サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

脳動脈瘤

宝金清博 編

詳細情報

タイトル 脳動脈瘤
著者 宝金清博 編
著者標目 宝金, 清博, 1954-
著者標目 佐伯, 直勝
著者標目 伊達, 勲, 1957-
著者標目 宝金, 清博, 1954-
シリーズ名 脳神経外科エキスパート
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中外医学社
出版年月日等 2009.2
大きさ、容量等 280p ; 27cm
注記 シリーズの編者: 佐伯直勝, 伊達勲, 宝金清博, 高安正和
注記 索引あり
ISBN 9784498128484
価格 12000円
JP番号 21631563
NS-MARC番号 106079000
出版年(W3CDTF) 2009
件名(キーワード) 脳動脈瘤
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC537
NDC(9版) 494.627 : 外科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 脳動脈瘤
  • 目次
  • 1 治療法選択の原則 <宝金清博> 1
  • 1 1. 脳動脈瘤治療の目標設定 1
  • 1 2. 情報の重要性 3
  • 1 2. a) 動脈瘤そのものの情報 4
  • 1 2. b) 周辺構造との関連 5
  • 1 2. c) 治療戦略に関する情報 7
  • 1 2. d) 開頭術(クリッピング)か,コイル塞栓術か? 8
  • 1 3. 患者と医師との情報共有と意思決定 11
  • 2 血管内外科治療の選択 <江面正幸,松本康史> 14
  • 2 1. 瘤内閉塞療法 14
  • 2 1. a) 離脱型バルーンの時代 14
  • 2 1. b) 離脱型コイルの出現 14
  • 2 1. c) ISAT 14
  • 2 1. d) 瘤内塞栓療法と開頭クリッピング術の違い 16
  • 2 1. e) 瘤内塞栓療法の選択 17
  • 2 1. f) 実際の対応 17
  • 2 2. 親血管閉塞療法 19
  • 2 3. 動脈瘤に対する脳血管内治療の展望 20
  • 3 外科治療の選択 <塩川芳昭> 22
  • 3 1. 治療選択に影響を与える因子と外科治療 22
  • 3 1. a) 動脈瘤固有の問題 22
  • 3 1. b) 患者背景 22
  • 3 1. c) 医療環境の問題 23
  • 3 2. コイリングと対比させた場合のクリッピングの優位性 23
  • 3 3. 外科治療の選択の根拠 24
  • 3 4. クリッピング以外の外科治療の選択 25
  • 3 4. a) クリップを用いない動脈瘤頸部の閉塞ないし補強 25
  • 3 4. b) 親動脈の治療的閉塞 25
  • 4 画像診断
  • 4 A. CT scan(3D-CTA) <佐々木真理> 27
  • 4 A. 1. 頭部単純CT 27
  • 4 A. 2. 3D-CTA 27
  • 4 B. MRアンジオグラフィー(MRA) <井田正博> 31
  • 4 B. 1. TOF MRAの撮像原理 31
  • 4 B. 1. a) MRI撮像の原理 31
  • 4 B. 1. b) MRI撮像シーケンス 32
  • 4 B. 1. c) 血流のMR信号の原理 33
  • 4 B. 2. MRAによる脳動脈瘤の読影と診断に際しての基本事項 36
  • 4 B. 2. a) TOF MRA信号の特徴 36
  • 4 B. 2. b) FSE法T2強調画像のflow voidの特徴 39
  • 4 B. 2. c) FSE法FLAIRの有用性 39
  • 4 B. 2. d) 造影MRAの原理と有用性 40
  • 4 B. 2. e) 画像viewerにおける基本事項 46
  • 4 C. DSA:脳動脈瘤の診断と治療における脳血管造影装置の進歩 <安陪等思,広畑優> 47
  • 4 C. a) 脳動脈瘤の診断における各種modalityを概観 47
  • 4 C. b) 現代のDSA装置に求められる基本性能 48
  • 4 C. c) 脳血管内治療に役立つアプリケーション 48
  • 4 C. d) 治療後の経過観察 49
  • 4 C. e) デジタルデータの利点を活用 49
  • 4 C. f) 放射線被曝の低減化への努力 50
  • 5 脳動脈瘤の外科治療のルーチン
  • 5 A. 内頸動脈瘤 52
  • 5 A. 1. 海綿静脈洞部動脈瘤 <近藤礼,嘉山孝正> 52
  • 5 A. 1. a) 手術適応と術式の選択 52
  • 5 A. 1. b) 手術手技 54
  • 5 A. 1. c) 合併症の予防・対策 58
  • 5 A. 2. 内頸動脈傍床部動脈瘤 <河本俊介> 60
  • 5 A. 2. a) 手術プラン 60
  • 5 A. 2. b) 開頭 60
  • 5 A. 2. c) 硬膜内操作(前床突起削除以降) 63
  • 5 A. 2. d) クリッピングのコツ 66
  • 5 A. 2. e) 合併症とその予防 69
  • 5 A. 3. 内頸動脈-後交通動脈瘤,内頸動脈-前脈絡叢動脈瘤,内頸動脈先端部動脈瘤 <波出石弘> 71
  • 5 A. 3. a) 手術プラン 71
  • 5 A. 3. b) 開頭 72
  • 5 A. 3. c) 硬膜内操作(Sylvius裂の開放) 72
  • 5 A. 3. d) クリッピングのコツ 78
  • 5 A. 3. e) 合併症とその予防 81
  • 5 B. 前大脳動脈瘤 83
  • 5 B. 1. 前大脳動脈水平部動脈瘤 <佐々木雄彦> 83
  • 5 B. 1. a) 手術プラン 83
  • 5 B. 1. b) 開頭 85
  • 5 B. 1. c) 硬膜内操作 86
  • 5 B. 1. d) クリッピングのコツ 87
  • 5 B. 1. e) 合併症とその予防 88
  • 5 B. 2. 前交通動脈瘤 <中山若樹> 90
  • 5 B. 2. a) 手術プラン 90
  • 5 B. 2. b) interhemispheric approach 90
  • 5 B. 2. c) pterional approach 102
  • 5 B. 3. 前大脳動脈末梢部動脈瘤 <佐々木雄彦> 106
  • 5 B. 3. a) 手術プラン 106
  • 5 B. 3. b) 開頭 108
  • 5 B. 3. c) 硬膜内操作 110
  • 5 B. 3. d) クリッピングのコツ 112
  • 5 B. 3. e) 合併症とその予防 112
  • 5 C. 中大脳動脈瘤 <吉田貴明,好本裕平> 114
  • 5 C. 1. 中大脳動脈分岐部動脈瘤 114
  • 5 C. 1. a) 手術プラン 114
  • 5 C. 1. b) 開頭 115
  • 5 C. 1. c) 硬膜内操作 117
  • 5 C. 1. d) クリッピングのコツ 118
  • 5 C. 1. e) 合併症とその予防 120
  • 5 C. 2. 中大脳動脈水平部動脈瘤 120
  • 5 C. 2. a) 手術プラン 120
  • 5 C. 2. b) 開頭 121
  • 5 C. 2. c) 硬膜内操作 121
  • 5 C. 2. d) クリッピングのコツ 121
  • 5 C. 3. 中大脳動脈末梢部動脈瘤 121
  • 5 C. 3. a) 手術プラン 121
  • 5 C. 3. b) 開頭 121
  • 5 C. 3. c) 硬膜内操作 121
  • 5 C. 3. d) クリッピングのコツ 121
  • 5 D. 脳底動脈先端部動脈瘤 <森本哲也> 123
  • 5 D. a) 体位と頭位 125
  • 5 D. b) 開頭 125
  • 5 D. c) 硬膜内操作 125
  • 5 D. d) クリッピングのコツ 127
  • 5 D. e) 合併症とその予防 130
  • 5 E. 椎骨動脈-後下小脳動脈分岐部動脈瘤 <安井敏裕> 131
  • 5 E. a) 手術プラン 132
  • 5 E. b) 開頭 132
  • 5 E. c) 硬膜内操作 134
  • 5 E. d) クリッピングのコツ 135
  • 5 E. e) 合併症とその予防 135
  • 6 特殊な動脈瘤の外科治療
  • 6 A. 巨大動脈瘤 <石川達哉> 137
  • 6 A. 1. 海綿静脈洞部内頸動脈巨大動脈瘤 138
  • 6 A. 2. 傍鞍部巨大内頸動脈瘤 140
  • 6 A. 2. a) 圧迫症状を呈したもの 140
  • 6 A. 2. b) 未破裂脳動脈瘤(圧追症状のないもの,あるいは軽度なもの) 143
  • 6 A. 3. 破裂巨大脳動脈瘤 145
  • 6 A. 4. 椎骨脳底動脈系の巨大脳動脈瘤 147
  • 6 B. 血栓化動脈瘤 <堀内哲吉,本郷一博> 152
  • 6 B. a) 手術プラン 153
  • 6 B. b) 皮膚切開,開頭 154
  • 6 B. c) 治療方法 154
  • 6 B. d) 合併症とその予防 162
  • 6 C. 解離性脳動脈瘤-解離性椎骨動脈瘤の安全なトラッピング術 <水谷徹> 163
  • 6 C. a) 手術プラン 163
  • 6 C. b) 体位と皮膚切開,開頭 163
  • 6 C. c) 硬膜内操作 164
  • 6 C. d) OA(後頭動脈)の確保 169
  • 6 C. e) 硬膜内操作 171
  • 6 C. f) OA-PICA吻合 172
  • 7 血管内外科治療の基本
  • 7 A. 総論 <野中雅> 177
  • 7 A. a) 術前・術中・術後管理 177
  • 7 A. b) 基本手技の実際 178
  • 7 A. c) 術後フォローアップ 179
  • 7 A. d) 合併症 180
  • 7 B. 内頸動脈瘤 <野中雑> 182
  • 7 B. a) 適応決定におけるポイント 182
  • 7 B. b) 実際の手技 182
  • 7 B. c) 破裂例における違い 184
  • 7 B. d) 症例提示:標準的治療法 184
  • 7 B. e) 症例提示:advancedな治療法 186
  • 7 B. f) 治療成績 188
  • 7 B. g) 合併症 188
  • 7 C. 前交通動脈瘤 <阿音博史> 190
  • 7 C. a) 適応決定におけるポイント 190
  • 7 C. b) 実際の手技 190
  • 7 C. c) 破裂例における違い 192
  • 7 C. d) 前大脳動脈水平部(A1)動脈瘤 193
  • 7 C. e) 前大脳動脈末梢部(A2-A3)動脈瘤 194
  • 7 C. f) 症例提示:標準的治療法 194
  • 7 C. g) 症例提示:advancedな治療法 195
  • 7 C. h) 治療成績 196
  • 7 C. i) 合併症 196
  • 7 D. 中大脳動脈瘤 <大石英則> 198
  • 7 D. a) 適応決定におけるポイント 198
  • 7 D. b) 実際の手技 198
  • 7 D. c) 症例提示:標準的治療法 199
  • 7 D. d) 症例提示:advancedな治療法 200
  • 7 D. e) 合併症 201
  • 7 D. f) 治療結果とフォローアップ 201
  • 7 E. 椎骨・脳底動脈瘤 <卯田健> 203
  • 7 E. a) 適応決定におけるポイント 203
  • 7 E. b) 実際の手技 204
  • 7 E. c) 症例提示:標準的治療法 207
  • 7 E. d) 合併症 212
  • 8 破裂脳動脈瘤の急性期管理 <森脇寛,河野道宏> 217
  • 8 A. 術前管理 217
  • 8 A. 1. 病着から診断まで 217
  • 8 A. 2. 診断から根治治療まで 218
  • 8 A. 2. a) 再破裂予防と血圧管理 218
  • 8 A. 2. b) 呼吸・循環器系の合併症対策 219
  • 8 A. 2. c) 消化器系の合併症対策 220
  • 8 B. 手術戦略 220
  • 8 C. 術後管理 221
  • 8 C. 1. triple H therapy 221
  • 8 C. 2. 灌流ドレナージ 221
  • 8 C. 3. 見逃しのない日々のチェックポイント 222
  • 8 C. 4. 重症スパズムに対する治療 225
  • 8 C. 5. その他 226
  • 9 術中モニタリング <佐々木達也,佐久間潤,鈴木恭一> 228
  • 9 1. 運動誘発電位(MEP) 228
  • 9 1. a) 麻酔 228
  • 9 1. b) 記録法 229
  • 9 1. c) 症例提示 230
  • 9 1. d) 術中MEP所見と術後運動機能との相関 232
  • 9 2. 後脛骨神経刺激体性感覚誘発電位(下肢SEP) 232
  • 9 2. a) 麻酔 232
  • 9 2. b) 記録法 232
  • 9 2. c) 症例提示 233
  • 9 2. d) 術中下肢SEP所見と術後下肢運動機能との相関 234
  • 9 3. 視覚誘発電位(VEP) 234
  • 9 3. a) 麻酔 235
  • 9 3. b) 記録法 235
  • 9 3. c) 症例提示 236
  • 9 3. d) 術中VEPと術後視機能障害との相関 237
  • 10 脳動脈瘤手術の合併症 <井上智弘> 239
  • 10 1. 穿通枝障害およびその対策 239
  • 10 2. 主幹動脈閉塞および狭窄が並存する動脈瘤手術における合併症対策 251
  • 10 3. 動脈瘤手術の長期合併症(regrowth) 254
  • 11 未破裂脳動脈瘤
  • 11 A. 未破裂脳動脈瘤の疫学 <森田明夫,木村俊運,楚良繁雄> 258
  • 11 A. 1. 未破裂脳動脈瘤の種類・頻度と分布 258
  • 11 A. 2. 未破裂脳動脈瘤の症候 259
  • 11 A. 3. 未破裂脳動脈瘤の病態 261
  • 11 A. 4. 未破裂脳動脈瘤の自然経過と破裂・拡大・新生に関与する因子 261
  • 11 B. 未硬裂脳動脈瘤治療のガイドライン <野崎和彦> 267
  • 11 B. 1. 本邦における脳動脈瘤 267
  • 11 B. 2. 未破裂脳動脈瘤の破裂率 267
  • 11 B. 3. 医療機関の方針や技量 268
  • 11 B. 4. 患者背景 268
  • 11 B. 5. 未破裂脳動脈瘤治療のガイドラインの変遷 269
  • 11 B. 6. 今後に向けて 271
  • 11 C. 未破裂脳動脈瘤の治療選択 <宝金清博,秋山幸功> 273
  • 11 C. a) 治療の危険性 274
  • 11 C. b) 治療の費用対効果 275
  • 11 C. c) 治療ガイドライン 275
  • 索引 278
  • 索引
  • 3D-CT 71
  • 3D-CTA 27
  • あ行
  • インドシアニングリーン 88,113
  • 一時遮断 79
  • ウロキナーゼ 222
  • 運動誘発電位 228,228
  • エリル注 221
  • 栄養サポートチーム 223
  • 栄養療法 223
  • 遠位中大脳動脈瘤 121
  • 塩酸パパベリン 225
  • 塩酸ファスジル 221
  • 塩類喪失症候群 221,224
  • 嚥下障害 135
  • 大型動脈瘤 137
  • か行
  • カテーテルによる支援 206
  • カテコラミンサージ 219
  • ガドリニウム造影剤 40
  • ガドリニウム造影法 31
  • 下肢SEP 228,232
  • 下肢静脈エコー 54
  • 架橋静脈 91,93,107,109
  • 海綿静脈洞部巨大動脈瘤 138
  • 海綿静脈洞部動脈瘤 52
  • 解離性椎骨動脈瘤 214
  • 解離性動脈瘤 203
  • 外減圧 220
  • 緩和 31
  • 眼動脈 64
  • 眼動脈分岐部 66
  • 急性ストレス性胃潰瘍 220
  • 急性閉塞性水頭症 220
  • 嗅神経 92
  • 巨大動脈瘤 137,152
  • 虚血性合併症 212,239
  • 共鳴周波数 31
  • 橋前槽 220
  • クラッシュインダクション 217
  • クリッピング 22,274
  • グラディエントエコー法 32
  • くも膜下出血 22,27
  • 経皮的血管形成術 225
  • 頸静脈孔 134
  • 頸動脈エコー 54
  • 鶏冠 91
  • 血液プール効果 40
  • 血管縫合用のマイクロ鑷子 79
  • 血行再建術 153
  • 血栓化動脈瘤 152
  • 血栓塞栓症 196,201
  • 血糖コントロール 223
  • 顕微鏡視野(視軸) 82
  • 減圧開頭 220
  • コイリング 22
  • コイル塞栓術 177,274
  • 抗凝固療法 178
  • 抗血小板薬 196
  • 抗血小板療法 177
  • 後交通動脈 126
  • 後方循環動脈瘤 203
  • 後頸骨神経刺激体性感覚誘発電位 228,232
  • 硬膜輪 61,64
  • 切開 64
  • さ行
  • 嗄声 135
  • 再塞栓 196
  • 再破裂 23
  • 細菌性動脈瘤 121
  • 三次元回転血管造影 47
  • シンプルテクニック 205
  • 視覚誘発電位 228,234
  • 視神経鞘 63
  • 視神経損傷 69
  • 視野・視力障害 140
  • 自由減衰過程 33
  • 出血性合併症 212
  • 術中蛍光血管造影 88,113
  • 術中穿孔 192
  • 術中破裂 82
  • 術中モニタリング 153
  • 消化管出血 220
  • 症候性スパズム 221
  • 上下垂体動脈 69
  • 分岐部の動脈瘤 66
  • 上眼窩裂 61
  • 神経原性肺水腫 219
  • 親血管閉塞 19
  • 人工血管 56
  • ステントによる支援 207
  • スパズム 221
  • スピンエコー法 32
  • 髄液漏 69,70
  • 石灰化 124
  • 穿通枝 99,128,166
  • 梗塞 239
  • 障害 81,214
  • 選択バイアス 24
  • 選択的局所薬物動注 225
  • 前交通動脈瘤 190
  • 前床突起 61,125
  • 削除 61,144
  • 切除 79
  • 前脊髄動脈 166
  • 前大脳動脈水平部動脈瘤 193
  • 前大脳動脈末梢部動脈瘤 194
  • 前頭洞 91
  • 前脈絡叢動脈 78
  • た行
  • ダブルカテーテル法 191,206
  • 体性感覚誘発電位 228
  • 帯状回 111
  • 大孔 134
  • 縦磁化 31
  • 治療後の再発 23
  • 中大脳動脈水平部動脈瘤 120
  • 中大脳動脈分岐部動脈瘤 114
  • 中大脳動脈瘤 114,198
  • 直回 95
  • 椎骨解離性動脈瘤 163
  • 椎骨動脈-後下小脳動脈分岐部動脈瘤 131
  • 椎骨脳底動脈系の巨大脳動脈瘤 147
  • 椎骨脳底動脈瘤 203
  • デオキシヘモグロビン 39
  • デジタルデータ 49
  • 低体温法 148
  • 電解質異常 221,224
  • トラッピング術 163
  • ドップラー血流計 113
  • ドパミン 221
  • ドブタミン 221
  • 頭位 125
  • 頭蓋底硬膜 66
  • 頭蓋内圧 219
  • 亢進 220
  • 頭蓋内吻合 56
  • 頭半棘筋 170
  • 頭板状筋 170
  • 頭部単純CT 27
  • 動眼神経麻痺 140,260
  • 動脈硬化 251
  • 動脈瘤の大きさ 190
  • 動脈瘤手術 239
  • 動脈瘤穿孔 196,201
  • な行
  • ナビゲーションシステム 49
  • 内側線状体動脈 78
  • 内顕動脈傍床部動脈瘤 60
  • 内頸動脈瘤 182
  • 日本未破裂脳動脈瘤悉皆調査 258,268
  • 脳圧 219
  • 脳溜流圧 219
  • 脳室ドレーン 220
  • 脳室脳槽灌流 220,222
  • 脳槽ドレーン 222
  • 脳卒中リハビリテーション 226
  • 脳底動脈先端部巨大動脈瘤 215
  • 脳底動脈先端部動脈瘤 123,246
  • 脳動脈瘤 22
  • 脳べら 77,96,98
  • 脳梁周囲動脈 111
  • 脳梁膝部 93
  • 濃度分解能 48
  • は行
  • バッグバルブマスク 218
  • バルーン閉塞テスト 138
  • パラレルイメージング法 36
  • 廃用症候群 226
  • フィブリン糊 93
  • プリンペラン 219
  • プロトンポンプインヒビター 220
  • プロトン密度強調画像 27
  • 部分血栓化巨大動脈瘤 215
  • 部分血栓化大型動脈瘤 240
  • ヘモジデリン 39
  • 平均動脈圧 219
  • 平面検出器 47
  • 母血管の確保 98
  • 放射線被曝 50
  • 傍鞍部巨大内頸動脈瘤 140
  • 傍脳梁動脈 111
  • ま行
  • マイクロカテーテル 179
  • 慢性虚血 251
  • 未破裂脳動脈瘤 258,267,273
  • 破裂率 262
  • 未破裂瘤 197
  • メトクロプラミド 219
  • メトヘモグロビン 37
  • 網膜電図 235
  • や行・ら行・わ行
  • 横磁化 31
  • リアルタイム性 48
  • リスクマネージメント 11
  • リモデリングテクニック 206
  • リモデリング法 199
  • 離脱型バルーン 14
  • レイヤー 97
  • 励起 31
  • ワーキングアングル 190,198
  • A
  • A3A3 side to side anastomosis 244
  • ADH不適切分泌症候群 224
  • adjunctive technique 189
  • anterior & basal interhemispheric approach 90
  • anterior interhemispheric approach 90,107
  • anterior paramedian frontal craniotomy 106
  • arachnoid plasty 120
  • B
  • balloon occlusion test (BOT) 7,153
  • balloon test occlusion 53
  • basal interhemispheric approach 90,107
  • bioactive coil 189
  • bridging vein 130
  • BTO 138
  • Buddy wire法 204
  • C
  • callosal cistern 111
  • carotid cave 64,66
  • cerebellomedullary cistern 134
  • closure line 100
  • coil compaction 17
  • corpus callosum 106
  • cottonoid 129
  • CT angiography (CTA) 47
  • D
  • decision making 8
  • deep sylvian vein 76
  • denude technique 74
  • distal approach 115,117
  • distal dural ring 126
  • distal transsylvian approach 71,72
  • dome clipping 128
  • double clip technique 79
  • double insurance bypass 144
  • DPC 10
  • E
  • ECA-interposed RA graft-M2 bypass 141
  • electroretinogram (ERG) 235
  • end wall type 17
  • endovascular trapping 213
  • Enterprise 184
  • F
  • falciform ligament 62
  • FIESTA 5
  • Fisherのgroup分類 221
  • FLAIR 27
  • flat panel detector (FPD) 47
  • flow modulation 145,148
  • flow-related enhancement (FRE) 33
  • fronto-basal bridging vein 103
  • G・H
  • Gd 40
  • goose neck snare 204
  • GRE法 32
  • H2ブロッカー 220
  • hemodilution 221
  • herniated balloon technique 183
  • Heubner's artery 99,104
  • Heubner反回動脈 78,83
  • high flow bypass 53
  • high-velocity signal loss (HVSL) 33
  • hyervolemia 221
  • hypercompliant balloon 183
  • HyperForm 191,195,199
  • hypertension 221
  • hypothalamic artery 99,104
  • I・J
  • inferior wall type 120
  • inflow効果 35
  • interhemispheric approach 107
  • internal trapping 211
  • International Subarachnoid Aneurysm Trial (ISAT) 14,177
  • jugular foramen 164
  • jugular tubercle 164
  • L・M
  • lamina terminalis cistern 86
  • magnetic resonance angiography (MRA) 47
  • magnetization transfer (MT)パルス 37
  • mastoid air cells 133
  • mastoid emissary vein 133
  • Matas test 7
  • microvascular sylvian fissure 74
  • minor leak 27
  • MIP 36
  • morbidity and morality 3
  • motor evoked potential (MEP) 88,228
  • MPR 36
  • multi-clip法 118
  • multiple clipping 118
  • N
  • neck clipping 129
  • neck remnant 196
  • Neuro-Shaker 222
  • Neuroform stent 184
  • NNH 2
  • NNT 2
  • O
  • OA-PICAバイパス 163
  • olfactory trigone 86
  • olfactory vein 93
  • optic strut 62
  • P
  • paper knife technique 73
  • paraclinoid aneurysm 60
  • parallel 102
  • park-bench position 132
  • perpendicular 100
  • phase-contrast (PC)法 31
  • PICA 164
  • plexus cerebelli 131
  • point sucking 130
  • precommunicating segment 83
  • proximal approach 115,117
  • proximal control 132
  • proximal flow control 143,145
  • PTA 225
  • pterional approach 85,102,115,132
  • R
  • regrowth 254
  • retrograde approach法 207
  • retrograde suction decompression法 143
  • S
  • saphenous vein 52
  • SE法 32
  • shared decision making 271
  • side wall type 17
  • somatosensory evoked potential (SEP) 228
  • sphenoparietal sinus 76
  • standard lateral suboccipital approach 131
  • suction-decompression 60,154
  • superficial sylvian vein 72
  • superficial temporal artery-middle cerebral artery (STA- MCA) 53
  • superior nuchal line 133
  • superior wall type 120
  • SV 55
  • sylvian fissure 103
  • sylvian vein 103
  • Sylvius血腫 119
  • Sylvius槽 220
  • T
  • tandem clip technique 168
  • temporary clip 118,127
  • tension 94,96
  • tentative clip 87
  • tentative clipping 119
  • tight clipping 135
  • time-of-flight (TOF)法 31
  • trabecula 93,96
  • trans-condylar approach 148
  • transsylvian approasch 123
  • U・V・W
  • uncal artery 76
  • Unruptured Cerebral Aneurysm Study (UCASJapan) 258,268
  • V3-RA-P2バイパス 242
  • vasa vasorum 147
  • videoangiography 153
  • visual evoked potential (VEP) 228,234
  • volume rendering 28,36
  • wide neck 191,194,197

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで