サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

看護のための最新医学講座 第7巻

日野原重明, 井村裕夫 監修

詳細情報

タイトル 看護のための最新医学講座
著者 日野原重明, 井村裕夫 監修
著者標目 日野原, 重明, 1911-2017
著者標目 井村, 裕夫, 1931-
著者標目 中尾, 一和, 1948-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中山書店
出版年月日等 2009.3
大きさ、容量等 456p ; 27cm
注記 文献あり
ISBN 9784521730967
価格 11000円
JP番号 21568130
巻次 第7巻
別タイトル Symphonia medica nursing
別タイトル 代謝疾患・内分泌疾患
部分タイトル 代謝疾患・内分泌疾患 / 中尾一和 編
第2版
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 物質代謝異常
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 内分泌疾患
NDLC SC841
NDLC SC311
NDLC SC297
NDC(9版) 492.9 : 臨床医学.診断・治療
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 看護のための最新医学講座. 第7巻
  • 第7巻 代謝疾患・内分泌疾患 目次
  • 代謝疾患
  • ●第1章 全体像を把握する
  • ●第1章 代謝の基礎 4
  • ●第1章 発症のメカニズム 9
  • ●第1章 どんな症状がなぜ現れるか 13
  • ●第1章 検査と診断のながれ 25
  • ●第1章 治療方法と奏効機序 29
  • ●第1章 注意すべき合併症と薬の副作用 33
  • ●第1章 代謝疾患の社会的問題 36
  • ●第2章 検査の目的と結果のよみ方
  • ●第2章 スクリーニング検査と診断のための検査 42
  • ●第2章 血液生化学検査 43
  • ●第2章 尿検査 46
  • ●第2章 免疫学的検査 47
  • ●第2章 画像検査 48
  • ●第2章 生検 48
  • ●第2章 遺伝子検査 49
  • ●第2章  負荷試験 49
  • ●第2章 その他の検査 50
  • ●第3章 どんな疾患があるのか
  • ●第3章 糖質代謝異常
  • ●第3章 糖尿病 52
  • ●第3章 低血糖症 53
  • ●第3章 先天性糖質代謝異常 59
  • ●第3章 脂質代謝異常
  • ●第3章 脂質異常症 62
  • ●第3章 蛋白・アミノ酸代謝異常
  • ●第3章 血漿蛋白異常 71
  • ●第3章 先天性アミノ酸代謝異常 76
  • ●第3章 アミロイドーシス 81
  • ●第3章 水・電解質の代謝異常
  • ●第3章 水代謝異常 86
  • ●第3章 電解質代謝異常 88
  • ●第3章 酸塩基平衡異常 92
  • ●第3章 アシドーシス 93
  • ●第3章 アルカローシス 95
  • ●第3章 ミトコンドリア病,リソソーム病
  • ●第3章 ミトコンドリア病 97
  • ●第3章 リソソーム病 99
  • ●第3章 ムコ多糖症 102
  • ●第3章 その他の代謝異常
  • ●第3章 痛風,高尿酸血症 106
  • ●第3章 低尿酸血症 112
  • ●第3章 先天性プリン・ピリミジン代謝異常 113
  • ●第3章 ポルフィリン代謝異常 117
  • ●第3章 ヘモクロマトーシス 119
  • ●第3章 マルファン症候群 122
  • ●第3章 ウィルソン病 124
  • ●第3章 亜鉛欠乏症候群 126
  • ●第3章 栄養異常
  • ●第3章 肥満症 129
  • ●第3章 低栄養,るいそう 139
  • ●第3章 中枢性摂食異常症(摂食障害) 142
  • ●第3章 ビタミン欠乏症・過剰症 145
  • ●第3章 骨粗鬆症 154
  • ●第3章 くる病,骨軟化症 159
  • 内分泌疾患
  • ●第1章 全体像を把握する
  • ●第1章 内分泌の基礎 164
  • ●第1章 内分泌臓器の生理作用
  • ●第1章 視床下部,下垂体 170
  • ●第1章 甲状腺 177
  • ●第1章 副甲状腺 182
  • ●第1章 副腎皮質 186
  • ●第1章 副腎髄質 193
  • ●第1章 男性性腺 196
  • ●第1章 女性性腺 199
  • ●第1章 膵,消化管 204
  • ●第1章 心臓,血管,腎臓 208
  • ●第1章 脂肪組織とホルモン 215
  • ●第1章 加齢とホルモン 220
  • ●第1章 内分泌攪乱物質 222
  • ●第1章 どんな症状がなぜ現れるか 224
  • ●第1章 検査と診断のながれ 235
  • ●第1章 治療方法と奏効機序 241
  • ●第1章 注意すべき合併症と薬の副作用 249
  • ●第1章 内分泌疾患の社会的問題 254
  • ●第2章 検査の目的と結果のよみ方
  • ●第2章 ホルモンの測定法と基準値 262
  • ●第2章 視床下部・下垂体 264
  • ●第2章 甲状腺,副甲状腺 266
  • ●第2章 副腎皮質 268
  • ●第2章 副腎髄質 269
  • ●第2章 性腺 270
  • ●第2章 膵臓,消化管,腎臓 272
  • ●第2章 画像検査 273
  • ●第3章 どんな疾患があるのか
  • ●第3章 視床下部の異常
  • ●第3章 視床下部症候群 280
  • ●第3章 中枢性思春期早発症(中枢性性早熟症) 282
  • ●第3章 視床下部性下垂体機能低下症 283
  • ●第3章 視床下部腫瘍 285
  • ●第3章 視床下部性性腺機能低下症 285
  • ●第3章 下垂体の異常
  • ●第3章 下垂体機能亢進症 287
  • ●第3章 下垂体腫瘍 296
  • ●第3章 エンプティセラ症候群 297
  • ●第3章 自己免疫性下垂体炎 298
  • ●第3章 下垂体前葉機能低下症 300
  • ●第3章 尿崩症 305
  • ●第3章 ADH不適合分泌症候群(SIADH) 307
  • ●第3章 甲状腺の異常
  • ●第3章 甲状腺機能亢進症 310
  • ●第3章 甲状腺機能低下症 326
  • ●第3章 甲状腺炎 329
  • ●第3章 甲状腺腫瘍 335
  • ●第3章 副甲状腺の異常
  • ●第3章 副甲状腺機能亢進症 338
  • ●第3章 副甲状腺機能低下症 344
  • ●第3章 副腎皮質の異常
  • ●第3章 副腎皮質機能亢進症 349
  • ●第3章 副腎皮質機能低下症 355
  • ●第3章 副腎偶発腫瘍 359
  • ●第3章 副腎ステロイドホルモン合成障害 360
  • ●第3章 副腎髄質の異常
  • ●第3章 褐色細胞腫 363
  • ●第3章 神経芽細胞腫 368
  • ●第3章 性腺の異常
  • ●第3章 性分化異常 371
  • ●第3章 男性性腺機能低下症 375
  • ●第3章 女性性腺機能低下症 378
  • ●第3章 思春期早発症 381
  • ●第3章 ホルモン産生腫瘍
  • ●第3章 インスリノーマ 386
  • ●第3章 グルカゴノーマ 388
  • ●第3章 ソマトスタチノーマ 389
  • ●第3章 カルチノイド症候群 390
  • ●第3章 WDHA症候群(VIPoma) 391
  • ●第3章 ゾリンガー-エリソン症候群(ガストリノーマ) 392
  • ●第3章 レニン産生腫瘍 393
  • ●第3章 多発性内分泌腺腫瘍症 399
  • ●第3章 内分泌外科
  • ●第3章 甲状腺 403
  • ●第3章 膵腫瘍 408
  • ●第3章 副腎腫瘍 413
  • 索引 419

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで