サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

失神を究める

野原隆司 編

詳細情報

タイトル 失神を究める
著者 野原隆司 編
著者標目 野原, 隆司
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社メジカルビュー社
出版年月日等 2009.4
大きさ、容量等 251p ; 26cm
注記 索引あり
ISBN 9784758301916
価格 7500円
JP番号 21582323
NS-MARC番号 106430700
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 意識障害
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC367
NDC(9版) 493.73 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 失神を究める
  • 失神を究める-CONTENTS-
  • I 失神を認識する
  • I 失神を認識する 堀進悟 10
  • I 失神の定義
  • I 病態生理
  • I 疫学
  • I 予後
  • II 失神の“特徴”を知る
  • II 心原性失神 小林義典 18
  • II 失神の原因と頻度
  • II 心原性失神の診断
  • II 心原性失神診断における各種検査法
  • II 構造的心疾患ごとの評価すべきポイント
  • II 神経性失神
  • II 血管迷走神経性失神 岩瀬敏 29
  • II 定義
  • II 発作時の症状
  • II Bezold-Jarisch反射(ベツォールト-ヤーリッシュ反射)と血管迷走性失神の意義
  • II 血管迷走神経性失神の誘因と経過
  • II 血管迷走神経性失神の治療
  • II 今後の展望
  • II 神経調節性失神 水牧功一 42
  • II 神経調節性失神とは
  • II 神経調節性失神の機序
  • II 神経調節性失神の診断
  • II 神経調節性失神の治療
  • II 症例
  • II 今後の展望
  • II 頸動脈洞過敏症候群 西崎光弘 54
  • II 病態生理
  • II 診断
  • II 治療
  • II 患者の予後と社会生活
  • II 状況失神,入浴,採血 小松かおる,住吉正孝 63
  • II 状況失神の種類と病態生理
  • II 状況失神の診断と検査
  • II 状況失神の治療
  • II 状況失神患者の予後
  • II 入浴
  • II 採血
  • II 起立性低血圧 高瀬凡平 72
  • II 起立性低血圧の概念・歴史
  • II 病態生理
  • II 診断と原因疾患
  • II 薬剤性失神と薬剤誘発性起立性低血圧
  • II 薬剤誘発性起立性低血圧を惹起する薬剤について
  • II 治療と予後
  • II 脳血管性失神 島津智一,島津邦男 87
  • II 脳血管性失神
  • II 病態生理
  • II 検査
  • II 治療
  • II 脳循環自動調節能
  • III 原因究明のための臨床現場での展開
  • III 失神に遭遇したら 中村岩男 92
  • III 失神患者が外来を受診した場合
  • III 目の前で失神患者が発生した場合
  • III 年代別,性別での失神のみかた
  • III 幼小児期,若年者 田中英高 104
  • III 失神の病態について
  • III 小児期における失神の原因疾患
  • III 注意すべき失神の原因疾患の診断
  • III 神経調節性失神の概念について
  • III 起立性調節障害(NMSを含む)のサブタイプと病態について
  • III 神経調節性失神の診断について(とくに起立試験について)
  • III 治療
  • III 成人,高齢者 樋口聡,三田村秀雄 113
  • III 加齢に伴う生理機能変化
  • III 失神の原因
  • III 失神診断の進め方
  • III 入院の決定と入院後の精査
  • III 解明の進め方 小林洋一 121
  • III 失神の原因,分類,予後
  • III 検査の進め方
  • III 失神鑑別の各種検査法の特徴と適応,意義
  • IV 循環器疾患における失神の病態と治療を知る
  • IV 不整脈 平松茂樹,大江透 134
  • IV 徐脈性不整脈
  • IV 頻脈性不整脈
  • IV 虚血性心疾患 土井孝浩,木村剛 154
  • IV 失神発作の機序
  • IV 失神発作をきたす虚血性心疾患
  • IV 診断
  • IV 治療
  • IV 心筋症 西尾亮介 160
  • IV 心筋症における失神
  • IV 心筋症とは
  • IV 今後の展望
  • IV 弁膜症 植山浩二 170
  • IV 代表的な心臓弁膜症の概要
  • IV 大動脈弁狭窄
  • IV 僧帽弁狭窄
  • IV 僧帽弁閉鎖不全
  • IV 感染性心内膜炎
  • IV 臨床現場で重要な点
  • IV 小児疾患(先天性を含む) 福原淳示,住友直方 179
  • IV 徐脈性不整脈
  • IV 頻脈性不整脈
  • IV 先天性心疾患
  • IV 先天性心疾患術後不整脈
  • IV 冠動脈起始異常
  • IV 心筋炎
  • IV 川崎病
  • IV 心臓震盪(commotio cordis)
  • IV 大血管疾患(大動脈,肺疾患を含む) 山田典一 190
  • IV 大動脈疾患
  • IV 肺循環疾患
  • IV 脳神経疾患と失神の関連 高橋牧郎,松本禎之 198
  • IV 一過性意識消失(失神を含む)の病態生理
  • IV 一過性意識消失の鑑別
  • IV 鑑別に必要な検査
  • IV 失神の生活療法 小松かおる,安田正之,住吉正孝 209
  • IV 神経反射に起因する失神
  • IV 治療ガイドラインについて
  • IV 起立性調節障害に起因する失神
  • IV 心疾患に起因する失神
  • IV 失神の遺伝子異常 蒔田直昌,筒井裕之 215
  • IV 遺伝性不整脈
  • IV 心筋症
  • IV 今後の展望
  • IV 突然死の病態と発症予知 池田隆徳 225
  • IV 突然死の病態と特徴
  • IV 突然死を予知するための検査法
  • IV 突然死を予防するための治療法
  • V 救急搬送患者に対するアプローチ
  • V 救急搬送患者に対するアプローチ 鈴木昌 240
  • V 救急部外来(ED)における失神
  • V EDにおける失神患者診療の原則
  • V EDにおける失神の鑑別疾患とその頻度
  • V EDにおける病歴聴取
  • V 身体診察
  • V 12誘導心電図
  • V 各種検査
  • V リスク層別化
  • V EDにおける失神診療のアルゴリズム
  • V EDにおける患者指導

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで