사이트 메뉴 여기에서이 페이지의 선두입니다

바로 가기 키에 대한 설명을 시작합니다. 화면 전환이나 기능 실행은 설명에 나오는 바로 가기 키를 동시에 누른 후 Enter 키를 누르십시오. 바로 가기 키에 대한 설명을 들으려면  Alt +0. 메인 화면을 표시하려면 Alt +1. 로그인을 하려면 Alt +2. 간이검색 화면을 표시하려면 Alt +3. 상세검색 화면을 표시하려면 Alt +4. 장애인을 위한 자료검색 화면을 표시하려면 Alt +5. 검색 결과를 정렬하려면, Alt +6. 국립국회도서관 홈페이지를 표시하려면 Alt +7. 결과내 검색을 하기 위해서는 Alt +8. 바로 가기 키에 대한 설명은 이상입니다.

네비게이션 여기에서

네비게이션 여기까지

본문 여기에서

자료 종별 図書

天然ガスのすべて : その資源開発から利用技術まで

日本エネルギー学会天然ガス部会 編

서지정보

타이틀 天然ガスのすべて : その資源開発から利用技術まで
책임표시 日本エネルギー学会天然ガス部会 編
저자표목 日本エネルギー学会
출판 지명(국명 코드) JP
출판 지명東京
출판사コロナ社
출판 연월일 등 2008.10
크기, 용량 등 231p ; 26cm
ISBN 9784339066128
가격 3600円
JP번호 21483477
출판 년도(W3CDTF) 2008
건명(키워드) 天然ガス
NDLC DL131
NDC(9판) 575.59 : 연료. 폭발물
대상이용자 一般
자료 종별 図書
언어(ISO639-2 형식) jpn : 日本語

목차
 

  • 天然ガスのすべて : その資源開発から利用技術まで
  • 目次
  • 1. 天然ガスの新潮流
  • 1. 1.1 概要 1
  • 1. 1.2 地球にやさしい天然ガス 5
  • 1. 1.2 1.2.1 天然ガスの環境性 5
  • 1. 1.2 1.2.2 地球温暖化対策における天然ガスの役割 8
  • 1. 1.3 世界のエネルギー需給における天然ガスの動向 9
  • 1. 1.3 1.3.1 世界の1次エネルギー供給に占める天然ガスのシェア 10
  • 1. 1.3 1.3.2 天然ガスの埋蔵量 10
  • 1. 1.3 1.3.3 天然ガスの生産量 11
  • 1. 1.3 1.3.4 天然ガスの消費量 12
  • 1. 1.3 1.3.5 天然ガス(LNG)の取引 13
  • 1. 1.3 1.3.6 天然ガス(LNG)の価格 13
  • 1. 1.4 日本のエネルギー需給における天然ガスの位置付け 15
  • 1. 1.4 1.4.1 エネルギー政策における天然ガスの位置付け 15
  • 1. 1.4 1.4.2 天然ガスの流通・調達の円滑化に向けた取組み 15
  • 1. 1.4 1.4.3 需要拡大のための方策 16
  • 1. 1.4 1.4.4 天然ガス利用技術(GTLおよびDME),メタンハイドレートの開発加速 17
  • 1. 1.4 1.4.5 天然ガスの普及拡大 17
  • 1. 1.5 天然ガスのジオポリティクス 18
  • 1. 1.5 1.5.1 天然ガスと石油は市場でどのように異なるか? 18
  • 1. 1.5 1.5.2 天然ガスにおけるパイプライン輸送の持つ特殊性 18
  • 1. 1.5 1.5.3 欧州での天然ガスパイプラインを巡る競争 19
  • 1. 1.5 1.5.4 欧州における現在のロシアの天然ガスパイプライン戦略 20
  • 1. 1.5 1.5.5 ウクライナにおける天然ガス供給停止問題をどう見るか? 21
  • 1. 1.5 1.5.6 東アジアでの天然ガスパイプラインを巡る競争 22
  • 2. 天然ガス資源の開発
  • 2. 2.1 在来型天然ガスの成因と資源量 26
  • 2. 2.1 2.1.1 天然ガスの成因 26
  • 2. 2.1 2.1.2 資源量評価方法 28
  • 2. 2.1 2.1.3 世界の資源量 31
  • 2. 2.2 天然ガスの開発技術 34
  • 2. 2.2 2.2.1 探査技術 34
  • 2. 2.2 2.2.2 検層技術 36
  • 2. 2.2 2.2.3 掘削技術 38
  • 2. 2.2 2.2.4 生産技術 41
  • 2. 2.3 非在来型天然ガス 44
  • 2. 2.3 2.3.1 タイトサンドガスとシェールガス 44
  • 2. 2.3 2.3.2 コールベッドメタン 46
  • 2. 2.3 2.3.3 メタンハイドレート 49
  • 2. 2.4 世界の天然ガス開発状況 52
  • 2. 2.4 2.4.1 天然ガス開発事業の動向 52
  • 2. 2.4 2.4.2 天然ガス開発事業-プレイヤーたち 58
  • 2. 2.5 ガス田開発と経済性 60
  • 2. 2.5 2.5.1 開発評価技術 60
  • 2. 2.5 2.5.2 プロジェクトの経済性試算 63
  • 2. 2.6 天然ガス増進回収技術 67
  • 2. 2.6 2.6.1 在来型ガス田の増進回収 67
  • 2. 2.6 2.6.2 コールベッドメタンの増進回収 69
  • 3. 天然ガスの輸送と貯蔵
  • 3. 3.1 世界のLNGプロジェクト 71
  • 3. 3.1 3.1.1 天然ガス供給とLNGの経済性 71
  • 3. 3.1 3.1.2 LNGプロジェクトの現状 74
  • 3. 3.1 3.1.3 LNGプロジェクトの将来動向 76
  • 3. 3.1 3.1.4 LNGプロジェクトの課題 83
  • 3. 3.2 天然ガス液化プラント 84
  • 3. 3.2 3.2.1 天然ガス液化プラントの概要 84
  • 3. 3.2 3.2.2 LNGプラントをとりまく環境 90
  • 3. 3.3 LNGの海上輸送 91
  • 3. 3.3 3.3.1 タンク方式の技術と特徴 91
  • 3. 3.3 3.3.2 推進プラント 97
  • 3. 3.3 3.3.3 LNG船の経済性 99
  • 3. 3.3 3.3.4 ガスオペレーション 102
  • 3. 3.3 3.3.5 近年の技術動向 105
  • 3. 3.4 LNGの受入基地と貯蔵タンク 106
  • 3. 3.4 3.4.1 国内・海外のLNG受入基地 106
  • 3. 3.4 3.4.2 LNG受入基地の主要設備・安全対策 108
  • 3. 3.4 3.4.3 LNG貯蔵タンクの概要 111
  • 3. 3.4 3.4.4 LNG受入基地をとりまく環境 113
  • 3. 3.5 天然ガスパイプラインと地下貯蔵 113
  • 3. 3.5 3.5.1 国内の天然ガスパイプライン 113
  • 3. 3.5 3.5.2 欧米の天然ガスパイプライン 115
  • 3. 3.5 3.5.3 天然ガスパイプラインの最新技術動向 117
  • 3. 3.5 3.5.4 天然ガスの地下貯蔵の概要 119
  • 3. 3.6 天然ガスの新たな輸送技術 121
  • 3. 3.6 3.6.1 天然ガスハイドレート(NGH)の輸送技術 121
  • 3. 3.6 3.6.2 CNGの輸送技術 122
  • 3. 3.6 3.6.3 DMEの輸送技術 124
  • 3. 3.6 3.6.4 新たな輸送技術の経済性と実現性 125
  • 4. 天然ガスの利用
  • 4. 4.1 天然ガス利用の概要 126
  • 4. 4.1 4.1.1 電力事業へのLNG利用 126
  • 4. 4.1 4.1.2 都市ガス事業における天然ガス利用 128
  • 4. 4.2 LNG火力発電 130
  • 4. 4.2 4.2.1 電力会社が保有するLNG基地とガス導管設備 130
  • 4. 4.2 4.2.2 LNG火力発電所 132
  • 4. 4.3 産業用分野 136
  • 4. 4.3 4.3.1 バーナー 136
  • 4. 4.3 4.3.2 ボイラー 139
  • 4. 4.3 4.3.3 コージェネレーションシステム 141
  • 4. 4.3 4.3.4 新エネルギーとの組合せシステム 145
  • 4. 4.4 業務用分野 147
  • 4. 4.4 4.4.1 業務用厨房 147
  • 4. 4.4 4.4.2 ガス空調 149
  • 4. 4.4 4.4.3 ガスコージェネレーションシステム 153
  • 4. 4.4 4.4.4 地域冷暖房 156
  • 4. 4.4 4.4.5 特定電気事業 157
  • 4. 4.5 家庭用分野 159
  • 4. 4.5 4.5.1 家庭用ガス機器の歴史 159
  • 4. 4.5 4.5.2 最近のおもな家庭用ガス機器 160
  • 4. 4.5 4.5.3 家庭用コージェネレーション 162
  • 4. 4.5 4.5.4 家庭用のガス機器の安全対策 167
  • 4. 4.6 運輸用分野-天然ガス自動車などの取組み- 169
  • 4. 4.6 4.6.1 天然ガス自動車 169
  • 4. 4.6 4.6.2 燃料電池自動車 173
  • 5. 天然ガスの転換とその利用
  • 5. 5.1 転換技術の概要 178
  • 5. 5.2 合成ガス経由技術 179
  • 5. 5.2 5.2.1 合成ガス製造技術 179
  • 5. 5.2 5.2.2 合成ガス転換技術 186
  • 5. 5.3 直接転換技術 206
  • 5. 5.3 5.3.1 脱水素カップリング 207
  • 5. 5.3 5.3.2 酸化的カップリング 208
  • 5. 5.3 5.3.3 炭素材料 209
  • 5. 5.3 5.3.4 その他 209
  • 5. 5.4 DME利用技術 210
  • 5. 5.4 5.4.1 概要 211
  • 5. 5.4 5.4.2 おもな利用技術開発の特徴・ポイント 213
  • 5. 5.5 天然ガス転換技術を利用した商業プロジェクト 214
  • 5. 5.5 5.5.1 GTLプロジェクト 214
  • 5. 5.5 5.5.2 メタノールプロジェクト 217
  • 5. 5.5 5.5.3 DMEプロジェクト 219
  • 5. 5.5 5.5.4 アンモニア・尿素プロジェクト 220
  • 付録 223
  • 索引 229

본문 여기까지

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

풋터 여기까지