サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

健康増進と介護予防

鶴見隆正, 大渕修一 責任編集

詳細情報

タイトル 健康増進と介護予防
著者 鶴見隆正, 大渕修一 責任編集
著者標目 鶴見, 隆正, 1948-
著者標目 大渕, 修一
著者標目 黒川, 幸雄, 1946-
著者標目 高橋, 正明, 1947-
著者標目 鶴見, 隆正, 1948-
シリーズ名 理学療法mook ; 11
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三輪書店
出版年月日等 2009.5
大きさ、容量等 207p ; 26cm
注記 シリーズの編者: 黒川幸雄, 高橋正明, 鶴見隆正
ISBN 9784895903271
価格 4000円
JP番号 21599383
NS-MARC番号 106634400
増補版
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 健康教育
件名(キーワード) 運動療法
NDLC SC171
NDC(9版) 498.07 : 衛生学.公衆衛生.予防医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 健康増進と介護予防
  • 目次
  • 第1章 健康増進の歴史と現状
  • 第1章 1. 健康概念の変遷と健康増進 柳修平 2
  • 第1章 2. 健康増進・ヘルスプロモーションの国際的動向と我が国の現状 島内憲夫 9
  • 第1章 3. 健康増進への理学療法士の役割 浦辺幸夫 17
  • 第1章 4. 介護予防における理学療法士の役割 大渕修一 23
  • 第2章 健康増進に必要な知識と技術
  • 第2章 1. 健康教育に必要な健康心理学の知識 辻下守弘 32
  • 第2章 2. 健康増進に役立つ行動療法の技法 足達淑子 41
  • 第2章 3. セルフケア行動を支援するヘルスカウンセリング技法 橋本佐由理 48
  • 第2章 4. 健康増進に対する身体運動のエビデンス 佐々木誠一,他 60
  • 第3章 理学療法士による健康増進の実践例
  • 第3章 1. 体力測定と運動指導を中心とした地域健康増進活動 鶴見隆正,他 70
  • 第3章 2. 施設内における転倒予防 中間浩一,他 78
  • 第3章 3. 応用行動分析学を用いた転倒予防教室 岡崎大資,他 88
  • 第3章 4. 慢性疾患患者を対象とした院内での生活習慣病教室 伊藤健一,他 101
  • 第3章 5. 身体障害者に対する健康増進活動 指宿立,他 111
  • 第3章 6. 体の痛みのセルフコントロール 宗形美代子 122
  • 第4章 高齢者の筋力増強
  • 第4章 1. 高齢者のトレーナビリティ 衣笠隆 140
  • 第4章 2. マシンを使った筋力低下予防 大渕修一 148
  • 第4章 3. 地域での筋力低下予防 浅川康吉 161
  • 第4章 4. エアロビクスによる筋力低下予防 古名丈人,他 177
  • 第5章 理学療法士による健康増進活動の展望
  • 第5章 1. 産業保健に対する理学療法士の役割 半田一登 186
  • 第5章 2. 健康増進活動に対する健康心理学的アプローチ 辻下守弘 192
  • 第5章 3. 健康増進に関する卒前・卒後の理学療法教育 小林和彦 200

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで