The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

有機化学 上

マクマリー 著,伊東[ショウ], 児玉三明, 荻野敏夫, 深澤義正, 通元夫 訳

details

Title 有機化学
Author マクマリー 著
Author 伊東[ショウ], 児玉三明, 荻野敏夫, 深澤義正, 通元夫 訳
Personal Name (Author) McMurry, John
Personal Name (Author) 伊東, [ショウ], 1924-
Personal Name (Author) 児玉, 三明, 1940-
Personal Name (Author) 荻野, 敏夫, 1940-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher東京化学同人
Date 2009.2
Size & Duration 502, 17p ; 22cm
Description 原タイトル: Organic chemistry.7th ed
Description 索引あり
ISBN 9784807906987
Price 4500円
National Bibliography No.(JPNO) 21551699
NS-MARC No. 094432700
Volume
Parallel Title Organic chemistry.7th ed
Edition 第7版
Year of Publication(W3CDTF) 2009
Subject Heading(Keyword) 有機化学
NDLC PA312
NDC(9th revised) 437 : Organic chemistry
Original Lunguage (ISO639_2) eng : English
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 有機化学. 上
  • 目次
  • 1. 構造と結合
  • 1. 1・1 原子の構造:原子核 4
  • 1. 1・2 原子の構造:軌道 5
  • 1. 1・3 原子の構造:電子配置 7
  • 1. 1・4 化学結合論の発展 7
  • 1. 1・5 化学結合の性質:原子価結合法 12
  • 1. 1・6 sp3混成軌道とメタンの構造 14
  • 1. 1・7 sp3混成軌道とエタンの構造 15
  • 1. 1・8 sp2混成軌道とエテンの構造 16
  • 1. 1・9 sp混成軌道とアセチレンの構造 19
  • 1. 1・10 窒素,酸素,リン,硫黄の混成 21
  • 1. 1・11 化学結合の性質:分子軌道法 22
  • 1. 1・12 化学構造を書く 24
  • 1. 化学余話 化学物質の毒性とリスク 27
  • 1. まとめと重要語句 28
  • 1. 練習問題 29
  • 2. 極性共有結合:酸と塩基
  • 2. 2・1 極性共有結合:電気陰性度 35
  • 2. 2・2 極性共有結合:双極子モーメント 38
  • 2. 2・3 形式電荷 40
  • 2. 2・4 共鳴 42
  • 2. 2・5 共鳴構造の規則 44
  • 2. 2・6 共鳴構造を書く 45
  • 2. 2・7 酸と塩基:Bronsted-Lowryの定義 48
  • 2. 2・8 酸と塩基の強さ 49
  • 2. 2・9 pKa値を用いる酸塩基反応の予測 51
  • 2. 2・10 有機酸と有機塩基 52
  • 2. 2・11 酸と塩基:Lewisの定義 55
  • 2. 2・12 分子モデル 59
  • 2. 2・13 非共有結合性相互作用 59
  • 2. 化学余話 アルカロイド:天然に存在する塩基 62
  • 2. まとめと重要語句 63
  • 2. 練習問題 64
  • 3. 有機化合物:アルカンとその立体化学
  • 3. 3・1 官能基 70
  • 3. 3・2 アルカンとその異性体 76
  • 3. 3・3 アルキル基 80
  • 3. 3・4 アルカンの命名法 83
  • 3. 3・5 アルカンの性質 88
  • 3. 3・6 エタンの立体配座 89
  • 3. 3・7 他のアルカンの立体配座 91
  • 3. 化学余話 ガソリン 95
  • 3. まとめと重要語句 96
  • 3. 練習問題 97
  • 4. 有機化合物:シクロアルカンとその立体化学
  • 4. 4・1 シクロアルカンの命名法 103
  • 4. 4・2 シクロアルカンのシス-トランス異性 105
  • 4. 4・3 シクロアルカンの安定性:環のひずみ 108
  • 4. 4・4 シクロアルカンの立体配座 110
  • 4. 4・5 シクロヘキサンの立体配座 112
  • 4. 4・6 シクロヘキサンのアキシアル結合とエクアトリアル結合 114
  • 4. 4・7 一置換シクロヘキサンの立体配座 117
  • 4. 4・8 二置換シクロヘキサンの立体配座 120
  • 4. 4・9 多環式分子の立体配座 123
  • 4. 化学余話 分子力学 126
  • 4. まとめと重要語句 127
  • 4. 練習問題 127
  • 5. 有機反応の概観
  • 5. 5・1 有機反応の種類 133
  • 5. 5・2 有機反応はどのようにして起こるか:反応機構 135
  • 5. 5・3 ラジカル反応 136
  • 5. 5・4 極性反応 138
  • 5. 5・5 極性反応の例:エテンへのHBrの付加 142
  • 5. 5・6 極性反応機構での曲がった矢印の使用 145
  • 5. 5・7 反応の記述:平衡,反応速度,エネルギー変化 148
  • 5. 5・8 反応の記述:結合解離エネルギー 151
  • 5. 5・9 反応の記述:反応エネルギー図と遷移状態 153
  • 5. 5・10 反応の記述:中間体 155
  • 5. 5・11 生体内反応と実験室での反応との比較 158
  • 5. 化学余話 薬はどこから来るのか? 160
  • 5. まとめと重要語句 161
  • 5. 練習問題 162
  • 6. アルケン:構造と反応性
  • 6. 6・1 アルケンの工業的製法と用途 168
  • 6. 6・2 不飽和度の計算 170
  • 6. 6・3 アルケンの命名法 172
  • 6. 6・4 アルケンのシス-トランス異性 174
  • 6. 6・5 順位則:E, Z表示法 176
  • 6. 6・6 アルケンの安定性 180
  • 6. 6・7 アルケンの求電子付加反応 183
  • 6. 6・8 求電子付加の配向性:Markovnikov則 186
  • 6. 6・9 カルボカチオンの構造と安定性 190
  • 6. 6・10 Hammondの仮説 193
  • 6. 6・11 求電子付加の機構に対する証拠:カルボカチオンの転位 196
  • 6. 化学余話 テルペン:天然に存在するアルケン 198
  • 6. まとめと重要語句 200
  • 6. 練習問題 201
  • 7. アルケン:反応と合成
  • 7. 7・1 アルケンの製法:脱離反応概説 208
  • 7. 7・2 アルケンへのハロゲンの付加 209
  • 7. 7・3 アルケンへの次亜ハロゲン酸の付加:ハロヒドリンの生成 212
  • 7. 7・4 アルケンへの水の付加:オキシ水銀化 214
  • 7. 7・5 アルケンへの水の付加:ヒドロホウ素化 216
  • 7. 7・6 アルケンへのカルベンの付加:シクロプロパン合成 220
  • 7. 7・7 アルケンの還元:水素化 223
  • 7. 7・8 アルケンの酸化:エポキシ化とヒドロキシ化 226
  • 7. 7・9 アルケンの酸化:カルボニル化合物への開裂 230
  • 7. 7・10 アルケンへのラジカルの付加:ポリマー 232
  • 7. 7・11 生体内におけるアルケンへのラジカルの付加 236
  • 7. 化学余話 天然ゴム 238
  • 7. まとめと重要語句 239
  • 7. 反応のまとめ 240
  • 7. 練習問題 242
  • 8. アルキン:有機合成序論
  • 8. 8・1 アルキンの命名法 250
  • 8. 8・2 アルキンの製法:ジハロゲン化物の脱離反応 252
  • 8. 8・3 アルキンの反応:HXおよびX2の付加 252
  • 8. 8・4 アルキンの水和 255
  • 8. 8・5 アルキンの還元 258
  • 8. 8・6 アルキンの酸化的開裂 261
  • 8. 8・7 アルキンの酸性度:アセチリドアニオンの生成 261
  • 8. 8・8 アセチリドアニオンのアルキル化 263
  • 8. 8・9 有機合成序説 265
  • 8. 化学余話 有機合成の芸術性 269
  • 8. まとめと重要語句 270
  • 8. 反応のまとめ 270
  • 8. 練習問題 272
  • 9. 立体化学
  • 9. 9・1 鏡像異性体と四面体炭素 278
  • 9. 9・2 分子の対掌性の原因:キラリティー 280
  • 9. 9・3 光学活性 283
  • 9. 9・4 Pasteurの鏡像異性体の発見 285
  • 9. 9・5 立体配置表示のための順位則 286
  • 9. 9・6 ジアステレオマー 291
  • 9. 9・7 メソ化合物 293
  • 9. 9・8 ラセミ体とその分割 296
  • 9. 9・9 異性現象のまとめ 298
  • 9. 9・10 反応の立体化学:アキラルなアルケンへのH2Oの付加 300
  • 9. 9・11 反応の立体化学:キラルなアルケンへのH2Oの付加 301
  • 9. 9・12 窒素,リン,硫黄におけるキラリティー 303
  • 9. 9・13 プロキラリティー 304
  • 9. 9・14 自然におけるキラリティーとキラルな環境 307
  • 9. 化学余話 キラルな薬 309
  • 9. まとめと重要語句 310
  • 9. 練習問題 311
  • 10. 有機ハロゲン化物
  • 10. 10・1 ハロゲン化アルキルの命名法 321
  • 10. 10・2 ハロゲン化アルキルの構造 322
  • 10. 10・3 アルカンからのハロゲン化アルキルの合成:ラジカルハロゲン化 323
  • 10. 10・4 アルケンからのハロゲン化アルキルの合成:アリル位臭素化 327
  • 10. 10・5 アリルラジカルの安定性:共鳴の復習 329
  • 10. 10・6 アルコールからのハロゲン化アルキルの合成 331
  • 10. 10・7 ハロゲン化アルキルの反応:Grignard試薬 333
  • 10. 10・8 有機金属カップリング反応 335
  • 10. 10・9 有機化学における酸化と還元 337
  • 10. 化学余話 天然に存在する有機ハロゲン化合物 339
  • 10. まとめと重要語句 340
  • 10. 反応のまとめ 341
  • 10. 練習問題 342
  • 11. ハロゲン化アルキルの反応:求核置換と脱離
  • 11. 11・1 求核置換反応の発見 347
  • 11. 11・2 SN2反応 350
  • 11. 11・3 SN2反応の特性 352
  • 11. 11・4 SN1反応 360
  • 11. 11・5 SN1反応の特性 365
  • 11. 11・6 生体内置換反応 370
  • 11. 11・7 ハロゲン化アルキルの脱離反応:Zaitsev則 372
  • 11. 11・8 E2反応と重水素同位体効果 375
  • 11. 11・9 脱離反応とシクロヘキサンの立体配座 378
  • 11. 11・10 E1反応とE1cB反応 380
  • 11. 11・11 生体内脱離反応 382
  • 11. 11・12 反応性のまとめ:SN1,SN2,E1,E1cB,E2 383
  • 11. 化学余話 グリーンケミストリー 384
  • 11. まとめと重要語句 386
  • 11. 反応のまとめ 387
  • 11. 練習問題 388
  • 12. 構造決定:質量分析法と赤外分光法
  • 12. 12・1 低分子の質量分析法:扇形磁場型分析計 398
  • 12. 12・2 質量スペクトルの解釈 400
  • 12. 12・3 一般的な官能基の質量分析法 404
  • 12. 12・4 生物化学における質量分析法:飛行時間型質量分析計 407
  • 12. 12・5 分光法と電磁スペクトル 408
  • 12. 12・6 赤外分光法 411
  • 12. 12・7 赤外スペクトルの解釈 412
  • 12. 12・8 一般的な官能基の赤外スペクトル 416
  • 12. 化学余話 クロマトグラフィー:有機化合物の精製 420
  • 12. まとめと重要語句 422
  • 12. 練習問題 422
  • 13. 構造決定:核磁気共鳴分光法
  • 13. 13・1 核磁気共鳴分光法 428
  • 13. 13・2 NMR吸収の性質 430
  • 13. 13・3 化学シフト 434
  • 13. 13・4 13CNMR分光法:シグナルの平均化とFTNMR 435
  • 13. 13・5 13CNMR分光法の特徴 437
  • 13. 13・6 13CNMR分光法におけるDEPT法 440
  • 13. 13・7 13CNMR分光法の利用 443
  • 13. 13・8 1HNMR分光法とプロトンの等価性 444
  • 13. 13・9 1HNMR分光法の化学シフト 446
  • 13. 13・10 1HNMR吸収の積分:プロトン数 448
  • 13. 13・11 1HNMRスペクトルにおけるスピン-スピン分裂 449
  • 13. 13・12 より複雑なスピン-スピン分裂パターン 454
  • 13. 13・13 1HNMR分光法の利用 456
  • 13. 化学余話 磁気共鳴イメージング(MRI) 458
  • 13. まとめと重要語句 458
  • 13. 練習問題 459
  • 14. 共役化合物と紫外分光法
  • 14. 14・1 共役ジエンの安定性:分子軌道法 471
  • 14. 14・2 共役ジエンへの求電子付加:アリル型カルボカチオン 474
  • 14. 14・3 反応における速度支配と熱力学支配 478
  • 14. 14・4 Diels-Alder付加環化反応 480
  • 14. 14・5 Diels-Alder反応の特徴 481
  • 14. 14・6 ジエンポリマー:天然ゴムと合成ゴム 486
  • 14. 14・7 共役系の構造決定:紫外分光法 488
  • 14. 14・8 紫外スペクトルの解釈:共役の効果 490
  • 14. 14・9 共役,色,および視覚の化学 491
  • 14. 化学余話 光リソグラフィー 493
  • 14. まとめと重要語句 495
  • 14. 反応のまとめ 495
  • 14. 練習問題 496
  • 和文索引
  • 欧文索引

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here