サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

北熊井区誌

北熊井区誌編集委員会 編

詳細情報

タイトル 北熊井区誌
著者 北熊井区誌編集委員会 編
著者標目 北熊井区
出版地(国名コード) JP
出版地塩尻
出版社北熊井区誌刊行会
出版年月日等 2008.12
大きさ、容量等 503p 図版4枚 ; 22cm
注記 年表あり
価格 非売品
JP番号 21520989
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 塩尻市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC119
NDC(9版) 291.52 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 北熊井区誌
  • 目次
  • 口絵
  • 刊行のことば 北熊井区誌刊行委員長 北熊井区長 小松政幸
  • 北熊井区誌発刊に寄せて 塩尻市長 小口利幸
  • 例言
  • 第一編 自然
  • 第一編 第一章 北熊井の自然のあらまし 3
  • 第一編 第一章 第一節 地形・地質 3
  • 第一編 第一章 第二節 土壌 5
  • 第一編 第一章 第三節 陸水 7
  • 第一編 第一章 第四節 気象 7
  • 第一編 第一章 第五節 動物 8
  • 第一編 第一章 第六節 植物 9
  • 第一編 第二章 地質・地形 9
  • 第一編 第二章 第一節 構造地質 9
  • 第一編 第二章 第二節 第三系山地 10
  • 第一編 第二章 第二節 一 高ボッチ緑色凝灰岩泥岩層 13
  • 第一編 第二章 第二節 二 石英閃緑岩 14
  • 第一編 第二章 第三節 第四系の山麓部 14
  • 第一編 第二章 第三節 一 片丘礫層 14
  • 第一編 第二章 第三節 二 波田礫層 16
  • 第一編 第二章 第三節 三 森口礫層 16
  • 第一編 第二章 第三節 四 沖積面 16
  • 第一編 第二章 第四節 北熊井の火山灰 17
  • 第一編 第二章 第五節 地形 17
  • 第一編 第二章 第六節 地質地形と土地利用 18
  • 第一編 第三章 陸水 20
  • 第一編 第三章 第一節 北熊井の陸水の存在 20
  • 第一編 第三章 第二節 北熊井の水質 20
  • 第一編 第三章 第二節 一 水素イオン濃度 21
  • 第一編 第三章 第二節 二 生物化学的酸素要求量 23
  • 第一編 第三章 第二節 三 浮遊物質量 25
  • 第一編 第三章 第二節 四 溶存酸素量 26
  • 第一編 第三章 第二節 五 大腸菌群数 28
  • 第一編 第三章 第二節 六 田川の水質評価 28
  • 第一編 第四章 気象 30
  • 第一編 第四章 第一節 気候 30
  • 第一編 第四章 第二節 気温 32
  • 第一編 第四章 第三節 地温 33
  • 第一編 第四章 第四節 降水 34
  • 第一編 第四章 第五節 風向 35
  • 第一編 第四章 第六節 気象と災害 36
  • 第一編 第四章 第六節 一 凍霜害 36
  • 第一編 第四章 第六節 二 雪害 37
  • 第一編 第四章 第六節 三 雨氷害 37
  • 第一編 第五章 動物 38
  • 第一編 第五章 第一節 脊椎動物 39
  • 第一編 第五章 第一節 一 哺乳類 39
  • 第一編 第五章 第一節 二 鳥類 41
  • 第一編 第五章 第一節 三 爬虫類 43
  • 第一編 第五章 第一節 四 両生類 44
  • 第一編 第五章 第一節 五 魚類 44
  • 第一編 第五章 第二節 節足動物 45
  • 第一編 第五章 第二節 一 昆虫類 45
  • 第一編 第五章 第二節 一 1 害をする昆虫類 45
  • 第一編 第五章 第二節 一 2 元からいた害虫 46
  • 第一編 第五章 第二節 一 3 特徴ある昆虫 47
  • 第一編 第五章 第二節 二 その他の節足動物 47
  • 第一編 第五章 第三節 その他の動物 48
  • 第一編 第六章 植物 49
  • 第一編 第六章 第一節 植物相 49
  • 第一編 第六章 第一節 一 自然林の成立 49
  • 第一編 第六章 第一節 二 高ボッチ高原の植物 51
  • 第一編 第六章 第一節 三 帰化植物 52
  • 第一編 第六章 第一節 四 史前帰化植物 54
  • 第一編 第六章 第一節 五 貴重な植物 54
  • 第一編 第六章 第二節 植生 55
  • 第一編 第六章 第二節 一 植生の概況 55
  • 第一編 第六章 第二節 二 復元植生 56
  • 第一編 第六章 第二節 三 現存植生 56
  • 第一編 第六章 第二節 三 半自然植生 56
  • 第一編 第六章 第二節 三 人工植生 57
  • 第一編 第六章 第三節 植物と生活 60
  • 第一編 第六章 第三節 一 食用植物 60
  • 第一編 第六章 第三節 二 薬用植物 62
  • 第二編 歴史
  • 第二編 第一章 原始 67
  • 第二編 第一章 第一節 旧石器時代 67
  • 第二編 第一章 第二節 縄文時代 68
  • 第二編 第一章 第三節 弥生時代 72
  • 第二編 第二章 古代 74
  • 第二編 第二章 第一節 古墳時代 75
  • 第二編 第二章 第二節 奈良時代~平安時代 75
  • 第二編 第二章 第二節 一 信濃の国府 76
  • 第二編 第二章 第二節 二 筑摩郡 77
  • 第二編 第二章 第二節 三 筑摩郡の六郷 77
  • 第二編 第二章 第二節 四 熊井郷 79
  • 第二編 第二章 第二節 五 諏訪国の設置と廃止 82
  • 第二編 第二章 第二節 六 律令制以前の古道 83
  • 第二編 第二章 第二節 七 律令制の東山道 84
  • 第二編 第三章 中世 85
  • 第二編 第三章 第一節 鎌倉時代 85
  • 第二編 第三章 第二節 南北朝時代 87
  • 第二編 第三章 第三節 戦国時代 88
  • 第二編 第四章 近世 91
  • 第二編 第四章 第一節 近世の村 91
  • 第二編 第四章 第二節 領主と役人 92
  • 第二編 第四章 第二節 一 歴代領主 92
  • 第二編 第四章 第二節 二 高島領東五千石 94
  • 第二編 第四章 第二節 二 1 高島領五千石の成立と明暦の分知 94
  • 第二編 第四章 第二節 二 2 諏訪氏の家系と事績 96
  • 第二編 第四章 第二節 二 3 支配機構と役人 98
  • 第二編 第四章 第二節 二 4 領主と三千石 100
  • 第二編 第四章 第二節 二 ア 領主の巡見 100
  • 第二編 第四章 第二節 二 イ 追鳥狩 102
  • 第二編 第四章 第二節 二 ウ 諏訪藩主「御手元絵図」 104
  • 第二編 第四章 第三節 江戸時代の北熊井村 104
  • 第二編 第四章 第三節 一 北熊井村の明細帳 104
  • 第二編 第四章 第三節 二 五人組制度 107
  • 第二編 第四章 第三節 三 宗門改 108
  • 第二編 第四章 第三節 四 村役人 110
  • 第二編 第四章 第三節 五 農民の身分 112
  • 第二編 第四章 第三節 六 村入用 114
  • 第二編 第四章 第三節 七 村定 115
  • 第二編 第四章 第三節 八 結と講 116
  • 第二編 第四章 第三節 九 江戸時代の石造物 116
  • 第二編 第四章 第四節 土地の開発 119
  • 第二編 第四章 第四節 一 耕地の開発 119
  • 第二編 第四章 第四節 二 検地 120
  • 第二編 第四章 第五節 貢租・課役 126
  • 第二編 第四章 第五節 一 貢租~年貢 126
  • 第二編 第四章 第六節 農業 133
  • 第二編 第四章 第七節 林野 138
  • 第二編 第四章 第七節 一 私有林・社寺有林・代官林 138
  • 第二編 第四章 第七節 二 入会地 138
  • 第二編 第四章 第七節 三 入会地をめぐる山論 139
  • 第二編 第四章 第八節 農家の生活 142
  • 第二編 第四章 第八節 一 労働力と耕地 142
  • 第二編 第四章 第八節 二 衣・食・住 143
  • 第二編 第四章 第八節 三 作間稼ぎ 146
  • 第二編 第四章 第九節 流通・経済・交通 148
  • 第二編 第四章 第九節 一 江戸時代の交通路 148
  • 第二編 第四章 第九節 二 物資の流通 149
  • 第二編 第四章 第九節 三 南塩事件 150
  • 第二編 第四章 第九節 四 中馬 152
  • 第二編 第四章 第十節 災害 157
  • 第二編 第四章 第十節 一 凶作 157
  • 第二編 第四章 第十節 二 災害 160
  • 第三編 近現代
  • 第三編 第一章 区政の沿革 165
  • 第三編 第一章 第一節 北熊井の動き 165
  • 第三編 第一章 第一節 一 行政区の沿革 165
  • 第三編 第一章 第一節 二 壬申戸籍 168
  • 第三編 第一章 第一節 三 地租改正 169
  • 第三編 第一章 第一節 四 区政の廃止と部落有財産 171
  • 第三編 第一章 第一節 五 北熊井と学校 173
  • 第三編 第一章 第一節 六 開拓・入植 176
  • 第三編 第一章 第一節 七 塩尻市の発足 178
  • 第三編 第一章 第一節 八 渋沢・千本原団地の成立 180
  • 第三編 第一章 第一節 九 北熊井集落計画の策定 182
  • 第三編 第一章 第一節 十 北熊井の開発 183
  • 第三編 第一章 第二節 区の動き 184
  • 第三編 第一章 第二節 一 戸口の変遷 184
  • 第三編 第一章 第二節 二 区政と規約 185
  • 第三編 第一章 第二節 三 北熊井区公会所・公民館の建設 195
  • 第三編 第一章 第二節 四 北熊井区長名簿 204
  • 第三編 第二章 社会生活 206
  • 第三編 第二章 第一節 消防・防災・警察 206
  • 第三編 第二章 第一節 一 消防・防災 206
  • 第三編 第二章 第一節 二 警察 209
  • 第三編 第二章 第二節 戦争と銃後 210
  • 第三編 第二章 第二節 一 兵制の沿革 210
  • 第三編 第二章 第二節 二 明治期の戦争 210
  • 第三編 第二章 第二節 三 十五年戦争と銃後 212
  • 第三編 第二章 第二節 四 遺族会 217
  • 第三編 第二章 第二節 五 戦没者名簿 217
  • 第三編 第二章 第三節 保健衛生 218
  • 第三編 第二章 第三節 一 衛生 218
  • 第三編 第二章 第三節 二 飲料水・上下水道 221
  • 第三編 第二章 第四節 社会保障・社会福祉 222
  • 第三編 第二章 第四節 一 社会保障・共済制度 222
  • 第三編 第二章 第四節 二 社会福祉 224
  • 第三編 第二章 第四節 三 民生委員・児童委員 227
  • 第三編 第二章 第四節 四 保育園 228
  • 第三編 第二章 第四節 五 日本赤十字社 229
  • 第三編 第三章 産業・経済 231
  • 第三編 第三章 第一節 農地改革 231
  • 第三編 第三章 第二節 農業委員会 233
  • 第三編 第三章 第三節 圃場整備 234
  • 第三編 第三章 第三節 一 内田原構造改善事業 234
  • 第三編 第三章 第三節 二 田川圃場整備 235
  • 第三編 第三章 第三節 三 北熊井土地改良事業共同施行 237
  • 第三編 第三章 第三節 四 山寺沢土地改良事業共同施行 237
  • 第三編 第三章 第三節 五 両内田土地改良区 238
  • 第三編 第三章 第四節 農業関係団体 240
  • 第三編 第三章 第四節 一 農会 240
  • 第三編 第三章 第四節 二 産業組合 241
  • 第三編 第三章 第四節 三 農業会 243
  • 第三編 第三章 第四節 四 農業協同組合 244
  • 第三編 第三章 第四節 四 1 一九五〇年代前半の農協 245
  • 第三編 第三章 第四節 四 2 高度経済成長下の農協 246
  • 第三編 第三章 第四節 四 3 減速経済下の農協 247
  • 第三編 第三章 第五節 農林業 247
  • 第三編 第三章 第五節 一 稲作 247
  • 第三編 第三章 第五節 二 畑作 251
  • 第三編 第三章 第五節 三 農業栽培技術 256
  • 第三編 第三章 第五節 四 溜池 264
  • 第三編 第三章 第五節 五 養蚕業 265
  • 第三編 第三章 第五節 六 畜産業 267
  • 第三編 第三章 第五節 七 林業 269
  • 第三編 第三章 第六節 諸産業 272
  • 第三編 第三章 第六節 一 蚕種製造・製糸業 273
  • 第三編 第三章 第六節 一 1 蚕種製造 273
  • 第三編 第三章 第六節 一 2 製糸業 276
  • 第三編 第三章 第六節 二 工業・鉱業 277
  • 第三編 第三章 第六節 二 1 塩尻インター林間工業団地 278
  • 第三編 第三章 第六節 二 2 今泉南テクノヒルズ産業団地 280
  • 第三編 第三章 第六節 二 3 鉱業 282
  • 第三編 第三章 第六節 三 その他の産業 282
  • 第三編 第三章 第六節 三 1 商業 282
  • 第三編 第三章 第六節 三 2 旅館業 283
  • 第三編 第三章 第六節 三 3 製陶中島焼 284
  • 第三編 第三章 第六節 三 4 染物 285
  • 第三編 第三章 第六節 三 5 水車 285
  • 第三編 第三章 第六節 四 副業 286
  • 第三編 第三章 第六節 四 1 明治時代 286
  • 第三編 第三章 第六節 四 2 大正時代 287
  • 第三編 第四章 交通・運輸・通信 287
  • 第三編 第四章 第一節 道路 287
  • 第三編 第四章 第一節 一 道路の変遷 287
  • 第三編 第四章 第一節 二 林道 290
  • 第三編 第四章 第一節 三 中央自動車道長野線 291
  • 第三編 第四章 第一節 四 東山山麓線(しののめの道) 293
  • 第三編 第四章 第二節 通信 294
  • 第三編 第四章 第三節 運輸 297
  • 第三編 第五章 各種団体 301
  • 第三編 第五章 第一節 少年団 301
  • 第三編 第五章 第二節 青年会 303
  • 第三編 第五章 第三節 婦人会 308
  • 第三編 第五章 第三節 一 戦前の婦人会 308
  • 第三編 第五章 第三節 二 戦後の婦人会 309
  • 第三編 第五章 第四節 翼賛壮年団 310
  • 第三編 第五章 第五節 長寿会 310
  • 第三編 第五章 第六節 青少年健全育成会 311
  • 第三編 第五章 第七節 農文協読書会 313
  • 第三編 第五章 第八節 在郷軍人分会 314
  • 第三編 第五章 第九節 文化会 314
  • 第三編 第五章 第十節 交通安全協会 315
  • 第三編 第六章 教育文化 317
  • 第三編 第六章 第一節 学校教育 317
  • 第三編 第六章 第一節 一 北熊井の寺子屋 317
  • 第三編 第六章 第一節 二 遵命学校熊井学校 319
  • 第三編 第六章 第一節 三 片丘尋常小学校 322
  • 第三編 第六章 第一節 四 片丘尋常高等小学校 324
  • 第三編 第六章 第二節 社会教育 326
  • 第三編 第六章 第二節 一 公民館の発足 326
  • 第三編 第六章 第二節 二 公民館の活動 328
  • 第三編 第六章 第二節 三 体育協会 332
  • 第三編 第六章 第三節 サークル活動 334
  • 第三編 第六章 第三節 一 文化サークル 334
  • 第三編 第六章 第三節 二 スポーツクラブ 339
  • 第三編 第七章 宗教 344
  • 第三編 第七章 第一節 北熊井諏訪社の行事 344
  • 第三編 第七章 第二節 雨宝山常光寺の行事 347
  • 第三編 第七章 第三節 その他の宗教 350
  • 第三編 第七章 第三節 一 キリスト教 350
  • 第三編 第七章 第三節 二 天理教愛美町分教会愛美町布教所 350
  • 第三編 第七章 第三節 三 創価学会・日蓮正宗広布善興寺・ほんぶしん立正佼正会 352
  • 第三編 第七章 第四節 民間信仰 352
  • 第三編 第八章 観光・県的施設 355
  • 第三編 第八章 第一節 観光 355
  • 第三編 第八章 第二節 県的施設 358
  • 第三編 第八章 第二節 一 長野県畜産試験場 358
  • 第三編 第八章 第二節 二 長野県林業総合センター 359
  • 第三編 第八章 第二節 三 長野県総合教育センター 360
  • 第四編 民俗
  • 第四編 第一章 村の暮らし 365
  • 第四編 第一章 第一節 年中行事 365
  • 第四編 第一章 第一節 一 年末 365
  • 第四編 第一章 第一節 二 正月 366
  • 第四編 第一章 第一節 三 小正月・正月じまい 367
  • 第四編 第一章 第一節 四 節分・春分 368
  • 第四編 第一章 第一節 五 ひな祭り・田植 369
  • 第四編 第一章 第一節 六 盆 370
  • 第四編 第一章 第一節 七 収穫の秋 372
  • 第四編 第一章 第二節 通過儀礼 374
  • 第四編 第一章 第二節 一 出生 374
  • 第四編 第一章 第二節 二 幼年期 376
  • 第四編 第一章 第二節 三 成人の過程 376
  • 第四編 第一章 第二節 四 婚姻 377
  • 第四編 第一章 第二節 五 葬制 381
  • 第四編 第一章 第三節 衣食住の生活 382
  • 第四編 第一章 第三節 一 衣生活 382
  • 第四編 第一章 第三節 二 食生活 386
  • 第四編 第一章 第三節 三 住生活 394
  • 第四編 第一章 第四節 村の仕事 400
  • 第四編 第一章 第五節 村の道を来た人たち 403
  • 第四編 第二章 伝えられてきたことば 405
  • 第四編 第二章 第一節 暮らしの中のことば 405
  • 第四編 第二章 第一節 一 日常生活のなかで 405
  • 第四編 第二章 第一節 二 食生活のなかで 406
  • 第四編 第二章 第一節 三 衣に関することば 406
  • 第四編 第二章 第一節 四 住宅に関することば 406
  • 第四編 第二章 第一節 五 身体にかかわることば 407
  • 第四編 第二章 第一節 六 家族に関することば 407
  • 第四編 第二章 第一節 七 生死にかかわることば 407
  • 第四編 第二章 第一節 八 気象に関することば 407
  • 第四編 第二章 第二節 伝説と民話 409
  • 第四編 第二章 第三節 民謡・童唄 415
  • 第四編 第二章 第三節 一 民謡 415
  • 第四編 第二章 第三節 二 童唄 417
  • 別編
  • 一 社寺 425
  • 一 (一) 北熊井諏訪社 425
  • 一 (二) 雨宝山常光寺 428
  • 二 文化財 431
  • 二 (一) 指定文化財 431
  • 二 (一) 1 小松家住宅 431
  • 二 (一) 2 嶋崎家住宅 434
  • 二 (一) 3 北熊井諏訪社本殿 436
  • 二 (一) 4 常光寺木造如意輪観音像及び古写経 439
  • 二 (一) 5 菖蒲沢瓦塔 440
  • 二 (二) 石造文化財 441
  • 三 史跡 447
  • 三 (一) 北熊井城 447
  • 三 (二) 権現の館 451
  • 三 (三) 猪土手 453
  • 四 北熊井の地名 455
  • 五 北熊井遺跡地名表 466
  • 六 北熊井の戸口 471
  • 七 北熊井区運営規則 472
  • 八 年表 498
  • 北熊井区誌刊行委員
  • 北熊井史資料の調査編集委員
  • 北熊井区誌編集委員
  • あとがき

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで