サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

姫路市史 第4巻 (本編 近世 2)

姫路市市史編集専門委員会 編

詳細情報

タイトル 姫路市史
著者 姫路市市史編集専門委員会 編
著者標目 姫路市
出版地(国名コード) JP
出版地[姫路]
出版社姫路市
出版年月日等 2009.3
大きさ、容量等 885, 9p ; 22cm + 10p + 3p + 図2枚 (袋入)
注記 付属資料: 10p : 月報 第16号
注記 付属資料: 3p : 巻末写真目次所蔵者対照追加資料
JP番号 21600908
巻次 第4巻 (本編 近世 2)
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 姫路市--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC172
NDC(9版) 216.4 : 近畿地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 姫路市史. 第4巻
  • 姫路市史 第四巻 本編近世2 目次
  • 口絵
  • 凡例
  • 第五章 酒井家姫路藩の成立 一
  • 第五章 第一節 酒井家の系譜と姫路藩領 二
  • 第五章 第一節 1 酒井家の姫路入封と藩領構成 二
  • 第五章 第一節 1 酒井雅楽頭家の動向
  • 第五章 第一節 1 酒井忠恭
  • 第五章 第一節 1 酒井忠以
  • 第五章 第一節 1 酒井家の所替
  • 第五章 第一節 1 川合定恒の刃傷事件
  • 第五章 第一節 1 服部儀右衛門の書状
  • 第五章 第一節 1 駿河屋弥右衛門の書状
  • 第五章 第一節 1 播磨国内の酒井家領
  • 第五章 第一節 1 姫路市域内の諸所領構成
  • 第五章 第一節 1 網干三カ村
  • 第五章 第一節 2 寛延二年の大洪水 一九
  • 第五章 第一節 2 姫路入封前夜
  • 第五章 第一節 2 家中心得
  • 第五章 第一節 2 寛延の大洪水
  • 第五章 第一節 2 幕府からの拝借金
  • 第五章 第一節 2 姫路城下浸水被害図
  • 第五章 第一節 2 冨田町の被害
  • 第五章 第一節 2 藩の救済策
  • 第五章 第一節 2 飢人に対する施粥・救米
  • 第五章 第一節 2 溺死者の供養塔
  • 第五章 第一節 2 川合定恒の活躍
  • 第五章 第一節 2 その後の風水害
  • 第五章 第二節 酒井忠恭・忠以時代の藩政 四二
  • 第五章 第二節 1 上ケ米・免米制と財政再建策 四二
  • 第五章 第二節 1 入封直後の領村支配
  • 第五章 第二節 1 忠恭の「仰せ渡し」の事
  • 第五章 第二節 1 勘定帳面の提出
  • 第五章 第二節 1 諸役所の諸経費節減
  • 第五章 第二節 1 家中への倹約令
  • 第五章 第二節 1 雑説・早乗無用と博奕停止
  • 第五章 第二節 1 入封当初の給禄
  • 第五章 第二節 1 最初の上ケ米令
  • 第五章 第二節 1 恒常的な上ケ米
  • 第五章 第二節 1 家臣への御救金
  • 第五章 第二節 1 出入り町人への扶持米渡し方
  • 第五章 第二節 1 一八世紀半ばの藩財政
  • 第五章 第二節 1 一八世紀後半の藩財政
  • 第五章 第二節 1 鴻池家他の大名貸
  • 第五章 第二節 1 小西家の大名貸
  • 第五章 第二節 2 大庄屋制の展開 七五
  • 第五章 第二節 2 大庄屋制の改革
  • 第五章 第二節 2 大庄屋の勤方
  • 第五章 第二節 2 触元大庄屋とは
  • 第五章 第二節 2 触元大庄屋の任務
  • 第五章 第二節 2 支役庄屋
  • 第五章 第二節 2 在年行事と在年行事所
  • 第五章 第二節 2 在年行事の御用
  • 第五章 第二節 2 江戸詰中間の口入請負
  • 第五章 第二節 2 江戸詰中間の代銀納分余内銀
  • 第五章 第二節 2 江戸詰中間の給銀分余内銀
  • 第五章 第二節 2 余内金受取り証文
  • 第五章 第二節 2 在年行事の添書
  • 第五章 第二節 2 武家奉公人の調達方法
  • 第五章 第三節 酒井家家臣団の構成と家中屋敷の構造 九九
  • 第五章 第三節 1 家臣団構成 九九
  • 第五章 第三節 1 家臣団の史料
  • 第五章 第三節 1 酒井家家臣の総数
  • 第五章 第三節 1 知行取家臣団
  • 第五章 第三節 1 組付給人とは
  • 第五章 第三節 1 下級家臣団
  • 第五章 第三節 2 家臣団の屋敷とその管理 一一四
  • 第五章 第三節 2 家臣団の屋敷割
  • 第五章 第三節 2 屋敷地の面積
  • 第五章 第三節 2 上級家臣屋敷の内部構造
  • 第五章 第三節 2 作事方役所の業務
  • 第五章 第三節 2 作事方役人の禄高
  • 第五章 第三節 2 家中屋敷の管理
  • 第五章 第三節 2 家中家屋の管理
  • 第五章 第三節 2 組屋敷長屋の管理
  • 第五章 第三節 2 家中屋敷管理の強化
  • 第五章 第三節 3 飾万津浦手番所と御船手組 一四〇
  • 第五章 第三節 3 四カ所番所
  • 第五章 第三節 3 川口御番所
  • 第五章 第三節 3 姫路藩御船手組
  • 第五章 第三節 3 御船手組の組織
  • 第五章 第三節 3 御船手分限帳
  • 第五章 第三節 3 御船手衆の身分
  • 第五章 第三節 3 御座船図屛風
  • 第五章 第三節 3 御船手組の持船
  • 第五章 第三節 3 御船手組の出船動向
  • 第五章 第三節 3 出船とその意義
  • 第五章 第三節 3 御船手衆の住所
  • 第五章 第三節 3 御船手衆と地域社会
  • 第六章 近世中後期の町と村 一六九
  • 第六章 第一節 近世中後期の町政 一七〇
  • 第六章 第一節 中後期の姫路町
  • 第六章 第一節 幕末期の大年寄
  • 第六章 第一節 三丁町と丁格
  • 第六章 第一節 年行事所の構成員
  • 第六章 第一節 年行事所の所在地
  • 第六章 第一節 年行事所と御用場
  • 第六章 第一節 町中への触れの徹底
  • 第六章 第一節 年行事町と年行事
  • 第六章 第一節 姫路町の町会所
  • 第六章 第一節 人馬役銀の徴収
  • 第六章 第一節 両駅所の支役
  • 第六章 第一節 不時入用の負担
  • 第六章 第一節 坂元町の「昔噺」興行
  • 第六章 第一節 風儀華美の町対策
  • 第六章 第一節 町年寄の選出方法
  • 第六章 第一節 鍵町年寄の変遷
  • 第六章 第一節 年寄交代の手続き
  • 第六章 第二節 姫路町内の構造 一九四
  • 第六章 第二節 姫路町の地域区分
  • 第六章 第二節 西二階町の構造
  • 第六章 第二節 幕末維新期の鍵町の構造
  • 第六章 第二節 一丁(町)中持の家屋敷
  • 第六章 第二節 堺町の概要
  • 第六章 第二節 中後期の家屋敷所持者
  • 第六章 第二節 明治七年の家屋敷所有者
  • 第六章 第二節 金物商小倉屋とその貸屋
  • 第六章 第二節 龍野町三丁目の構造
  • 第六章 第二節 井原庄蔵店
  • 第六章 第二節 相生町の住民構造
  • 第六章 第二節 茶屋又四郎家の家屋敷・田畑所持
  • 第六章 第二節 茶屋又四郎の瀬戸物店
  • 第六章 第二節 船場川沿いを描く絵巻物
  • 第六章 第二節 茶屋の庇下・軒下の出し店
  • 第六章 第二節 茶屋の店貸
  • 第六章 第三節 米価の高騰と施行 二二一
  • 第六章 第三節 社会不安高揚の時期
  • 第六章 第三節 米価の高騰と加古川筋大一揆
  • 第六章 第三節 城下防衛のための町人夫
  • 第六章 第三節 富屋(内海家)の危機意識
  • 第六章 第三節 万延元年の凶作
  • 第六章 第三節 船場中町々の状況
  • 第六章 第三節 西二階町等の状況と紅粉屋暗殺事件
  • 第六章 第三節 姫路藩と御用達町人達の対応
  • 第六章 第三節 天保四年の藩米廉売
  • 第六章 第三節 万延元年の惣町中廉売
  • 第六章 第三節 幕末維新期の廉売と施米
  • 第六章 第三節 御用達町人等の合力銀
  • 第六章 第三節 商人や地主達の施行
  • 第六章 第三節 大店の施行の性格
  • 第六章 第三節 西二階町の薬店富屋(内海家)
  • 第六章 第三節 富屋の屋敷
  • 第六章 第三節 富屋の商い
  • 第六章 第三節 富屋の秤改め
  • 第六章 第三節 借地、借家経営
  • 第六章 第三節 小作地経営
  • 第六章 第三節 店奉公人への施行
  • 第六章 第三節 出入りの者への施行
  • 第六章 第三節 町内への米の廉売
  • 第六章 第三節 酒井家姫路藩の城下町対策
  • 第六章 第四節 近世中後期の村 二五一
  • 第六章 第四節 1 村明細帳に見る商品経済の進展 二五一
  • 第六章 第四節 1 近世後半期の村明細帳
  • 第六章 第四節 1 寛延三年の村明細帳に新しい記載内容
  • 第六章 第四節 1 商業的農業―綿作の展開
  • 第六章 第四節 1 元禄期の農業経営例
  • 第六章 第四節 1 幕末期の農業経営例
  • 第六章 第四節 1 村明細帳にみる農間余業
  • 第六章 第四節 1 村明細帳にみる作間商人、在方商人・職人
  • 第六章 第四節 1 村明細帳にみる船
  • 第六章 第四節 1 西廻り海運への参入も
  • 第六章 第四節 2 草山争論 二六五
  • 第六章 第四節 2 近世前期の山論の補足
  • 第六章 第四節 2 荘郷の入会山を守る山論近世後期にも続く
  • 第六章 第四節 2 天神山山論
  • 第六章 第四節 2 山郷四カ村と仁色村との山論
  • 第六章 第四節 2 山郷四カ村と太尾村との山論
  • 第六章 第四節 2 飾西郡永野山をめぐる争論
  • 第六章 第四節 2 林田庄・上伊勢村草山争論
  • 第六章 第四節 2 林田庄内葛城山山草争論
  • 第六章 第四節 3 用水争論 二八四
  • 第六章 第四節 3 刀出・打越下代井争論
  • 第六章 第四節 3 実法寺・町田村上井・下井争論
  • 第六章 第四節 3 東川夜間番水法の改訂
  • 第六章 第四節 3 福井大池をめぐる争論
  • 第六章 第四節 3 福井大池仮法
  • 第六章 第四節 3 福井大池池組内部の分水
  • 第六章 第四節 4 新田開発 二九七
  • 第六章 第四節 4 市域海辺での新田開発
  • 第六章 第四節 4 新鶴場新田の開発
  • 第六章 第四節 4 勘兵衛新田の開発
  • 第六章 第四節 4 興浜―苅屋地先での新田開発計画
  • 第六章 第四節 4 開発計画の修正
  • 第六章 第四節 4 大塩・荒井地先での新田開発の議
  • 第六章 第五節 灘目塩業の近世的展開 三一五
  • 第六章 第五節 1 塩田一軒前の拡大と地主・小作制の展開 三一五
  • 第六章 第五節 1 一軒前塩田面積の拡大
  • 第六章 第五節 1 地主・小作制の展開
  • 第六章 第五節 1 塩田小作の実態
  • 第六章 第五節 2 瀬戸内塩業の不況 三二一
  • 第六章 第五節 2 周防・安芸塩業の実態
  • 第六章 第五節 2 休浜・替持法
  • 第六章 第五節 2 灘目塩田の不況
  • 第六章 第五節 2 不況化の原因と実情
  • 第六章 第五節 2 不況への藩の対応
  • 第六章 第五節 2 休浜盟約への参加と塩会所の設立
  • 第六章 第五節 2 休浜・替持法の効果
  • 第六章 第五節 3 製塩費の削減と新塩田の開拓 三三一
  • 第六章 第五節 3 製塩労働者の職階・作業・労賃
  • 第六章 第五節 3 入れ釜の制
  • 第六章 第五節 3 入れ釜の制による労賃削減方法
  • 第六章 第五節 3 燃料費の削減
  • 第六章 第五節 3 前期的塩取引仕法の後退
  • 第六章 第五節 3 塩田干拓の進行
  • 第六章 第五節 3 的形村相生浜(文政浜)の干拓
  • 第六章 第五節 3 大塩天保浜の開拓
  • 第六章 第五節 4 上灘目塩の販路と販売仕法 三四六
  • 第六章 第五節 4 文化六年までの江戸専売(藩札仕法)
  • 第六章 第五節 4 曽根塩
  • 第六章 第五節 4 大塩塩
  • 第六章 第五節 4 的形・八木・白浜塩
  • 第六章 第五節 4 網干英賀保諸浜の塩
  • 第六章 第五節 4 上灘目塩の江戸市場と専売仕法案
  • 第六章 第五節 4 上灘目塩と三塩問屋
  • 第六章 第五節 4 大坂・尼ヶ崎での廻塩(専売)仕法
  • 第六章 第五節 4 廻塩仕法の廃止
  • 第六章 第五節 4 塩惣会所仕法
  • 第六章 第五節 4 大坂売りの藩札仕法
  • 第六章 第五節 4 江戸売りの藩札仕法
  • 第六章 第五節 4 幕末の廻塩仕法
  • 第七章 諸産業の発達と社会 三五九
  • 第七章 第一節 藩財政と藩札 三六〇
  • 第七章 第一節 1 姫路藩藩政の推移 三六〇
  • 第七章 第一節 1 忠道の襲封
  • 第七章 第一節 1 目安箱の設置と倹約の奨励
  • 第七章 第一節 1 農業の奨励と農村商業の制限
  • 第七章 第一節 1 積極的経済政策の導入
  • 第七章 第一節 1 忠実の襲封とその治世
  • 第七章 第一節 1 忠学・忠宝の治世
  • 第七章 第一節 1 文化・文政・天保期の社会情勢と姫路藩政
  • 第七章 第一節 2 藩財政の改革・河合道臣の登場 三七四
  • 第七章 第一節 2 文化年間における姫路藩財政の窮乏
  • 第七章 第一節 2 河合道臣の登場
  • 第七章 第一節 2 財政改革の着手
  • 第七章 第一節 2 「新御積訳書」に見る文化九年の財政状況
  • 第七章 第一節 2 国用積銀制度の実施
  • 第七章 第一節 2 借財への依存
  • 第七章 第一節 2 小西新右衛門家の大名貸
  • 第七章 第一節 2 河合道臣の退隠と改革の成果
  • 第七章 第二節 商工業の展開と専売制 三八九
  • 第七章 第二節 1 姫路藩木綿専売制の展開 三八九
  • 第七章 第二節 1 国産姫路木綿
  • 第七章 第二節 1 国産会所の設立と木綿専売制の開始
  • 第七章 第二節 1 姫路藩札の発行
  • 第七章 第二節 1 木綿専売制の組織・機構
  • 第七章 第二節 1 木綿江戸積の方法
  • 第七章 第二節 1 江戸における木綿専売の影響
  • 第七章 第二節 1 木綿江戸積の状況
  • 第七章 第二節 1 木綿の集荷と藩札
  • 第七章 第二節 1 長束木綿産地の新たな動き
  • 第七章 第二節 1 長束仕法の成立
  • 第七章 第二節 1 長束仕法の組織・機構
  • 第七章 第二節 1 長束問屋
  • 第七章 第二節 1 長束仲買と国産木綿仲買
  • 第七章 第二節 1 規格外品の流通問題
  • 第七章 第二節 1 長束仕法の改正
  • 第七章 第二節 1 綿糸流通の展開と木綿専売制への影響
  • 第七章 第二節 1 木綿販売の推移
  • 第七章 第二節 1 国産木綿産地における動向
  • 第七章 第二節 1 国産会所掛り吉田助十郎家の苦難
  • 第七章 第二節 1 篠巻の流通と新仕法成立に向けた動き
  • 第七章 第二節 1 篠巻仕法の成立
  • 第七章 第二節 1 実綿仕法の成立
  • 第七章 第二節 1 綛糸・原料綿の流通をめぐる国産木綿産地の動き
  • 第七章 第二節 1 一橋徳川家領における木綿専売制の実施
  • 第七章 第二節 1 木綿専売制の終焉
  • 第七章 第二節 1 その他の専売制―龍山石
  • 第七章 第二節 2 木綿関連産業――魚肥と藍―― 四四〇
  • 第七章 第二節 2 魚肥流通の展開
  • 第七章 第二節 2 室津港と銀元
  • 第七章 第二節 2 室津銀元会所の設置
  • 第七章 第二節 2 室津からの干鰯の供給
  • 第七章 第二節 2 困難な銀元会所の運営
  • 第七章 第二節 2 銀元会所の収益動向
  • 第七章 第二節 2 姫路藩の藍染と国産品政策
  • 第七章 第二節 2 愛染講の結成
  • 第七章 第二節 2 幕末期における染賃の値上げ交渉と藍染職人
  • 第七章 第二節 2 仕入紺屋の染地取引と姫路木綿
  • 第七章 第二節 2 仕入紺屋の取引から見える姫路木綿のその後
  • 第七章 第二節 3 種物の流通と絞油業 四七〇
  • 第七章 第二節 3 播磨における種物の生産
  • 第七章 第二節 3 明和の仕法と播磨の絞油業
  • 第七章 第二節 3 姫路藩の藩営水車絞油
  • 第七章 第二節 3 油稼ぎの展開
  • 第七章 第二節 3 天保の油方仕法改正
  • 第七章 第二節 3 油方仕法改正の影響
  • 第七章 第二節 3 無株人の活動
  • 第七章 第二節 3 江戸積油の不振と姫路藩の絞油屋冲中家の動向
  • 第七章 第二節 3 絞油屋と大坂問屋との対立
  • 第七章 第二節 3 株仲間解散令の影響
  • 第七章 第二節 3 再興されない播磨の油稼株
  • 第七章 第二節 3 油稼株再興反対運動
  • 第七章 第二節 3 姫路藩における油稼株再興要求
  • 第七章 第二節 3 藩の仕法を求める絞油屋
  • 第七章 第二節 3 幕末期の種物売買と絞油業
  • 第七章 第二節 3 絞油業取り締まりに向けての新たな動き
  • 第七章 第二節 3 姫路藩領内での反応
  • 第七章 第二節 3 一橋徳川家領での灯油専売制
  • 第七章 第二節 3 慶応の油稼株再興
  • 第七章 第三節 姫路町・飾万津・網干湊の商業 四九九
  • 第七章 第三節 1 姫路町の木綿古手商と革細工店 四九九
  • 第七章 第三節 1 姫路町の商工業
  • 第七章 第三節 1 奈良屋(馬場家)の家系と屋敷所在地
  • 第七章 第三節 1 酒田の本間家との関係
  • 第七章 第三節 1 播州古手類の移出
  • 第七章 第三節 1 多様な下り荷物
  • 第七章 第三節 1 二藤部家宛ての書簡
  • 第七章 第三節 1 古手類仕切書の内容
  • 第七章 第三節 1 古手類等の輸送方法
  • 第七章 第三節 1 口銭・荷造賃・運賃等
  • 第七章 第三節 1 為替金融と京都紅花問屋
  • 第七章 第三節 1 大坂両替商での代銀収受
  • 第七章 第三節 1 古手業表屋庄左衛門
  • 第七章 第三節 1 表屋と近江商人中井家仙台店
  • 第七章 第三節 1 表屋の古手商内
  • 第七章 第三節 1 中二階町の革細工品
  • 第七章 第三節 1 旅人相手の革細工店
  • 第七章 第三節 1 中二階町の売場所
  • 第七章 第三節 1 鑑札の配布と専売制度
  • 第七章 第三節 2 飾万津の発展 五二五
  • 第七章 第三節 2 飾万津の湊と町
  • 第七章 第三節 2 年貢米の「御蔵」入
  • 第七章 第三節 2 飾万津湛保の築造
  • 第七章 第三節 2 干鰯商い争論
  • 第七章 第三節 2 問屋と仲買
  • 第七章 第三節 2 干鰯商人と飾万津町との関係
  • 第七章 第三節 2 飾万津商人の商い
  • 第七章 第三節 2 北海道産の鯡魚肥
  • 第七章 第三節 2 白砂糖・干鰯・素麵等の流入
  • 第七章 第三節 3 網干湊の発展 五四一
  • 第七章 第三節 3 網干湊
  • 第七章 第三節 3 網干湊の諸営業者
  • 第七章 第三節 3 年貢米の大坂廻米
  • 第七章 第三節 3 年貢米の網干地払い
  • 第七章 第三節 3 網干諸仲間中の活動
  • 第七章 第三節 3 船持渡世人
  • 第七章 第三節 3 上荷船と高瀬舟
  • 第七章 第三節 3 仲士・沖船頭・水主
  • 第七章 第三節 3 網干湊の構造
  • 第八章 地域社会の変動 五五七
  • 第八章 第一節 社倉制度の成立と村方騒動 五五八
  • 第八章 第一節 1 固寧倉の設立と運営 五五八
  • 第八章 第一節 1 社倉法の布告
  • 第八章 第一節 1 「社倉由来書」の内容
  • 第八章 第一節 1 社倉法実施の推進
  • 第八章 第一節 1 社倉法の見直し
  • 第八章 第一節 1 固寧倉のはじまり
  • 第八章 第一節 1 蒲田組・英加組の固寧倉設立
  • 第八章 第一節 1 姫路藩領全域の固寧倉
  • 第八章 第一節 1 固寧倉の詰麦貸し付けの実態
  • 第八章 第一節 2 幕府・諸大名領村々の地域秩序と社会政策 五七八
  • 第八章 第一節 2 幕府・諸大名領の地方支配
  • 第八章 第一節 2 姫路で開催された播磨一国の惣代庄屋集会
  • 第八章 第一節 2 文政十年「播州郡中取締書」の内容
  • 第八章 第一節 2 文政十二年西播六郡の惣代庄屋集会
  • 第八章 第一節 2 揖西・揖東・飾西三郡申合書
  • 第八章 第一節 2 一橋領村々の囲籾制度
  • 第八章 第一節 3 村方騒動――村内の民主化運動―― 五九二
  • 第八章 第一節 3 幕府・諸大名領村々の村政民主化運動
  • 第八章 第一節 3 飾西郡青山村の庄屋不帰依
  • 第八章 第一節 3 揖東郡余子浜村の騒動
  • 第八章 第一節 3 揖東郡大江島村の庄屋不帰依一件
  • 第八章 第一節 3 印南郡福居村における村方騒動
  • 第八章 第一節 3 飾西郡新在家村の騒動
  • 第八章 第一節 3 街道沿いや河岸に多い村方騒動
  • 第八章 第一節 4 林田藩の打潰し 六〇三
  • 第八章 第一節 4 林田藩の組と大庄屋
  • 第八章 第一節 4 打潰しの史料
  • 第八章 第一節 4 打潰しの原因
  • 第八章 第一節 4 打潰しの経過
  • 第八章 第一節 4 関係者の処罰
  • 第八章 第一節 4 大庄屋弥兵衛の言い分
  • 第八章 第一節 4 打潰しの性格
  • 第八章 第二節 身分差別の形成と展開 六一二
  • 第八章 第二節 1 近世初頭における地域差別と近世部落の形成 六一二
  • 第八章 第二節 1 戦国期小領主の城・構・館と皮作衆の集落
  • 第八章 第二節 1 林田構村検地帳にみえる「かわた」
  • 第八章 第二節 1 「下村」の形成―地域差別の編成―
  • 第八章 第二節 1 下村新屋敷の誕生
  • 第八章 第二節 2 近世中期における差別の制度化 六二〇
  • 第八章 第二節 2 部落寺院制
  • 第八章 第二節 2 部落寺院の支配寺
  • 第八章 第二節 2 部落寺院の頭寺亀山源正寺の形成
  • 第八章 第二節 2 亀山源正寺の財政
  • 第八章 第二節 2 源正寺の寺院規模
  • 第八章 第二節 3 近世中・後期における差別の具体像 六三三
  • 第八章 第二節 3 近世初頭の入会山慣行と「部落」の入会権
  • 第八章 第二節 3 郡境・村境争論の発生
  • 第八章 第二節 3 入会差別発生
  • 第八章 第二節 3 葛城山入会争論と林田藩の対応
  • 第八章 第二節 3 林田藩による入会権の取り上げ
  • 第八章 第二節 4 近世中・後期における皮革の生産と流通 六三九
  • 第八章 第二節 4 姫路革についての諸記録
  • 第八章 第二節 4 斃牛馬株と皮革生産
  • 第八章 第二節 4 中国筋と山陰地方からの荒皮購入
  • 第八章 第二節 4 対馬藩の牛皮と朝鮮皮の輸入
  • 第八章 第二節 4 高木村皮革生産の背景
  • 第八章 第二節 4 仁太夫家の奉公人
  • 第八章 第二節 4 大坂渡辺村皮革問屋と皮晒し賃加工生産
  • 第八章 第二節 4 姫路藩の皮革統制と専売制
  • 第八章 第二節 4 賃晒皮会所の設立
  • 第八章 第二節 4 革細工会所の設立と反対運動
  • 第八章 第二節 4 国産靼会所の設立と藩営専売制
  • 第八章 第二節 4 林田藩領下村の皮晒し職許可の嘆願
  • 第九章 文化の諸相 六五五
  • 第九章 第一節 藩主とその周辺の学芸 六五六
  • 第九章 第一節 文武両輪
  • 第九章 第一節 忠以の師匠たち
  • 第九章 第一節 忠以の帰国道中
  • 第九章 第一節 有馬湯治
  • 第九章 第一節 茶会に招かれた人たち
  • 第九章 第一節 宗雅と不昧
  • 第九章 第一節 茶道具の蒐集
  • 第九章 第一節 銀鵝と米翁
  • 第九章 第一節 忠道の博学
  • 第九章 第二節 教育と文化の動き 六七六
  • 第九章 第二節 1 学びの場 六七六
  • 第九章 第二節 1 I 好古堂
  • 第九章 第二節 1 I 姫路好古堂の設立
  • 第九章 第二節 1 I 明和・安永期
  • 第九章 第二節 1 I 藩士教育の強化策
  • 第九章 第二節 1 I 国学寮の併設
  • 第九章 第二節 1 I 斎藤守澄
  • 第九章 第二節 1 I 倹約令
  • 第九章 第二節 1 I 揺れる好古堂
  • 第九章 第二節 1 I 森田節斎の来講
  • 第九章 第二節 1 I 好古堂の終焉
  • 第九章 第二節 1 II 林田藩敬業館
  • 第九章 第二節 1 II 林田藩敬業館
  • 第九章 第二節 1 III 仁寿山黌
  • 第九章 第二節 1 III 仁寿山黌設立の経緯
  • 第九章 第二節 1 III 仁寿山学規
  • 第九章 第二節 1 III 来黌した学者たち
  • 第九章 第二節 1 III 医学寮の付設
  • 第九章 第二節 1 III 終焉
  • 第九章 第二節 1 IV 郷校
  • 第九章 第二節 1 IV 申義堂
  • 第九章 第二節 1 IV 熊川舎
  • 第九章 第二節 1 IV 国包郷校
  • 第九章 第二節 1 IV 心学講舎
  • 第九章 第二節 1 IV 寺子屋
  • 第九章 第二節 2 医師の活動 七一一
  • 第九章 第二節 2 藩医
  • 第九章 第二節 2 江戸藩邸医
  • 第九章 第二節 2 辻元崧庵
  • 第九章 第二節 2 在医
  • 第九章 第二節 2 疾病
  • 第九章 第二節 3 本屋の動向 七二〇
  • 第九章 第二節 3 本屋の動向
  • 第九章 第二節 3 本屋の初見
  • 第九章 第二節 3 隅屋
  • 第九章 第二節 3 灰屋(樊圃堂)の出版
  • 第九章 第二節 3 灰屋の行商
  • 第九章 第二節 3 灰屋の貸本
  • 第九章 第二節 3 灰屋と顧客
  • 第九章 第三節 芸能の展開 七三〇
  • 第九章 第三節 坂元芝居
  • 第九章 第三節 開帳芝居
  • 第九章 第三節 惣社祭礼と芸能
  • 第九章 第三節 散楽太夫・辻能・説教者
  • 第九章 第三節 伊勢参り
  • 第九章 第四節 近世中後期の姫路の俳諧 七四一
  • 第九章 第四節 (1) 風羅堂一派以前の俳諧 七四一
  • 第九章 第四節 (1) 雑俳
  • 第九章 第四節 (1) 小西来山門下の人々
  • 第九章 第四節 (1) 椎本才磨
  • 第九章 第四節 (2) 風羅堂一派 七四七
  • 第九章 第四節 (2) 井上千山
  • 第九章 第四節 (2) 惟然の来訪
  • 第九章 第四節 (2) 惟然の遺品の継承
  • 第九章 第四節 (2) 寒瓜
  • 第九章 第四節 (2) 寒烏・寒鴻・寒桐
  • 第九章 第四節 (2) 千明・守三
  • 第九章 第四節 (3) 栗の本一派 七七二
  • 第九章 第四節 (3) 青蘿
  • 第九章 第四節 (3) 三木雨人とその一族
  • 第九章 第四節 (3) 玄駒
  • 第九章 第四節 (3) 松岡大蟻と『翁反故』
  • 第九章 第四節 (4) 酒井抱一 七八〇
  • 第九章 第四節 (4) 生涯
  • 第九章 第四節 (4) 抱一の俳諧
  • 第九章 第四節 (4) 抱一の絵画
  • 第十章 幕末期の政治情勢 七八七
  • 第十章 第一節 欧米勢力との接触 七八八
  • 第十章 第一節 1 異国船の来航とそれへの対応 七八八
  • 第十章 第一節 1 ロシア使節の蝦夷地への来航
  • 第十章 第一節 1 ロシアの進出に対する幕府・姫路藩の対応
  • 第十章 第一節 1 イギリス軍艦フェートン号の長崎侵入
  • 第十章 第一節 1 アヘン戦争の情報
  • 第十章 第一節 1 姫路藩の砲台築造と兵制改革
  • 第十章 第一節 2 ペリー艦隊の来航と開国 七九八
  • 第十章 第一節 2 ペリー艦隊の来航と日米、日英和親条約
  • 第十章 第一節 2 プチャーチン艦隊の大坂湾侵入と日露和親条約
  • 第十章 第一節 2 姫路藩財政の窮迫
  • 第十章 第一節 2 速鳥丸・神護丸の建造
  • 第十章 第二節 安政開港後の政治的潮流の対抗 八一一
  • 第十章 第二節 1 公武合体と尊皇攘夷の対抗 八一一
  • 第十章 第二節 1 酒井忠顕の襲封と条約勅許問題
  • 第十章 第二節 1 井伊大老の就任と通商条約調印
  • 第十章 第二節 1 酒井忠績の襲封
  • 第十章 第二節 1 島津久光率兵上京の途上室津休泊
  • 第十章 第二節 1 尊攘派の台頭と忠績の所司代心得任命
  • 第十章 第二節 1 姫路藩尊皇攘夷派による「天誅」
  • 第十章 第二節 2 尊皇攘夷派の後退 八二五
  • 第十章 第二節 2 薩英戦争と京都の政変
  • 第十章 第二節 2 大和挙兵と生野の変
  • 第十章 第二節 2 水戸天狗党の挙兵と池田屋事件
  • 第十章 第二節 2 忠績の老中辞職と横浜鎖港問題
  • 第十章 第二節 2 禁門の変
  • 第十章 第二節 2 第一次幕長戦争と四国艦隊の下関攻撃
  • 第十章 第二節 2 姫路藩甲子の獄
  • 第十章 第三節 維新前後の姫路藩 八四四
  • 第十章 第三節 1 尊皇攘夷から倒幕への転回 八四四
  • 第十章 第三節 1 長州藩諸隊の決起、忠績大老となる
  • 第十章 第三節 1 四国艦隊の兵庫沖侵入と条約勅許
  • 第十章 第三節 1 第二次幕長戦争と将軍・天皇の死去
  • 第十章 第三節 1 姫路藩の兵制改革
  • 第十章 第三節 1 忠惇襲封、老中就任
  • 第十章 第三節 1 大政奉還と姫路藩
  • 第十章 第三節 2 鳥羽伏見戦後の姫路藩 八五五
  • 第十章 第三節 2 鳥羽伏見の決戦
  • 第十章 第三節 2 姫路開城
  • 第十章 第三節 2 勤王倒幕派の解放
  • 第十章 第三節 2 姫路藩の存亡をかけた運動
  • 第十章 第三節 2 姫路藩戊辰の獄
  • 第十章 第三節 2 藩体制の刷新と禄制改革
  • 第十章 第三節 2 姫路藩の版籍奉還の建議について
  • 第十章 第三節 2 勤王派の進出と藩の財政状況
  • 口絵・図・表・写真目次 巻末
  • 付図(別袋)
  • 一 姫路城下浸水被害図
  • 一 1 写真(絵図総カラー)
  • 一 2 解読図
  • 本編近世2口絵・図・表・写真目次
  • 巻頭写真
  • カラー 姫路革細工店の錦絵 (兵庫県立歴史博物館所蔵)
  • 1 酒井忠恭 画像 (姫路城管理事務所所蔵)
  • 2 酒井忠恭宛老中奉書 (姫路市立城郭研究室所蔵)
  • 3 酒井忠顕の船場本徳寺15世超勝院宛返礼状 (姫路市 船場本徳寺所蔵)
  • 4 丸亀藩主京極長門守入部記録 (姫路市 不徹寺所蔵)
  • 5 丸亀藩網干陣屋図 (姫路市 網干区興浜自治会所蔵)
  • 6 河合惣兵衛の鞍掛寅二郎宛書簡 (姫路市立城郭研究室所蔵)
  • 7 総督本陣の御救米指令 (姫路市 船場本徳寺所蔵)
  • 8 出羽国酒田、本間久四郎の奈良屋権兵衛宛書状 (姫路市市史編集室所蔵)
  • 9 奈良屋権兵衛の本間家よりの借用証文 (姫路市市史編集室所蔵)
  • 10 鍵町御触書留帳 (姫路市市史編集室所蔵)
  • 11 和漢洋書籍商灰屋の店前図 『播磨有名勝地并豪商独案内』より
  • 12 売薬商富屋(内海家)の店前図 『播磨有名勝地并豪商独案内』より
  • 13 固寧倉
  • 14 固寧倉関係文書 (姫路市 飯塚重恵所蔵)
  • 15 林田藩領内綿作高書上覚 (姫路市 三木逸郎所蔵)
  • 16 菜種大坂積登せ仕切状 (姫路市 林敏明所蔵)
  • 17 国産仕法塩受取状 (姫路市市史編集室所蔵)
  • 18 飾万津湛保築港者頌徳碑
  • 19 芭蕉翁の簑塚
  • 五 酒井家姫路藩の成立
  • 五 図1 酒井家略系図 3
  • 五 図2 姫路市域の所領構成図 15
  • 五 図3 姫路城下浸水被害個所図 25
  • 五 図4 安政7年時の家臣の屋敷所在地図 117
  • 五 図5 中根家屋敷図 124・125
  • 五 図6 熊谷家屋敷図 126・127
  • 六 近世中後期の町と村
  • 六 図7 堺町屋敷図 202
  • 六 図8 小倉屋の宅相図 206
  • 六 図9 相生町屋敷地面図(天保9年) 211
  • 六 図10 茶屋又四郎店軒下取込図 218
  • 六 図11 内海家(富屋)の家屋敷所在略図 235
  • 六 図12 山崎村・曽坂村山境争論参考図 266
  • 六 図13 飾西村・大市郷山論参考図 268・269
  • 六 図14 天神山草山分割図 271
  • 六 図15 山郷四カ村と仁色・太尾両村の山論参考図 272・273
  • 六 図16 永野山争論参考図 278
  • 六 図17 林田庄・上伊勢村草山争論参考図 280・281
  • 六 図18 刀出・打越下代井争論参考図 285
  • 六 図19 下代井の分水 286
  • 六 図20 実法寺・町田村上井・下井争論参考図 287
  • 六 図21 福井大池井組村々参考図 294
  • 六 図22 近世の新田開発たつの市御津町・姫路市海辺 298・299
  • 六 図23 興浜・浜田・刈屋村地先新田開発絵図 308・309
  • 六 図24 刈屋・浜田・興浜村地先の開発計画 310
  • 七 諸産業の発達と社会
  • 七 図25 小西家の酒井家貸付高 385
  • 七 図26 菜種・灯油価格の動向 481
  • 七 図27 冲中屋の資産動向 484
  • 七 図28 冲中屋資産に占める油店部門の比率 484
  • 七 図29 馬場家(奈良屋)略系図 500
  • 七 図30 奈良屋権兵衛家他の屋敷所在図 501
  • 七 図31 古手類の主な移出入港 511
  • 七 図32 飾万津略図 530
  • 七 図33 網干湊略図 542
  • 八 地域社会の変動
  • 八 図34 酒井時代(1749~1871)の姫路藩領域図 587
  • 八 図35 文政3年「林田(下村)新屋敷絵図」 619
  • 十 幕末期の政治情勢
  • 十 図36 姫路藩領台場図 795
  • 十 図37 酒井家略系図 812
  • 五 酒井家姫路藩の成立
  • 五 表1 播磨国内の酒井家領 14
  • 五 表2 姫路市域内の幕藩領 16
  • 五 表3 大洪水個所別被害状況 26・27
  • 五 表4 大洪水の被害状況 28
  • 五 表5 地域別被害状況 30・31
  • 五 表6 宝暦9年 大洪水被害状況 40
  • 五 表7 文政9年 大洪水被害状況 41
  • 五 表8 大庄屋制度の改正 43
  • 五 表9 諸役所の勤方 46
  • 五 表10 勘定帳面を提出する諸役所名一覧 49
  • 五 表11 宝暦2年度 諸役所の諸経費 52
  • 五 表12 姫路の上ケ米率 57
  • 五 表13 上ケ米・免米一覧 58・59
  • 五 表14 上ケ米実施状況 60・61
  • 五 表15 江戸・姫路米・金入箇大図積表 68
  • 五 表16 不足金埋方の内訳 69
  • 五 表17 宝暦3年8月の借金高 69
  • 五 表18 安永4年の草高・年貢米高・借金高 71
  • 五 表19 大庄屋の勤務内容と手当 78
  • 五 表20 触元大庄屋一覧 80・81
  • 五 表21 触元大庄屋と在年行事の関係 86・87
  • 五 表22 江戸詰中間詰越分余内銀渡し分 94
  • 五 表23 在年行事の添書一覧 96
  • 五 表24 江戸屋敷の面積 99
  • 五 表25 各年次の格式別家臣数 101
  • 五 表26 知行給人の構成 文政8年 104
  • 五 表27 組長屋と足軽人数 107
  • 五 表28 扶持米取他家臣の構成文政8年 109~113
  • 五 表29 安政7年時の家臣の屋敷所在地 118~120
  • 五 表30 作事方の業務内容 129
  • 五 表31 作事方の役人と役職 130
  • 五 表32 作事方下役人の禄高 132
  • 五 表33 坊主町内の敷地の変遷 137・138
  • 五 表34 職階と分限表 148・149
  • 五 表35 所々番人の禄高 151
  • 五 表36 諸藩の船印一覧 154
  • 五 表37 御船手組の持船 明和2年 156
  • 五 表38 通行者への出船回数 157
  • 五 表39 公儀役人への出船内容 160・161
  • 五 表40 飾万津11ヵ町における船手衆の家数 164
  • 五 表41 御船手衆の主な家守と借屋の所在地 166
  • 六 近世中後期の町と村
  • 六 表42 姫路町大年寄一覧 172・173
  • 六 表43 明治3年の年行事所構成者 174
  • 六 表44 御用場・年行事所への出勤回数 176
  • 六 表45 丁中持の屋敷 181
  • 六 表46 鍵町年寄の変遷 191
  • 六 表47 西二階町の屋敷所有者 196
  • 六 表48 鍵町の家屋敷 明治3年 198
  • 六 表49 鍵町の家屋敷移動 199
  • 六 表50 堺町の家持(地主)の変遷 203
  • 六 表51 堺町の家持と借家 安政3年 207
  • 六 表52 小倉屋の店卸帳 208
  • 六 表53 龍野町3丁目の家屋敷集積状況 209
  • 六 表54 相生町の住民構成 212
  • 六 表55 茶屋(谷村家)の家屋敷所持地 213
  • 六 表56 茶屋(谷村家)の亀山田畑 213
  • 六 表57 茶屋又四郎店の瀬戸物・菓子商い 215
  • 六 表58 姫路町への御救い米 227
  • 六 表59 商人・地主の施行 232
  • 六 表60 施粥の負担 234
  • 六 表61 内海家(富屋)の家屋敷集積過程 236・237
  • 六 表62 富屋(内海家)の廉売と施行 244・245
  • 六 表63 重立入込・召遣・内端者への施銀と施米 246
  • 六 表64 富屋(内海家)への出入りの者 248
  • 六 表65 寛延3年の村明細帳にみる畑の作種 254
  • 六 表66 天保11年棉実の出荷量 255
  • 六 表67 元禄期揖東郡一地主の農業経営 元禄2年 256
  • 六 表68 安政5年揖東郡一地主の農業経営 257
  • 六 表69 文久3年揖東郡一地主の農業経営 258
  • 六 表70 寛延3年村明細帳にみる農間余業 259
  • 六 表71 元文2年・寛延3年の村明細帳にみる作間商人、在方商人・職人 260
  • 六 表72 村明細帳にみる船 261
  • 六 表73 市域諸浦・高砂・室津の船の寄港回数 264
  • 六 表74 寛政6年上井・下井日割番水定 289
  • 六 表75 寛政11年上井刻限番水定 289
  • 六 表76 福井大池池組の分水 296
  • 六 表77 19世紀市域海辺での新田開発 304
  • 六 表78 文化4・5年に的形沖に来航した客船 326
  • 六 表79 文化年間姫路藩領の塩浜と運上銀 328
  • 六 表80 三ツ割持、替持の差異と生産高 330
  • 六 表81 10ヵ月替持、6ヵ月替持の塩価による差益 330
  • 六 表82 一軒前塩田の労働者数と作業内容 332
  • 六 表83 賃金制(入れ釜制)ができる以前の労賃推定 1町程度の塩田の場合 332
  • 六 表84 浜子の仕事と労賃 334
  • 六 表85 地域別塩田形態別労賃・燃料費平均と生産地販売価格 340
  • 六 表86 各地の瀬戸内塩移入状況 340
  • 七 諸産業の発達と社会
  • 七 表87 江戸中期以降の諸国から大坂への商品移入量 371
  • 七 表88 小西家の酒井家貸付高 384
  • 七 表89 姫路藩木綿江戸積仲間 397
  • 七 表90 姫路藩木綿晒屋仲間 397
  • 七 表91 大坂から江戸への積下り木綿 402
  • 七 表92 長束問屋の木綿集荷量天保11年10月1日~弘化3年11月晦日の6年間 410
  • 七 表93 長束木綿仲買 天保10年5月 412
  • 七 表94 国産木綿仲買 天保10年3月 412
  • 七 表95 国産木綿仲買の分布内訳 412
  • 七 表96 長束木綿の販売量 421
  • 七 表97 姫路藩領における篠巻商人の篠巻販売量 明治3年 428
  • 七 表98 一橋徳川家領木綿専売制の出資者 435
  • 七 表99 長束問屋の木綿販売量 437
  • 七 表100 印南郡的形村中村家における干鰯売買状況(天保5年) 442
  • 七 表101 印南郡的形村中村家の客船船籍地 443
  • 七 表102 印南郡的形村中村家における明治初年の魚肥買入状況 444・445
  • 七 表103 室津・姫路銀元会所勘定 456
  • 七 表104 姫路材木町仕入紺屋・住屋(今井)茂兵衛家における染地取引の動向 466~469
  • 七 表105 姫路での参会要請をうけた播磨の油稼人 天保4年 478
  • 七 表106 菜種・灯油価格の動向 480
  • 七 表107 冲中屋の灯油販売動向 483
  • 七 表108 菜種・灯油価格の動向 493
  • 七 表109 積荷数と廻船名 508・509
  • 七 表110 口銭・荷造賃・運賃等一覧 512
  • 七 表111 文政11年仕切差引勘定 514
  • 七 表112 文政11年度差引勘定 514
  • 七 表113 飾万津の概要 526~529
  • 七 表114 嶋屋に対する鯡魚肥の仕切内容 538
  • 七 表115 問屋の預かり品一覧 540
  • 七 表116 蔵敷屋・荷請問屋・船持渡世者 544
  • 七 表117 諸運賃他取決の事項 549
  • 七 表118 網干湊の諸物資移出入 550
  • 八 地域社会の変動
  • 八 表119 蒲田組・英加組固寧倉 570・571
  • 八 表120 蒲田組村々文久2年米麦詰石数 572
  • 八 表121 弘化3年固寧倉数 573
  • 八 表122 固寧倉所在村ならびに詰石数 吉沢役所 天保14年4月 574・575
  • 八 表123 播州郡中惣代集会参加者 580~582
  • 八 表124 郡中取締組分け 588・589
  • 八 表125 飾西郡五ケ村割 591
  • 八 表126 主な処罰者 609
  • 八 表127 慶長13年構村かわた百姓の土地保有 614
  • 八 表128 貞享3年下村かわた百姓の土地保有 617
  • 八 表129 部落寺院支配寺 622
  • 八 表130 穢寺帳記載の範域 623
  • 八 表131 播磨国における真宗道場(百姓村)開基年代 624
  • 八 表132 播磨国における部落道場の開基年代 624
  • 八 表133 播磨国8郡真宗寺院寺号下村年代 625
  • 八 表134 播磨国部落寺院の頭寺(支配寺)ごとの分布状態 631
  • 八 表135 林田藩領内の牛馬数の状況 641
  • 八 表136 天保年間(年不詳)6月~10月の間に桝屋が取り扱った皮晒しの状況 648
  • 九 文化の諸相
  • 九 表137 文化・文政期の好古堂の諸稽古 670
  • 九 表138 林家塾への入門者 679
  • 九 表139 書生寮入門者 684
  • 九 表140 好古堂入学者(亀山節宇門) 694
  • 九 表141 林田藩の遊学生 696
  • 九 表142 姫路・林田藩領寺子屋の開設 710
  • 九 表143 藩医の動静 713~715
  • 九 表144 文政期江戸在住の姫路・林田藩出身の医師 717
  • 九 表145 嘉永7年惣社臨時祭礼興行物一覧 722
  • 九 表146 嘉永7年惣社臨時祭礼作り物一覧 731
  • 九 表147 明和8年お蔭参りと播磨 735
  • 九 表148 姫路風羅堂関係の俳額一覧 771
  • 十 幕末期の政治情勢
  • 十 表149 甲子の獄連座の藩士 838~841
  • 十 表150 閑亭に随従の嘆願書を出した江戸藩邸の24士 863
  • 十 表151 慶応4年4月の脱藩者 865
  • 十 表152 戊辰の獄連座の藩士 866~869
  • 十 表153 明治3年に処分を申し渡された藩士 870~873
  • 十 表154 「藩治職制」による姫路藩の職員 876
  • 十 表155 「藩制」による姫路藩の職員 882・883
  • 写真
  • 五 酒井家姫路藩の成立
  • 五 写真1 酒井忠恭日記 5
  • 五 写真2 酒井忠以肖像画 6
  • 五 写真3 犬塚又内の墓石 13
  • 五 写真4 川合定恒の墓石 13
  • 五 写真5 丸亀藩陣屋跡 18
  • 五 写真6 景福寺と景福寺山 32
  • 五 写真7 為溺死菩提碑 36
  • 五 写真8 触元御用記 80
  • 五 写真9 飾万津(『播磨有名勝地並豪商独案内』) 142
  • 五 写真10 旧姫路藩御船役所之址 144
  • 五 写真11 「姫藩船要録」表紙と内容 146
  • 五 写真12 姫路藩御座船の船印と帆印 153
  • 六 近世中後期の町と村
  • 六 写真13 「威徳寺町御用触留帳」 175
  • 六 写真14 船場川沿い 備前橋付近 216
  • 六 写真15 秤と分銅 240
  • 六 写真16 刀出下代井 286
  • 六 写真17 福井大池 292
  • 六 写真18 勘兵衛新田の堤跡 302
  • 六 写真19 太佐新田之跡碑 305
  • 六 写真20 新開融通切手 311
  • 七 諸産業の発達と社会
  • 七 写真21 酒井忠道画像 361
  • 七 写真22 酒井家の菩提寺 前橋龍海院 367
  • 七 写真23 酒井家歴代藩主の墓碑前橋龍海院 368
  • 七 写真24 喜代姫(右)らの墓碑姫路景福寺 369
  • 七 写真25 河合寸翁像 376
  • 七 写真26 播州辺にて綿つくる図綿圃要務「日本農書全集」第15巻 389
  • 七 写真27 姫路藩切手会所跡 綿町 391
  • 七 写真28 姫路藩札写真(表裏) 393
  • 七 写真29 九所御霊天神社(右)と寄進された玉垣(左) 396
  • 七 写真30 綛糸 417
  • 七 写真31 綛車 418
  • 七 写真32 上方流の油絞り 大蔵永常「製油録」 471
  • 七 写真33 乾き田に菜種を蒔き付ける様子(大蔵永常「油菜録」) 472
  • 七 写真34 飾磨の湛保普請見積書 532
  • 七 写真35 運賃定法書 548
  • 八 地域社会の変動
  • 八 写真36 社倉由来書 560
  • 八 写真37 東山の固寧倉 567
  • 八 写真38 固寧倉の扁額 568
  • 八 写真39 固寧倉米麦出し入れ帳 577
  • 八 写真40 播州郡中取締書 584
  • 八 写真41 青山村(旧山陽道) 595
  • 八 写真42 揖東郡余子浜村地図 596
  • 八 写真43 旧林田藩陣屋跡 604
  • 八 写真44 三木家の主屋 607
  • 九 文化の諸相
  • 九 写真45 酒井宗雅平伏の絵図 669
  • 九 写真46 地球儀 赤鹿歓貞(天保14年) 708
  • 九 写真47 新宮八幡神社の絵馬(俳額) 742
  • 九 写真48 曽根天満宮三千句集募集一枚刷 743
  • 九 写真49 風羅念仏を踊る惟然(『近世畸人伝』) 752
  • 九 写真50 惟然が所持していたという芭蕉像と遺品の笠と蓑 760
  • 九 写真51 千山の墓 761
  • 九 写真52 千山撰 前句附秀吟の俳額(神明社蔵) 762
  • 九 写真53 酒井忠恭公句碑(『蓑のいしぶみ』のさし絵) 764
  • 九 写真54 寒瓜の墓 765
  • 九 写真55 第二次風羅堂と簑塚(『播州名所巡覧図絵』) 767
  • 九 写真56 小簑塚 770
  • 九 写真57 二条家俳諧宗匠となった青蘿(『水の月』) 774
  • 九 写真58 芭蕉句碑(林田薬師寺) 776
  • 九 写真59 『蓬萊帖』の刊記 778
  • 九 写真60 反故塚(駒込円通寺) 780
  • 九 写真61 尻焼猿人(『吾妻曲狂歌文庫』) 783
  • 九 写真62 抱一筆「夏秋草図」 785
  • 九 写真63 抱一筆「白鷺図」 786
  • 十 幕末期の政治情勢
  • 十 写真64 家島台場跡 796
  • 十 写真65 飾磨台場跡 797
  • 十 写真66 アメリカ軍艦木版画 799
  • 十 写真67 鉄砲洲へ進軍する姫路藩行列図 800
  • 十 写真68 大坂湾のロシア軍艦 803
  • 十 写真69 神護丸・速鳥丸 804
  • 十 写真70 清太郎ら漂流人 806
  • 十 写真71 秋元安民肖像 806
  • 十 写真72 秋元のカタカナの手紙 807
  • 十 写真73 中黒旗 808
  • 十 写真74 異国形大艦製造日記表紙(左)と内容(右) 809
  • 十 写真75 北游乗 813
  • 十 写真76 菅野白華 813
  • 十 写真77 酒井忠績 816
  • 十 写真78 嶋津和泉様御参府御下宿帳 表紙(左)と内容(右) 817
  • 十 写真79 河合屏山の墓 818
  • 十 写真80 家臣録 824
  • 十 写真81 尊王攘夷派 河合惣兵衛 墓と墓碑(左)顕彰碑(右) 842
  • 十 写真82 慶応2年丙寅日記 表紙(左)と内容(右) 849
  • 十 写真83 慶雲日録 表紙(左)と内容(右) 850
  • 十 写真84 酒井忠惇 852
  • 十 写真85 アームストロング砲 856
  • 十 写真86 東久世通禧肖像 859
  • 十 写真87 辻善之助 879
  • 十 写真88 三上参次 880

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで