サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本地方地質誌 5 (近畿地方)

日本地質学会 編

詳細情報

タイトル 日本地方地質誌
著者 日本地質学会 編
著者標目 日本地質学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 2009.2
大きさ、容量等 453p ; 27cm
注記 文献あり 索引あり
ISBN 9784254167856
価格 22000円
JP番号 21560248
NS-MARC番号 094849500
巻次 5 (近畿地方)
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 地質--近畿地方
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC ME612
NDLC ME617
NDC(9版) 455.1 : 地質学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本地方地質誌. 5 (近畿地方)
  • 目次
  • 1. 近畿地方の地質・地形の概要 [八尾昭]
  • 1. 1.1 古生代~古第三紀の基盤地質体 八尾昭 1
  • 1. 1.1 a. 研究史 1
  • 1. 1.1 b. 地体区分 2
  • 1. 1.1 c. 近畿地方の各地体の分布特性 4
  • 1. 1.1 d. 内帯と外帯の比較 4
  • 1. 1.2 新第三紀~第四紀の被覆層 吉川周作 4
  • 1. 1.2 a. 概要 4
  • 1. 1.2 b. 第一瀬戸内累層群 5
  • 1. 1.2 c. 第二瀬戸内累層群 6
  • 1. 1.2 d. 第三瀬戸内累層群 6
  • 1. 1.3 近畿地方の地形 植村善博 6
  • 1. 1.3 a. 概要 6
  • 1. 1.3 b. 近畿地方の地形区分 7
  • 2. 近畿地方の地質構造発達史 [八尾昭]
  • 2. 2.1 古生代~ジュラ紀の地質構造発達史 八尾昭 12
  • 2. 2.1 2.1.1 基盤地質体の分布の概観 12
  • 2. 2.1 2.1.2 西南日本の地体区分 14
  • 2. 2.1 2.1.2 a. 地体のとらえ方 14
  • 2. 2.1 2.1.2 b. 地体区分の基準 15
  • 2. 2.1 2.1.2 c. 西南日本の地体区分 17
  • 2. 2.1 2.1.2 d. 西南日本の地体の地質関係 19
  • 2. 2.1 2.1.3 各地体の年代的,種別的グルーピング 19
  • 2. 2.1 2.1.3 a. 年代的グルーピング 19
  • 2. 2.1 2.1.3 b. 種別的グルーピング 20
  • 2. 2.1 2.1.3 c. 各地体の年代/種別区分 20
  • 2. 2.1 2.1.4 内帯・外帯の地体の対応関係 20
  • 2. 2.1 2.1.4 a. 地体配列の特徴 21
  • 2. 2.1 2.1.4 b. 先ジュラ紀地体およびジュラ紀地体の対応関係 21
  • 2. 2.1 2.1.5 地体配列の復元 23
  • 2. 2.1 2.1.6 古生代~ジュラ紀発達史 24
  • 2. 2.1 2.1.6 a. 第I期:カンブリア紀~デボン紀 25
  • 2. 2.1 2.1.6 b. 第II期:石炭紀~三畳紀古世 26
  • 2. 2.1 2.1.6 c. 第III期:三畳紀新世~白亜紀古世 26
  • 2. 2.2 白亜紀~古第三紀の地質構造発達史 奥平敬元 29
  • 2. 2.2 2.2.1 白亜紀~古第三紀火成作用 29
  • 2. 2.2 2.2.2 各地質体の地質構造発達史 31
  • 2. 2.2 2.2.2 a. 領家変成帯の地質構造発達史 31
  • 2. 2.2 2.2.2 b. 和泉層群の地質構造発達史 32
  • 2. 2.2 2.2.2 c. 中央構造線の地質構造発達史 33
  • 2. 2.2 2.2.2 d. 三波川変成帯の地質構造発達史 35
  • 2. 2.2 2.2.2 e. 四万十帯の地質構造発達史 36
  • 2. 2.2 2.2.3 白亜紀~古第三紀の地質構造発達史 37
  • 2. 2.3 始新世~中新世の地質構造発達史 尾崎正紀 43
  • 2. 2.3 2.3.1 概説 43
  • 2. 2.3 2.3.1 a. 西南日本弧の地殻構造の枠組み 43
  • 2. 2.3 2.3.1 b. フィリピン海プレート(四国海盆)の形状と近畿地方の大陸地殻構造 44
  • 2. 2.3 2.3.1 c. 地層・岩体の分布の特徴 44
  • 2. 2.3 2.3.1 d. 西南日本弧のテクトニクスの変遷 48
  • 2. 2.3 2.3.2 陸弧の発達 48
  • 2. 2.3 2.3.2 a. 付加体~海溝斜面堆積物の発達 48
  • 2. 2.3 2.3.2 b. 内帯前弧海盆域の発達 49
  • 2. 2.3 2.3.2 c. 火成弧の発達 49
  • 2. 2.3 2.3.2 d. 巾央構造線の始新世~中新世の活動 49
  • 2. 2.3 2.3.2 e. 中期始新世前半のテクトニックイベント 54
  • 2. 2.3 2.3.3 背弧海盆の形成と西南日本弧の回転運動 54
  • 2. 2.3 2.3.3 a. 背弧海盆の形成 54
  • 2. 2.3 2.3.3 b. 西南日本外帯のオリストストロームの形成 55
  • 2. 2.3 2.3.3 c. 海水準変動とテクトニクス 55
  • 2. 2.3 2.3.3 d. 西南日本弧の回転運動 56
  • 2. 2.3 2.3.4 前弧域の火成弧化と島弧の発達 58
  • 2. 2.3 2.3.4 a. 前弧域の火成弧化 58
  • 2. 2.3 2.3.4 b. 背弧海盆形成後の火成活動 60
  • 2. 2.3 2.3.4 c. 広域不整合と短縮テクトニクス 60
  • 2. 2.3 2.3.4 d. フィリピン海プレートの新たな沈み込み 60
  • 2. 2.4 鮮新世以降の地質構造発達史 水野清秀,岡田篤正,寒川旭 62
  • 2. 2.4 2.4.1 概説 62
  • 2. 2.4 2.4.2 近畿地方の大地形・地体構造 62
  • 2. 2.4 2.4.3 内陸堆積盆地の形成史 64
  • 2. 2.4 2.4.3 a. 中新世後期(500万年前頃まで)の堆積盆地の発生 64
  • 2. 2.4 2.4.3 b. 400~300万年前の堆積盆地の拡大 65
  • 2. 2.4 2.4.3 c. 300~200万年前頃の堆積盆地の移動 66
  • 2. 2.4 2.4.3 d. 100万年前頃の堆積盆地の移動と海の侵入 66
  • 2. 2.4 2.4.3 e. 現在の堆積盆地・平野の形成 67
  • 2. 2.4 2.4.4 外帯・内帯山地の地形発達 67
  • 2. 2.4 2.4.5 海域の地質構造 68
  • 2. 2.4 2.4.6 山陰地域の火山活動とそのメカニズム 68
  • 2. 2.4 2.4.7 鮮新世以降の造構運動 69
  • 3. 中・古生界 [八尾昭]
  • 3. 3.1 概説 八尾昭 73
  • 3. 3.1 a. 近畿地方の先新第三紀地体群 73
  • 3. 3.1 b. 浅海成白亜系 75
  • 3. 3.1 c. 白亜紀~古第三紀火成岩類 75
  • 3. 3.2 各地体の中・古生界 77
  • 3. 3.2 3.2.1 飛騨外縁帯 武蔵野実 77
  • 3. 3.2 3.2.2 三郡-蓮華変成帯 77
  • 3. 3.2 3.2.2 a. 概説 高須晃 77
  • 3. 3.2 3.2.2 b. 大江山オフィオライト 高須晃 77
  • 3. 3.2 3.2.2 c. 大浦複合岩体 石渡明 80
  • 3. 3.2 3.2.2 d. 変成岩類 高須晃 80
  • 3. 3.2 3.2.3 志高帯 81
  • 3. 3.2 3.2.3 a. 概説 鈴木茂之 81
  • 3. 3.2 3.2.3 b. 下見谷層 鈴木茂之 81
  • 3. 3.2 3.2.3 c. 大浦層 石渡明 83
  • 3. 3.2 3.2.4 舞鶴帯 83
  • 3. 3.2 3.2.4 a. 概説 早坂康隆 84
  • 3. 3.2 3.2.4 b. 舞鶴層群および三畳系 早坂康隆,八尾昭 84
  • 3. 3.2 3.2.4 c. 夜久野酸性岩類 早坂康隆 86
  • 3. 3.2 3.2.4 d. 夜久野塩基性岩類 石渡明 87
  • 3. 3.2 3.2.5 超丹波帯 91
  • 3. 3.2 3.2.5 a. 概説 栗本史雄 91
  • 3. 3.2 3.2.5 b. 各地域の超丹波帯 92
  • 3. 3.2 3.2.5 b. (1) 舞鶴・綾部地域 栗本史雄 92
  • 3. 3.2 3.2.5 b. (2) 篠山地域 栗本史雄 93
  • 3. 3.2 3.2.5 b. (3) 北摂地域 菅森義晃,八尾昭 93
  • 3. 3.2 3.2.5 b. (4) 佐用・山崎地域 栗本史雄 95
  • 3. 3.2 3.2.6 丹波帯 武蔵野実 96
  • 3. 3.2 3.2.6 a. 概説 96
  • 3. 3.2 3.2.6 b. 各地域の丹波帯 102
  • 3. 3.2 3.2.7 領家変成帯 104
  • 3. 3.2 3.2.7 a. 概説 奥平敬元,沓掛俊夫,端山好和 104
  • 3. 3.2 3.2.7 b. 変成岩類 奥平敬元,沓掛俊夫 104
  • 3. 3.2 3.2.7 c. マイロナイト 奥平敬元 106
  • 3. 3.2 3.2.7 d. 苦鉄質岩類 田結庄良昭 107
  • 3. 3.2 3.2.8 三波川変成帯 前川寛和 110
  • 3. 3.2 3.2.8 a. 概説 110
  • 3. 3.2 3.2.8 b. 変成岩類 111
  • 3. 3.2 3.2.8 c. 変成作用 113
  • 3. 3.2 3.2.9 黒瀬川帯 吉倉紳一 114
  • 3. 3.2 3.2.9 a. 概説 114
  • 3. 3.2 3.2.9 b. 各地域の黒瀬川帯 115
  • 3. 3.2 3.2.10 秩父帯 118
  • 3. 3.2 3.2.10 a. 概説 八尾昭 118
  • 3. 3.2 3.2.10 b. 紀伊半島西部地域 119
  • 3. 3.2 3.2.10 b. (1) 御荷鉾帯 栗本史雄 119
  • 3. 3.2 3.2.10 b. (2) 秩父北帯 栗本史雄,柏木健司 120
  • 3. 3.2 3.2.10 b. (3) 秩父南帯 八尾昭 122
  • 3. 3.2 3.2.10 c. 紀伊半島中央部地域 大和大峯研究グループ 125
  • 3. 3.2 3.2.10 d. 紀伊半島東部宮川および大宮地域 柏木健司 132
  • 3. 3.2 3.2.10 e. 紀伊半島東部地域 坂幸恭 134
  • 3. 3.2 3.2.11 四万十帯 140
  • 3. 3.2 3.2.11 a. 概説 鈴木博之 140
  • 3. 3.2 3.2.11 b. 日高川帯 141
  • 3. 3.2 3.2.11 b. (1) 紀伊半島中央部地域 大和大峯研究グループ 141
  • 3. 3.2 3.2.11 b. (2) 西部地域 鈴木博之 145
  • 3. 3.2 3.2.11 b. (3) 他地域の日高川帯 鈴木博之 149
  • 3. 3.2 3.2.11 b. (4) 日高川帯全域にわたる層序以外の研究 鈴木博之 149
  • 3. 3.2 3.2.11 c. 音無川帯 鈴木博之 150
  • 3. 3.2 3.2.11 d. 牟婁帯 鈴木博之 152
  • 3. 3.3 浅海成白亜系 156
  • 3. 3.3 3.3.1 概説 宮田隆夫 156
  • 3. 3.3 3.3.2 和泉泉層群 156
  • 3. 3.3 3.3.2 a. 概説 宮田隆夫 156
  • 3. 3.3 3.3.2 b. 和泉山脈 157
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (1) 北縁相の和泉層群 宮田隆夫,田中淳 157
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (2) 主部相の和泉層群 宮田隆夫,田中淳 158
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (3) 南部相の和泉層群 宮田隆夫,田中淳 159
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (4) 構成岩石・小堆積サイクル・堆積構造 宮田隆夫 159
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (5) 地質構造 宮田隆夫 160
  • 3. 3.3 3.3.2 b. (6) 和泉堆積盆地 宮田隆夫 162
  • 3. 3.3 3.3.2 c. 淡路島地域 両角芳郎 162
  • 3. 3.3 3.3.3 外帯の浅海成白亜系 164
  • 3. 3.3 3.3.3 a. 紀伊半島西部地域 前島渉 164
  • 3. 3.3 3.3.3 b. 紀伊半島東部地域 坂幸恭 169
  • 3. 3.4 白亜紀~古第三紀火成岩類 173
  • 3. 3.4 3.4.1 概説 奥平敬元,田結庄良昭 173
  • 3. 3.4 3.4.2 篠山層群 栗本史雄 174
  • 3. 3.4 3.4.2 a. 概説 174
  • 3. 3.4 3.4.2 b. 層序 174
  • 3. 3.4 3.4.2 c. 地質構造 175
  • 3. 3.4 3.4.2 d. 化石年代・放射年代 176
  • 3. 3.4 3.4.3 領家帯の火成岩類 176
  • 3. 3.4 3.4.3 a. 火山岩類 奥平敬元 176
  • 3. 3.4 3.4.3 b. 花岡岩類 奥平敬元,沓掛俊夫 178
  • 3. 3.4 3.4.4 山陽帯の火成岩類 182
  • 3. 3.4 3.4.4 a. 火山岩類 吉田久昭 182
  • 3. 3.4 3.4.4 b. 花崗岩類 田結庄良昭 187
  • 3. 3.4 3.4.5 山陰帯の火成岩類 191
  • 3. 3.4 3.4.5 a. 火山岩類 奥平敬元 191
  • 3. 3.4 3.4.5 b. 花崗岩類 田結庄良昭 191
  • 4. 新生界 [吉川周作]
  • 4. 4.1 第三系 193
  • 4. 4.1 4.1.1 概説 久富邦彦 193
  • 4. 4.1 4.1.1 a. 古第三系 193
  • 4. 4.1 4.1.1 b. 新第三系 193
  • 4. 4.1 4.1.2 古第三系 尾崎正紀 195
  • 4. 4.1 4.1.3 新第三系 198
  • 4. 4.1 4.1.3 a. 近畿北部地域 198
  • 4. 4.1 4.1.3 a. (1) 兵庫県北部(北但馬地域)の新第三系 古山勝彦,前島渉 198
  • 4. 4.1 4.1.3 a. (2) 丹後半島の新第三系 山元孝広 199
  • 4. 4.1 4.1.3 b. 瀬戸内地域 201
  • 4. 4.1 4.1.3 b. (1) 鈴鹿山脈-布引山地とその周辺 吉田史郎 201
  • 4. 4.1 4.1.3 b. (2) 奈良県北部とその周辺 佐藤隆春,室生団体研究グループ 202
  • 4. 4.1 4.1.3 b. (3) 高見峠礫岩層 和田穣隆 205
  • 4. 4.1 4.1.3 c. 紀伊半島 久富邦彦 205
  • 4. 4.2 第四系 211
  • 4. 4.2 4.2.1 概説 吉川周作 211
  • 4. 4.2 4.2.1 a. 鮮新~更新統(大阪層群およびその相当層) 212
  • 4. 4.2 4.2.1 b. 中・上部更新統(段丘堆積層およびその相当層) 213
  • 4. 4.2 4.2.1 c. 上部更新~完新統の沖積層 213
  • 4. 4.2 4.2.2 大阪盆地 214
  • 4. 4.2 4.2.2 a. 大阪南部地域 吉川周作 214
  • 4. 4.2 4.2.2 b. 大阪北部・神戸地域 宮地良典 218
  • 4. 4.2 4.2.2 c. 大阪平野および大阪湾地下(大阪層群から沖積層) 三田村宗樹 223
  • 4. 4.2 4.2.3 淡路島(大阪層群,段丘層) 水野清秀 229
  • 4. 4.2 4.2.4 明石・播磨地域 加藤茂弘 232
  • 4. 4.2 4.2.4 a. 大阪層群 233
  • 4. 4.2 4.2.4 b. 段丘堆積層 234
  • 4. 4.2 4.2.4 c. 沖積層 236
  • 4. 4.2 4.2.5 奈良・京都盆地 236
  • 4. 4.2 4.2.5 a. 奈良盆地 三田村宗樹 236
  • 4. 4.2 4.2.5 b. 京都盆地 竹村恵二 240
  • 4. 4.2 4.2.6 亀岡・福地山盆地 植村善博 244
  • 4. 4.2 4.2.6 a. 亀岡盆地 244
  • 4. 4.2 4.2.6 b. 福地山盆地 244
  • 4. 4.2 4.2.7 若狭湾周辺域 武村恵二 247
  • 4. 4.2 4.2.8 日本海沿岸地域 248
  • 4. 4.2 4.2.8 a. 丹後地域 植村善博 248
  • 4. 4.2 4.2.8 b. 兵庫県北部地域 古山勝彦 249
  • 4. 4.2 4.2.9 紀ノ川・吉野川流域 水野清秀,寒川旭 251
  • 4. 4.2 4.2.10 伊賀・近江盆地 里口保文 253
  • 4. 4.2 4.2.10 a. 古琵琶湖層群 253
  • 4. 4.2 4.2.10 b. 段丘推積層 258
  • 4. 4.2 4.2.10 c. 琵琶湖底推積物 258
  • 4. 4.2 4.2.11 伊勢平野 竹村恵二 258
  • 4. 4.2 4.2.12 紀伊半島沿岸地域 三田村宗樹 261
  • 4. 4.2 4.2.12 a. 紀伊半島南部沿岸 262
  • 4. 4.2 4.2.12 b. 志摩半島 262
  • 4. 4.3 新生代火成作用 264
  • 4. 4.3 4.3.1 概説 古山勝彦 264
  • 4. 4.3 4.3.1 a. 新第三紀 264
  • 4. 4.3 4.3.1 b. 鮮新世~第四紀 265
  • 4. 4.3 4.3.2 近畿北部の火成活動 266
  • 4. 4.3 4.3.2 a. 北但層群の火山岩類 石渡明 266
  • 4. 4.3 4.3.2 b. 照来層群の火山岩類 古山勝彦 268
  • 4. 4.3 4.3.2 c. 鮮新世~第四紀-玄武岩質単成火山- 古山勝彦 270
  • 4. 4.3 4.3.2 d. そのほかの鮮新世・第四紀火山岩 古山勝彦 274
  • 4. 4.3 4.3.3 瀬戸内地域の火山活動 274
  • 4. 4.3 4.3.3 a. 二上層群 佐藤隆春 274
  • 4. 4.3 4.3.3 b. 甲山,信貴山,畝傍山,嶽山などの火山岩類 佐藤隆春 276
  • 4. 4.3 4.3.3 c. 高見山酸性火成岩 和田穣隆 278
  • 4. 4.3 4.3.3 d. 火成岩脈 和田穣隆 278
  • 4. 4.3 4.3.4 紀伊半島の火成活動 279
  • 4. 4.3 4.3.4 a. 室生火砕流堆積物 室生団体研究グループ 279
  • 4. 4.3 4.3.4 b. 熊野・大峯火成岩体 村田守 280
  • 4. 4.3 4.3.4 c. 火砕岩岩脈 和田穣隆 282
  • 4. 4.3 4.3.4 d. 潮岬火成複合岩体 古山勝彦 284
  • 4. 4.4 中央構造線 宮田隆夫 287
  • 4. 4.4 a. 概説 287
  • 4. 4.4 b. 各地域の中央構造線 288
  • 4. 4.4 c. 地下構造 289
  • 4. 4.4 d. 活動史 289
  • 5. 活断層(活構造)・地下深部構造・地震災害 [岡田篤正]
  • 5. 5.1 地震学的にみた近畿地方 293
  • 5. 5.1 5.1.1 概説:近代の地震・観測学的な地震 梅田康弘 293
  • 5. 5.1 5.1.1 a. プレート境界で発生する大地震 293
  • 5. 5.1 5.1.1 b. 地殻内で発生する地震 293
  • 5. 5.1 5.1.1 c. 沈み込むプレート内で発生する地震 294
  • 5. 5.1 5.1.1 d. 深部低周波地震 294
  • 5. 5.1 5.1.2 測地と地殻変動 橋本学,伊藤武男,西村宗 295
  • 5. 5.1 5.1.3 地下深部構造 梅田康弘 298
  • 5. 5.1 5.1.3 a. 地震分布 298
  • 5. 5.1 5.1.3 b. 地震波の速度構造 299
  • 5. 5.2 地震災害 300
  • 5. 5.2 5.2.1 歴史上の内陸地震と地震跡 寒川旭 300
  • 5. 5.2 5.2.2 南海地震による津波と被害 寒川旭 302
  • 5. 5.2 5.2.3 建物被害の全貌 石川浩次 304
  • 5. 5.2 5.2.3 a. 地震発生と建物被害調査の方法 304
  • 5. 5.2 5.2.3 b. 全域被害調査の結果 306
  • 5. 5.2 5.2.3 c. 被害詳細調査の結果 307
  • 5. 5.2 5.2.3 d. 被害の全貌は何か 307
  • 5. 5.2 5.2.4 地震被害と地盤(~土地条件) 岩崎好規 307
  • 5. 5.2 5.2.4 a. 地震災害 307
  • 5. 5.2 5.2.4 b. 被害分布の特徴 309
  • 5. 5.2 5.2.4 c. 3次元波動モデルによる検証 310
  • 5. 5.3 近畿地方の活断層の特徴 312
  • 5. 5.3 5.3.1 活断層の概説 寒川旭,岡田篤正 312
  • 5. 5.3 5.3.1 a. TI:敦賀湾-伊勢湾線地帯 312
  • 5. 5.3 5.3.1 b. VId:近畿三角地域 312
  • 5. 5.3 5.3.1 c. VIe:近畿北西部 313
  • 5. 5.3 5.3.1 d. MTL:山央構造線地帯 313
  • 5. 5.3 5.3.1 e. VIII:西南日本外帯 314
  • 5. 5.3 5.3.2 琵琶湖西岸断層帯と三方-花折断層帯 小松原琢,水野清秀 314
  • 5. 5.3 5.3.3 有馬-高槻断層帯・六甲南縁断層帯 寒川旭,岡田篤正 317
  • 5. 5.3 5.3.3 a. 有馬-高槻断層帯 317
  • 5. 5.3 5.3.3 b. 六甲南縁断層帯 319
  • 5. 5.3 5.3.4 山崎断層帯 岡田篤正 323
  • 5. 5.3 5.3.5 中央構造線活断層帯 岡田篤正,寒川旭 327
  • 5. 5.3 5.3.6 柳ヶ瀬-関ヶ原,養老-桑名-四日市,鈴鹿東縁,布引山地東縁の断層帯 岡田篤正 333
  • 5. 5.3 5.3.6 a. 鮎川断層群・甲楽城・柳ヶ瀬・関ヶ原の断層帯 334
  • 5. 5.3 5.3.6 b. 養老-桑名-四日市断層帯 334
  • 5. 5.3 5.3.6 c. 鈴鹿東縁断層帯 337
  • 5. 5.3 5.3.6 d. 伊勢湾断層 339
  • 5. 5.3 5.3.6 e. 布引山地東縁断層帯 339
  • 5. 5.3 5.3.7 奈良盆地東縁断層帯・生駒断層・上町断層 寒川旭,北田奈緒子 340
  • 5. 5.3 5.3.7 a. 奈良盆地東縁断層帯 340
  • 5. 5.3 5.3.7 b. 生駒断層帯 341
  • 5. 5.3 5.3.7 c. 上町断層帯 343
  • 5. 5.4 南海トラフ沿いの活構造 芦寿一郎 347
  • 5. 5.4 a. 地形概要 347
  • 5. 5.4 b. 四国海盆と紀南海山列 347
  • 5. 5.4 c. 付加プリズム斜面 348
  • 5. 5.4 d. 前弧海盆 348
  • 5. 5.4 e. 南海トラフの地震活動と活断層 348
  • 5. 5.5 若狭湾周辺の活断層 小松原琢,水野清秀 350
  • 5. 5.6 紀伊水道域の活構造 岡田篤正 354
  • 5. 5.6 a. 友ヶ島水道(紀淡海峡) 355
  • 5. 5.6 b. 淡路島南端部 355
  • 5. 5.6 c. 鳴門海峡周辺海底部の断層 356
  • 6. 資源・環境・地質災害 [三田村宗樹]
  • 6. 6.1 鉱床・石材・重金属汚染 359
  • 6. 6.1 6.1.1 近畿地方の鉱床・石材の概説 田結庄良昭,奥平敬元 359
  • 6. 6.1 6.1.2 鉱床 田結庄良昭,奥平敬元 360
  • 6. 6.1 6.1.2 a. 金属鉱床 360
  • 6. 6.1 6.1.2 b. 非金属鉱床 361
  • 6. 6.1 6.1.3 石材 田結庄良昭,奥平敬元 362
  • 6. 6.1 6.1.4 重金属汚染 田結庄良昭 362
  • 6. 6.1 6.1.4 a. 鉱山地域での重金属による環境汚染の概略 362
  • 6. 6.1 6.1.4 b. 多田鉱山流域の環境汚染 362
  • 6. 6.1 6.1.4 c. 生野鉱山流域の汚染 363
  • 6. 6.1 6.1.4 d. 河川底質中の重金属 363
  • 6. 6.1 6.1.5 都市域での表層土・堆積物の重金属汚染 田結庄良昭 364
  • 6. 6.1 6.1.5 a. 阪神地域における表層土・ため池堆積物の重金属汚染 364
  • 6. 6.1 6.1.5 b. 道路脇粉塵中の重金属微粒子 365
  • 6. 6.1 6.1.5 c. 大気中の浮遊粒子状物質(SPM)による汚染 366
  • 6. 6.2 地下水・温泉・地盤沈下 367
  • 6. 6.2 6.2.1 近畿地方の地下水と水質 益田晴恵,鶴巻道二 367
  • 6. 6.2 6.2.1 a. 不圧地下水と浅層の被圧地下水 367
  • 6. 6.2 6.2.1 b. 塩水化現象 369
  • 6. 6.2 6.2.1 c. 地下水汚染 370
  • 6. 6.2 6.2.1 d. 温泉とテクトニクス 371
  • 6. 6.2 6.2.2 地下水の水位・流動 375
  • 6. 6.2 6.2.2 a. 地下水揚水状況の変遷と水位変化 三田村宗樹 375
  • 6. 6.2 6.2.2 b. 地下水流動シミュレーションと涵養 中屋眞司 378
  • 6. 6.2 6.2.3 地盤沈下 三田村宗樹 381
  • 6. 6.2 6.2.3 a. 地下水揚水に伴う地盤沈下 381
  • 6. 6.2 6.2.3 b. 大規模埋め立てに伴う更新統の沈下 382
  • 6. 6.3 斜面(地すべり)災害 藤田崇,平野昌繁 384
  • 6. 6.3 6.3.1 近畿地方の応用地質的区分と地すべり 384
  • 6. 6.3 6.3.1 a. 基盤岩類 384
  • 6. 6.3 6.3.1 b. 被覆層 386
  • 6. 6.3 6.3.2 代表的な地すべり 387
  • 6. 6.3 6.3.2 a. 亀の瀬地すべり 387
  • 6. 6.3 6.3.2 b. 北但馬地域の地すべり 388
  • 6. 6.3 6.3.2 c. 三田盆地の徐動性地すべり 390
  • 6. 6.3 6.3.2 d. 花崗岩山地の表層崩壊 391
  • 6. 6.3 6.3.2 e. そのほかの酸性岩類 394
  • 6. 6.3 6.3.2 f. 外帯の付加体の大規模崩壊 394
  • 引用文献 399
  • 索引 449
  • 索引
  • ■あ
  • 相生層群 185
  • 安威断層 318
  • 姶良-Tn火山灰(層) 232,236,243,253
  • 青谷礫層 238
  • 赤井氏溶岩 271
  • 赤坂粘土層 234
  • 明石層 233
  • 赤滝コンプレックス 143
  • 秋吉帯 18
  • 阿草断層 174
  • 奄芸層群 258
  • 明延鉱山・幌内動物群 152
  • 朝霧部層 234
  • 足跡化石 214
  • 味間層 93
  • 芦屋断層 231
  • アズキ火山灰(層) 217,237,257
  • 畦谷泥岩層 157
  • アゾノ遺跡 307
  • 愛宕累層 229
  • 朝来累層 205
  • 朝来-若桜線 86
  • 安指向斜 155
  • アデク層 223
  • 阿那賀累層 164
  • 天橋立 249
  • 網野累層 200,264,268
  • 雨山火成岩類 117
  • 阿山累層 253
  • 鮎河層群 202
  • 鮎川断層群 334
  • 荒倉層 86
  • 有田川構造線 41,111,120
  • 有田川災害 395,384
  • 有田層 3,166
  • 有馬-高槻構造線(断層帯) 229,299,313,317,318,343,375
  • 有馬温泉 369
  • 有馬型塩水 369
  • 有馬層群 184
  • 阿波層群 202
  • 安政東海地震 302
  • 安政南海地震 302
  • 飯盛鉱山 361
  • 伊賀上野地震 302
  • 伊加賀層 222
  • 伊香立累層 256
  • 伊賀累層 253
  • イグアノドン足跡化石 171
  • 生野鉱山 360,363
  • 生野層群 185
  • 礫利谷層群 104
  • 池之上層 164
  • 池の内II火山灰層 257
  • 生駒断層(帯) 229,341
  • 生駒山斑れい岩 108
  • 生駒累層 237
  • イザナギプレート 38
  • 石切場安山岩 275
  • 伊豆-小笠原弧 43
  • 出石超苦鉄質岩体 79
  • 泉川層 171
  • 和泉層群 3,32,156,288
  • 和泉帯 156
  • 和泉堆積盆 162,290
  • 出灰コンプレックス 101
  • 井関層 167
  • 伊勢湾台風 396
  • 伊勢湾断層(帯) 312,333,339
  • 礫ノ浦断層 331
  • 礫部海成粘土層 262
  • 板尾断層 120
  • 井谷コンプレックス 124
  • 猪谷断層 147
  • I型地層群 98
  • 一志層群 201
  • 市之川時階 33
  • 一之瀬層群 172
  • 出石鉱山 361
  • 糸魚川-静岡構造線 43
  • 猪名川コンプレックス 95
  • いなみの台地 232
  • 稲村ヶ岳礫岩層 128
  • 犬戻狭コンプレックス 133
  • 伊根層群 200
  • 茨木累層 221
  • 今浦層群 139
  • 今城塚古墳 301
  • 岩岡部層 234
  • 岩出層 158
  • 岩屋累層 195
  • 因美貫入岩瀬 49,76,174,191
  • 宇井コンプレックス 142
  • 浮石層 121
  • 上野累層 253
  • 上町層 224
  • 上町断層(帯) 229,343
  • 牛滝川流紋岩溶岩 178
  • 宇治礫層 238
  • 歌長流紋岩 249,268
  • 打越背斜 153
  • 打越累層 153
  • 内海断層 333,339
  • 宇奈月結晶片岩 77
  • 兎並火山灰層 237
  • 梅田層 224,227
  • 浦底-柳ヶ瀬山断層帯 334
  • 浦底断層 334,351
  • 会下山層 219
  • 会下山断層 321
  • 愛知川層群 103
  • HT面 244
  • MTL:山央構造線地帯 34,287
  • 遠州舟状海盆 348
  • 塩尾寺断層 321
  • 扇の山単成火山群 271
  • 逢坂峠コンプレックス 135
  • 黄檗断層群 315
  • 近江・若狭地震 301
  • 大飯層 92
  • 大浦層 83
  • 大浦複合岩体 80
  • 大江山オフィオライト 77,80,175
  • 大江山超苦鉄質岩体 78
  • 大阪基盤層 224
  • 大阪層群 64,211,218,224,229,233,240,328
  • 大阪湾断層 229,322
  • 大阪湾累層 227
  • 大迫コンプレックス 130
  • 大清水断層 334
  • 大台・大峯コールドロン 284
  • 大滝-北角断層 132
  • 大谷鉱山 361
  • 大沼累層 207
  • 大野峠砂岩層 199
  • 大原断層 324
  • 大引ユニット 124
  • 大歩危ナップ 35
  • 大峯-大台スラスト 128,131
  • 大峯火成岩体(花崗岩質岩) 265,281
  • 大峯シンフォーム 132
  • 大屋鉱山 361
  • 小川安山岩層 177
  • 小川郷層群 135
  • 小川コンプレックス 144
  • 隠岐トラフ 64
  • 奥玉谷コンプレックス 129
  • 小口累層 208
  • 奥山田累層 202
  • 小倉溶岩 271
  • 長田野層 245
  • ODボーリング 229
  • 音無川層群 153,154
  • 音無川帯 141,150
  • 伯母谷川コンプレックス 142
  • 小浜湾断層 351
  • 帯解断層 238,341
  • 御岳の崩壊 396
  • ■か
  • 外縁隆起帯 348
  • 外帯 1,18
  • 外帯酸性岩類 44,58
  • 外帯山地 62
  • 貝月山花崗岩 187
  • 柏原層 93
  • 加古川火山灰 235
  • 笠木背斜 41
  • 笠山礫岩層 157
  • 鹿塩時階 32,33
  • 鹿塩マイロナイト帯 106
  • 鍛冶屋断層 334
  • 春日山安山岩 276
  • 加太層 158
  • 堅田断層 315
  • 堅田累層 256
  • 交野断層 229
  • 勝野断層 315
  • 金屋層 167
  • 甲楽城断層(崖) 312,334,350
  • 上群変斑れい岩体 89
  • 上佐野火山 271
  • 神島断層 138
  • 上滝層 93
  • 上松原層 167
  • 神谷ユニット 124
  • 神吉層 244
  • 亀の瀬安山岩 276
  • 亀の瀬地すべり 387
  • 蒲生累層 256
  • 唐櫃越コンプレックス 100
  • 仮屋断層 322
  • 仮屋累層 229
  • 川西粘土層 234
  • 甘南備累層 205,214
  • 神鍋火山群 273
  • 寛文地震 317
  • 上牧火山灰層 239
  • 鬼界アカホヤ火山灰(層) 213,236,243
  • 岸和田層 217
  • 衣摺溶岩 272
  • 北阿万累層 164
  • 北但馬地震 314
  • 北谷層 167
  • 北丹後地震 313,314
  • 北畑地すべり 391
  • 北股川コンプレックス 128
  • 木津川河床遺跡 301
  • 木津川断層帯 312
  • 木津累層 238
  • 紀南海山列 347
  • 城崎亜層群 266
  • 紀美谷背斜 153
  • 九州-パラオ海嶺 43,347
  • 経ヶ岬安山岩 201,274
  • 金会地すべり 391
  • 近畿三角帯 1,6,8,62,211,293,312,317,333
  • 草谷断層 325
  • 草津累層 256
  • 公庄層 85
  • 楠本断層 322
  • 国崎コンプレックス 95
  • 熊井層 167
  • 熊川断層 247,315
  • 熊野酸性岩類(岩体) 9,265,280
  • 熊野舟状海盆 348
  • 熊野層群 141,193,207,284
  • 久米田池断層 345
  • クラ-太平洋海嶺 31,38
  • グリーンタフ 266,386
  • グリーンタフ型温泉 372
  • 暮坂峠断層 324
  • 黒岩コンプレックス 129
  • 黒潮古陸 155
  • 黒島レンズ状部 117
  • 黒瀬川構造帯 35,114,118
  • 黒瀬川帯 14,18,73,114
  • 黒瀬川断層 35
  • 黒部層 249
  • 桑名断層 336
  • 桑名背斜 336
  • 間地石 362
  • 玄武洞火山 270
  • 玄武洞溶岩 270
  • 高位段丘 7
  • 甲賀累層 256
  • 合川複向斜 153
  • 合川累層 153,154
  • 黄砂 366
  • 江若花崗岩 173
  • 後ジュラ紀地体(群) 3,20,74
  • 河内コンプレックス 135
  • 河内層群 134
  • 上月層 95
  • 神ノ木流紋岩 280
  • 神野山斑れい岩 109
  • 神戸層群 195,386
  • 河守変成岩類 84
  • 甲陽園累層 222
  • 甲陽断層 321
  • 小浦コンプレックス 122
  • 香里互層 222
  • 香炉園累層 222
  • 五ヶ所-安楽島構造線 117,169
  • 五ヶ所浦層 171
  • 粉河層 159
  • 虚空蔵山礫層 239
  • 谷中分水界 9
  • 国分累層 215
  • 五軒茶屋火山灰層 257
  • 古砂丘(層) 8,249
  • 五色浜累層 229
  • 越畑層 244
  • 五条層 328
  • 五条谷断層 328
  • 湖底段丘 249
  • 湖東コールドロン 183
  • 湖東流紋岩類 76,174,182
  • 小引層 124
  • 古琵琶湖層群 64,211,253
  • 御坊-萩構造線 150
  • 胡麻分水界 244
  • 御霊層 167
  • 金剛断層 328
  • 誉田断層 343
  • ■さ
  • 坂井火山灰層 65
  • 先志摩層 262
  • 先山断層 322
  • 桜池断層 329
  • 桜井-山下シンフォーム 95
  • サクラ火山灰 217
  • 桜川撓曲 345
  • 佐々江コンプレックス 98
  • 篠山-周山シンフォーム 4
  • 篠山層群 39,76,174
  • 佐曽利カルデラ 184
  • 酒波断層 315
  • 佐坊デイサイト 274
  • 佐保累層 238
  • さらし首層 155
  • 山陰-北陸区 44,194
  • 山陰帯 29,76,173
  • 三郡帯 77
  • 三郡変成岩 81
  • 三郡-蓮華変成帯 18,73,77
  • 三之公コンプレックス 128
  • 三波河変成帯 18,35,73,110,156,288
  • 三瓶浮布軽石 236
  • 三宝山帯 132
  • 山陽帯 29,76,173
  • GEONET 296
  • 入之波-鎌滝断層 132
  • 潮岬火成複合岩体 265,284
  • 鹿田凝灰岩層 199
  • 信楽鉱床群 361
  • 敷屋累層 208,284
  • 四国海盆 44,57,347
  • 地獄谷累層 204
  • 地震震災ベルト 308
  • 地震性地殻変動区 9
  • 志高層群 85,87
  • 志高帯 4,73,81
  • 志高不整合 83
  • 篠亜炭層 244
  • 信太山礫層 217
  • 篠町層 244
  • 芝の不整合 72
  • 島熊山礫層 221
  • 島本層 94
  • 四万十帯 19,36,74,112,140
  • 清水層群 122
  • 下梅谷火山灰層 238
  • 下大阪層群 224
  • 下里累層 208
  • 下多古川断層 132
  • 下田原断層 147
  • 下露累層 155
  • 下灘累層 164
  • 下見谷層 81,86,87
  • 周山シンフォーム 100
  • ジュラ紀地体(群) 3,20,74
  • 招堤累層 237
  • 正中地震 334
  • 菖蒲谷時階 34,69
  • 菖蒲谷層 65,252,328
  • 正平南海地震 303
  • 縄文海進 6,236
  • 城陽礫層 238
  • 白川池累層 238
  • 白木層群 134
  • 白根崎層 169
  • 白浜累層 205
  • 白鬚シンフォーム 132
  • 白子-野間断層 333,339
  • 白崎層群 118
  • 新香里層 222
  • 震災の帯 304
  • 宍道褶曲帯 68
  • 信達層 158
  • 瑞宝園粘土礫層 239
  • 周防変成帯 18,77
  • 周参見背斜 155
  • 鈴鹿沖断層 334
  • 鈴鹿花崗岩 187
  • 鈴鹿層群 201
  • 鈴鹿東縁断層帯 333,337
  • 須磨断層 321,323
  • 住之江撓曲 345
  • 住吉宮町遺跡 301
  • 諏訪山・会下山断層 321
  • 精華累層 237
  • 西淡累層 162
  • 西南日本弧 43
  • 関ヶ原断層 312,334
  • 関宮超苦鉄質岩体 79,80
  • 石仏凝灰岩層 204
  • 関屋砂層 239
  • 世久見湾断層 351
  • 膳所断層 315
  • 膳所累層 256
  • 瀬戸内火山岩類 44,58
  • 瀬戸内区 44
  • 瀬戸内沈降帯 211
  • 瀬戸内低地帯 5,6
  • 銭洲海嶺 347
  • ゼロメートル地帯 382
  • 先ジュラ紀地体(群) 3,19,74
  • 先新第三紀地体群 73
  • 泉南酸性火砕岩類 176
  • 泉南層群 176
  • 泉南流紋岩類 162,174,176
  • 泉南累層 214
  • 泉北累層 217
  • 千里山累層 221
  • 外和泉層群 3,167
  • 曽爾累層 203,279
  • 側川礫岩層 177
  • ■た
  • 第一瀬戸内累層群 5,193
  • 醍醐断層 334
  • 第三瀬戸内累層群 6
  • 大中の湖南遺跡 302
  • 第二瀬戸内累層群 6,211
  • 大普賢岳コンプレックス 129
  • 台湾-宍道帯 60
  • 高島沖ボーリング 258
  • 高島累層 256
  • 鷹島レンズ状部 117
  • 高塚山断層 233
  • 高塚山粘土層 234
  • 高塚山部層 234
  • 高槻層 94
  • 高原断層 132
  • 高見峠礫岩層 205
  • 高見山酸性火成岩 278
  • 高柳累層 267
  • 滝畑互層 157
  • 田倉山火山 271
  • 田倉山溶岩 271
  • 田子ダイアピル 155
  • 多田鉱山 360,362
  • 龍野層群 96
  • 田上花崗岩 189
  • 田中累層 224
  • 棚倉構造線 13
  • 田辺層群 141,193,205
  • 田辺累層 237
  • 田能コンプレックス 101
  • 田万川期 49
  • 玉津田中遺跡 301
  • 玉手山凝灰岩層 205
  • 垂坂断層 334
  • 丹後地震 294
  • 丹後累層 200,268
  • 丹土地すべり 357
  • 丹波高地 64
  • 丹波層状マンガン鉱床 361
  • 丹波帯 1,18,73,96
  • 千種層 202
  • 秩父帯 1,19,74,118
  • 秩父南帯 19,74,122,132
  • 秩父北帯 19,74,120,132
  • 秩父累帯 132
  • 千早川花崗閃緑岩 179
  • 中央構造線 1,2,9,17,33,49,70,75,104,111,156,287,293,299,373
  • 中央構造線活断層帯 62,327,357
  • 中央構造線鉱床 361
  • 中央構造線断層(系) 35,287
  • 中紀コンプレックス 124
  • 超丹波帯 18,73,86,91,96
  • 築地層群 138
  • 綴喜層群 202
  • 津名沖断層 229
  • 敦賀湾-伊勢湾線 333
  • 照来コールドロン 249,389
  • 照来層群 249,268,386
  • 寺柚層 147
  • 寺柚複向斜 147
  • 寺田火山岩(層) 251,270
  • 寺山デイサイト 276
  • 天川泥炭層 244
  • 天正地震 336
  • 天皇-ハワイ海山列 54
  • 天白河口断層 339
  • 天平地震 334
  • 天満層 224
  • 天理撓曲 341
  • 東海地震 302
  • 東海層群 64,211,258,336
  • 陶土層 64
  • 東南海地震 295,302,349
  • 土岐砂礫層 64
  • 徳島堆積盆 355
  • 土佐バエ 348
  • 土佐碆層 68
  • 年谷川コンプレックス 100
  • 富島累層 229
  • 栃原鉱山 361
  • 十津川災害 395
  • 十津川水害 384
  • 鳥取沖層群 350
  • 鳥取地震 313
  • トバリュウ 171
  • 砥部時階 33
  • 登美ヶ丘累層 237
  • 留所山安山岩 273
  • 友ヶ島水道断層 355
  • 友ヶ島堆積盆 355
  • 鳥屋城層 169
  • 豊岡累層 198,200,249,264,268
  • 鳥巣式石灰岩 131,139
  • ドンズルボー累層 204
  • 富田礫層 217
  • ■な
  • 内帯 1,17
  • 中黒コンプレックス 144
  • 中瀬鉱山 361
  • 長野県西部地震 395
  • 長峯帯 119
  • 那岐山断層帯 327
  • 灘累層 164,355
  • 名手層 159
  • 難波江層群 84,86
  • 名南風鼻レンズ状部 116
  • 鉛山貫入岩類 76,174,191
  • 奈良坂撓曲 341
  • 奈良坂礫層 239
  • 奈良盆地東縁断層帯 340
  • 鳴門南断層 354,356
  • 南海区 44
  • 南海地震 295,302,348
  • 南海トラフ 62,302,347,373
  • 南港層 227
  • 南山コンプレックス 102
  • 南勢累層 213,227
  • 南陵層 246
  • 新潟-神戸歪集中帯 296
  • II型地層群 99
  • 西谷地すべり 397
  • 西宮撓曲 321
  • 西畑地すべり 391
  • 西広層 166
  • 西八木層 234
  • 二上層群 204,274,281,387
  • 丹生ノ川層 149
  • 布引山地東縁断層帯 333,339
  • 根来観測井 251
  • 根来断層 328
  • 野井子谷層 146
  • 濃尾傾動地塊運動 71
  • 野口面群 235
  • 野坂断層 351
  • 野島断層 314,322
  • 野竹層群 153,154
  • 野竹帯 153
  • 能見坂層群 135
  • ■は
  • 波賀火山岩類 191
  • 波賀複合花崗岩 191
  • 白亜起~古第三紀火成岩類 75
  • 白鳳南海地震 303
  • 橋杭岩 286
  • 長谷毛原-有田川構造線 120
  • 畑安山岩 275
  • 秦野鉱山 361
  • 鉢伏火山岩類 387,388
  • 花折断層 313,315
  • 花園コンプレックス 145
  • 花園層 145
  • 花屋敷低地帯南縁断層 318
  • ばべ鼻レンズ状部 116
  • 原川累層 205
  • 播磨国地震 326
  • 春来泥岩層 251,389
  • 羽六累層 151
  • 日岡海進 234
  • 日岡面群 234
  • 東浦断層 322
  • 氷上層 92,96
  • 上万層 95
  • 土万断層 324
  • 飛騨-隠岐変成帯 17
  • 飛騨外縁帯 14,17,77
  • 日高川帯 140,141
  • 日藤層 245
  • 兵庫県南部地震 240,294,304,308,314,322,369,393
  • 比良沖湖底断層 315
  • 比良花崗岩 190
  • 牧方撓曲 229
  • 平木鉱山 361
  • 平瀬-鮎川断層 153
  • 比良断層 315
  • 日向断層 315,351
  • 送迎礫層 239
  • 琵琶甲断層 325
  • 琵琶湖西岸断層帯 314
  • 琵琶湖累層 213
  • ピンク火山灰(層) 217,257
  • ファラロン-イザナギ海嶺 31,38
  • フィリピン海プレート 44,60,62,70,293,296,375
  • 福住層 96
  • 福田火山灰層 215,258
  • 福地地すべり 394
  • 福本層群 86
  • 普賢寺火山灰層 238
  • 伏見地震 300,318
  • 藤原層群 204
  • 二川層 168
  • 府中層 217
  • 仏像構造線 118,128,131,139,140,146,282
  • 佛念寺山断層 229,343
  • 古屋石 151
  • 古屋コンプレックス 99
  • 古屋層 98
  • 平原コンプレックス 143
  • 宝永地震 303
  • 放散虫革命 2,118
  • 坊島断層 318
  • 北勢盆状構造 258
  • 北但層群 5,193,198,199,264,266
  • 穂積礫層 222
  • 本宮断層 150
  • 本山寺コンプレックス 101
  • ■ま
  • 舞子貝層 234
  • 舞鶴花崗岩 87
  • 舞鶴層群 84,86
  • 舞鶴帯 18,73,83,84,86,87,91
  • 真上断層 318
  • 槇尾コンプレックス 144
  • 松尾層群 169
  • 松根-平井断層 152
  • 松原層 168
  • 摩耶断層 321
  • 迷岳コンプレックス 144
  • 迷岳スラスト 131
  • 満地谷不整合 72
  • 満地谷累層 219
  • 三方断層 247,315
  • 三方低地帯 247
  • 三方-花折断層帯 314
  • 御荷鉾構造線 118,120
  • 御荷鉾帯 19,74,119
  • 御荷鉾緑色岩類 119
  • 三木断層 325
  • 三津野累層 208
  • 三尾川層 167
  • 三尾川累層 154
  • 皆地断層 150,154
  • 南山城水害 394
  • 美濃-丹波帯 96
  • 美濃帯 96
  • 宮川衝上断層 132
  • 都島累層 224
  • 宮代断層 334
  • 宮津花崗岩 79,191
  • 宮ノ前遺跡 304
  • 美山コンプレックス 147
  • 美山層 147
  • 美山ユニット 149
  • 宮水 367
  • 妙見角礫凝灰岩層 199
  • 明神山安山岩 276
  • 村岡累層 199,249,264,386
  • 室生火砕流堆積物 279,281
  • 室生地すべり 387
  • 室生層群 387
  • 牟婁帯 141,152
  • 室戸沖層 68
  • 明応東海地震 304
  • 明美層 233
  • 雌岳流紋岩 275
  • メタセコイア植物群 215,233
  • 目津累層 193,209
  • 桃山断層 315
  • ■や
  • 夜久野オフィオライト 84,88,90
  • 夜久野岩類 84,86,87
  • 夜久野酸性岩類 86
  • 夜久野層群 84,85,86
  • 野洲川層群 104
  • 安川累層 153
  • 安富断層 324
  • 矢田川花崗岩 191
  • 矢田川層群 174,191
  • 八ヶ丸山層 177
  • 柳ヶ瀬-関ヶ原断層帯 333
  • 柳ヶ瀬-養老断層系 333
  • 柳ヶ瀬断層 312,334
  • 梁瀬断層 41,145
  • 養父亜層群 266
  • 山粕累層 203
  • 山崎層 96
  • 山崎断層(系・帯) 313,323,325
  • 山下-桜井シンフォーム 4
  • 山下シンフォーム 95
  • 山田断層 328
  • 大和鉱山 361
  • 湯浅層 3,166
  • 湯屋谷累層 203
  • 湯川層 146
  • 湯川断層 146
  • 湯川ユニット 149
  • 油谷断層 354
  • 油谷累層 229
  • 諭鶴羽山地 356
  • 湯ノ花泥炭層 244
  • 湯舟川黒色頁岩層 199
  • 湯谷礫岩層 249
  • 由良川コンプレックス 98
  • ユーラシアプレート 293
  • 由良断層帯 356
  • 由良ユニット 124
  • 八日市累層 256
  • 八鹿累層 198,199,249,264,267
  • 溶結凝灰岩 115
  • 養老-桑名-四日市断層帯 333
  • 養老断層(崖) 312,334,336
  • 横大路火山灰層 228
  • 吉野地震 294
  • 四日市港-鈴鹿沖断層 333
  • 四日市港断層 334
  • 四日市断層 337
  • ■ら
  • 離宮の水 368
  • 竜神層 148
  • 竜門岳岩英閃緑岩 179
  • 領家花崗岩類 31
  • 領家-山陽帯 29,173
  • 領家帯 29,76,173
  • 領家内部剪断帯 106
  • 領家南縁剪断帯 106
  • 領家変成帯 19,31,73,96,104,110,127
  • 領石型植物化石 166
  • 霊仙山層 103
  • 鹿野園礫層 239
  • 六甲-淡路島断層帯 314
  • 六甲花崗岩 190
  • 六甲山地 392
  • 六甲断層 319
  • 六甲南縁断層帯 319
  • 六甲変動 6,69,232
  • ■わ
  • 和歌山北断層 331,354
  • 脇出層群 172
  • 山葵谷コンプレックス 130
  • 和田地すべり 397
  • 和田岬断層 321
  • 和束谷断層 238
  • 和深累層 154

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで