サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

世界の犬の民話

日本民話の会, 外国民話研究会 編訳

詳細情報

タイトル 世界の犬の民話
著者 日本民話の会, 外国民話研究会 編訳
著者標目 日本民話の会
著者標目 外国民話研究会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三弥井書店
出版年月日等 2009.10
大きさ、容量等 238, 8p ; 20cm
ISBN 9784838290772
価格 2300円
JP番号 21768498
NS-MARC番号 103745600
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 昔話
件名(キーワード)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE222
NDC(9版) 388 : 伝説.民話[昔話]
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 世界の犬の民話
  • 目次
  • はじめに 1
  • 一章 火を盗んだコヨーテ―神話の世界
  • 一章 1 火を盗んだコヨーテ クラマス(アメリカ) 10
  • 一章 2 パミチャリエ プミ(中国) 12
  • 一章 3 寿命の交換 プミ(中国) 19
  • 一章 3 ◆コラム◆ 中国の犬の話 23
  • 一章 4 トルティージャを作った雌犬 アステカ(メキシコ) 26
  • 一章 5 死の地をたずねたコヨーテとワシ ウイシュラム(アメリカ) 27
  • 一章 6 アダムの創造 ロシア 31
  • 一章 6 ◆コラム◆ ベトナム少数民族の犬祖説話 32
  • 二章 人間と縁を結んだ犬―由来の話
  • 二章 1 犬がワンワンと鳴くわけ 漢(中国) 36
  • 二章 2 人間と縁を結んだ犬 シボ(中国) 39
  • 二章 3 犬の後ろ足 シボ(中国) 41
  • 二章 4 犬と塀 ポルトガル 43
  • 二章 5 なぜ犬はいつも舌を出しているのか トールン(中国) 44
  • 二章 6 犬がしゃべらなくなったわけ フランス 45
  • 二章 7 犬はお尻をかぎあう ポルトガル 46
  • 二章 8 遺言状 イタリア 47
  • 二章 9 肉の契約書 ドイツ 48
  • 二章 10 猫と犬が仲の悪いわけ ドイツ 49
  • 二章 10 ◆コラム◆ アイヌの犬の話 50
  • 二章 11 ガフ、ガフ ラトビア 52
  • 二章 12 黒コンドルと犬 グアヒロ(ベネズエラ) 54
  • 二章 13 犬は穀物、豚は糠 プミ(中国) 57
  • 二章 14 薪の上に糞 漢(中国) 59
  • 二章 15 犬と鶏の水の飲み方 プミ(中国) 61
  • 二章 16 コヨーテの目が黄色いわけ ホピ(アメリカ) 63
  • 三章 夜の狩人―魔的な犬
  • 三章 1 イルシングスの黒い犬 チェコ 68
  • 三章 2 少年とバーゲスト イギリス 69
  • 三章 3 化け物犬 ドイツ 70
  • 三章 4 二本足の黒い犬 ドイツ 70
  • 三章 5 遠吠え チェコ 71
  • 三章 6 不幸の知らせ ドイツ 72
  • 三章 7 夜の狩人たち ドイツ 72
  • 三章 8 空の犬 イギリス 74
  • 三章 9 悪魔と暮らしていた男 アイルランド 75
  • 三章 10 ブリックリングの黒犬 イギリス 77
  • 三章 11 妖精たちの飼い犬 イギリス 78
  • 三章 12 妖精犬 イギリス 79
  • 三章 13 赤い服の騎士 ドイツ 81
  • 三章 14 運のいい娘 ドイツ 82
  • 三章 15 宝を見つける犬 ドイツ 83
  • 三章 16 持ち運 リトアニア 84
  • 三章 17 ライムの黒犬 イギリス 85
  • 三章 18 木魚と撥 漢(中国) 87
  • 三章 19 二人の女と犬 インド 91
  • 三章 20 白いむく犬 ドイツ 92
  • 三章 21 さまよえる犬 ドイツ 94
  • 三章 22 金曜日の夜 ドイツ 95
  • 三章 22 ◆コラム◆ ヨーロッパの魔的な犬 96
  • 三章 23 犬になった騎士 ドイツ 98
  • 三章 24 三匹の犬 ドイツ 99
  • 四章 狼の歌―こわい犬と狼
  • 四章 1 犬の復讐 ロシア 104
  • 四章 2 怪犬 韓国 105
  • 四章 3 狼の智恵 リトアニア 107
  • 四章 4 狼の歌 ロシア 108
  • 四章 5 狼女房 漢(中国) 110
  • 四章 6 犬になった息子 フランス 112
  • 四章 7 小さい歯の犬 イギリス 113
  • 四章 8 犬に嫁がされた娘 インド 117
  • 四章 9 ビアニックと人食い鬼 フランス 118
  • 四章 9 ◆コラム◆ ヨーロッパの犬と狼 128
  • 五章 月をかむ犬―人を助ける犬と狼
  • 五章 1 黄色い小犬シャオバール シボ(中国) 132
  • 五章 2 ジャッカルの仲人 インド 136
  • 五章 3 犬と猫の恩返し 韓国 146
  • 五章 4 ポスコンヌィ尻尾狼 ロシア 149
  • 五章 5 マケールと三匹の犬(抄訳) ドイツ 156
  • 五章 6 忠実な犬(要約) ネパール 164
  • 五章 7 月をかむ犬 プミ(中国) 167
  • 五章 8 動物からもらった年 ブルガリア 170
  • 五章 9 黒いむく犬 スイス 172
  • 五章 10 マクフィーの黒犬 イギリス 173
  • 五章 11 護衛 イギリス 177
  • 五章 12 族長の息子の犬 ウィナベイゴー(アメリカ) 179
  • 五章 13 王子を助けた三匹の犬 ポルトガル 183
  • 五章 14 義狗碑 韓国 188
  • 五章 15 べーガウの忠犬 ドイツ 189
  • 五章 16 犬に育てられた男の子 ドイツ 191
  • 五章 17 犬が悪事を明るみに ドイツ 191
  • 五章 18 狼の恩返し リトアニア 192
  • 五章 19 ストラス・デアンの猟師 イギリス 193
  • 六章 犬と友だちになったコヨーテ―動物たちのつきあい
  • 六章 1 ライオンと狼と人間 フランス 198
  • 六章 2 犬と狼 アンゴラ 200
  • 六章 3 犬と狐 ドイツ 201
  • 六章 4 犬と友だちになったコヨーテ マサワ(メキシコ) 202
  • 六章 5 ヤマウズラと犬 フランス 205
  • 六章 6 犬と小鳥 イタリア 207
  • 六章 7 狼とハリネズミと猟犬 モロッコ 210
  • 六章 8 犬と狼の戦争 ウクライナ 212
  • 六章 9 狼と鶴 ラトビア 214
  • 六章 10 ピーフールの野犬 インド 215
  • 六章 11 チーズと犬 ブラジル 215
  • 六章 12 死んだふりをした山犬 ブラジル 216
  • 六章 13 ぺったんこになったコヨーテ アメリカ 217
  • 六章 14 コオロギとコヨーテ タラウマラ(メキシコ) 220
  • 六章 14 ◆コラム◆ 中南米のコヨーテ 222
  • 六章 15 自分の娘と結婚したコヨーテ マウンテン・アパッチ(アメリカ) 224
  • 六章 16 干し草の上の犬 ラトビア 226
  • 六章 17 狼と羊飼い ラトビア 227
  • 六章 18 フィドラーと狼 アイルランド 229
  • 六章 19 狼とハーモニカ リトアニア 231
  • 六章 20 二匹の犬 モロッコ 232
  • 六章 21 賢い牧羊犬 オーストラリア 232
  • 六章 22 虎とバラモンとジャッカル インド 233
  • 出典 iv
  • 執筆者紹介 ii

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで