サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

王朝文学と音楽

堀淳一 編

詳細情報

タイトル 王朝文学と音楽
著者 堀淳一 編
著者標目 堀, 淳一
シリーズ名 平安文学と隣接諸学 ; 8
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社竹林舎
出版年月日等 2009.12
大きさ、容量等 614p ; 22cm
ISBN 9784902084887
価格 14800円
JP番号 21693154
部分タイトル 音楽という制度 (楽制・楽人と伝承) 日本音楽史研究の現在と王朝文学 / 福島和夫 著
部分タイトル 一条朝から白河朝に至るまでの楽制と王朝文学 / 荻美津夫 著
部分タイトル 王朝社会における王卿貴族の楽統 / 豊永聡美 著
部分タイトル 奈良・平安時代の仏教儀礼と音楽・舞楽 / 澤田篤子 著
部分タイトル 『教訓抄』に見る王朝の雅楽 / 磯水絵 著
部分タイトル 古代東アジアにおける楽制・楽書と源氏物語 / 林嵐 著
部分タイトル 奏でられる「うた」の世界 漢詩・和歌の披講における音楽性 / 青柳隆志 著
部分タイトル 歌謡と王朝物語との連関 / 飯島一彦 著
部分タイトル 平安文学と風俗圏歌謡 / 小野恭靖 著
部分タイトル 音曲としての今様 / 小島裕子 著
部分タイトル 王朝文学と音楽 胡旋舞の寓意と表象 / 荒木浩 著
部分タイトル 王朝文学・歴史資料における琴演奏描写の変遷 / 原豊二 著
部分タイトル 結集と予祝の男踏歌 / 浅尾広良 著
部分タイトル ものの音の世界 / 石田百合子 著
部分タイトル 後期物語と雅楽 / 植田恭代 著
部分タイトル 説話、歴史物語の中の音楽、舞楽 / 廣田收 著
部分タイトル 女房日記の音楽・舞楽 / 小森潔 著
部分タイトル 江戸音曲における王朝文学受容 / 久保田敏子 著
部分タイトル 王権の音、そのはるかなる響き / 松島仁 著
部分タイトル 源氏物語と音楽 江戸儒者の『源氏物語』注釈学と琴学史 / 上原作和 著
部分タイトル 源氏物語の音楽・舞楽と准拠 / 秋澤亙 著
部分タイトル 源氏物語の文体と音楽 / 中川正美 著
部分タイトル 明石一族における箏の琴の相承 / 森野正弘 著
部分タイトル 琵琶弾く貴人の帰還 / 堀淳一 著
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 日本文学--歴史--平安時代
件名(キーワード) 音楽 (日本)--文学上
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG16
NDC(9版) 910.23 : 日本文学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで