The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

薬理学

大鹿英世 著者代表

details

Title 薬理学
Author 大鹿英世 著者代表
Personal Name (Author) 大鹿, 英世, 1933-
Series 系統看護学講座 : 専門基礎分野. 疾病のなりたちと回復の促進 ; 2
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher医学書院
Date 2009.1
Size & Duration 331p ; 26cm
ISBN 9784260006750
Price 2200円
National Bibliography No.(JPNO) 21612026
Edition 第12版
Year of Publication(W3CDTF) 2009
Subject Heading(Keyword) 薬理学
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC SD71
NDC(9th revised) 491.5 : Fundamental medicine
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 薬理学
  • 目次
  • 第1部 薬理学総論
  • 第1部 「A」 薬物治療の目ざすもの 大鹿英世 2
  • 第1部 「A」 (1) 薬による病気の治療 2
  • 第1部 「A」 (2) 薬としての基本的性質 4
  • 第1部 「A」 (2) 「1」 細胞の特定の場所に結合する 4
  • 第1部 「A」 (2) 「2」 副作用を伴わない薬はない 5
  • 第1部 「A」 (3) 薬の使用目的 6
  • 第1部 「A」 (4) 薬物療法に重要な看護師の役割 6
  • 第1部 「A」 (4) 「1」 誤薬の防止 7
  • 第1部 「A」 (4) 「2」 治療効果の確認 8
  • 第1部 「A」 (4) 「3」 副作用や有害作用の発見と防止 8
  • 第1部 「A」 (4) 「4」 服薬に関する患者指導 10
  • 第1部 「A」 (4) 「5」 患者とその家族への治療内容の説明 11
  • 第1部 「B」 薬はどのように作用するのか 11
  • 第1部 「B」 (1) 薬理作用の基本形式 12
  • 第1部 「B」 (1) 「1」 薬には促進作用と抑制作用がある 12
  • 第1部 「B」 (1) 「2」 薬には直接作用と間接作用がある 12
  • 第1部 「B」 (1) 「3」 薬には局所作用と全身作用がある 13
  • 第1部 「B」 (1) 「4」 薬には主作用と副作用がある 13
  • 第1部 「B」 (2) 薬の治療域と作用点 13
  • 第1部 「B」 (2) 「1」 薬には適切な治療域がある 15
  • 第1部 「B」 (2) 「2」 薬は受容体に到達してはじめて作用を発揮する 15
  • 第1部 「B」 (2) 「3」 イオンチャネルの開閉により薬効をあらわす薬 18
  • 第1部 「B」 (2) 「4」 酵素にはたらくことで効果を示す薬 18
  • 第1部 「B」 (2) 「5」 他のしくみで効果をあらわす薬 18
  • 第1部 「B」 (3) 薬の投与経路 19
  • 第1部 「B」 (3) 「1」 経口投与の特徴 19
  • 第1部 「B」 (3) 「2」 注射による薬物投与 22
  • 第1部 「B」 (3) 「3」 吸入による薬物投与 24
  • 第1部 「B」 (3) 「4」 外用による薬物投与 24
  • 第1部 「C」 薬はどのように体内をめぐっていくのか 25
  • 第1部 「C」 (1) 吸収 25
  • 第1部 「C」 (1) 「1」 消化管粘膜からの吸収 26
  • 第1部 「C」 (1) 「2」 肝臓での代謝 26
  • 第1部 「C」 (2) 分布 27
  • 第1部 「C」 (3) 薬物の代謝 27
  • 第1部 「C」 (3) 「1」 代謝には第1相反応と第2相反応がある 27
  • 第1部 「C」 (3) 「2」 薬物代謝酵素の代表・チトクロームP450 28
  • 第1部 「C」 (3) 「3」 代謝酵素の増減が薬効に影響する 28
  • 第1部 「C」 (4) 排泄 29
  • 第1部 「C」 (4) 「1」 腎臓から尿中への排泄 29
  • 第1部 「C」 (4) 「2」 肝臓その他からの排泄 30
  • 第1部 「C」 (5) 生物学的半減期 30
  • 第1部 「C」 (6) 薬物の血中濃度と薬物血中濃度モニタリング 32
  • 第1部 「D」 薬効に影響する因子 34
  • 第1部 「D」 (1) 年齢からみた薬効 34
  • 第1部 「D」 (1) 「1」 新生児・小児の特徴 34
  • 第1部 「D」 (1) 「2」 高齢者の特徴 36
  • 第1部 「D」 (2) 薬効に関係する薬理遺伝的形質 37
  • 第1部 「D」 (3) 薬物アレルギーの原因と対策 38
  • 第1部 「D」 (4) 反復投与による薬効への影響 39
  • 第1部 「D」 (4) 「1」 薬剤耐性 39
  • 第1部 「D」 (4) 「2」 薬物依存 40
  • 第1部 「D」 (5) 薬物相互作用 41
  • 第1部 「D」 (5) 「1」 薬物動態学的相互作用 42
  • 第1部 「D」 (5) 「2」 薬力学的相互作用 45
  • 第1部 「E」 薬物の有害作用はなぜおこるのか 46
  • 第1部 「E」 (1) 過量のおこる背景 46
  • 第1部 「E」 (1) 「1」 蓄積のおこる原因 46
  • 第1部 「E」 (1) 「2」 とくに薬物治療上注意が必要な人たち 47
  • 第1部 「E」 (1) 「2」 ■胎児,妊婦 47
  • 第1部 「E」 (1) 「2」 ■腎機能障害のある患者 48
  • 第1部 「E」 (1) 「2」 ■肝機能障害のある患者 50
  • 第1部 「E」 (1) 「2」 ■心不全の患者 50
  • 第1部 「E」 (2) 薬物使用の有益性と有害性 51
  • 第1部 「E」 (2) 「1」 悪性腫瘍に対する薬物治療 52
  • 第1部 「E」 (2) 「2」 胎児への悪影響が予測される妊婦への薬物治療 52
  • 第1部 「E」 (3) ある臓器に特有の有害作用をおこす薬 53
  • 第1部 「E」 (4) 治療薬の副作用(有害作用)はどのようにして生じるのか 54
  • 第1部 「E」 (4) 「1」 受容体が関係する副作用 55
  • 第1部 「E」 (4) 「2」 酵素が関係する副作用 55
  • 第1部 「F」 薬の管理と新薬の誕生 57
  • 第1部 「F」 (1) 管理に注意を要する医薬品 58
  • 第1部 「F」 (1) 「1」 医薬品に関する法令 58
  • 第1部 「F」 (1) 「2」 毒薬・劇薬・処方せん医薬品 58
  • 第1部 「F」 (1) 「3」 麻薬・覚せい剤など 59
  • 第1部 「F」 (2) 新薬の開発 59
  • 第1部 「F」 (2) 「1」 ヘルシンキ宣言 60
  • 第1部 「F」 (2) 「2」 新薬開発の流れ 60
  • 第1部 「F」 (2) 「3」 二重盲検法とプラセボ 61
  • 第1部 「F」 (3) 医薬品情報の入手 62
  • 第2部 薬理学各論
  • 第2部 第1章 抗感染症薬 吉岡充弘
  • 第2部 第1章 「A」 感染症治療に関する基礎事項 68
  • 第2部 第1章 「A」 (1) 抗菌作用のしくみ 68
  • 第2部 第1章 「A」 (2) 抗菌薬が病原微生物に作用する範囲 69
  • 第2部 第1章 「A」 (3) 薬剤耐性 70
  • 第2部 第1章 「A」 (4) 使用する抗菌性薬物の選択 71
  • 第2部 第1章 「B」 抗菌薬各論 73
  • 第2部 第1章 「B」 (1) ペニシリン系抗生物質 73
  • 第2部 第1章 「B」 (1) 「1」 狭域ペニシリン:ペニシリナーゼ(ペニシリン分解酵素)感受性薬 74
  • 第2部 第1章 「B」 (1) 「2」 ペニシリナーゼ抵抗性薬 75
  • 第2部 第1章 「B」 (1) 「3」 広域ペニシリン 75
  • 第2部 第1章 「B」 (2) セフェム系およびその類縁抗生物質 76
  • 第2部 第1章 「B」 (3) アミノグリコシド系抗生物質 77
  • 第2部 第1章 「B」 (4) テトラサイクリン系抗生物質 79
  • 第2部 第1章 「B」 (5) マクロライド系抗生物質 79
  • 第2部 第1章 「B」 (6) その他の抗生物質 80
  • 第2部 第1章 「B」 (7) 合成化学療法薬 81
  • 第2部 第1章 「B」 (7) 「1」 ニューキノロン系抗菌薬 81
  • 第2部 第1章 「B」 (7) 「2」 サルファ剤 82
  • 第2部 第1章 「C」 特殊な感染症の治療薬 83
  • 第2部 第1章 「C」 (1) 抗結核薬 83
  • 第2部 第1章 「C」 (2) 抗真菌薬 84
  • 第2部 第1章 「C」 (3) 抗ウイルス薬 85
  • 第2部 第1章 「D」 感染症の治療における問題点 89
  • 第2部 第1章 「D」 「1」 性感染症 89
  • 第2部 第1章 「D」 「2」 院内感染 90
  • 第2部 第1章 「D」 「3」 新興・再興感染症 91
  • 第2部 第2章 抗がん薬 吉岡充弘
  • 第2部 第2章 「A」 がん治療に関する基礎事項 96
  • 第2部 第2章 「A」 (1) 抗がん作用のしくみ 97
  • 第2部 第2章 「A」 (2) 薬剤耐性 99
  • 第2部 第2章 「B」 抗がん薬各論 100
  • 第2部 第2章 「B」 「1」 アルキル化薬 100
  • 第2部 第2章 「B」 「2」 代謝拮抗薬 100
  • 第2部 第2章 「B」 「3」 抗生物質 101
  • 第2部 第2章 「B」 「4」 植物アルカロイド 102
  • 第2部 第2章 「B」 「5」 性ホルモンおよび性ホルモン拮抗薬 102
  • 第2部 第2章 「B」 「6」 その他 103
  • 第2部 第3章 免疫治療薬 吉岡充弘
  • 第2部 第3章 「A」 免疫反応のしくみ 108
  • 第2部 第3章 「B」 免疫抑制薬 110
  • 第2部 第3章 「B」 (1) 特異的免疫抑制薬 110
  • 第2部 第3章 「B」 (2) 非特異的免疫抑制薬 111
  • 第2部 第3章 「C」 免疫増強薬 111
  • 第2部 第3章 「C」 (1) ヒト免疫グロブリン製剤 112
  • 第2部 第3章 「C」 (2) インターフェロン 113
  • 第2部 第3章 「C」 (3) インターロイキン2 114
  • 第2部 第3章 「C」 (4) 顆粒球コロニー刺激因子 114
  • 第2部 第3章 「D」 予防接種薬 114
  • 第2部 第4章 抗アレルギー薬・抗炎症薬 吉岡充弘
  • 第2部 第4章 「A」 抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬 119
  • 第2部 第4章 「A」 (1) 抗ヒスタミン薬の作用 119
  • 第2部 第4章 「A」 (2) H1遮断薬 120
  • 第2部 第4章 「A」 (3) H2遮断薬 120
  • 第2部 第4章 「A」 (4) 抗アレルギー薬 120
  • 第2部 第4章 「B」 炎症と抗炎症薬 122
  • 第2部 第4章 「B」 (1) 非ステロイド性抗炎症薬 124
  • 第2部 第4章 「B」 (1) 「1」 酸性抗炎症薬 124
  • 第2部 第4章 「B」 (1) 「2」 塩基性抗炎症薬 126
  • 第2部 第4章 「B」 (1) 「3」 解熱・鎮痛薬 126
  • 第2部 第4章 「B」 (2) ステロイド性抗炎症薬 126
  • 第2部 第4章 「B」 (2) ■副腎皮質ステロイド製剤 128
  • 第2部 第4章 「C」 関節リウマチ治療薬 129
  • 第2部 第4章 「D」 痛風・高尿酸血症治療薬 130
  • 第2部 第4章 「E」 片頭痛治療薬 132
  • 第2部 第5章 末梢での神経活動に作用する薬物 吉岡充弘
  • 第2部 第5章 「A」 神経による情報伝達 136
  • 第2部 第5章 「B」 自律神経系と薬の作用 138
  • 第2部 第5章 「C」 交感神経作用薬 142
  • 第2部 第5章 「C」 (1) アドレナリン作動薬 142
  • 第2部 第5章 「C」 (1) 「1」 アドレナリン作動薬の薬理作用 142
  • 第2部 第5章 「C」 (1) 「2」 アドレナリン作動薬の応用 143
  • 第2部 第5章 「C」 (2) 抗アドレナリン作動薬 144
  • 第2部 第5章 「C」 (2) 「1」 α(受容体)遮断薬 144
  • 第2部 第5章 「C」 (2) 「2」 β(受容体)遮断薬 144
  • 第2部 第5章 「C」 (2) 「3」 ニューロン遮断薬 146
  • 第2部 第5章 「D」 副交感神経作用薬 146
  • 第2部 第5章 「D」 (1) コリン作動薬 146
  • 第2部 第5章 「D」 (1) 「1」 アセチルコリンの薬理作用 146
  • 第2部 第5章 「D」 (1) 「2」 コリン作動薬の応用 147
  • 第2部 第5章 「D」 (2) 抗コリン作動薬 148
  • 第2部 第5章 「D」 (2) 「1」 抗コリン作動薬の薬理作用 148
  • 第2部 第5章 「D」 (2) 「2」 抗コリン作動薬の応用 148
  • 第2部 第5章 「E」 筋弛緩薬・局所麻酔薬 150
  • 第2部 第5章 「E」 (1) 筋弛緩薬 150
  • 第2部 第5章 「E」 (2) 局所麻酔薬 151
  • 第2部 第5章 「E」 (3) 局所麻酔薬の種類 152
  • 第2部 第6章 中枢神経系に作用する薬物 吉岡充弘
  • 第2部 第6章 「A」 中枢神経系のはたらきと薬物 156
  • 第2部 第6章 「B」 全身麻酔薬 159
  • 第2部 第6章 「B」 (1) 全身麻酔の進行 159
  • 第2部 第6章 「B」 (2) 全身麻酔の前後の処置 159
  • 第2部 第6章 「B」 (3) 吸入麻酔薬 161
  • 第2部 第6章 「B」 (4) 静脈内麻酔薬 162
  • 第2部 第6章 「C」 催眠薬・抗不安薬 163
  • 第2部 第6章 「C」 (1) 催眠薬 163
  • 第2部 第6章 「C」 (1) 「1」 睡眠の生理 163
  • 第2部 第6章 「C」 (1) 「2」 不眠症の種類と薬の使用 164
  • 第2部 第6章 「C」 (1) 「3」 ベンゾジアゼピン系 165
  • 第2部 第6章 「C」 (1) 「4」 バルビツール酸誘導体 167
  • 第2部 第6章 「C」 (2) 抗不安薬 168
  • 第2部 第6章 「C」 (2) 「1」 ベンゾジアゼピン系 168
  • 第2部 第6章 「C」 (2) 「2」 その他の抗不安薬 168
  • 第2部 第6章 「C」 (3) ベンゾジアゼピン系とバルビツール酸系の共通の作用点 169
  • 第2部 第6章 「D」 抗精神病薬 169
  • 第2部 第6章 「D」 (1) 抗精神病薬の種類 171
  • 第2部 第6章 「E」 抗うつ薬 173
  • 第2部 第6章 「E」 (1) うつ状態に対して用いられる薬 173
  • 第2部 第6章 「E」 (2) 躁状態に対して用いられる薬 175
  • 第2部 第6章 「F」 パーキンソン症候群治療薬 175
  • 第2部 第6章 「G」 抗てんかん薬 177
  • 第2部 第6章 「G」 (1) てんかんの病態 177
  • 第2部 第6章 「G」 (2) 抗てんかん薬の種類 178
  • 第2部 第6章 「H」 麻薬性鎮痛薬 179
  • 第2部 第6章 「H」 (1) アヘンアルカロイド 180
  • 第2部 第6章 「H」 (2) 合成麻薬 182
  • 第2部 第6章 「H」 (3) 非麻薬性合成鎮痛薬 183
  • 第2部 第6章 「H」 (4) 麻薬拮抗性呼吸促進薬 183
  • 第2部 第7章 心臓・血管系に作用する薬物 吉岡充弘
  • 第2部 第7章 「A」 抗高血圧薬 188
  • 第2部 第7章 「A」 (1) 抗高血圧薬の種類 190
  • 第2部 第7章 「A」 (1) 「1」 利尿薬 190
  • 第2部 第7章 「A」 (1) 「2」 交感神経抑制薬 191
  • 第2部 第7章 「A」 (1) 「3」 血管拡張薬 192
  • 第2部 第7章 「A」 (1) 「4」 レニン-アンギオテンシン系抑制薬 192
  • 第2部 第7章 「A」 (2) 抗高血圧薬の臨床的使用法 192
  • 第2部 第7章 「A」 (3) 高齢者の高血圧症に対する薬物治療 194
  • 第2部 第7章 「B」 狭心症治療薬 194
  • 第2部 第7章 「C」 うっ血性心不全治療薬 197
  • 第2部 第7章 「C」 (1) うっ血性心不全治療薬の種類 198
  • 第2部 第7章 「C」 (1) 「1」 強心薬 198
  • 第2部 第7章 「C」 (1) 「2」 その他 200
  • 第2部 第7章 「D」 抗不整脈薬 201
  • 第2部 第7章 「D」 (1) 抗不整脈薬の種類 203
  • 第2部 第7章 「D」 (1) 「1」 ボーン=ウィリアムズ分類 203
  • 第2部 第7章 「D」 (1) 「2」 その他の抗不整脈薬 205
  • 第2部 第7章 「E」 利尿薬 205
  • 第2部 第7章 「E」 (1) 腎臓の利尿機構 206
  • 第2部 第7章 「E」 (2) 利尿薬の種類 207
  • 第2部 第7章 「F」 脂質異常症治療薬 209
  • 第2部 第7章 「G」 血液に作用する薬物 212
  • 第2部 第7章 「G」 (1) 貧血治療薬 212
  • 第2部 第7章 「G」 (1) 「1」 鉄欠乏性貧血 212
  • 第2部 第7章 「G」 (1) 「2」 巨赤芽球性貧血(悪性貧血) 213
  • 第2部 第7章 「G」 (1) 「3」 溶血性貧血 213
  • 第2部 第7章 「G」 (2) 造血因子の臨床応用 213
  • 第2部 第7章 「G」 (3) 血液悪性腫瘍治療薬 215
  • 第2部 第7章 「G」 (3) 「1」 急性白血病 215
  • 第2部 第7章 「G」 (3) 「2」 慢性白血病 215
  • 第2部 第7章 「G」 (3) 「3」 悪性リンパ腫 216
  • 第2部 第7章 「G」 (4) 抗血液凝固薬 216
  • 第2部 第7章 「G」 (5) 血栓溶解薬および抗血小板薬 218
  • 第2部 第7章 「G」 (6) 止血薬 220
  • 第2部 第8章 呼吸器・消化器・生殖器系に作用する薬物 吉岡充弘
  • 第2部 第8章 「A」 呼吸器系に作用する薬物 224
  • 第2部 第8章 「A」 (1) 気管支喘息治療薬 224
  • 第2部 第8章 「A」 (1) 「1」 気管支拡張薬 225
  • 第2部 第8章 「A」 (1) 「2」 ステロイド薬 225
  • 第2部 第8章 「A」 (1) 「3」 抗アレルギー薬 226
  • 第2部 第8章 「A」 (2) 鎮咳薬・去たん薬・呼吸促進薬 226
  • 第2部 第8章 「A」 (2) 「1」 鎮咳薬 226
  • 第2部 第8章 「A」 (2) 「2」 去たん薬 228
  • 第2部 第8章 「A」 (2) 「3」 呼吸促進薬 228
  • 第2部 第8章 「B」 消化器系に作用する薬物 229
  • 第2部 第8章 「B」 (1) 消化性潰瘍治療薬 229
  • 第2部 第8章 「B」 (1) 「1」 胃酸分泌を抑える薬物 229
  • 第2部 第8章 「B」 (1) 「2」 胃粘膜保護作用をもつ薬物 230
  • 第2部 第8章 「B」 (1) 「3」 ヘリコバクター・ピロリの駆除に使われる薬 231
  • 第2部 第8章 「B」 (2) 健胃・消化薬と消化管運動促進薬 231
  • 第2部 第8章 「B」 (3) 制吐薬 232
  • 第2部 第8章 「B」 (4) 下剤と止痢薬 232
  • 第2部 第8章 「B」 (5) 潰瘍性大腸炎治療薬・クローン病治療薬 234
  • 第2部 第8章 「B」 (6) 駆虫薬 235
  • 第2部 第8章 「C」 生殖器系に作用する薬物 235
  • 第2部 第8章 「C」 (1) 性ホルモン 235
  • 第2部 第8章 「C」 (1) 「1」 女性ホルモン 235
  • 第2部 第8章 「C」 (1) 「2」 男性ホルモン 236
  • 第2部 第8章 「C」 (1) 「3」 両性混合ホルモン製剤 237
  • 第2部 第8章 「C」 (1) 「4」 タンパク質同化ホルモン 237
  • 第2部 第8章 「C」 (2) 子宮収縮薬 237
  • 第2部 第8章 「C」 (3) 生活改善薬 238
  • 第2部 第8章 「C」 (3) 「1」 経口避妊薬 238
  • 第2部 第8章 「C」 (3) 「2」 排卵誘発剤 238
  • 第2部 第8章 「C」 (3) 「3」 勃起不全治療薬 238
  • 第2部 第8章 「C」 (3) 「4」 前立腺肥大症治療薬 239
  • 第2部 第9章 物質代謝に作用する薬物 吉岡充弘
  • 第2部 第9章 「A」 ホルモンおよびホルモン拮抗薬 242
  • 第2部 第9章 「A」 (1) 糖尿病治療薬 242
  • 第2部 第9章 「A」 (1) 「1」 インスリン 242
  • 第2部 第9章 「A」 (1) 「2」 経口血糖降下薬 244
  • 第2部 第9章 「A」 (1) 「3」 糖尿病患者に用いられるその他の薬 246
  • 第2部 第9章 「A」 (2) 甲状腺疾患治療薬 246
  • 第2部 第9章 「A」 (3) 下垂体ホルモン 248
  • 第2部 第9章 「A」 (3) 「1」 下垂体前葉ホルモン 248
  • 第2部 第9章 「A」 (3) 「2」 下垂体後葉ホルモン 248
  • 第2部 第9章 「A」 (4) 骨粗鬆症の治療薬 249
  • 第2部 第9章 「B」 治療薬としてのビタミン 251
  • 第2部 第9章 「B」 (1) 脂溶性ビタミン 251
  • 第2部 第9章 「B」 (2) 水溶性ビタミン 252
  • 第2部 第10章 皮膚科用薬・眼科用薬 大鹿英世
  • 第2部 第10章 「A」 皮膚に使用する薬物 256
  • 第2部 第10章 「A」 (1) 皮膚への薬物適用の特徴 256
  • 第2部 第10章 「A」 (2) 皮膚科用薬の種類 257
  • 第2部 第10章 「A」 (2) 「1」 炎症性皮膚疾患の治療薬 257
  • 第2部 第10章 「A」 (2) 「2」 感染症に使う外用薬 258
  • 第2部 第10章 「A」 (2) 「3」 褥瘡の手当て 259
  • 第2部 第10章 「B」 眼科外用薬 259
  • 第2部 第10章 「B」 (1) 眼の構造と薬物の吸収 259
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 眼科外用薬の種類 261
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「1」 抗感染症薬 261
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「2」 抗炎症薬 262
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「3」 抗アレルギー薬 262
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「4」 抗緑内障薬 262
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「5」 調節麻痺・散瞳薬 263
  • 第2部 第10章 「B」 (2) 「6」 抗白内障薬 263
  • 第2部 第11章 救急の際に使用される薬物 大鹿英世
  • 第2部 第11章 「A」 救急蘇生時に用いられるおもな薬物 266
  • 第2部 第11章 「A」 (1) 心収縮と血流の改善薬 266
  • 第2部 第11章 「A」 (2) 心調律と心拍数を制御する薬物 267
  • 第2部 第11章 「A」 (3) 鎮痛薬と鎮静薬 267
  • 第2部 第11章 「A」 (4) 救急時に使われるその他の薬物 268
  • 第2部 第11章 「B」 救急・急変時の症候に対して用いられる薬物 268
  • 第2部 第11章 「B」 (1) ショック 268
  • 第2部 第11章 「B」 (2) けいれん 268
  • 第2部 第11章 「B」 (3) 呼吸困難 269
  • 第2部 第11章 「B」 (4) 昏睡 269
  • 第2部 第11章 「B」 (5) 心機能障害 270
  • 第2部 第11章 「C」 急性中毒に対する薬物治療 271
  • 第2部 第11章 「C」 (1) 薬物中毒 271
  • 第2部 第11章 「C」 (1) 「1」 急性薬物中毒に対する処置 271
  • 第2部 第11章 「C」 (1) 「2」 毒物の排除 272
  • 第2部 第11章 「C」 (1) 「3」 主要な解毒薬 274
  • 第2部 第11章 「C」 (2) 食中毒 274
  • 第2部 第11章 「C」 (3) ガス中毒 275
  • 第2部 第12章 漢方薬 大鹿英世
  • 第2部 第12章 (1) 西洋薬と漢方薬はどこが違うのか 278
  • 第2部 第12章 (2) 漢方薬はどのように使われているのか 279
  • 第2部 第12章 (2) 「1」 「証」の考え方 279
  • 第2部 第12章 (2) 「2」 おもな漢方製剤 280
  • 第2部 第12章 (2) 「2」 ■方剤 280
  • 第2部 第12章 (2) 「2」 ■剤形 281
  • 第2部 第12章 (3) 漢方薬には副作用はないのか 282
  • 第2部 第12章 (4) 漢方薬の有効性に関する客観的評価 283
  • 第2部 第13章 消毒薬 吉岡充弘
  • 第2部 第13章 (1) 消毒薬とはなにか 286
  • 第2部 第13章 (2) 消毒薬の種類と応用 287
  • 第2部 第13章 (2) 「1」 低水準消毒薬 287
  • 第2部 第13章 (2) 「2」 中水準消毒薬 288
  • 第2部 第13章 (2) 「3」 高水準消毒薬 289
  • 第2部 第13章 (3) 消毒薬の適用 289
  • 第2部 付章 輸液剤・輸血剤 大鹿英世
  • 第2部 付章 「A」 輸液
  • 第2部 付章 「A」 (1) 輸液とはなにか 294
  • 第2部 付章 「A」 (1) 「1」 体液の維持または補正 294
  • 第2部 付章 「A」 (1) 「2」 栄養の補給 294
  • 第2部 付章 「A」 (1) 「3」 静脈の確保 295
  • 第2部 付章 「A」 (2) おもな輸液剤 295
  • 第2部 付章 「A」 (2) 「1」 電解質輸液剤 296
  • 第2部 付章 「A」 (2) 「2」 栄養輸液剤 297
  • 第2部 付章 「A」 (2) 「3」 その他の輸液剤 298
  • 第2部 付章 「A」 (3) 輸液実施上注意が必要な人たち 299
  • 第2部 付章 「A」 (3) 「1」 乳児・小児 299
  • 第2部 付章 「A」 (3) 「2」 高齢者 299
  • 第2部 付章 「B」 輸血 300
  • 第2部 付章 「B」 (1) 輸血とはなにか 300
  • 第2部 付章 「B」 (2) 輸血用血液製剤 300
  • 第2部 付章 「B」 (2) 「1」 全血製剤 301
  • 第2部 付章 「B」 (2) 「2」 血液成分製剤 301
  • 第2部 付章 「B」 (2) 「3」 血漿分画製剤 303
  • 第2部 付章 「B」 (3) 輸血に伴う副作用 304
  • 第2部 付録 看護業務に必要な薬の知識 大鹿英世,井関健
  • 第2部 (1) 薬に関する単位 大鹿英世 307
  • 第2部 (2) 処方せん 井関健 308
  • 第2部 (2) 「1」 処方せんの記載事項 308
  • 第2部 (2) 「2」 注射薬処方せんの記載事項 309
  • 第2部 (3) 添付文書 309
  • 第2部 (3) 「1」 添付文書とはなにか 309
  • 第2部 (3) 「2」 添付文書の読み方 313
  • 参考文献・推薦図書 316
  • 索引 317

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here