サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

脳科学と理学療法

大西秀明, 森岡周 責任編集

詳細情報

タイトル 脳科学と理学療法
著者 大西秀明, 森岡周 責任編集
著者標目 大西, 秀明
著者標目 森岡, 周, 1971-
著者標目 黒川, 幸雄, 1946-
著者標目 高橋, 正明, 1947-
著者標目 鶴見, 隆正, 1948-
シリーズ名 理学療法mook ; 16
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三輪書店
出版年月日等 2009.3
大きさ、容量等 243p ; 26cm
注記 シリーズの編者: 黒川幸雄, 高橋正明, 鶴見隆正
ISBN 9784895903257
価格 4200円
JP番号 21583900
NS-MARC番号 106447800
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード)
件名(キーワード) 理学療法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC364
NDLC SC747
NDC(9版) 491.371 : 基礎医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 脳科学と理学療法
  • 目次
  • 第1章 脳科学の進歩と理学療法
  • 第1章 1. 脳科学の進歩に期待するもの 黒川幸雄,他 2
  • 第1章 2. 脳科学の進歩と理学療法の接点―過去から現在 大西秀明 6
  • 第1章 3. 脳科学の進歩と理学療法の接点―現在から未来 森岡周 14
  • 第2章 脳科学の進歩:基礎編
  • 第2章 1. 学習と記憶の神経科学 坂本年将 22
  • 第2章 2. 運動が脳に引き起こす生理生化学的反応 川中健太郎 34
  • 第2章 3. 脳の可塑性 石田和人 41
  • 第2章 4. 神経回路網の再編成 金子文成 50
  • 第2章 5. 大脳皮質における感覚情報処理と運動制御の神経基盤 森岡周 66
  • 第2章 6. 身体像の生成と運動学習の脳内機構 内藤栄一 81
  • 第2章 7. 歩行における中枢神経機構 冷水誠 99
  • 第3章 脳科学の進歩:研究編
  • 第3章 1. fNIRS 三原雅史,他 116
  • 第3章 2. fMRI 村上仁之 123
  • 第3章 3. PET 藤本敏彦,他 130
  • 第3章 4. MEG 大西秀明 138
  • 第3章 5. TMS 菅原憲一 147
  • 第4章 脳科学の進歩:臨床編
  • 第4章 1. 臨床導入としての認知理論 香川真二 156
  • 第4章 2. 臨床導入としての運動学習理論 久保雅義 164
  • 第4章 3. 臨床導入としての運動イメージ 高取克彦 172
  • 第4章 4. 片麻痺の脳科学と臨床 松尾篤 182
  • 第4章 5. 失調症の脳科学と臨床 越智亮 193
  • 第4章 6. 失行症の脳科学と臨床 信迫悟志 203
  • 第4章 7. 半側空間無視の脳科学と臨床 富永孝紀 216
  • 第4章 8. パーキンソン病の脳科学と臨床 松尾善美,他 224
  • 第4章 9. 痛みの脳科学と臨床 前岡浩,他 234

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで