サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

電子商取引レポート 2009

経済産業省商務情報政策局情報経済課 編

詳細情報

タイトル 電子商取引レポート
著者 経済産業省商務情報政策局情報経済課 編
著者標目 経済産業省商務情報政策局
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社経済産業調査会
出版年月日等 2010.3
大きさ、容量等 349p ; 21cm
注記 文献あり
ISBN 9784806528395
価格 3000円
JP番号 21734561
NS-MARC番号 110880000
巻次 2009
出版年(W3CDTF) 2010
件名(キーワード) 電子商取引
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC DH3
NDC(9版) 670 : 商業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 官公庁刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 電子商取引レポート. 2009
  • 目次
  • I. 調査概要 1
  • I. 1. 調査の目的・特徴 3
  • I. 1. 1.1. 背景 3
  • I. 1. 1.2. 目的・特徴 4
  • I. 2. 調査構成 5
  • I. 3. 調査手法 5
  • I. 3. 3.1. 日本における電子商取引市場調査 5
  • I. 3. 3.1. 3.1.1. 電子商取引の定義 5
  • I. 3. 3.1. 3.1.2. 電子商取引金額の定義 8
  • I. 3. 3.1. 3.1.3. 電子商取引市場規模の定義 8
  • I. 3. 3.1. 3.1.4. 電子商取引化率の定義 10
  • I. 3. 3.1. 3.1.5. 調査範囲・対象 10
  • I. 3. 3.2. インターネットに関する新たなビジネスモデルの実態把握 17
  • I. 3. 3.2. 3.2.1. 調査対象 17
  • I. 3. 3.2. 3.2.2. 調査方法 17
  • II. 日本における電子商取引市場調査 19
  • II. 1. 概要(サマリ) 21
  • II. 2. BtoB電子商取引 22
  • II. 2. 2.1. 電子商取引市場規模 22
  • II. 2. 2.2. 電子商取引の動向 29
  • II. 3. BtoC電子商取引 35
  • II. 3. 3.1. 電子商取引市場規模 35
  • II. 3. 3.2. 電子商取引の動向 38
  • III. インターネットに関する新たなビジネスモデルの実態把握調査 41
  • III. 1. 調査対象 43
  • III. 1. 1.1. 地域 43
  • III. 1. 1.2. ウィンドウ 43
  • III. 2. 日本 44
  • III. 2. 2.1. 全体概要(サマリ) 44
  • III. 2. 2.2. ウィンドウ間連携状況(サマリ) 46
  • III. 2. 2.3. 日本のインターネットビジネスを取り巻く環境 47
  • III. 2. 2.3. 2.3.1. 社会・経済 47
  • III. 2. 2.3. 2.3.2. 技術 53
  • III. 2. 2.4. インターネットビジネス動向 ―PC 61
  • III. 2. 2.4. 2.4.1. Ec(物販) 61
  • III. 2. 2.4. 2.4.2. EC(デジタルコンテンツ) 68
  • III. 2. 2.4. 2.4.3. CGM・その他サービス 72
  • III. 2. 2.5. インターネットビジネス動向 ―モバイル 76
  • III. 2. 2.5. 2.5.1. 全体動向 76
  • III. 2. 2.5. 2.5.2. 事業者動向 78
  • III. 2. 2.5. 2.5.3. 新たな取り組み 82
  • III. 2. 2.6. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 83
  • III. 2. 2.6. 2.6.1. 全体動向 83
  • III. 2. 2.6. 2.6.2. 事業者動向 85
  • III. 2. 2.6. 2.6.3. 新たな取り組み 94
  • III. 2. 2.7. インターネットビジネス動向 ―IPTV 96
  • III. 2. 2.7. 2.7.1. 全体動向 96
  • III. 2. 2.7. 2.7.2. 事業者動向 98
  • III. 2. 2.7. 2.7.3. 新たな取り組み 104
  • III. 3. 米国 106
  • III. 3. 3.1. 全体概要(サマリ) 106
  • III. 3. 3.2. ウィンドウ間連携状況(サマリ) 108
  • III. 3. 3.3. 米国のインターネットビジネスを取り巻く環境 110
  • III. 3. 3.3. 3.3.1. 社会・経済 110
  • III. 3. 3.3. 3.3.2. 技術 115
  • III. 3. 3.4. インターネットビジネス動向 -Pc 125
  • III. 3. 3.4. 3.4.1. EC(物販) 126
  • III. 3. 3.4. 3.4.2. EC(デジタルコンテンツ) 129
  • III. 3. 3.4. 3.4.3. CGM・その他サービス 133
  • III. 3. 3.5. インターネットビジネス動向 ―モバイル 142
  • III. 3. 3.5. 3.5.1. 全体動向 142
  • III. 3. 3.5. 3.5.2. 事業者動向 144
  • III. 3. 3.5. 3.5.3. 新たな取り組み 151
  • III. 3. 3.6. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 152
  • III. 3. 3.6. 3.6.1. 全体動向 152
  • III. 3. 3.6. 3.6.2. 事業者動向/新たな取り組み 154
  • III. 3. 3.7. インターネットビジネス動向 ―IPTV 156
  • III. 3. 3.7. 3.7.1. 全体動向 156
  • III. 3. 3.7. 3.7.2. 事業者動向 158
  • III. 3. 3.7. 3.7.3. 新たな取り組み 160
  • III. 4. 欧州 162
  • III. 4. 4.1. 全体概要(サマリ) 162
  • III. 4. 4.2. ウィンドウ間連携状況(サマリ) 163
  • III. 4. 4.3. 欧州のインターネットビジネスを取り巻く環境 164
  • III. 4. 4.3. 4.3.1. 社会・経済 164
  • III. 4. 4.3. 4.3.2. 技術 168
  • III. 4. 4.4. 英国におけるインターネットビジネス 176
  • III. 4. 4.4. 4.4.1. インターネットビジネス動向 -Pc 176
  • III. 4. 4.4. 4.4.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 188
  • III. 4. 4.4. 4.4.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 193
  • III. 4. 4.4. 4.4.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 195
  • III. 4. 4.5. ドイツにおけるインターネットビジネス 197
  • III. 4. 4.5. 4.5.1. インターネットビジネス動向 -Pc 197
  • III. 4. 4.5. 4.5.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 208
  • III. 4. 4.5. 4.5.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 212
  • III. 4. 4.5. 4.5.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 213
  • III. 4. 4.6. フランスにおけるインターネットビジネス 215
  • III. 4. 4.6. 4.6.1. インターネットビジネス動向 ―PC 215
  • III. 4. 4.6. 4.6.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 223
  • III. 4. 4.6. 4.6.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 226
  • III. 4. 4.6. 4.6.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 227
  • III. 5. アジア 230
  • III. 5. 5.1. 全体概要(サマリ) 230
  • III. 5. 5.2. ウィンドウ間連携状況(サマリ) 231
  • III. 5. 5.3. アジアのインターネットビジネスを取り巻く環境 232
  • III. 5. 5.3. 5.3.1. 社会・経済 232
  • III. 5. 5.3. 5.3.2. 技術 236
  • III. 5. 5.4. 中国におけるインターネットビジネス 243
  • III. 5. 5.4. 5.4.1. インターネットビジネス動向 ―PC 243
  • III. 5. 5.4. 5.4.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 254
  • III. 5. 5.4. 5.4.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 255
  • III. 5. 5.4. 5.4.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 258
  • III. 5. 5.5. 韓国におけるインターネットビジネス 260
  • III. 5. 5.5. 5.5.1. インターネットビジネス動向 ―PC 260
  • III. 5. 5.5. 5.5.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 268
  • III. 5. 5.5. 5.5.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 270
  • III. 5. 5.5. 5.5.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 272
  • III. 5. 5.6. シンガポールにおけるインターネットビジネス 274
  • III. 5. 5.6. 5.6.1. インターネットビジネス動向 ―PC 274
  • III. 5. 5.6. 5.6.2. インターネットビジネス動向 ―モバイル 280
  • III. 5. 5.6. 5.6.3. インターネットビジネス動向 ―カーナビ 281
  • III. 5. 5.6. 5.6.4. インターネットビジネス動向 ―IPTV 282
  • IV. 4つの国・地域間インターネットビジネス動向把握 285
  • IV. 1. 全体概要(サマリ) 287
  • IV. 2. インフラ整備状況の比較 287
  • IV. 3. インターネットビジネス比較の概要 290
  • IV. 3. 3.1. PCウィンドウ向けインターネットビジネス比較 290
  • IV. 3. 3.1. 3.1.1. BtoC-EC 290
  • IV. 3. 3.1. 3.1.2. CGM・その他サービス 293
  • IV. 3. 3.2. モバイルウィンドウ向けインターネットビジネス比較 295
  • IV. 3. 3.2. 3.2.1. BtoC-EC 295
  • IV. 3. 3.2. 3.2.2. CGM・その他サービス 296
  • IV. 3. 3.3. カーナビウィンドウ向けインターネットビジネス比較 298
  • IV. 3. 3.4. テレビ(IPTV)ウィンドウ向けインターネットビジネス比較 301
  • IV. 4. ウィンドウ間の連携によるインターネットビジネスの高度化に関する取組 304
  • IV. 5. インターネットビジネス発展に向けた課題と今後の方向性 306
  • IV. 5. 5.1. ビジネス展開上の課題と解決の方向性 306
  • IV. 5. 5.2. 今後のインターネットビジネス発展の方向性 310
  • IV. 5. 5.2. 5.2.1. 中小規模ECショップの発展による、BtoC-ECの底上げの進展 310
  • IV. 5. 5.2. 5.2.2. 他サイトの連携を通じた価値の拡大 311
  • IV. 5. 5.2. 5.2.3. 機能・デバイス間の連携による日常生活への更なる浸透 311
  • IV. 5. 5.3. 今後の電子商取引発展に関する提言 311
  • IV. 5. 5.3. 5.3.1. BtoC国際間取引の更なる進展に向けた安心・安全な決済基盤の整備 311
  • IV. 5. 5.3. 5.3.2. ウィンドウの多様化に伴う新たな脅威に対する対策の必要性 312
  • IV. 5. 5.3. 5.3.3. 著作権の見直しによるデジタルコンテンツ利用の促進 313
  • V. 付録資料 315
  • V. 1. 主要参考資料・文献一覧 317
  • VI. 概要資料 321
  • VI. ネットビジネスの動向と制度的課題について 323

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで