サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

境町史 第2巻 (民俗編)

境町 (群馬県)

詳細情報

タイトル 境町史
著者標目 境町 (群馬県)
出版地(国名コード) JP
出版地境町 (群馬県)
出版社境町
出版年月日等 1995.10
大きさ、容量等 628p 図版32p ; 27cm
注記 編集: 湯浅正彦
JP番号 21530043
巻次 第2巻 (民俗編)
出版年(W3CDTF) 1995
件名(キーワード) 伊勢崎市--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC54
NDC(9版) 213.3 : 関東地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 境町史. 第2巻
  • 目次 民俗編
  • 巻頭グラビア
  • 大切な民俗文化を後世に伝える 境町長 長沼和幸
  • はじめに 境町史編さん委員会会長 湯浅正彦
  • 凡例
  • まえがき 境町史専門委員 金子緯一郎
  • 第一章 総論 一
  • 第一章 第一節 民俗の自然と歴史的背景 二
  • 第一章 第二節 民俗の概観 六
  • 第一章 第二節 一 衣・食・住 六
  • 第一章 第二節 二 生産・生業 九
  • 第一章 第二節 三 交通・交易 一五
  • 第一章 第二節 四 社会生活 一八
  • 第一章 第二節 五 信仰 一九
  • 第一章 第二節 六 民俗知識 二六
  • 第一章 第二節 七 芸能と娯楽 二六
  • 第一章 第二節 八 人の一生 二八
  • 第一章 第二節 九 年中行事 三一
  • 第一章 第二節 十 口頭伝承 三二
  • 第二章 衣・食・住 三五
  • 第二章 第一節 服装 三六
  • 第二章 第一節 一 身祝いの服装 三七
  • 第二章 第一節 二 喪服 四二
  • 第二章 第一節 三 野良仕事の服装 四二
  • 第二章 第一節 四 長着と仕事時の服物 四五
  • 第二章 第一節 五 職人の半纏 四六
  • 第二章 第一節 六 理髪と化粧 四六
  • 第二章 第一節 七 裁縫・洗濯に伴う禁忌 四八
  • 第二章 第二節 食べ物 四八
  • 第二章 第二節 一 主食 四八
  • 第二章 第二節 一 五穀 四八
  • 第二章 第二節 一 ふだんの主食 四九
  • 第二章 第二節 一 一日の食事 五二
  • 第二章 第二節 二 副食 五二
  • 第二章 第二節 三 調味料 五六
  • 第二章 第二節 四 嗜好品 五九
  • 第二章 第二節 五 炊事・食事用具・保存と用具 六一
  • 第二章 第二節 五 炊事用具 六一
  • 第二章 第二節 五 食事用具 六二
  • 第二章 第二節 五 保存と用具 六三
  • 第二章 第二節 六 食制 六四
  • 第二章 第二節 六 1 特別の日の食べ物 六四
  • 第二章 第二節 六 1 年中行事関係 六五
  • 第二章 第二節 六 1 「人の一生」関係 六五
  • 第二章 第二節 六 1 農耕・養蚕関係 六六
  • 第二章 第二節 六 1 建築関係 六六
  • 第二章 第二節 六 1 その他 六六
  • 第二章 第二節 六 1 結婚式と葬式の時の料理 六八
  • 第二章 第二節 六 2 食事に関する俗信・禁忌 六九
  • 第二章 第二節 六 2 三が日の食縁起 七〇
  • 第二章 第三節 住居 七二
  • 第二章 第三節 一 屋敷どり 七二
  • 第二章 第三節 一 屋敷どりの諸例 七二
  • 第二章 第三節 一 屋敷神 八〇
  • 第二章 第三節 一 町家の屋敷と間取りの特徴 八一
  • 第二章 第三節 二 屋根の形式 八二
  • 第二章 第三節 二 グシ祝い 八七
  • 第二章 第三節 三 間取りと各間の機能 八七
  • 第二章 第三節 三 間取りの諸例 八七
  • 第二章 第三節 三 各間の機能 八七
  • 第二章 第三節 四 暖房・照明・防護 九二
  • 第二章 第三節 四 暖房と照明(灯火) 九二
  • 第二章 第三節 四 防護 九四
  • 第二章 第三節 五 建築工程と儀礼 九六
  • 第二章 第三節 五 地祭り 九六
  • 第二章 第三節 五 龍柱 九九
  • 第二章 第三節 五 地形つき 一〇〇
  • 第二章 第三節 五 上棟式 一〇二
  • 第二章 第三節 五 家移り・新築祝い 一〇五
  • 第三章 生産・生業 一〇七
  • 第三章 第一節 農耕 一〇八
  • 第三章 第一節 一 肥料 一〇九
  • 第三章 第一節 二 稲作 一一〇
  • 第三章 第一節 二 1 水田と種子 一一一
  • 第三章 第一節 二 2 田植えの準備 一一三
  • 第三章 第一節 二 3 田植え 一一五
  • 第三章 第一節 二 4 田植え後の手入れ 一二一
  • 第三章 第一節 二 5 稲刈りと干し方 一二三
  • 第三章 第一節 二 6 脱穀・調整・収納 一二四
  • 第三章 第一節 二 7 水利慣行 一二五
  • 第三章 第一節 二 8 稲作に伴う禁忌と儀礼 一二七
  • 第三章 第一節 二 8 禁忌 一二七
  • 第三章 第一節 二 8 儀礼 一二八
  • 第三章 第一節 三 畑作のいろいろ 一三二
  • 第三章 第一節 三 1 麦作 一三三
  • 第三章 第一節 三 1 種子と播き付け準備 一三三
  • 第三章 第一節 三 1 種播きから収穫まで 一三四
  • 第三章 第一節 三 1 種播き後の手入れ 一三五
  • 第三章 第一節 三 1 収穫・収納 一三六
  • 第三章 第一節 三 2 粟・モロコシ・稗 一三七
  • 第三章 第一節 三 3 里芋 一三八
  • 第三章 第一節 三 4 ショウガ 一四〇
  • 第三章 第一節 三 5 ナス苗 一四二
  • 第三章 第一節 三 6 野菜栽培のはじまりと普及 一四五
  • 第三章 第一節 三 7 畑作に伴う儀礼と禁忌 一四七
  • 第三章 第一節 四 小作慣行・その他 一四八
  • 第三章 第二節 養蚕 一四九
  • 第三章 第二節 蚕の成長と齢眠の呼び名 一五〇
  • 第三章 第二節 一 桑の品種と栽培 一五一
  • 第三章 第二節 一 1 品種 一五一
  • 第三章 第二節 一 2 桑苗の栽培 一五二
  • 第三章 第二節 一 3 桑園 一五三
  • 第三章 第二節 二 蚕種 一五五
  • 第三章 第二節 三 飼育 一五七
  • 第三章 第二節 三 1 飼育法のいろいろ 一五七
  • 第三章 第二節 三 1 温暖育・清涼育・折衷育 一五七
  • 第三章 第二節 三 1 棚飼いと蚕かご 一五九
  • 第三章 第二節 三 1 条桑育 一六一
  • 第三章 第二節 三 2 掃立てから繭の処理まで 一六二
  • 第三章 第二節 三 2 飼育回数 一六二
  • 第三章 第二節 三 2 飼育準備 一六三
  • 第三章 第二節 三 2 催青と掃立て 一六四
  • 第三章 第二節 三 2 採桑と給桑 一六五
  • 第三章 第二節 三 2 除沙と拡座 一六九
  • 第三章 第二節 三 2 上蔟と収繭 一七一
  • 第三章 第二節 三 2 繭の処理 一七八
  • 第三章 第二節 三 2 蚕の病虫害 一八〇
  • 第三章 第二節 三 3 タネコ(種蚕)の飼育と蚕種製造 一八〇
  • 第三章 第二節 三 3 タネコの飼育 一八〇
  • 第三章 第二節 三 3 蚕種の製造 一八二
  • 第三章 第二節 三 3 蚕種の保存 一八五
  • 第三章 第二節 三 3 蚕種の販売 一八五
  • 第三章 第二節 四 糸ひき 一八六
  • 第三章 第二節 五 蚕日傭の人たち 一八八
  • 第三章 第二節 五 1 受入れ・待遇・移動先 一八八
  • 第三章 第二節 五 2 受入れた家の主婦からの話 一九一
  • 第三章 第二節 六 養蚕に伴う信仰・儀礼・俗信・禁忌 一九三
  • 第三章 第二節 六 1 信仰 一九三
  • 第三章 第二節 六 2 儀礼 一九八
  • 第三章 第二節 六 3 俗信・禁忌 一九九
  • 第三章 第三節 織物・染色 二〇〇
  • 第三章 第三節 一 機織り 二〇〇
  • 第三章 第三節 一 オリコからの話 二〇二
  • 第三章 第三節 二 染色 二〇三
  • 第三章 第四節 馬と牛 二〇五
  • 第三章 第五節 労働慣行 二〇九
  • 第三章 第五節 一 農家 二〇九
  • 第三章 第五節 二 商家 二一一
  • 第三章 第六節 漁撈 二一四
  • 第三章 第六節 一 漁法と漁具 二一五
  • 第三章 第六節 一 1 川漁 二一五
  • 第三章 第六節 一 1 原始的な漁法 二一五
  • 第三章 第六節 一 1 網漁 二一六
  • 第三章 第六節 一 1 釣漁 二二四
  • 第三章 第六節 一 1 ウケ(ドウ)漁 二二五
  • 第三章 第六節 一 1 突き漁 二二七
  • 第三章 第六節 一 1 ヤナ漁のいろいろ 二二八
  • 第三章 第六節 一 2 沼漁 二二八
  • 第三章 第六節 一 2 采女地区の沼ケイガリ 二二八
  • 第三章 第六節 一 2 その他の沼漁 二三一
  • 第三章 第六節 二 魚の処分 二三一
  • 第三章 第六節 二 1 網元と魚の配分法 二三一
  • 第三章 第六節 二 2 魚の売却と川魚商 二三二
  • 第三章 第六節 三 漁撈に伴う信仰・俗信・禁忌 二三三
  • 第三章 第七節 諸職 二三四
  • 第三章 第七節 一 建築関係 二三四
  • 第三章 第七節 二 農具・蚕具関係等 二四七
  • 第三章 第七節 三 サイギョウ 二七四
  • 第三章 第七節 四 諸職の信仰・禁忌・組合 二七五
  • 第四章 交通・交易 二七九
  • 第四章 第一節 陸上交通と交易 二八〇
  • 第四章 第一節 一 道の呼び名 二八一
  • 第四章 第一節 二 ボウバナ・立場・トテ馬車 二八三
  • 第四章 第一節 三 店と買いもの 二八四
  • 第四章 第一節 三 新道開通と上淵名の店 二八四
  • 第四章 第一節 三 他地方の店への買いもの 二八五
  • 第四章 第一節 四 市 二八六
  • 第四章 第一節 四 糸市とカイバ通り 二八六
  • 第四章 第一節 四 社寺の縁日市 二八六
  • 第四章 第一節 四 雛市・盆市・暮市 二八七
  • 第四章 第二節 水上交通と交易 二八七
  • 第四章 第二節 一 河岸のあった頃 二八七
  • 第四章 第二節 一 平塚河岸 二八八
  • 第四章 第二節 一 島村河岸・中島河岸 二八九
  • 第四章 第二節 一 船の種類と船頭からの話 二九〇
  • 第四章 第二節 一 村の持ち船・その他 二九四
  • 第四章 第二節 二 渡し舟 二九五
  • 第四章 第二節 二 島村の渡し 二九五
  • 第四章 第二節 二 小此木の渡し 二九七
  • 第四章 第二節 二 武士(竹石)の渡し 二九七
  • 第四章 第二節 二 平塚・中瀬間の渡し・その他 二九七
  • 第四章 第二節 三 船大工からの話 二九八
  • 第五章 社会生活 三〇一
  • 第五章 第一節 ムラの生活 三〇二
  • 第五章 第一節 一 ムラの構成と役員 三〇二
  • 第五章 第一節 一 ムラ内の小組織・役員・寄合 三〇三
  • 第五章 第一節 一 クルワと八丁じめ・ムラ入り 三〇五
  • 第五章 第一節 二 ムラの機能 三〇七
  • 第五章 第一節 二 区費 三〇七
  • 第五章 第一節 二 共有財産・施設 三〇七
  • 第五章 第一節 二 ムラの共同作業 三〇九
  • 第五章 第一節 二 相互扶助・交際 三一二
  • 第五章 第一節 三 ムラの災害―洪水― 三一四
  • 第五章 第一節 三 洪水に対する心得・備え 三一四
  • 第五章 第一節 三 洪水の話・その他 三一五
  • 第五章 第二節 年齢集団 三一九
  • 第五章 第二節 一 子供会(組)・天神講 三一九
  • 第五章 第二節 二 青年集団 三二〇
  • 第五章 第二節 二 青年会 三二一
  • 第五章 第三節 家の生活 三二五
  • 第五章 第三節 一 家族関係 三二五
  • 第五章 第三節 一 家族の呼び名 三二五
  • 第五章 第三節 一 家族の地位と役割 三二六
  • 第五章 第三節 一 家族の私財 三二九
  • 第五章 第三節 一 相続・分家・隠居 三三〇
  • 第五章 第三節 二 同族関係 三三二
  • 第五章 第三節 二 正月の挨拶・イッケの祭り 三三二
  • 第五章 第三節 二 家々の縁起と禁忌 三三三
  • 第五章 第三節 三 屋号等で呼ばれていた家 三三四
  • 第五章 第三節 三 屋号・家業による呼称 三三四
  • 第五章 第三節 三 家の位置・方角などによる呼称 三三六
  • 第六章 信仰 三三九
  • 第六章 第一節 神への信仰 三四〇
  • 第六章 第一節 一 家に祀る神々 三四〇
  • 第六章 第一節 一 屋内の神 三四〇
  • 第六章 第一節 一 屋敷内の神 三四三
  • 第六章 第一節 二 イッケの神 三四七
  • 第六章 第一節 三 地域の神々 三四九
  • 第六章 第一節 三 各大字の鎮守 三四九
  • 第六章 第一節 三 氏子総代・カマバン・ハタバン等 三五〇
  • 第六章 第一節 三 祭祀組織の諸例 三五〇
  • 第六章 第一節 三 祭礼・神事 三五三
  • 第六章 第一節 三 春の祭り 三五四
  • 第六章 第一節 三 夏の祭り 三五七
  • 第六章 第一節 三 秋の祭り 三六四
  • 第六章 第一節 三 民間信仰的な地域の神々 三六六
  • 第六章 第二節 仏への信仰 三七二
  • 第六章 第二節 一 寺院と檀家 三七二
  • 第六章 第二節 一 本町内の寺院 三七二
  • 第六章 第二節 一 檀家・寺世話人 三七三
  • 第六章 第二節 二 仏堂・露地等に祀る諸仏への民間信仰 三七四
  • 第六章 第二節 二 地蔵信仰 三七五
  • 第六章 第二節 二 虚空蔵信仰 三七六
  • 第六章 第二節 二 薬師信仰 三七九
  • 第六章 第二節 二 観音信仰 三八〇
  • 第六章 第二節 二 その他の諸仏信仰 三八三
  • 第六章 第二節 三 法会 三八九
  • 第六章 第二節 三 川施餓鬼 三九二
  • 第六章 第三節 講集団による信仰 三九六
  • 第六章 第三節 一 ムラ内の講 三九七
  • 第六章 第三節 一 地神講・社日講 三九七
  • 第六章 第三節 一 庚申講 四〇一
  • 第六章 第三節 一 月待講 四〇五
  • 第六章 第三節 一 その他の講 四〇九
  • 第六章 第三節 二 他地方の社寺による講 四〇九
  • 第六章 第三節 二 山岳信仰にもとづく講 四〇九
  • 第六章 第三節 二 その他の講 四一二
  • 第六章 第四節 俗信 四一三
  • 第七章 民俗知識 四一七
  • 第七章 第一節 しつけ・禁忌 四一八
  • 第七章 第一節 一 しつけ 四一八
  • 第七章 第一節 二 禁忌 四二〇
  • 第七章 第一節 二 禁忌一般 四二〇
  • 第七章 第一節 二 妊産婦の禁忌 四二一
  • 第七章 第二節 医療・衛生 四二一
  • 第七章 第二節 一 薬草・家伝薬・湯治 四二一
  • 第七章 第二節 一 薬草 四二一
  • 第七章 第二節 一 家伝薬 四二二
  • 第七章 第二節 一 湯治 四二二
  • 第七章 第二節 二 呪的療法 四二二
  • 第七章 第三節 天文・気象 四二四
  • 第七章 第三節 一 農耕と自然暦 四二四
  • 第七章 第三節 二 気象予知 四二四
  • 第七章 第三節 三 天気占い・呪い(災害除け) 四二五
  • 第七章 第三節 三 天気占い 四二五
  • 第七章 第三節 三 呪い 四二六
  • 第七章 第四節 一人前の仕事量 四二六
  • 第七章 第四節 一 年齢・男女差 四二六
  • 第七章 第四節 二 仕事量 四二六
  • 第七章 第四節 二 機織 四二六
  • 第七章 第四節 二 裁縫 四二六
  • 第七章 第四節 二 農耕・養蚕 四二七
  • 第八章 芸能と娯楽 四二九
  • 第八章 第一節 芸能 四三〇
  • 第八章 第一節 一 神楽・獅子舞 四三〇
  • 第八章 第一節 一 雷電神社の神楽 四三〇
  • 第八章 第一節 一 下淵名の獅子舞 四三一
  • 第八章 第一節 一 東新井の獅子舞 四三四
  • 第八章 第一節 一 上矢島の獅子舞 四三五
  • 第八章 第一節 二 芝居 四三六
  • 第八章 第一節 二 その他の地区の買芝居等 四三八
  • 第八章 第一節 三 人形芝居 四三八
  • 第八章 第一節 四 説経節・影絵 四四七
  • 第八章 第一節 五 祭礼囃子 四四九
  • 第八章 第一節 五 楽器・曲目についての伝承 四四九
  • 第八章 第一節 五 囃子の音譜 四五一
  • 第八章 第一節 六 気楽流古武道 四五一
  • 第八章 第一節 七 民謡 四五五
  • 第八章 第一節 七 盆踊り唄 四五五
  • 第八章 第一節 七 作業唄(その一) 四六七
  • 第八章 第一節 七 作業唄(その二) 四七一
  • 第八章 第一節 七 わらべ唄と子供の遊び 四七五
  • 第八章 第一節 八 門付芸人・その他 四八二
  • 第八章 第二節 娯楽 四八三
  • 第八章 第二節 一 花火 四八三
  • 第八章 第二節 二 競馬 四八五
  • 第八章 第二節 三 その他の娯楽 四八七
  • 第九章 人の一生 四八九
  • 第九章 第一節 産育 四九〇
  • 第九章 第一節 一 妊娠から出産まで 四九〇
  • 第九章 第一節 一 妊娠・子授け祈願 四九〇
  • 第九章 第一節 一 安産を願って 四九一
  • 第九章 第一節 一 出産 四九二
  • 第九章 第一節 二 生児儀礼 四九七
  • 第九章 第一節 三 育児に伴う俗信・子守り 五〇〇
  • 第九章 第一節 三 育児に伴う俗信 五〇〇
  • 第九章 第一節 三 子守り 五〇二
  • 第九章 第二節 厄年と年祝い 五〇三
  • 第九章 第二節 一 厄年 五〇四
  • 第九章 第二節 二 年祝い 五〇五
  • 第九章 第三節 婚姻 五〇七
  • 第九章 第三節 一 相手えらびから婚約成立まで 五〇七
  • 第九章 第三節 一 相手えらびの条件 五〇七
  • 第九章 第三節 一 通婚圏 五〇八
  • 第九章 第三節 一 仲人 五〇九
  • 第九章 第三節 一 見合い 五一〇
  • 第九章 第三節 一 恋愛結婚 五一〇
  • 第九章 第三節 一 結婚に関係した俗語 五一一
  • 第九章 第三節 一 タルイレ 五一二
  • 第九章 第三節 一 アシイレ 五一三
  • 第九章 第三節 一 結納 五一三
  • 第九章 第三節 二 婚礼 五一四
  • 第九章 第三節 二 嫁迎え 五一四
  • 第九章 第三節 二 入家式・親子盃 五一八
  • 第九章 第三節 二 取り結び 五一九
  • 第九章 第三節 二 参席者の座席配置例 五一九
  • 第九章 第三節 二 婿の盃をはじく 五二五
  • 第九章 第三節 二 養子婿の入家式・取り結び 五二六
  • 第九章 第三節 二 取り結びに伴うその他の習俗 五二七
  • 第九章 第三節 二 披露宴 五二八
  • 第九章 第三節 三 婚礼後の諸習俗 五三一
  • 第九章 第三節 三 挨拶まわり 五三一
  • 第九章 第三節 三 里帰り・女一見 五三一
  • 第九章 第三節 三 嫁のお茶呼び・ゴダイギ振舞 五三一
  • 第九章 第三節 三 仲人礼 五三二
  • 第九章 第三節 三 その後の里帰り 五三二
  • 第九章 第四節 葬送・供養 五三三
  • 第九章 第四節 一 葬送 五三四
  • 第九章 第四節 一 回復祈願 五三四
  • 第九章 第四節 一 死の予兆 五三四
  • 第九章 第四節 一 死者の扱い 五三五
  • 第九章 第四節 一 死者への供え物 五三七
  • 第九章 第四節 一 近親者と米 五三九
  • 第九章 第四節 一 野辺送り・埋葬とその後の儀礼 五四〇
  • 第九章 第四節 一 近隣等の協力 五四二
  • 第九章 第四節 一 その他の葬送習俗 五四四
  • 第九章 第四節 二 供養 五四六
  • 第九章 第四節 二 忌日 五四六
  • 第九章 第四節 二 年忌 五四八
  • 第十章 年中行事 五四九
  • 第十章 第一節 正月の行事 五五〇
  • 第十章 第一節 一 正月の準備 五五一
  • 第十章 第一節 一 煤払い・セチモチ 五五一
  • 第十章 第一節 一 年神棚 五五一
  • 第十章 第一節 一 正月飾り 五五二
  • 第十章 第一節 一 大晦日 五五四
  • 第十章 第一節 二 大正月の行事 五五五
  • 第十章 第一節 二 初参り・年始まわり 五五五
  • 第十章 第一節 二 初湯・年男 五五五
  • 第十章 第一節 二 三が日のゴミ 五五六
  • 第十章 第一節 二 お棚探し・お年玉・ナベカリ 五五六
  • 第十章 第一節 二 山入リ・クワダテ 五五七
  • 第十章 第一節 二 七草粥 五五七
  • 第十章 第一節 二 七草の爪切り 五五八
  • 第十章 第一節 二 倉開き 五五八
  • 第十章 第一節 三 小正月の行事 五五八
  • 第十章 第一節 三 お飾り替え・モノ作り 五五九
  • 第十章 第一節 三 削り花・門松の跡 五五九
  • 第十章 第一節 三 マユ玉飾り 五五九
  • 第十章 第一節 三 オタキアゲ 五六二
  • 第十章 第一節 三 アズキ粥とカユカキ棒 五六三
  • 第十章 第一節 三 成り木責め 五六三
  • 第十章 第一節 三 ジュオウメシ・藪入り 五六四
  • 第十章 第一節 四 十八粥・二十日正月・棚下の灸 五六四
  • 第十章 第一節 五 エビス講 五六五
  • 第十章 第二節 春の行事 五六六
  • 第十章 第二節 次郎の一日 五六六
  • 第十章 第二節 出かわり 五六六
  • 第十章 第二節 節分 五六六
  • 第十章 第二節 初午 五六八
  • 第十章 第二節 コト八日 五六八
  • 第十章 第二節 針供養 五六九
  • 第十章 第二節 三月節供 五六九
  • 第十章 第二節 彼岸・先祖祭り 五六九
  • 第十章 第二節 お釈迦様・花祭り 五七〇
  • 第十章 第二節 八十八夜・シモップタ 五七〇
  • 第十章 第三節 夏の行事 五七〇
  • 第十章 第三節 五月節供 五七〇
  • 第十章 第三節 八丁じめ 五七三
  • 第十章 第四節 盆行事 五七四
  • 第十章 第四節 かまのふたあき 五七四
  • 第十章 第四節 七晩げ 五七四
  • 第十章 第四節 辻念仏 五七五
  • 第十章 第四節 七夕 五七五
  • 第十章 第四節 盆 五七七
  • 第十章 第四節 地蔵のあれ 五八二
  • 第十章 第五節 秋の行事 五八三
  • 第十章 第五節 八朔節供 五八三
  • 第十章 第五節 二百十日・二百二十日 五八四
  • 第十章 第五節 彼岸 五八四
  • 第十章 第五節 社日祭・天道念仏 五八四
  • 第十章 第五節 十五夜 五八五
  • 第十章 第五節 オクンチ・秋祭り 五八五
  • 第十章 第五節 十三夜 五八六
  • 第十章 第五節 神無月 五八六
  • 第十章 第五節 留守神・オカマ様 五八六
  • 第十章 第五節 十日夜 五八七
  • 第十章 第五節 エビス講 五九一
  • 第十章 第五節 神帰り 五九一
  • 第十章 第五節 屋敷神の祭り 五九一
  • 第十章 第五節 七五三 五九一
  • 第十章 第五節 ツジュウダンゴ 五九二
  • 第十章 第六節 冬の行事 五九二
  • 第十章 第六節 川浸り餅 五九二
  • 第十章 第六節 コトじまい・八日節供 五九三
  • 第十章 第六節 油餅 五九三
  • 第十章 第六節 冬至 五九三
  • 第十章 第六節 大師粥 五九四
  • 第十章 第六節 歳暮 五九四
  • 第十章 第六節 セチ 五九五
  • 第十一章 口頭伝承 五九七
  • 第十一章 第一節 伝説・昔話・世間話 五九八
  • 第十一章 第一節 一 伝説 五九九
  • 第十一章 第一節 一 甘酒ばあさん(姥石) 五九九
  • 第十一章 第一節 一 たぬき石 五九九
  • 第十一章 第一節 一 おきぬさん 六〇〇
  • 第十一章 第一節 一 兄弟の雷電様 六〇〇
  • 第十一章 第一節 一 妙天様と子供 六〇〇
  • 第十一章 第一節 一 火伏せの観音様 六〇〇
  • 第十一章 第一節 一 ノラボーズ薬師 六〇〇
  • 第十一章 第一節 一 伊与久館野の阿弥陀様 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 行人塚 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 二つ塚 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 塚畑 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 竜燈堀 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 観音橋 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 アテノ木 六〇一
  • 第十一章 第一節 一 三ツ木の木 六〇二
  • 第十一章 第一節 一 物見の松 六〇二
  • 第十一章 第一節 一 うっかり渡し 六〇二
  • 第十一章 第一節 一 アンナシズカ 六〇二
  • 第十一章 第一節 一 アズキトギ 六〇二
  • 第十一章 第一節 二 昔話 六〇二
  • 第十一章 第一節 二 石の子供 六〇二
  • 第十一章 第一節 二 ショウブ湯 六〇二
  • 第十一章 第一節 二 蚕の起りと齢眠 六〇二
  • 第十一章 第一節 二 龍柱 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 世間話 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 采女村には美人がいない 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 金の玉 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 あだななし 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 力じまん 六〇三
  • 第十一章 第一節 三 オトカの嫁入り 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 オトカツキ 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 キツネ憑き 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 人魂を見た話 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 光りもの 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 燐火 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 ムジナ・オトウカに化かされた話 六〇四
  • 第十一章 第一節 三 オサキ 六〇五
  • 第十一章 第二節 ことわざ・なぞ・命名 六〇五
  • 第十一章 第二節 一 ことわざ 六〇五
  • 第十一章 第二節 一 人事関係 六〇五
  • 第十一章 第二節 一 比喩・しゃれ・その他 六〇七
  • 第十一章 第二節 二 なぞ 六〇八
  • 第十一章 第二節 三 命名 六〇九
  • 第十一章 第二節 三 あだ名 六〇九
  • 第十一章 第二節 三 その他 六〇九
  • 民俗調査話者 六一一
  • あとがき 六一五
  • 執筆者・協力者一覧 六一七
  • 境町史編さん関係者 六一八
  • 索引

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで