サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

名古屋情熱時代 : 報道写真集 : 昭和20年~30年代発掘

元名古屋タイムズ編集局スタッフ 編

詳細情報

タイトル 名古屋情熱時代 : 報道写真集 : 昭和20年~30年代発掘
著者 元名古屋タイムズ編集局スタッフ 編
著者標目 元名古屋タイムズ編集局スタッフ
出版地(国名コード) JP
出版地名古屋
出版社樹林舎
出版年月日等 2009.2
大きさ、容量等 272p ; 31cm
注記 年表あり
ISBN 9784902731248
価格 4743円
JP番号 21561491
NS-MARC番号 106222300
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 名古屋市--歴史--写真集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC133
NDC(9版) 215.5 : 中部地方:東山・東海地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 名古屋情熱時代 : 報道写真集 : 昭和20年~30年代発掘
  • 目次
  • 「情熱の記録」 3
  • 第一章 夕刊の鈴は鳴る 9
  • 第一章 焦土のかなたの松坂屋
  • 第一章 占領軍放出のパイプたばこに殺到
  • 第一章 覚王山に響く安らかな足音
  • 第一章 名古屋市警初の婦人警官拳銃講習会
  • 第一章 伏見通にマッカーサー元帥の肖像画
  • 第一章 アメリカ中古衣料即売会
  • 第一章 全国で初めて自動車練習道路
  • 第一章 名古屋市役所で迷彩落とし
  • 第一章 名古屋タイムズ本社があった旧中日会館
  • 第一章 錦通の拡幅と高速度鉄道
  • 第一章 テレビ塔下の凧揚げ
  • 第二章 ニュースの宝庫へ 33
  • 第二章 瑞穂区・牛巻通発展会
  • 第二章 雁道通発展会大売り出し
  • 第二章 盛り場エレジー「栄楽天地」
  • 第二章 東仁王門通の東端アーチ、完成
  • 第二章 大須万松寺通りの商店街
  • 第二章 酒と流しのギター弾き
  • 第二章 弁天通発展会の入り口
  • 第二章 大須大提灯と仁王門通
  • 第二章 白キツネが稲荷、再建
  • 第二章 皇太子御成婚まであと一カ月
  • 第二章 北区・大曽根本通アーケード街
  • 第二章 コラム 今はびっくり流行と風俗 52
  • 第三章 遥かなる球音 55
  • 第三章 戦後初の米大リーグ・シールズ来名
  • 第三章 東山スタヂアムの女子プロ野球
  • 第三章 三ツ目お化け
  • 第三章 中日スタジアム、炎上
  • 第三章 国鉄・名古屋八事球場
  • 第三章 超満員のスケート場
  • 第三章 金山体育館での大相撲
  • 第三章 熱田祭奉賛オートバイレース
  • 第三章 日本初の国産車公道レース
  • 第三章 日本一Vパレード
  • 第三章 東洋劇場
  • 第三章 丸栄ピカデリー劇場
  • 第三章 銀幕全盛期の朝日会館
  • 第三章 名門映画館八重垣劇場
  • 第三章 志摩町・桜映画劇場
  • 第三章 鈴蘭通のスズラン東映
  • 第三章 覚王山スバル座
  • 第三章 名古屋スポーツセンター
  • 第三章 名古屋パレスダンスホール
  • 第三章 中央劇場で「誘惑豆まき」
  • 第三章 「ヌードスタア募集」
  • 第三章 大人も子供もキャバレー満喫
  • 第三章 森永エンゼル球場少年野球の熱気
  • 第三章 力道山、最後の試合
  • 第三章 コラム 昭和二十年代の出来事と風景 その1 102
  • 第四章 記者たちは走った 105
  • 第四章 絵日傘とショートスカート
  • 第四章 密造酒摘発に大山鳴動
  • 第四章 ワンワン三輪車、登場
  • 第四章 名古屋市警南署の年末防犯運動
  • 第四章 栄・明治屋前の輪タク
  • 第四章 下着の新作発表宣伝ショー
  • 第四章 弘法大師像の発掘
  • 第四章 テレビは家庭のレクリエーション
  • 第四章 乗り物の変遷仮装行列
  • 第四章 桃巌寺二弁財天開眼式
  • 第四章 高額紙幣「五千円札」登場
  • 第四章 電飾で輝く広小路の歳末
  • 第四章 師走の演技者「サンドイッチマン」
  • 第四章 守山市龍泉寺で節分会
  • 第四章 大名古屋ビル屋上ビアガーデンの盛況
  • 第四章 コラム 先輩名古屋人の技術と知恵 132
  • 第五章 歴史への旅 135
  • 第五章 織田信秀公の開基塔
  • 第五章 「ブギの女王」笠置シズ子、大暴れ
  • 第五章 子供たちの夢「象列車」
  • 第五章 守山町の赤い羽根共同募金
  • 第五章 愛知国体、自転車でゴー
  • 第五章 ますます暑い納涼ダンスパーテー
  • 第五章 日本脳炎消毒班がいく
  • 第五章 舎人町芸者と花街祭
  • 第五章 熱田神宮のおさい銭
  • 第五章 名港に米潜水艦入港
  • 第五章 テレビ塔骨組み建設始まる
  • 第五章 愛知郡天白村名古屋市に編入
  • 第五章 嫁見お練り行列
  • 第五章 ロカビリー名古屋に初登場
  • 第五章 区界変更の住民投票
  • 第五章 集団就職
  • 第五章 愛知県庁前の宇宙博
  • 第五章 若宮大通を戦車がパレード
  • 第五章 とんかつ祭り名古屋大会
  • 第五章 コラム 昭和二十年代の出来事と風景 その2 174
  • 第六章 うるわしの都 177
  • 第六章 清水口の白竜さん
  • 第六章 伏見通「モミの木は残った」
  • 第六章 市電三十周年の「香水・氷柱電車」
  • 第六章 栄町交差点・忠犬チロ
  • 第六章 名駅前、砂利道を囲むビル建築ラッシュ
  • 第六章 アメリカ村返還後はディズニーランド?
  • 第六章 若宮大通
  • 第六章 大須・岩井通線を走る名古屋まつり花電車
  • 第六章 前面展望車のパノラマカー登場
  • 第六章 大曽根名物交通の難所
  • 第六章 港区一、二号地横運河埋め立て
  • 第六章 広小路・江戸時代の囚獄跡
  • 第六章 堀留下水処理場の移転
  • 第六章 名鉄・鳴海一号踏切、ひとも車も大渋滞
  • 第六章 地域の台所緑区・鳴海市場
  • 第六章 コラム 名古屋の初物語 208
  • 第七章 「我が家の星」たち 211
  • 第七章 街角の風物詩・紙芝居屋さん
  • 第七章 市立城山中学校
  • 第七章 足踏みベビースクーター
  • 第七章 幌馬車で荒野を通園
  • 第七章 待ちかねた梅雨明け振甫子供プール
  • 第七章 大須観音境内のハト
  • 第七章 オリエンタル中村にブリキのロボット登場
  • 第七章 短命な大流行フラフープ
  • 第七章 幼い夢・正月玩具
  • 第七章 コラム 昭和三十年代の出来事と風景 その1 228
  • 第八章 名古屋、変貌の今昔 231
  • 第八章 別世界、アメリカ村
  • 第八章 名古屋刑務所移転問題が浮上
  • 第八章 刑務所移転後跡地に公園を整備
  • 第八章 「痛」勤電車
  • 第八章 パーキングメーター名古屋に登場
  • 第八章 はね上げ橋・港新橋
  • 第八章 一、二号運河で筏一本乗り
  • 第八章 駅舎から名古屋を一望
  • 第八章 救世軍社会鍋募金
  • 第八章 壮大な移転計画「仏教墓地」構想
  • 第八章 中京国営競馬場下見所
  • 第八章 代官町、筒井町に「水着の女王」現る
  • 第八章 野球ファンを沸かせた鳴海球場
  • 第八章 納屋橋ピンクビル
  • 第八章 変則五差路の鶴舞交差点
  • 第八章 大須球場のチビっ子
  • 第八章 御木曳行事がゆく熱田さんへの道
  • 第八章 歳末・夜の広小路に灯りが戻る
  • 第八章 円頓寺通にスズラン灯
  • 第八章 地上九十メートルテレビ塔からの絶景
  • 第八章 鶴舞スタジアムで土佐犬闘技大会
  • 第八章 テレビ塔の見える「伊勢町証券街」
  • 第八章 西洲崎町のバラック
  • 第八章 笠寺観音通のにぎわい
  • 第八章 新堀川、秋の大掃除
  • 第八章 円頓寺商店街から新春のテレビ塔
  • 第八章 市電今池南電停の安全地帯
  • 第八章 中区大池町界わい
  • 第八章 名門「沢上」、名古屋一狭い商店街
  • 第八章 名古屋温泉ドリームセンター
  • 第八章 地上七十メートル、巨大くす玉から栄を一望
  • 第八章 コラム 昭和三十年代の出来事と風景 その2 264
  • 休刊対談 二村利之氏,舟橋武志氏 266
  • 昭和20~30年代のできごと 270

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで