正中神経病変 22
  • 第1部 3 尺骨神経 22
  • 第1部 3 肘 22
  • 第1部 3 手関節 23
  • 第1部 3 その他の尺骨神経病変 25
  • 第1部 3 橈骨神経 25
  • 第1部 3 土曜の夜の麻痺 25
  • 第1部 3 後骨間神経症候群 25
  • 第1部 3 その他の橈骨神経病変 25
  • 第1部 3 腕神経叢 28
  • 第1部 3 腕神経叢分枝 29
  • 第1部 3 神経根症 30
  • 第1部 3 馬尾と脊髄円錐 34
  • 第1部 3 大腿神経 35
  • 第1部 3 坐骨神経と腰仙骨神経叢 37
  • 第1部 3 坐骨神経 37
  • 第1部 3 腰仙骨神経叢 38
  • 第1部 3 腓骨神経と脛骨神経 38
  • 第1部 3 腓骨神経 38
  • 第1部 3 脛骨神経 40
  • 第1部 3 顔面神経 41
  • 第1部 3 脊髄副神経 42
  • 第1部 3 脳神経 42
  • 第1部 3 横隔神経 43
  • 第1部 3 外側大腿皮神経 43
  • 第1部 3 会陰神経と陰部神経 44
  • 第1部 3 種々の病変 44
  • 第2部 ケース・スタディ 47
  • 第2部 1 両側手の外側しびれ 55
  • 第2部 2 Horner徴候と上腕内側しびれ 59
  • 第2部 3 足の放散痛 64
  • 第2部 4 大腿の挫滅創 67
  • 第2部 5 気をつけて,ドクター! 70
  • 第2部 6 偶然 73
  • 第2部 7 クーマディン投与中の突然の大腿痛 77
  • 第2部 8 放散する肩の痛み 80
  • 第2部 9 「分割」指所見 83
  • 第2部 10 顔面筋力低下と回復 87
  • 第2部 11 近位部筋力低下と複視 92
  • 第2部 12 下垂手 96
  • 第2部 13 下垂足 100
  • 第2部 14 下肢筋力低下と筋攣縮 104
  • 第2部 15 肩脱臼と筋力低下 108
  • 第2部 16 ピンチの異常 111
  • 第2部 17 放散痛と膝蓋腱反射低下 115
  • 第2部 18 頸部への銃弾創 118
  • 第2部 19 50歳代の近位筋の筋力低下と痛み 121
  • 第2部 20 警告,もう1度! 124
  • 第2部 21 手関節の偏位と筋力低下 128
  • 第2部 22 人工関節置換術後の下垂足 132
  • 第2部 23 トンネルとそれ以上 135
  • 第2部 24 再発性筋力低下としびれ感 139
  • 第2部 25 サドル状感覚障害 143
  • 第2部 26 無痛性肩甲帯筋萎縮 146
  • 第2部 27 放散性大腿痛としびれ 150
  • 第2部 28 踵骨骨折と足のしびれ感 153
  • 第2部 29 母指のしびれ感と遠位部筋力低下 156
  • 第2部 30 21歳女性の進行性複視 160
  • 第2部 31 非対称性下肢筋力低下と糖尿病 163
  • 第2部 32 10歳男児の急速な近位筋の筋力低下 166
  • 第2部 33 Mees線と遠位部しびれ感 169
  • 第2部 34 仙骨部突出と失禁 172
  • 第2部 35 上肢前方挙上による翼状肩甲の増強 176
  • 第2部 36 手握り弛緩障害と眼瞼下垂 180
  • 第2部 37 Valsalva手技による上腕症状の増悪 183
  • 第2部 38 筋痙攣と線維束収縮 186
  • 第2部 39 椎弓切除術後の疼痛再発 190
  • 第2部 40 ステープル作業に関連した手内在筋の筋力低下 194
  • 第2部 41 多発骨盤骨折 198
  • 第2部 42 前腕シャントと手の筋力低下 202
  • 第2部 43 筋力低下,口内乾燥,反射消失 206
  • 第2部 44 医師に起こった局所性線維束収縮 210
  • 第2部 45 松葉杖と下垂手 214
  • 第2部 46 痛みのある発疹と股関節筋力低下 217
  • 第2部 47 陽性「上肢下垂テスト」 220
  • 第2部 48 頸部腫瘤切除後の翼状肩甲 223
  • 第2部 49 緩徐進行性の近位筋の筋力低下 226
  • 第2部 50 四辺形間隙病変 229
  • 第2部 51 ミオキミアと線維束収縮 233
  • 第2部 52 緩徐に進展する近位筋の筋力低下 237
  • 第2部 53 「再発性」胸郭出口症候群 240
  • 第2部 54 歩行後の下垂足 244
  • 第2部 55 つまみと回内の筋力低下 248
  • 第2部 56 殿部注射と放散痛 251
  • 第2部 57 鎖骨骨折と筋力低下 254
  • 第2部 58 腹部臓器病変のない腹痛 258
  • 第2部 59 非対称性筋力低下を伴ったDM患者 261
  • 第2部 60 手錠としびれ感 265
  • 第2部 61 肩の痛みと筋力低下 268
  • 第2部 62 30ヵ月女児の立位障害 272
  • 第2部 63 舌の半側萎縮 275
  • 第2部 64 骨盤位分娩後の上肢筋力低下 278
  • 第2部 65 3ヵ月のぐにゃぐにゃ男児 281
  • 第2部 66 下腿の銃弾創 284
  • 第2部 67 足関接骨折と限局性筋萎縮 287
  • 第2部 68 増悪,再発性筋力低下と失調症 290
  • 第2部 69 開胸術後の上腕筋力低下 294
  • 第2部 70 耳痛,嗄声,顔面神経麻痺 297
  • 第2部 71 膝骨折と謎の所見 300
  • 第2部 72 手握り弛緩障害 303
  • 第2部 73 弛緩性四肢麻痺を合併した熱傷患者 306
  • 第2部 74 チャーリー・チャップリン歩行と失調症 309
  • 第2部 75 HIVと進行性筋力低下 313
  • 第2部 76 陳旧性ポリオ患者の進行性上腕の筋力低下 316
  • 第2部 77 一過性嚥下障害 319
  • 第2部 78 放散痛とPott病 323
  • 第2部 79 上位および下位運動ニューロン混合性障害 326
  • 第2部 80 C1-C2骨折の合併症 330
  • 第2部 81 椎骨圧潰と近位筋の筋力低下 333
  • 第2部 82 近位筋の筋力低下と頻回の肺炎 336
  • 第2部 83 暗闇での歩行障害 339
  • 第2部 84 家族内の2人の心配停止死亡 343
  • 第2部 85 先天性両側第6,7脳神経麻痺 347
  • 第2部 86 ぶらぶらの無感覚の外傷後上肢 350
  • 第2部 87 上腕骨骨折と筋力低下 354
  • 第2部 88 30歳代の緩徐進行性の近位筋の筋力低下 357
  • 第2部 89 単核球症と両側上腕筋力低下 360
  • 第2部 90 頸骨骨切り術と足のしびれ 363
  • 第2部 91 HMSN IとHSAN IIIの合併 366
  • 第2部 92 外傷性男性機能不全 370
  • 第2部 93 大腿外側のしびれ 374
  • 第2部 94 突然発症した弛緩性完全片麻痺 377
  • 第2部 95 「絶え間なく」進行する筋力低下 380
  • 第2部 96 複数関節置換術 384
  • 第2部 97 外科治療に反応しない足根管症候群 388
  • 第2部 98 肩脱臼と手のしびれ 391
  • 第2部 99 暴行後の顔面のぴくつき 394
  • 第2部 100 まばらなしびれ感と好酸球増多症 397
  • 第2部 101 大腿痛と殿部圧痛 400
  • 第2部 102 聴神経腫瘍摘出術後の顔面神経麻痺 403
  • 第2部 103 高CPK血症と筋痛 406
  • 第2部 104 コンパートメント症候群と前腕しびれ感 409
  • 第2部 105 視神経炎と運動伝導ブロック 412
  • 第2部 106 脊髄係留症候群術後の対麻痺 416
  • 第2部 107 出産後上腕の筋力低下 419
  • 第2部 108 べーカー嚢腫切除後の足のしびれ 422
  • 第2部 109 下肢不穏restless legs(むずむず脚)症候群 425
  • 第2部 110 進行性後腹膜出血 428
  • 第2部 111 胃バイパス術後の重症疾患 432
  • 第2部 112 頭部下垂症候群 435
  • 第2部 113 内反足の術前評価 438
  • 第2部 114 自転車事故後の顔面神経麻痺と聴覚障害 441
  • 第2部 115 大脳石灰化と片麻痺 445
  • 第2部 116 脊髄空洞症シャント術後の評価 447
  • 付録A 症例の最終診断 451
  • 付録B 症例の概要 453
  • 付録C 診断名と症例番号(アルファベット順) 455
  • 付録D 診断名と症例番号(50音順) 461
  • 索引 466

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで