サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

心身健康科学概論

久住眞理, 鈴木はる江, 福田潤, 新井康允, 久住武, 藤田紘一郎, 小林修平, 近藤昊, 佐藤優子, 筒井末春, 川口毅, 青木清 著

詳細情報

タイトル 心身健康科学概論
著者 久住眞理, 鈴木はる江, 福田潤, 新井康允, 久住武, 藤田紘一郎, 小林修平, 近藤昊, 佐藤優子, 筒井末春, 川口毅, 青木清 著
著者標目 久住, 眞理
著者標目 鈴木, はる江
著者標目 福田, 潤
著者標目 久住, 眞理
シリーズ名 心身健康科学シリーズ : knowledge for well-being
出版地(国名コード) JP
出版地さいたま
出版社人間総合科学大学
出版地東京
出版社紀伊國屋書店ホールセール部
出版年月日等 2008.5
大きさ、容量等 238p ; 26cm
ISBN 9784877383343
価格 2600円
JP番号 21494871
シリーズ著者久住眞理 監修
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 衛生学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 健康管理
NDLC SC171
NDC(9版) 498 : 衛生学.公衆衛生.予防医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 心身健康科学概論
  • CONTENTS 目次
  • 「心身健康科学―Knowledge for well-being―」 3
  • 「脳活動のイメージング技術」 4
  • 「地球の姿」 5
  • 「人間の捉え方」 6
  • 序文 7
  • はじめに 9
  • 第I章 心身健康科学のめざすもの
  • 第I章 第1節 現代社会と心身健康科学 久住眞理
  • 第I章 第1節 ●●1 物質から生命へ、そして精神の枠組みへ 14
  • 第I章 第1節 ●●2 心身相関の視点をもった学問の必要性 16
  • 第I章 第2節 心身健康科学のめざすもの 久住眞理
  • 第I章 第2節 ●●1 心身健康科学の特徴 19
  • 第I章 第2節 ●●2 健康科学としての意義 19
  • 第I章 第2節 ●●3 総合科学としての心身健康科学 23
  • 第I章 第2節 ●●4 心身健康科学の手法 26
  • 第I章 第2節 ●●5 全人的心身健康モデルの創出 28
  • 第I章 第2節 ●●6 心身健康科学の領域 29
  • 第II章 心身相関の基礎
  • 第II章 第1節 こころとからだを繋ぐメカニズムの基礎 鈴木はる江,福田潤
  • 第II章 第1節 ●●1 脳の指令で働くこころと身体の仕組み 35
  • 第II章 第1節 ●●2 脳・こころと身体の相互作用 47
  • 第II章 第2節 脳の発生と脳の成長 新井康允
  • 第II章 第2節 ●●1 人間の脳の進化 53
  • 第II章 第2節 ●●2 脳の発生のプランニングと脳の構造 58
  • 第II章 第2節 ●●3 脳の可塑性とニューロンの新生 62
  • 第II章 第2節 ●●4 脳が知ること―認知機能―心身健康科学 63
  • 第II章 第2節 ●●5 からだの痛みとこころの痛み 65
  • 第II章 第3節 脳とこころの健康 久住武
  • 第II章 第3節 ●●1 脳と健康・幸福感 68
  • 第II章 第3節 ●●2 脳が健康を望む理由 71
  • 第II章 第3節 ●●3 脳とストレス 76
  • 第II章 第3節 ●●4 脳とこころの健康を求めて 82
  • 第III章 心身の相関性を理解する
  • 第III章 第1節 こころとからだの免疫学 藤田紘一郎
  • 第III章 第1節 ●●1 免疫力に影響を与える「こころ」と「からだ」 88
  • 第III章 第1節 ●●2 精神神経免疫学とは 89
  • 第III章 第1節 ●●3 神経・内分泌・免疫による個体統御システム 91
  • 第III章 第1節 ●●4 ストレスと内分泌・免疫系細胞の反応 92
  • 第III章 第1節 ●●5 「こころ」がNK細胞の活性に影響する仕組み 95
  • 第III章 第1節 ●●6 イメージでNK細胞を活性化する 96
  • 第III章 第1節 ●●7 プラスのイメージでがんを抑える 98
  • 第III章 第1節 ●●8 笑いでNK細胞を活性化する 99
  • 第III章 第1節 ●●9 脳・腸相関と心的ストレス 101
  • 第III章 第1節 ●●10 アレルギーなど「現代病」と「こころ」 103
  • 第III章 第1節 ●●11 「きれい社会」とこころの病 104
  • 第III章 第2節 栄養と食からみたこころ・脳・からだ 小林修平
  • 第III章 第2節 ●●1 栄養学の基本的視点と心身健康科学 106
  • 第III章 第2節 ●●2 こころと栄養―その物質的基盤をめぐる研究の歴史 107
  • 第III章 第2節 ●●3 現代社会における心身の健康と栄養の問題 109
  • 第III章 第2節 ●●4 今後の展望 113
  • 第III章 第3節 乳幼児のこころとからだと共感的コミュニケーション 久住武
  • 第III章 第3節 ●●1 子育てにみる温故知新 115
  • 第III章 第3節 ●●2 胎児期から乳幼児期にかけての発達 116
  • 第III章 第3節 ●●3 乳幼児期におけるストレス 118
  • 第III章 第3節 ●●4 乳幼児期の脳の発達 124
  • 第III章 第3節 ●●5 健全な心身を育むために 127
  • 第III章 第3節 ●●6 乳幼児期における心身相関と健康科学 133
  • 第III章 第4節 こころとからだの老化とサクセスフルエイジング 近藤昊
  • 第III章 第4節 ●●1 人の生涯 143
  • 第III章 第4節 ●●2 成熟から老化へ 144
  • 第III章 第4節 ●●3 寿命 145
  • 第III章 第4節 ●●4 老化のメカニズム 146
  • 第III章 第4節 ●●5 老化予防 149
  • 第III章 第4節 ●●6 サクセスフルエイジング―円熟した豊かな高齢者をめざして 150
  • 第III章 第5節 女性のライフサイクルと心身の健康 佐藤優子
  • 第III章 第5節 ●●1 ライフサイクルと身体変化の特徴 152
  • 第III章 第5節 ●●2 女性のライフサイクルと生殖器系の変化 154
  • 第III章 第5節 ●●3 女性ホルモン 155
  • 第III章 第5節 ●●4 月経・妊娠・出産と女性ホルモン 157
  • 第III章 第5節 ●●5 各ライフステージにおける心身の変化と健康 159
  • 第IV章 心身健康科学の展開
  • 第IV章 第1節 メンタルヘルスマネジメントと心身健康科学 筒井末春
  • 第IV章 第1節 ●●1 ストレスマネジメントの必要性 164
  • 第IV章 第1節 ●●2 ストレスとは何か 165
  • 第IV章 第1節 ●●3 健康増進とストレスモデル 168
  • 第IV章 第1節 ●●4 ストレスマネジメントの方法論 169
  • 第IV章 第1節 ●●5 不安 170
  • 第IV章 第1節 ●●6 うつ 172
  • 第IV章 第1節 ●●7 心身医療と心身健康科学 176
  • 第IV章 第2節 ヘルスプロモーションと心身健康科学 川口毅
  • 第IV章 第2節 ●●1 健康の概念 181
  • 第IV章 第2節 ●●2 健康とは何か:健康の指標 182
  • 第IV章 第2節 ●●3 ヘルスプロモーションの視点からみた心身健康科学 184
  • 第IV章 第2節 ●●4 ヘルスプロモーションの概念 186
  • 第IV章 第2節 ●●5 環境と健康 187
  • 第IV章 第2節 ●●6 プレシード・プロシードモデルを用いた心身健康科学の解析手法 189
  • 第IV章 第2節 ●●7 社会全体を健康にシフトするために 194
  • 第IV章 第2節 ●●8 ヘルスプロモーションのための健康教育プログラム 196
  • 第IV章 第3節 生命文化と心身健康科学 青木清
  • 第IV章 第3節 ●●1 心身健康科学における生命文化の領域 202
  • 第IV章 第3節 ●●2 近代文明:物質から生命へ 203
  • 第IV章 第3節 ●●3 地球の進化と生命の起源 207
  • 第IV章 第3節 ●●4 生物種:種とは何か 210
  • 第IV章 第3節 ●●5 進化論 211
  • 第IV章 第3節 ●●6 組換えDNA実験 213
  • 第IV章 第3節 ●●7 生命現象の予測とDNAの操作 215
  • 第IV章 第3節 ●●8 クローン時代の到来と生命操作 219
  • 第IV章 第3節 ●●9 脳の解明 225
  • 第IV章 第3節 ●●10 生命文化 226
  • 第IV章 第3節 ●●11 生命倫理の歴史 229
  • 終章 心身健康科学の展望―体系化から一般化へ 久住真理 234
  • 索引 236

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで