サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

園芸学

金浜耕基 編

詳細情報

タイトル 園芸学
著者 金浜耕基 編
著者標目 金浜, 耕基, 1949-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社文永堂出版
出版年月日等 2009.4
大きさ、容量等 280p ; 22cm
注記 文献あり
ISBN 9784830041150
価格 4800円
JP番号 21612501
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 園芸
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB51
NDC(9版) 620 : 園芸
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 園芸学
  • 目次
  • 第1章 園芸と園芸学 (西山学),(金浜耕基) 1
  • 第1章 1. 定義と特徴 1
  • 第1章 1. 1) 定義 1
  • 第1章 1. 2) 世界最高水準の日本の園芸生産 3
  • 第1章 2. 日本における園芸の歴史 4
  • 第1章 2. 1) 明治維新期までの園芸の歴史 4
  • 第1章 2. 2) 明治維新期以後における園芸の歴史 6
  • 第1章 3. 世界に広がる日本の園芸 17
  • 第1章 4. 国土面積と耕地面積 19
  • 第1章 5. 園芸作物の生産と消費 20
  • 第1章 5. 1) 世界における園芸作物の生産 20
  • 第1章 5. 2) 世界における園芸作物の消費 22
  • 第2章 園芸作物の種類と分類 (上田善弘) 25
  • 第2章 1. 植物分類の歴史 25
  • 第2章 2. 形態分類とAPG分類 30
  • 第2章 2. 1) 新エングラー体系 30
  • 第2章 2. 2) クロンキスト体系 31
  • 第2章 2. 3) APG植物分類体系 31
  • 第2章 3. 園芸的分類 33
  • 第2章 4. 分類群の階級と命名法 34
  • 第2章 4. 1) 学名の構成 34
  • 第2章 4. 2) 学名の付け方 36
  • 第2章 4. 3) 品種名とグループ 36
  • 第2章 5. 主な科の一般的性状 36
  • 第2章 5. 1) 被子植物亜門,双子葉植物綱,古生花被植物亜綱 37
  • 第2章 5. 2) 被子植物亜門,双子葉植物綱,後生花被植物亜綱 41
  • 第2章 5. 3) 被子植物亜門,単子葉植物綱 43
  • 第3章 園芸作物の形態 (田淵俊人) 47
  • 第3章 1. 栄養器官の形態 47
  • 第3章 1. 1) 種子 48
  • 第3章 1. 2) 根 50
  • 第3章 1. 3) 茎 53
  • 第3章 1. 4) 葉 57
  • 第3章 2. 生殖器官の形態 61
  • 第3章 2. 1) 花 61
  • 第3章 2. 2) 果実 68
  • 第4章 園芸作物の生理 (金山喜則) 71
  • 第4章 1. 発芽 72
  • 第4章 2. 休眠 74
  • 第4章 3. 光合成 75
  • 第4章 3. 1) エネルギー生成の過程 75
  • 第4章 3. 2) 二酸化炭素同化の過程 77
  • 第4章 3. 3) 光合成同化産物の転流と利用 79
  • 第4章 4. 花芽形成と生殖 81
  • 第4章 4. 1) 花芽形成の誘導 81
  • 第4章 4. 2) 花器官の形成 83
  • 第4章 4. 3) 生殖過程 84
  • 第4章 5. 種子の形成と果実の発育 85
  • 第4章 5. 1) 種子の形成 85
  • 第4章 5. 2) 果実の発育 85
  • 第4章 6. 老化と細胞死 86
  • 第4章 7. 水と無機栄養 87
  • 第4章 7. 1) 水 87
  • 第4章 7. 2) 窒素同化と窒素固定 88
  • 第4章 7. 3) その他の無機栄養素 89
  • 第4章 8. 植物ホルモン 91
  • 第4章 8. 1) オーキシン 91
  • 第4章 8. 2) ジベレリン 92
  • 第4章 8. 3) サイトカイニン 92
  • 第4章 8. 4) アブシシン酸 93
  • 第4章 8. 5) エチレン 93
  • 第4章 8. 6) ブラシノステロイドとジャスモン酸 94
  • 第5章 園芸作物の品種の改良方法と種苗の繁殖方法 (執行正義) 95
  • 第5章 1. 品種改良の方法 95
  • 第5章 1. 1) 品種の成立と分化 95
  • 第5章 1. 2) 植物遺伝資源 96
  • 第5章 1. 3) 品種改良の原理と方法 99
  • 第5章 2. 種苗の繁殖方法 107
  • 第5章 2. 1) 種子繁殖 108
  • 第5章 2. 2) 栄養繁殖 110
  • 第5章 2. 3) 組織培養による繁殖 113
  • 第6章 園芸作物の発育に伴う生理生態的特性と栽培管理 117
  • 第6章 1. 野菜 (鈴木茂敏) 117
  • 第6章 1. 1) 発芽 117
  • 第6章 1. 2) 栄養器官の形成と発達 119
  • 第6章 1. 3) 生殖器官の形成と発達 125
  • 第6章 2. 落葉果樹 (壽松木章) 130
  • 第6章 2. 1) 幼若性 130
  • 第6章 2. 2) 休眠 131
  • 第6章 2. 3) 萌芽と開花 133
  • 第6章 2. 4) 結実 134
  • 第6章 2. 5) 果実の発育と成熟 136
  • 第6章 2. 6) 花芽形成 139
  • 第6章 2. 7) 整枝剪定 140
  • 第6章 2. 8) 生理障害 141
  • 第6章 3. 常緑果樹 (宇都宮直樹) 143
  • 第6章 3. 1) 耐寒性 144
  • 第6章 3. 2) 樹体の成長 145
  • 第6章 3. 3) 花芽形成 147
  • 第6章 3. 4) 開花と結実 148
  • 第6章 3. 5) 果実の発育 150
  • 第6章 3. 6) 整枝と剪定 152
  • 第6章 3. 7) 植物成長調整物質の利用 153
  • 第6章 4. 花卉 (腰岡政二) 154
  • 第6章 4. 1) 生育相 154
  • 第6章 4. 2) 休眠とロゼット 154
  • 第6章 4. 3) 栄養成長 158
  • 第6章 4. 4) 幼若性と花熟 159
  • 第6章 4. 5) 花芽形成 160
  • 第6章 4. 6) 開花 166
  • 第7章 園芸作物の生産施設と流通施設 田中道男,奥田延幸 169
  • 第7章 1. 温室とハウスの構造 169
  • 第7章 1. 1) 温室とハウス 169
  • 第7章 1. 2) 被覆資材 171
  • 第7章 1. 3) 光環境の制御 173
  • 第7章 2. 環境制御装置の種類と特徴 175
  • 第7章 2. 1) 温度の制御 175
  • 第7章 2. 2) 炭酸ガス施用 176
  • 第7章 2. 3) 灌水の調節 177
  • 第7章 3. 養液栽培の仕組みと種類 178
  • 第7章 3. 1) 養液栽培 178
  • 第7章 3. 2) 養液栽培の方式 178
  • 第7章 3. 3) 培地管理 180
  • 第7章 3. 4) 植物工場 182
  • 第7章 4. セル成型苗とクローン苗の生産 183
  • 第7章 4. 1) セル成型苗の生産技術と生産設備 183
  • 第7章 4. 2) クローン苗の生産技術と生産設備 184
  • 第7章 5. 選別機械と鮮度保持施設 187
  • 第7章 5. 1) 選別 187
  • 第7章 5. 2) 予冷 187
  • 第7章 5. 3) 貯蔵 188
  • 第8章 園芸作物の鮮度保持方法 189
  • 第8章 1. 野菜の鮮度保持 (山内直樹) 189
  • 第8章 1. 1) 呼吸 189
  • 第8章 1. 2) 蒸散 191
  • 第8章 1. 3) 予冷とコールドチェーン 192
  • 第8章 1. 4) 低温貯蔵と低温障害 192
  • 第8章 1. 5) MA貯蔵 194
  • 第8章 1. 6) 高温処理 195
  • 第8章 2. 果実の鮮度保持 (菅谷純子) 195
  • 第8章 2. 1) 果実の成熟と老化 196
  • 第8章 2. 2) 果実におけるエチレン生成の制御 196
  • 第8章 2. 3) 果実の軟化に関わる遺伝子の発現制御 198
  • 第8章 2. 4) 果実に蓄積する色素の生合成と分解の制御 199
  • 第8章 2. 5) エチレンの作用阻害と遺伝子発現 199
  • 第8章 2. 6) エチレンによる追熟の調節 200
  • 第8章 3. 花卉の鮮度保持 (居城幸夫) 201
  • 第8章 3. 1) 切り花の鮮度保持 201
  • 第8章 3. 2) 鉢物の鮮度保持 205
  • 第9章 園芸作物に含まれる栄養成分と機能性成分 209
  • 第9章 1. 野菜に含まれる栄養成分と機能性成分 (山内直樹) 209
  • 第9章 1. 1) ビタミンA(レチノール) 209
  • 第9章 1. 2) ビタミンC(アスコルビン酸) 210
  • 第9章 1. 3) 無機質 211
  • 第9章 1. 4) 食物繊維 211
  • 第9章 1. 5) ポリフェノール 212
  • 第9章 2. 果実に含まれる栄養成分と機能性成分 (菅谷純子) 212
  • 第9章 2. 1) 果実に含まれる主な栄養成分とその機能 213
  • 第9章 2. 2) 各種果実の主な栄養成分とその機能 213
  • 第9章 3. 花卉に含まれる機能性成分 (居城幸夫) 218
  • 第9章 3. 1) 花の香りと人との関わり 218
  • 第9章 3. 2) 花の芳香成分 219
  • 第9章 4. 栄養成分と機能性成分が生体生理機能に及ぼす働き 高澤まき子,佐藤幸夫 221
  • 第9章 4. 1) 機能性食品と園芸作物の機能性成分 221
  • 第9章 4. 2) 機能性成分の評価 223
  • 第9章 4. 3) ポリフェノール類の機能性成分 224
  • 第9章 4. 4) ポリフェノール類のアルツハイマー病と痴呆症に対する予防効果 227
  • 第10章 園芸の新しい展開領域 (松尾英輔) 229
  • 第10章 1. 園芸と環境 (木村正典) 230
  • 第10章 1. 1) 緑への期待と緑の役割 230
  • 第10章 1. 2) 都市園芸の役割 231
  • 第10章 1. 3) 屋上緑化と壁面緑化 232
  • 第10章 2. 園芸福祉と園芸療法 (松尾英輔) 234
  • 第10章 3. 園芸と教育 (宮田正信) 237
  • 第10章 3. 1) 情操教育 237
  • 第10章 3. 2) 環境教育 238
  • 第10章 3. 3) 食育 238
  • 第10章 3. 4) 生涯教育 239
  • 第10章 4. 園芸とコミュニティ (宮田正信) 240
  • 第10章 4. 1) コミュニティガーデン 240
  • 第10章 4. 2) 園芸ボランティア 242
  • 第10章 5. 園芸と暮らし (木村正典) 243
  • 第10章 5. 1) 暮らしの中の園芸の役割 243
  • 第10章 5. 2) 園芸の楽しみと喜び 244
  • 第10章 5. 3) 家庭菜園と市民農園の役割 244
  • 第10章 5. 4) 暮らしの中に必要な園芸技術 246
  • 第11章 環境にやさしい園芸生産 (田淵俊人) 247
  • 第11章 1. 園芸作物の環境保全機能 247
  • 第11章 2. 園芸作物の有機栽培 248
  • 第11章 2. 1) 有機栽培の定義 248
  • 第11章 2. 2) 有機栽培の意義と種類 248
  • 第11章 2. 3) コンパニオンプランツ 250
  • 第11章 3. ファイトレメディエーション 251
  • 第11章 3. 1) 園芸作物を用いた室内環境汚染物質の除去 251
  • 第11章 3. 2) シックハウス症候群の改善 251
  • 第11章 3. 3) 園芸作物によるホルムアルデヒドの除去作用 253
  • 第11章 4. 耐塩性と耐干性の強い園芸作物の利用 255
  • 第11章 5. 園芸作物の栽培残渣と食品廃棄物のリサイクル 257
  • 第11章 5. 1) 栽培残渣のリサイクル 257
  • 第11章 5. 2) 食品廃棄物のリサイクル 258
  • 第11章 6. 生物農薬の利用 259
  • 第11章 6. 1) 害虫の定義と園芸作物の被害 259
  • 第11章 6. 2) 生物農薬の種類 260
  • 第11章 6. 3) 生物農薬の長所と短所 261
  • 第11章 7. 遺伝子組換えされた園芸作物の安全性 261
  • 第11章 7. 1) わが国で承認されている遺伝子組換え作物 261
  • 第11章 7. 2) 遺伝子組換えされた園芸作物の安全性 262
  • 第11章 8. 室内園芸 263
  • 第11章 8. 1) 水草の分類と利用法 263
  • 第11章 8. 2) 水草の人工増殖と野生小動物との共存 264
  • 参考図書 267
  • 索引 269

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで