サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ナーシング・グラフィカ 21

櫻井, 尚子,渡部, 月子,臺, 有桂

詳細情報

タイトル ナーシング・グラフィカ
著者標目 櫻井, 尚子
著者標目 渡部, 月子
著者標目 臺, 有桂
出版地(国名コード) JP
出版地吹田
出版社メディカ出版
出版年月日等 2009.2
大きさ、容量等 308p ; 30cm
注記 索引あり
ISBN 9784840425445
価格 3400円
JP番号 21641135
NS-MARC番号 106055000
巻次 21
別タイトル Nursing graphicus
別タイトル 地域療養を支えるケア : 在宅看護論 : 第2版
別タイトル Nursing graphicus
部分タイトル 地域療養を支えるケア : 在宅看護論 : 第2版 / 櫻井尚子, 渡部月子, 臺有桂 編
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 地域看護--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 訪問看護
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC841
NDC(9版) 492.9 : 臨床医学.診断・治療
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • ナーシング・グラフィカ. 21
  • contents
  • はじめに iii
  • 本書の特徴 v
  • 1 在宅看護の概念
  • 1 1 地域療養を支える看護 2
  • 1 1 1 在宅看護とは 2
  • 1 1 2 個人を対象とする在宅看護 3
  • 1 1 3 集団を対象とする在宅看護 5
  • 1 2 日本の在宅看護の歴史と現状 7
  • 1 2 1 日本の在宅看護の変遷と社会背景 7
  • 1 2 2 在宅看護が必要とされる社会背景 10
  • 1 3 在宅ケアと在宅看護 14
  • 1 3 1 在宅チームケアの意義 14
  • 1 3 2 在宅ケアの目的 15
  • 1 3 3 在宅ケアにおける看護の特徴 17
  • 1 3 4 継続看護の視点 18
  • 1 3 5 在宅ケアチームにおける看護職の役割 19
  • 1 4 在宅看護の倫理と基本理念 19
  • 1 4 1 療養者中心の医療・看護 19
  • 1 4 2 看護の倫理 20
  • 1 4 3 療養者の権利に関わる宣言・報告 21
  • 1 4 4 アドボカシー 22
  • 1 4 5 エンパワメントによる支援 23
  • 1 4 6 パートナーシップ 25
  • 1 4 7 ヘルスプロモーション 25
  • 2 在宅療養者と家族の支援
  • 2 1 在宅療養を必要とする人たち 30
  • 2 1 1 高齢者 30
  • 2 1 2 難病患者(児) 30
  • 2 1 3 心身障害者(児) 33
  • 2 1 4 精神障害者(児) 34
  • 2 2 在宅療養の成立条件 35
  • 2 2 1 本人が在宅療養を希望していること 35
  • 2 2 2 家族に在宅療養を受け入れる意思があること 35
  • 2 2 3 療養できる居住環境が整備されていること 35
  • 2 2 4 地域に医療・看護の提供機関があること 35
  • 2 2 5 地域に在宅ケアシステムが整っていること 36
  • 2 2 6 在宅療養をコーディネートする介護支援専門員が身近にいること 36
  • 2 3 在宅療養者への看護活動 37
  • 2 3 1 個別健康支援 37
  • 2 3 2 地域ケアシステムの活用・改善 42
  • 2 3 3 医療機関・施設と居宅を結ぶ看護 43
  • 2 4 在宅看護と家族 48
  • 2 4 1 家族とは 48
  • 2 4 2 家族と看護 53
  • 2 5 家族の介護負担とその軽減 55
  • 2 5 1 在宅療養生活と家族 56
  • 2 5 2 介護負担に影響する要因 60
  • 2 5 3 介護負担軽減に向けた家族の支援 63
  • 3 在宅療養を支える看護
  • 3 1 訪問看護の特徴 68
  • 3 1 1 訪問看護とは 68
  • 3 1 2 訪問看護の制度と現状 68
  • 3 1 3 訪問看護における看護職 74
  • 3 2 在宅ケアを支える訪問看護ステーション 76
  • 3 2 1 訪問看護ステーションの設置と管理運営 76
  • 3 2 2 従事者 77
  • 3 2 3 対象者 77
  • 3 2 4 サービス内容 77
  • 3 2 5 サービスの流れ 78
  • 3 2 6 利用料 78
  • 3 3 地域包括支援センター 80
  • 3 4 訪問看護の実践 82
  • 3 4 1 訪問看護における看護過程の特徴 82
  • 3 4 2 訪問看護過程の実際 83
  • 3 4 3 家庭訪問・初回訪問 91
  • 3 5 訪問看護の記録 93
  • 3 5 1 訪問看護記録の意義 93
  • 3 5 2 訪問看護で使用する記録 96
  • 3 5 3 訪問看護記録を記入するときの留意点 97
  • 3 6 在宅ケアにおける感染症 98
  • 3 6 1 対応のポイント 98
  • 3 6 2 在宅療養者によくみられる感染症 101
  • 4 在宅ケアの連携とマネジメント
  • 4 1 地域包括ケアシステムと在宅ケア 108
  • 4 1 1 地域包括ケアシステム 108
  • 4 1 2 在宅ケアのシステムとチーム 116
  • 4 2 ケアマネジメントと看護 122
  • 4 2 1 ケアマネジメントとケアマネジャー 122
  • 4 2 2 ケアマネジメントの過程 126
  • 4 3 関連職種との連携 135
  • 4 3 1 連携・協働を推進するポイント 136
  • 4 3 2 会議(カンファレンス)の活用 136
  • 4 4 在宅ケアシステムの実際 142
  • 4 4 1 難病在宅ケアシステム 142
  • 4 4 2 徘徊高齢者SOSネットワーク 145
  • 5 在宅ケアを支える制度と社会資源
  • 5 1 社会資源の活用 150
  • 5 1 1 介護の人的資源 150
  • 5 1 2 介護の物的資源 150
  • 5 1 3 社会資源活用における看護職の役割 151
  • 5 2 在宅ケアを支える医療保険制度 152
  • 5 2 1 医療保険制度 152
  • 5 2 2 医療給付 153
  • 5 2 3 健康保険法で定められている金銭給付 154
  • 5 2 4 生活保護 157
  • 5 3 高齢者を支える制度と社会資源 157
  • 5 3 1 高齢者に対する施策の歴史 157
  • 5 3 2 高齢者の保健事業と医療 158
  • 5 3 3 高齢者保健福祉施策 159
  • 5 3 4 介護保険制度 160
  • 5 3 5 高齢者を支える取り組み,法律 169
  • 5 4 障害者の在宅療養を支える制度と社会資源 171
  • 5 4 1 障害者に対する施策の歴史 171
  • 5 4 2 障害の分類 171
  • 5 4 3 障害者手帳 173
  • 5 4 4 障害者自立支援法 174
  • 5 4 5 身体障害者補助犬法 179
  • 5 4 6 障害者雇用促進法(改正) 179
  • 5 4 7 障害者の歯科医療 180
  • 5 4 8 障害者を支える手当・年金 180
  • 5 5 在宅難病療養者を支える制度と社会資源 182
  • 5 5 1 難病療養者に対する施策の歴史 182
  • 5 5 2 難病療養者に対する制度 182
  • 5 6 子どもの在宅療養を支える制度と社会資源 186
  • 5 6 1 子どもを対象とする公費負担医療助成 186
  • 5 6 2 子どもの在宅療養を支える手当・年金 186
  • 5 6 3 子どもの在宅療養を支える日常生活援助 187
  • 5 7 在宅療養者の権利を擁護する制度と社会資源 188
  • 5 7 1 権利擁護とは 188
  • 5 7 2 日常生活自立支援事業(福祉サービスの利用援助) 188
  • 5 7 3 成年後見制度 188
  • 5 7 4 任意後見制度 189
  • 5 7 5 オンブズマン制度 189
  • 6 事例にみる在宅看護
  • 6 1 在宅での生活を希望する脳卒中後遺症のある高齢者 192
  • 6 1 1 電話で得られたAさん(82歳,女性)の情報 192
  • 6 1 2 初回訪問時の状況 193
  • 6 1 3 その後の経過 194
  • 6 2 感染症が疑われる在宅酸素療法中の療養者 197
  • 6 2 1 Cさん(75歳,男性)の情報 197
  • 6 2 2 退院後の状況 199
  • 6 2 3 ショートステイ後の状況 199
  • 6 3 在宅の認知症高齢者 201
  • 6 3 1 Dさん(78歳,女性)の情報 201
  • 6 3 2 受診前後の状況 202
  • 6 3 3 その後の状況 202
  • 6 4 24時間ケアを要する難病療養者 205
  • 6 4 1 Fさん(42歳,男性)の情報 205
  • 6 4 2 生活支援 210
  • 6 5 ターミナル期の療養者 213
  • 6 5 1 Hさん(49歳,女性)の情報 213
  • 6 5 2 退院までのプロセス 215
  • 6 5 3 退院時の状況 215
  • 6 5 4 退院3日目の訪問時の状況 216
  • 6 5 5 退院3カ月後の状況 217
  • 6 6 夜間の緊急訪問依頼とその後の経過 217
  • 6 6 事故により中途障害者となった青年へのケア 218
  • 6 6 1 Iさん(25歳,男性)の情報 218
  • 6 6 2 訪問看護時の状況 219
  • 6 7 在宅での生活を希望する精神障害者 221
  • 6 7 1 Jさん(45歳,男性)の情報 221
  • 6 7 2 訪問後の状況 222
  • 6 8 地域で療養する子ども 225
  • 6 8 1 Kさん(10歳,女児)の情報 225
  • 6 8 2 退院直後の状況 226
  • 6 8 3 退院15日後の状況 228
  • 6 8 4 母親の急病 228
  • 7 在宅における援助技術
  • 7 1 食の援助 232
  • 7 1 食のアセスメント 232
  • 7 1 援助の実際 233
  • 7 1 嚥下訓練 234
  • 7 1 摂食障害時の援助 235
  • 7 2 清潔の援助 239
  • 7 2 清潔のアセスメント 239
  • 7 2 援助の実際 240
  • 7 2 在宅における褥瘡ケア 242
  • 7 3 移動の援助 245
  • 7 3 移動に関するアセスメント 245
  • 7 3 援助の実際 246
  • 7 4 排泄の援助 248
  • 7 4 排泄状態のアセスメント 248
  • 7 4 援助の実際 249
  • 7 5 呼吸の援助 256
  • 7 5 呼吸のアセスメント 256
  • 7 5 援助の実際 257
  • 7 6 服薬管理 263
  • 7 6 服薬管理の実際 263
  • 7 7 腹膜透析(CAPD)の援助 266
  • 7 7 在宅CAPDの実際 267
  • 7 8 ターミナル期の援助 270
  • 7 8 ターミナルケアの実際 271
  • 付録 やってみよう!訪問看護演習 276
  • 6章 設問解答・解説 280
  • 看護師国家試験出題基準(平成15年版)対照表 301
  • 保健師国家試験出題基準(平成15年版)対照表 302
  • 索引 304

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで