サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

紙の知識100

王子製紙 編著

詳細情報

タイトル 紙の知識100
著者 王子製紙 編著
著者標目 王子製紙株式会社 (1996年)
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京書籍
出版年月日等 2009.6
大きさ、容量等 223p ; 19cm
ISBN 9784487802586
価格 1500円
JP番号 21612655
NS-MARC番号 101452500
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA471
NDC(9版) 585 : パルプ・製紙工業
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 紙の知識100
  • 紙の知識100 目次
  • 1 はじめに 7
  • 1 1 暮らしの中の紙 8
  • 1 2 紙はどこから来るのか 10
  • 1 3 紙の生産量・消費量にみる世界と日本 12
  • 2 紙の歴史 15
  • 2 4 紙の始まり 16
  • 2 5 紙の発明がもたらしたもの 18
  • 2 6 近代製紙技術の発明と伝播 20
  • 2 7 伝統の和紙 22
  • 2 8 そのむかし、紙は貴重品 24
  • 2 9 むかしの紙の値段 26
  • 2 10 新聞の歴史―新聞用紙の技術革新 28
  • 3 いろいろな紙 31
  • 3 11 私たちの身近にある紙とその種類 32
  • 3 12 いろいろな紙―印刷用紙 塗工紙はなかなか厚化粧(塗工紙と非塗工紙) 34
  • 3 13 いろいろな紙―コピー用紙 36
  • 3 14 いろいろな紙―発色する紙(ノーカーボン紙) 38
  • 3 15 いろいろな紙―新聞用紙 40
  • 3 16 いろいろな紙―包装用紙 42
  • 3 17 いろいろな紙―ボール紙・板紙 44
  • 3 18 段ボールってすばらしい発明品 46
  • 3 19 段ボールにもいろいろな種類が 48
  • 3 20 もっと段ボールを知ろう 50
  • 3 21 紙からパッケージに 52
  • 3 22 気づいていましたか、パッケージの工夫 54
  • 3 23 時代が反映されるパッケージ 56
  • 3 24 生活の必需品、家庭用紙 58
  • 3 25 プラスチックのように成型できる紙 60
  • 3 26 防湿できる紙? 62
  • 3 27 まだまだある特殊な紙 64
  • 3 28 紙を使った製品(立体構造) 66
  • 4 紙の特徴 69
  • 4 29 紙に字が書けるわけ 70
  • 4 30 紙に印刷できるわけ 72
  • 4 31 紙の中身を顕微鏡で見ると 74
  • 4 32 紙はどれくらいの水を吸うか 76
  • 4 33 水素結合と紙とのかかわり 78
  • 4 34 紙が黄色くなる原因 80
  • 4 35 紙がぼろぼろになる理由 82
  • 4 36 紙の縦横方向と製本 84
  • 4 37 紙の厚さと束(つか) 86
  • 4 38 紙のめくりやすさ 88
  • 4 39 紙の特性と評価法 90
  • 4 40 視覚的な白さ 92
  • 4 41 紙の光沢と色の関係 94
  • 4 42 紙の表裏差と平滑性 96
  • 4 43 紙の簡単分析あれこれ(1)―紙を引き裂いてみよう 98
  • 4 44 紙の簡単分析あれこれ(2)―紙を水で濡らしてみよう 100
  • 4 45 紙の簡単分析あれこれ(3)―紙を燃やしてみよう 102
  • 5 紙の原料とつくり方 105
  • 5 46 紙の原料「パルプ」の正体 106
  • 5 47 パルプの種類(1)―化学パルプ・機械パルプの製造方法 108
  • 5 48 パルプの種類(2)―古紙パルプの製造方法 110
  • 5 49 紙への添加物とその効果(1) 112
  • 5 50 紙への添加物とその効果(2) 114
  • 5 51 紙のつくり方(1)―下ごしらえ(調成工程) 116
  • 5 52 紙のつくり方(2)―パルプシートをつくる(抄紙工程) 118
  • 5 53 紙のつくり方(3)表面にするお化粧(塗工工程) 120
  • 5 54 紙のつくり方(4)最後の仕上げ(スーパーカレンダー工程) 122
  • 5 55 ボール紙・板紙のつくり方 124
  • 5 56 段ボールが箱になるまで 126
  • 5 57 ティッシュとトイレットペーパーのつくり方 128
  • 6 紙の原料 木材 131
  • 6 58 どのような木材が紙になるのか 132
  • 6 59 木材原料の歴史を変えたチップ専用船 134
  • 6 60 人工林と天然林 136
  • 6 61 産業植林の必要性 138
  • 6 62 産業植林の環境配慮 140
  • 6 63 違法伐採対策 142
  • 6 64 森林認証とは? 144
  • 6 65 森林認証材クレジットとは? 146
  • 6 66 製紙産業と森林経営 148
  • 6 67 製紙業界の海外植林 150
  • 6 68 製紙会社の環境植林による国際貢献 152
  • 6 69 植林の研究 154
  • 6 70 厳しい条件でも育つユーカリ 156
  • 6 71 CSR調達 158
  • 6 72 国内林業の課題と今後 160
  • 7 紙の原料 古紙 163
  • 7 73 広がる古紙利用 164
  • 7 74 紙のリサイクルフロー 166
  • 7 75 古紙利用率目標62%に向けて 168
  • 7 76 古紙の流通 170
  • 7 77 家庭やオフィスでの古紙分別方法 172
  • 7 78 大規模古紙排出者からの古紙回収 174
  • 7 79 古紙の分別はなぜ必要か 176
  • 7 80 牛乳パックの利用状況 178
  • 7 81 シュレッダーは使えないのか? 180
  • 7 82 自治体の取り組み―再生紙誕生物語 182
  • 7 83 世界の古紙事情 184
  • 7 84 ヨーロッパの古紙事情 186
  • 7 85 日本における古紙利用の始まり 188
  • 7 86 江戸時代の古紙利用 190
  • 7 87 やっぱり大切な古紙パルプ配合率 192
  • 8 紙を使い続けるために 195
  • 8 88 紙のグリーン購入 196
  • 8 89 紙のLCA(ライフサイクルアセスメント) 198
  • 8 90 製紙業界はバイオマスエネルギー利用の優等生 200
  • 8 91 燃料として廃棄物はどのように活躍しているか 202
  • 8 92 製紙工場の排水処理 204
  • 8 93 割り箸回収を通じた社会貢献 206
  • 8 94 植林によるCDM(クリーン開発メカニズム)への取り組み 208
  • 8 95 森林と地球温暖化防止について 210
  • 8 96 生物多様性とは? 212
  • 8 97 海外植林地での社会貢献 214
  • 8 98 未来のために、いま私たちができること 216
  • 8 99 森と紙のリサイクル 218
  • 8 100 製紙工場ってどんなところ? 220
  • あとがき 222

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで