サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

運動器外傷治療学

糸満盛憲 編

詳細情報

タイトル 運動器外傷治療学
著者 糸満盛憲 編
著者標目 糸満, 盛憲, 1944-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社医学書院
出版年月日等 2009.5
大きさ、容量等 600p ; 31cm
注記 文献あり
ISBN 9784260007610
価格 32000円
JP番号 21589572
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 運動器官--疾患
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 外傷
NDLC SC551
NDC(9版) 494.7 : 外科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 運動器外傷治療学
  • 目次
  • 総論
  • 第1章 骨折と骨折治療 3
  • 第1章 A. 骨折治療の歴史と治療の基本的考え方 糸満盛憲 4
  • 第1章 B. 骨の構造と恒常性維持機構 占部憲 28
  • 第1章 C. 骨折の治癒過程 成瀬康治 34
  • 第2章 外傷患者の救急管理 47
  • 第2章 A. 初期評価と全身管理 新藤正輝 48
  • 第2章 B. 根本的治療の計画 内野正隆 63
  • 第3章 開放骨折の(初期)治療 横山一彦 67
  • 第4章 骨折 91
  • 第4章 A. 四肢の骨折の種類とバイオメカニクス 占部憲 92
  • 第4章 B. 骨折の症状,診断 内山勝文 98
  • 第4章 C. 骨折の分類 105
  • 第4章 D. 急性期合併症・副損傷 峰原宏昌 110
  • 第4章 E. 遅発性合併症 藤田護 137
  • 第5章 骨折の治療法 149
  • 第5章 A. 骨折の整復法 小林明正,糸満盛憲 150
  • 第5章 B. 骨折の固定法 糸満盛憲 156
  • 第5章 C. 遷延癒合と偽関節の治療法 内野正隆 177
  • 第5章 D. 外傷性骨髄炎の治療 185
  • 第6章 運動器外傷のリハビリテーション 高平尚伸 191
  • 第7章 関節部損傷 占部憲 201
  • 第8章 靱帯損傷・腱損傷 成瀬康治 213
  • 第9章 小児の骨折と骨端線損傷 小宮宏一郎 221
  • 第10章 高齢者の骨折 高平尚伸 227
  • 第11章 脊椎・脊髄損傷 高相晶士 237
  • 第11章 A. 脊椎・脊髄の解剖 238
  • 第11章 B. 脊髄損傷 249
  • 第11章 C. 胸・腰椎損傷 254
  • 第11章 D. 脊椎・脊髄損傷の治療法 269
  • 各論
  • 第1章 肩甲帯の骨折・脱臼 高崎純孝 279
  • 第1章 A. 鎖骨骨折 280
  • 第1章 B. 胸鎖関節脱臼 286
  • 第1章 C. 肩鎖関節脱臼 289
  • 第1章 D. 肩甲骨骨折 294
  • 第2章 上肢の骨折・脱臼 301
  • 第2章 A. 外傷性肩関節脱臼・脱臼骨折 内野正隆 302
  • 第2章 B. 上腕骨近位部骨折 307
  • 第2章 C. 上腕骨骨幹部骨折 313
  • 第2章 D. 成人の肘関節部骨折・脱臼 藤田護 318
  • 第2章 E. 小児の肘関節周囲骨折・脱臼 小宮宏一郎 329
  • 第2章 F. 前腕骨骨折・脱臼 峰原宏昌 347
  • 第2章 G. 手根骨骨折・手指骨折・脱臼 小林明正 359
  • 第3章 骨盤・寛骨臼の外傷 371
  • 第3章 A. 骨盤の外傷 新藤正輝 372
  • 第3章 B. 寛骨臼の外傷 内野正隆 391
  • 第4章 下肢の外傷 399
  • 第4章 A. 大腿骨近位部骨折 内山勝文 400
  • 第4章 B. 小児の大腿骨近位部骨折 糸満盛憲 418
  • 第4章 C. 大腿骨骨幹部骨折 425
  • 第4章 D. 大腿骨遠位部(顆部・顆上部)骨折 高平尚伸 445
  • 第4章 E. 膝蓋骨骨折 460
  • 第4章 F. 膝関節骨軟骨骨折 467
  • 第4章 G. 外傷性膝関節脱臼 472
  • 第4章 H. 膝関節靱帯損傷 占部憲 477
  • 第4章 I. 大腿四頭筋損傷と膝蓋腱損傷 492
  • 第4章 J. 脛骨近位部骨折 495
  • 第4章 K. 下腿骨骨幹部骨折 糸満盛憲 513
  • 第4章 L. 足関節骨折(果部骨折) 相川淳 525
  • 第4章 M. 下腿遠位部骨折(pilon骨折) 535
  • 第4章 N. 足関節捻挫,靱帯損傷,脱臼 540
  • 第4章 O. 足根骨骨折・脱臼 545
  • 第4章 P. 前足部骨折・脱臼 藤田護 563
  • 第4章 Q. アキレス腱損傷 成瀬康治 567
  • 資料 高平尚伸 573
  • 索引 587
  • ●コラム (糸満盛憲)
  • γネイルの起源はKüntscher 27
  • 炎症は仮骨形成に不可欠 33
  • 自然の治癒能力 46
  • Débridement 89
  • Primary fracture healing? Direct fracture healing? 104
  • Never Events 136
  • Post-traumatic morbidity 147
  • 金創医による骨接合術 212
  • Listerの石炭酸による制腐法 253
  • 世界で最初に行われた骨移植は犬の頭蓋骨 285
  • X線の発見 293
  • HospitalとHotel 306
  • Hippocratesと開放骨折 346
  • Biological osteosynthesis 390
  • ギプスはパリのモンマルトルの丘の石 476
  • Smith-Petersenの三翼釘にガイドワイヤ用の孔はなかった 494
  • Ambroise Paré自身の下腿開放骨折 534
  • Osteosynthesisの先駆者たち 562

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで