サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

病気がみえる vol.6 (免疫・膠原病・感染症)

医療情報科学研究所 編

詳細情報

タイトル 病気がみえる
著者 医療情報科学研究所 編
著者標目 医療情報科学研究所
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社メディックメディア
出版年月日等 2009.11
大きさ、容量等 303p ; 26cm
注記 各巻の並列タイトル: Immunology, collagen diseases and infectious diseases
注記 索引あり
ISBN 9784896323092
価格 3000円
JP番号 21687585
NS-MARC番号 116009900
巻次 vol.6 (免疫・膠原病・感染症)
別タイトル Medical disease:an illustrated reference guide
別タイトル Medical disease:an illustrated reference guide
別タイトル Immunology,collagen diseases and infectious diseases
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 免疫学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 膠原病
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 感染症
NDLC SC111
NDLC SC151
NDC(9版) 491.61 : 基礎医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 病気がみえる. vol.6
  • 病気がみえる vol. (6)免疫・膠原病・感染症目次
  • はじめに iii
  • 監修者一覧 iv
  • 本書の使い方 vi
  • 誌面の見方 viii
  • 免疫
  • 免疫総論
  • 免疫の概念と免疫系 2
  • 免疫とは 2
  • 様々な免疫反応 2
  • 免疫細胞と免疫系 3
  • 免疫系の構成因子 3
  • 免疫細胞の分化 3
  • 顆粒球 4
  • 単球・マクロファージ 4
  • マスト細胞(肥満細胞) 4
  • 樹状細胞 4
  • リンパ球 5
  • 抗体・補体・サイトカイン 5
  • リンパ組織 5
  • 免疫の獲得まで 6
  • 生体防御機構の全体像 6
  • 自然免疫 8
  • 自然免疫のメカニズム 8
  • 体表面の自然免疫(バリアー) 8
  • 体組織内の自然免疫 8
  • 食細胞による細菌貪食 9
  • NK細胞によるウイルス感染細胞の破壊 9
  • サイトカインの種類と機能 11
  • Supplement 炎症の仕組みと意義 10
  • 獲得免疫 12
  • 獲得免疫とは 12
  • 免疫記憶による反応 12
  • 抗原レセプターによる抗原の認識 13
  • MHCとMHC拘束性 13
  • 抗原提示とMHCの2つのクラス 14
  • T細胞による抗原認識 14
  • 二次リンパ組織での免疫反応 15
  • リンパ球の分化・成熟 16
  • ナイーブ細胞とエフェクター細胞 17
  • 液性免疫 18
  • 抗体の働き 18
  • 液性免疫 18
  • 抗体の基本構造 19
  • 抗体の種類と特徴 19
  • クラススイッチ 20
  • 感染による抗体量の変動 20
  • 出生前後の抗体量の変化 21
  • 粘膜における局所免疫 21
  • 補体系 22
  • 補体とは 22
  • 補体の活性化 22
  • 膜傷害複合体(MAC) 23
  • 補体によるオプソニン化 23
  • 補体の検査 23
  • 細胞性免疫 24
  • 細胞性免疫とは 24
  • マクロファージの活性化 24
  • 細胞傷害性T細胞(キラーT細胞) 25
  • Th1/Th2のバランスと免疫反応の制御 26
  • 腫瘍免疫 26
  • 免疫寛容(免疫トレランス) 27
  • 免疫の異常
  • 免疫不全 28
  • 免疫不全とは 28
  • 免疫不全と易感染性 28
  • 原発性免疫不全症 29
  • 原発性免疫不全症の分類 29
  • 主な原発性免疫不全症の概要 30
  • 画像所見 30
  • SCIDの主な病型 30
  • 原発性免疫不全症の発症機序 31
  • アレルギー 32
  • アレルギーの概念 32
  • アレルギーの分類 32
  • I型アレルギー 33
  • 発生機序 33
  • アトピー素因 33
  • ケミカルメディエーター 34
  • アレルギー症状の出現 34
  • I型が関与する主な疾患 34
  • 遅発型反応 35
  • Supplement RISTとRAST 35
  • II型アレルギー 36
  • 発生機序 36
  • II型が関与する主な疾患 36
  • Supplement Coombs試験 37
  • III型アレルギー 37
  • 発生機序 37
  • III型が関与する主な疾患 37
  • IV型アレルギー 38
  • 発生機序 38
  • IV型が関与する主な疾患 38
  • アナフィラキシー(ショック) 39
  • 感作と誘発 39
  • アレルギー性鼻炎 40
  • 通年性と季節性 40
  • 鼻鏡検査 40
  • アトピー性皮膚炎 41
  • 皮膚症状 41
  • 薬物アレルギー/薬物過敏症 42
  • 症状 42
  • 誘発テスト 42
  • アレルギー性接触皮膚炎 43
  • パッチテスト 43
  • 画像所見 43
  • アレルギーの検査 44
  • Supplement 食物アレルギー 44
  • 膠原病
  • 膠原病総論
  • 膠原病総論 46
  • 膠原病の概念 46
  • 膠原病とその類縁疾患 46
  • 膠原病の位置づけ 47
  • 膠原病を疑う症状・所見 48
  • 自己免疫疾患と自己抗体 48
  • 膠原病関連の自己抗体 49
  • 抗核抗体(ANA) 49
  • 膠原病の治療薬 50
  • ステロイド(副腎皮質ステロイド) 50
  • アラキドン酸カスケードと抗炎症薬 50
  • NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬) 51
  • 免疫抑制薬 51
  • 膠原病
  • 関節リウマチ(RA) 52
  • 関節リウマチ(RA)とは 52
  • 朝のこわばり 53
  • 発症機序 53
  • 関節炎の経過 53
  • 関節破壊のメカニズム 54
  • 関節症状 54
  • 関節炎の好発部位 54
  • ボタン穴変形 55
  • スワンネック変形 55
  • 尺側偏位 55
  • 外反母趾 55
  • 環軸関節亜脱臼 55
  • 関節外症状 56
  • 関節外症状・合併症 56
  • 診断 57
  • 診断に有用な自己抗体 57
  • RAの診断基準 57
  • 治療 58
  • 治療の概略 58
  • ステップダウンブリッジ方式 58
  • DMARDs(疾患修飾性抗リウマチ薬) 59
  • メトトレキサート(MTX) 59
  • 抗リウマチ生物学的製剤 59
  • 手術療法 60
  • リハビリテーション 60
  • DAS28 60
  • 悪性関節リウマチ 61
  • 悪性関節リウマチ(MRA) 61
  • MRAの診断基準 61
  • MRAの病型 62
  • MRAの治療 62
  • Supplement 変形性関節症(OA) 62
  • Felty症候群 63
  • Felty症候群 63
  • 若年性特発性関節炎(JIA) 64
  • 若年性特発性関節炎(JIA)の概念 64
  • JIAの各病型 65
  • サーモンピンク皮疹 65
  • 成人Still病(ASD) 66
  • 成人Still病の臨床像 66
  • 血清反応陰性脊椎関節炎 67
  • 血清反応陰性脊椎関節炎とは 67
  • HLA-B27 67
  • 強直性脊椎炎(AS) 68
  • 疫学・症状 69
  • 合併症 69
  • 検査所見 69
  • 治療 69
  • 反応性関節炎 70
  • 反応性関節炎 70
  • 主なRF陰性リウマチ性疾患 70
  • 乾癬性関節炎 71
  • 乾癬性関節炎 71
  • 全身性エリテマトーデス(SLE) 72
  • SLEの概念 72
  • 症状 73
  • SLEの症状 73
  • 腎症状(ループス腎炎) 74
  • 精神神経症状(CNSループス) 74
  • ループス腎炎の病態と分類 75
  • 画像所見 76
  • 蝶形紅斑 76
  • 円板状紅斑(ディスコイド疹・DLE) 76
  • 口腔内潰瘍 76
  • 胸膜炎 76
  • 検査・診断・治療 77
  • SLEの分類基準 77
  • SLEでみられる自己抗体 77
  • LE細胞現象 77
  • SLEの治療 78
  • SLEの予後 78
  • 薬剤誘発性ループス 79
  • Supplement 抗リン脂質抗体症候群(APS) 79
  • 強皮症(全身性強皮症,SSc) 80
  • SScの概念 80
  • 症状 81
  • 皮膚・臓器の症状 81
  • Raynaud現象 81
  • 画像所見 82
  • 皮膚症状 82
  • 肺線維症 82
  • 下部食道の拡張 82
  • 末端骨の吸収像 82
  • 診断・検査・治療 83
  • SScの診断 83
  • 抗核抗体 83
  • SScの治療 83
  • SScの病型分類 83
  • 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM) 84
  • PM/DMの概念 84
  • PMとDMの違い 85
  • 症状 85
  • PM/DMの筋症状 85
  • PM/DMの随伴症状 86
  • ヘリオトロープ疹 86
  • Gottron徴候 86
  • 検査・治療 87
  • 検査所見 87
  • 筋生検 87
  • 治療 87
  • 混合性結合組織病(MCTD) 88
  • MCTDの概念 88
  • 診断・症状・治療 89
  • MCTDの診断基準 89
  • MCTDの症状 89
  • 肺高血圧症 90
  • MCTDの治療 90
  • overlap症候群 90
  • Sjögren症候群(SjS) 91
  • SjSの概念 91
  • 症状 92
  • 腺症状 92
  • 腺外症状 92
  • 検査・治療 92
  • Sjögren症候群の診断 92
  • 唾液分泌量測定 93
  • 眼科検査 93
  • 「りんごの木」像 93
  • 唾液腺生検 93
  • 治療 93
  • Behçet病 94
  • Behçet病の病態 94
  • 症状・診断 95
  • Behçet病の症状 95
  • 病型分類 95
  • 画像所見 96
  • 前房蓄膿(主症状) 96
  • 口腔粘膜のアフタ性潰瘍(主症状) 96
  • 外陰部潰瘍(主症状) 96
  • 結節性紅斑(主症状) 96
  • 検査・治療 96
  • 検査 96
  • 治療 97
  • 結合組織 97
  • 血管炎症候群 98
  • 血管炎症候群 98
  • 血管炎症候群の分類 98
  • 壊死性血管炎の進行 99
  • ANCA 99
  • 結節性多発動脈炎(PN) 100
  • PNとは 100
  • PNの病理所見 100
  • PNの症状 101
  • 血管造影 101
  • PNの治療 101
  • PNの概念の変遷 101
  • 顕微鏡的多発血管炎(MPA) 102
  • MPAとANCA 102
  • 血管の組織所見 102
  • MPAの症状 103
  • 腎糸球体組織所見 103
  • 肺胞出血 103
  • 治療 103
  • PNとMPAの鑑別 103
  • アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA) 104
  • AGAの症状 104
  • AGAの病態 105
  • 病理組織所見 105
  • 胸部X線所見 105
  • AGAとChurg-Strauss症候群 105
  • Wegener肉芽腫症(WG) 106
  • WGの症状 106
  • 上気道の病変部位と症状 106
  • WGの病態 107
  • 鞍鼻 107
  • 多発結節状陰影 107
  • 半月体形成 107
  • 治療 107
  • 側頭動脈炎(TA) 108
  • TAの症状と病態 108
  • 浅側頭動脈の硬結 109
  • TAの検査 109
  • TAとリウマチ性多発筋痛症(PMR) 109
  • Supplement 川崎病 110
  • 感染症
  • 感染症総論
  • 感染症総論 112
  • 感染と感染症 112
  • 病原体の種類 112
  • 感染症の経過 113
  • 感染経路(感染様式) 113
  • 水平感染 114
  • 垂直感染 114
  • 内因性感染 114
  • 感染症を疑う症状・所見 115
  • 敗血症(sepsis)と敗血症性ショック 115
  • SIRSとsepsis 116
  • Supplement 常在微生物叢 113
  • 検査 116
  • 感染症の検査 116
  • 培養 117
  • 染色 117
  • 検体の採取方法と取り扱い 117
  • 遺伝子検査(分子生物学的検査,核酸検査) 118
  • 免疫学的検査 118
  • ペア血清 119
  • 抗原抗体反応を利用した検査法 119
  • 治療 120
  • 感染症の治療 120
  • 予防 120
  • 予防接種 120
  • 予防接種のスケジュール 121
  • 消毒と消毒薬 121
  • 院内感染 122
  • 院内感染 122
  • 院内感染の予防対策 122
  • 院内感染で重要な病原体 123
  • 針刺し事故 123
  • 日和見感染と易感染性宿主 124
  • 性感染症 125
  • 性感染症(STD,STI) 125
  • 感染症の現状 126
  • 新興・再興感染症 126
  • 輸入感染症 126
  • 人獣(畜)共通感染症 127
  • 食中毒と食品媒介感染症 127
  • 感染症と法令 128
  • 感染症法 128
  • 学校保健安全法と学校感染症 129
  • 細菌感染症
  • 細菌 130
  • 細菌の構造 130
  • 好気性,通性,嫌気性 130
  • 細菌の分類 131
  • 細菌の形態 131
  • 細胞壁の構造 132
  • グラム染色 132
  • 感染成立の流れと病原因子 133
  • 外毒素と内毒素 133
  • 細胞内増殖(細胞内寄生菌) 133
  • 抗菌薬 134
  • 抗菌薬の作用機序 134
  • スペクトラム(抗菌域) 134
  • 感染症診療のながれと抗菌薬投与 135
  • 薬剤感受性試験 135
  • 選択毒性 136
  • 細胞壁合成阻害薬 136
  • 細胞壁合成阻害薬の種類と作用 136
  • β-ラクタム系薬 137
  • β-ラクタマーゼとβ-ラクタマーゼ阻害薬 137
  • ペニシリン系 138
  • セフェム系(セファロスポリン系) 139
  • モノバクタム系 140
  • カルバペネム系 140
  • グリコペプチド系(バンコマイシン) 140
  • ペプチドグリカン層(ムレイン)の合成 141
  • 蛋白合成阻害薬 142
  • 蛋白合成阻害薬の種類と作用 142
  • アミノグリコシド系 142
  • マクロライド系,ケトライド系 142
  • テトラサイクリン系 143
  • その他の蛋白合成阻害薬 143
  • 葉酸合成阻害薬 143
  • ST合剤 143
  • 核酸合成阻害薬 144
  • ニューキノロン系 144
  • メトロニダゾール 144
  • 薬剤耐性のメカニズム 145
  • 投与時の注意点 146
  • 薬の体内動態と作用 146
  • 投与経路 146
  • 臓器移行性 146
  • 濃度依存性,時間依存性 147
  • 排泄経路 147
  • 副作用 147
  • グラム陽性菌 148
  • 代表的なグラム陽性球菌 148
  • 代表的なグラム陽性桿菌 149
  • スーパー抗原 149
  • ブドウ球菌感染症 150
  • ブドウ球菌とは 150
  • ブドウ球菌の分類 150
  • 黄色ブドウ球菌の耐性化 151
  • 抗菌薬と耐性化 151
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) 151
  • 病態・症状 152
  • 黄色ブドウ球菌感染による病態 152
  • 皮膚軟部組織感染症 152
  • 水疱性膿痂疹とSSSS 153
  • 毒素性ショック症候群(TSS) 153
  • ブドウ球菌性食中毒 154
  • 毒素(エンテロトキシン)による食中毒 154
  • エンテロトキシンの耐熱性 154
  • 細菌性食中毒 155
  • レンサ球菌感染症 156
  • レンサ球菌とは 156
  • レンサ球菌の分類 156
  • 代表的なレンサ球菌 156
  • A群β溶連菌の病態 157
  • A群β溶連菌の病原性 157
  • ASO,ASK 157
  • 症状 157
  • 急性扁桃炎 157
  • 丹毒 157
  • A群β溶連菌の続発症 158
  • Supplement 腸球菌 158
  • 猩紅熱 159
  • 猩紅熱の症状 159
  • 溶連菌感染とASO,ASK 159
  • 肺炎球菌性肺炎 160
  • 肺炎球菌 160
  • 肺炎球菌性肺炎の胸部X線像 160
  • Supplement 細菌性肺炎 161
  • ジフテリア 162
  • ジフテリアの症状 162
  • Supplement 放線菌症とノカルジア症 163
  • グラム陰性菌 164
  • 代表的なグラム陰性桿菌 164
  • 代表的なグラム陰性球菌 165
  • 大腸菌感染症 166
  • 大腸菌の分類 166
  • 下痢原性大腸菌 166
  • 構造と血清型分類 167
  • 大腸菌の腸管外感染症 167
  • 腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症 168
  • EHEC感染時の血便 168
  • EHEC感染症の経過 169
  • 溶血性尿毒症症候群(HUS) 169
  • 細菌性赤痢 170
  • 赤痢とは 170
  • 赤痢菌(Shigella)の分類 170
  • 細菌性赤痢の病原性 171
  • 典型的な経過 171
  • 腸チフス・パラチフス 172
  • サルモネラ属 172
  • 長い潜伏期を経て発症 173
  • 腸チフスの臨床経過 173
  • サルモネラ感染症 174
  • 急性胃腸炎 174
  • Supplement エルシニア感染症 175
  • コレラ 176
  • ビブリオ属 176
  • 感染と臨床経過 177
  • コレラ毒素と高度の脱水 177
  • Supplement 腸炎ビブリオ感染症 178
  • カンピロバクター感染症 179
  • カンピロバクターの感染経路 179
  • 百日咳 180
  • 臨床経過 180
  • 痙咳発作 181
  • 新生児の百日咳 181
  • column 成人の百日咳 181
  • 緑膿菌感染症 182
  • 緑膿菌感染症の症状 182
  • 緑膿菌の感染経路 182
  • 緑膿菌とその耐性獲得 183
  • 緑膿菌感染症の治療 183
  • Supplement セラチア感染症 183
  • レジオネラ症 184
  • レジオネラの感染経路 184
  • レジオネラ肺炎の胸部X線像 185
  • Supplement その他のグラム陰性桿菌感染症 185
  • 淋菌感染症 186
  • 淋菌感染症の疫学 186
  • 淋菌感染症の症状と経過 187
  • 淋菌のグラム染色 187
  • 細菌性髄膜炎(急性化膿性髄膜炎)の原因菌 189
  • Supplement 髄膜炎菌感染症 188
  • Supplement モラクセラ・カタラーリス感染症 188
  • 嫌気性菌 190
  • 嫌気性菌の分類 190
  • 芽胞とは 190
  • Supplement 無芽胞嫌気性菌感染症 191
  • ボツリヌス症 192
  • 食餌性ボツリヌス症(ボツリヌス中毒) 192
  • 乳児ボツリヌス症 192
  • ボツリヌス症の発症経路 193
  • ボツリヌス症の病態 193
  • 破傷風 194
  • 破傷風菌 194
  • 破傷風の症状 195
  • 破傷風とボツリヌス症の発症機序 195
  • ガス壊疽 196
  • ガス壊疽の症状 196
  • ガス壊疽のX線像 196
  • Supplement ウェルシュ菌による食中毒 197
  • Supplement 偽膜性大腸炎 197
  • 抗酸菌 198
  • 抗酸菌とは 198
  • 抗酸菌(Mycobacterium属)の分類 198
  • 抗酸菌の特徴 199
  • 結核菌同定までの流れ 199
  • 抗酸菌感染症 200
  • 結核 200
  • 一次結核と二次結核 200
  • 胸部X線像 200
  • 病理組織所見 201
  • 結核の進展様式 201
  • 肺外結核 201
  • 粟粒結核 201
  • 非結核性抗酸菌症 202
  • 非結核性抗酸菌の特徴 202
  • MAC症とM. kansasii症 202
  • 中葉・舌区型の画像所見 202
  • ハンセン病 203
  • らい菌の感染と発病様式 203
  • 他覚的所見 203
  • ハンセン病の分類 203
  • column ハンセン病問題 203
  • スピロヘータ 204
  • スピロヘータの分類 204
  • Supplement ボレリア症,レプトスピラ症 204
  • 梅毒 205
  • 初期硬結 205
  • 梅毒性ばら疹,扁平コンジローマ 205
  • 後天性梅毒の経過 206
  • 神経梅毒 206
  • 先天梅毒 207
  • 血清梅毒反応 207
  • 生物学的偽陽性(BFP) 207
  • 非定型細菌 208
  • 非定型細菌の比較 208
  • β-ラクタム系薬が無効 208
  • クラミジア感染症 209
  • クラミジアとは 209
  • クラミジアの分類 209
  • C. tracbomatis感染症 209
  • クラミジア肺炎 210
  • クラミジア肺炎(オウム病)の胸部X線像 210
  • 性器クラミジア感染症 211
  • 性器クラミジア感染症の感染と進行 211
  • リケッチア感染症 212
  • つつが虫病 212
  • リケッチアの分類 212
  • つつが虫病とは 212
  • つつが虫病の臨床症状 213
  • 特徴的な刺し口 213
  • Supplement 日本紅斑熱 213
  • マイコプラズマ感染症 214
  • マイコプラズマ肺炎 214
  • マイコプラズマ肺炎の胸部X線像 214
  • マイコプラズマ肺炎の症状 215
  • Supplement 非定型肺炎 215
  • ウイルス感染症
  • ウイルス 216
  • ウイルスとは 216
  • ウイルスの構造 216
  • 主なウイルスの種類 217
  • ウイルスの増殖様式 218
  • ウイルスに対する免疫 219
  • 治療と抗ウイルス薬 219
  • かぜ症候群 220
  • かぜ症候群の原因 220
  • かぜ症候群の分類 221
  • Supplement 重症急性呼吸器症候群(SARS) 221
  • インフルエンザ 222
  • インフルエンザウイルスの分類 222
  • インフルエンザウイルスの変異と流行 223
  • 新型インフルエンザが生じる過程 223
  • インフルエンザの症状 224
  • 合併症 224
  • Supplement 鳥インフルエンザ 225
  • ウイルス性下痢症 226
  • 下痢症を起こす主なウイルス 226
  • Supplement ノロウイルス感染症 226
  • ロタウイルス感染症 227
  • ロタウイルス 227
  • ウイルス性下痢症の発生機序 227
  • 麻疹 228
  • 融合性発疹 228
  • Koplik斑 228
  • 臨床経過 229
  • 亜急性硬化性全脳炎(SSPE) 229
  • column 麻疹の大流行について 229
  • 風疹 230
  • 画像所見 230
  • 臨床経過 231
  • 風疹の合併症 231
  • 先天性風疹症候群(CRS) 231
  • 流行性耳下腺炎 232
  • 耳下腺の腫脹 232
  • 合併症 232
  • ヘルペスウイルス感染症 233
  • ヘルペスウイルスの分類 233
  • 初感染と回帰感染 233
  • 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 234
  • HSVの細胞診所見 234
  • HSV1型と2型 235
  • その他のHSV感染症 235
  • 水痘 236
  • 水痘の経過 236
  • 帯状疱疹 237
  • 帯状疱疹 237
  • Ramsay-Hunt症候群 237
  • 伝染性単核症(IM) 238
  • 伝染性単核症の症状 238
  • 突発性発疹 239
  • 突発性発疹の経過 239
  • 発疹の特徴 239
  • サイトメガロウイルス(CMV)感染症 240
  • 核内封入体 240
  • CMVの感染時期と症状 241
  • サイトメガロウイルス肺炎 241
  • サイトメガロウイルス網膜炎 241
  • サイトメガロウイルス腸炎 241
  • 尖圭コンジローマ 242
  • ヒトパピローマウイルス(HPV) 242
  • 外観所見 242
  • 伝染性紅斑 243
  • 顔面の蝶形紅斑 243
  • 合併症 243
  • Supplement 進行性多巣性白質脳症 243
  • アデノウイルス感染症 244
  • 咽頭結膜熱(PCF) 244
  • 流行性角結膜炎(EKC) 244
  • アデノウイルスの臨床病型 244
  • 咽頭結膜熱(プール熱) 245
  • 流行性角結膜炎 245
  • アデノウイルス迅速検査 245
  • エンテロウイルス感染症 246
  • エンテロウイルスの種類と症状 246
  • Supplement 無菌性髄膜炎 246
  • 手足口病 247
  • ヘルパンギーナ 247
  • 手足口病とヘルパンギーナ 247
  • 手足口病の身体所見 248
  • ヘルパンギーナの身体所見 248
  • その他のエンテロウイルス感染症 248
  • 急性灰白髄炎(ポリオ) 248
  • ウイルス性脳炎 249
  • 脳炎とは 249
  • ウイルス性脳炎とは 249
  • ウイルス性脳炎の症状 249
  • 日本脳炎 250
  • コガタアカイエカ 250
  • 日本脳炎の症状 250
  • 感染経路 251
  • Supplement ウエストナイル脳炎 251
  • Supplement 狂犬病 251
  • 単純ヘルペス脳炎 252
  • 画像所見 252
  • 周期性一側てんかん型放電(PLED) 252
  • Supplement プリオン病とCreutzfeldt-Jakob病 253
  • ウイルス性出血熱 254
  • 出血熱の症状 254
  • 主なウイルス性出血熱 254
  • ウイルス性出血熱と法令 255
  • 腎症候性出血熱(HFRS) 256
  • 感染経路と症状 256
  • ハンタウイルス肺症候群(HPS) 256
  • デング熱/デング出血熱 257
  • デング出血熱の皮膚所見 257
  • 感染環 257
  • HIV感染症/AIDS 258
  • HIV感染症とAIDS 258
  • HIVの感染経路 259
  • HIVの疫学 259
  • HIVの構造 260
  • CD4陽性T細胞とは 260
  • CD4陽性T細胞減少と免疫不全 260
  • AIDSの自然経過 261
  • HIV増殖のメカニズム 262
  • HIVを体内から排除できない理由 262
  • 治療 263
  • HAART 263
  • HAARTの治療モデル 263
  • 抗HIV薬の作用機序 263
  • HIV合併症 264
  • 代表的なHIV合併症 264
  • 免疫能低下に伴うHIV合併症 264
  • 悪性腫瘍 265
  • HIV脳症 265
  • HIV感染症/AIDS診断基準 265
  • 予防 266
  • HIV感染予防・対策 266
  • Supplement HTLV-1感染症 266
  • Supplement ウイルス性肝炎 267
  • 真菌感染症
  • 真菌 268
  • 真菌とは 268
  • 真菌細胞の性質 268
  • 真菌症の分類 269
  • 真菌症の診断と検査 269
  • 真菌症の診断 269
  • 真菌の培養と染色 269
  • 血清診断 270
  • β-D-グルカン 270
  • 真菌症の治療 270
  • 深在性真菌症の治療薬 270
  • カンジダ症 271
  • カンジダ属とは 271
  • カンジダ症の分類 271
  • 口腔咽頭カンジダ症 272
  • 口腔カンジダ症(鵞口瘡)の画像所見 272
  • Supplement 性器カンジダ症 272
  • 食道カンジダ症(カンジダ食道炎) 273
  • 食道カンジダ症(内視鏡所見) 273
  • 食道カンジダ症(バリウム造影) 273
  • カンジダ血症・播種性カンジダ症 274
  • カンジダ血症の播種 274
  • カンジダ眼内炎 274
  • Supplement ニューモシスチス肺炎 275
  • Supplement 接合菌症(ムーコル症) 275
  • クリプトコックス症 276
  • クリプトコックス脳髄膜炎 276
  • クリプトコックス脳髄膜炎の発症機序 276
  • 墨汁法所見 277
  • Supplement アスペルギルス症 277
  • 寄生虫感染症
  • 原虫 278
  • 原虫とは 278
  • 原虫による疾患(原虫症) 278
  • マラリア 279
  • マラリアの感染様式 279
  • マラリアの疫学 280
  • マラリアの分類と発熱様式 280
  • 重症熱帯熱マラリア 280
  • 末梢血塗抹標本 281
  • 抗マラリア薬 281
  • Supplement トキソプラズマ症 281
  • 赤痢アメーバ症 282
  • 赤痢アメーバの感染様式 282
  • 赤痢アメーバ症の症状 283
  • 大腸内視鏡所見 283
  • 検査と診断 283
  • 腟トリコモナス症 284
  • トリコモナス原虫 284
  • Supplement その他の原虫症 285
  • 蠕虫 286
  • 蠕虫とは 286
  • 蠕虫の生活環 286
  • 幼虫移行症 286
  • 線虫症 287
  • 線虫とは 287
  • 主な線虫症 287
  • アニサキス症 287
  • 吸虫症 288
  • 吸虫類とは 288
  • 主な吸虫症 288
  • 条虫症 288
  • 条虫類とは 288
  • 主な条虫症 289
  • 人体有鉤嚢虫症 289
  • 包虫症(エキノコックス症) 289
  • 索引 290

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで