サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

妊娠・授乳とくすりQ&A : 安全・適正な薬物治療のために : 今これだけは知っておきたい!

櫛田賢次, 林昌洋 監修,石川洋一 編

詳細情報

タイトル 妊娠・授乳とくすりQ&A : 安全・適正な薬物治療のために : 今これだけは知っておきたい!
著者 櫛田賢次, 林昌洋 監修
著者 石川洋一 編
著者標目 櫛田, 賢次
著者標目 林, 昌洋
著者標目 石川, 洋一, pub.2008
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社じほう
出版年月日等 2008.9
大きさ、容量等 182p ; 21cm
注記 文献あり
ISBN 9784840738880
価格 2000円
JP番号 21486216
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 妊産婦
件名(キーワード) 医薬品--副作用
NDLC SC577
NDC(9版) 495.6 : 婦人科学.産科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 妊娠・授乳とくすりQ&A : 安全・適正な薬物治療のために : 今これだけは知っておきたい!
  • Contents妊娠・授乳とくすりQ&A
  • I 妊娠の基礎知識
  • I Q-1. 妊娠時期の区分け・妊娠週数の数え方が知りたい 3
  • I Q-1. Side memo:妊娠週数と胎齢
  • I Q-2. 胎児の器官形成期について知りたい 6
  • I Q-2. Side memo : all or none period
  • I Q-3. 通常妊娠での流産の発生率は? 9
  • I Q-4. 通常妊娠での奇形の発生率は? 12
  • I Q-5. 胎児の奇形の種類は? すべて重篤なもの? 15
  • I Q-6. 奇形の原因で一番多いのは医薬品? 18
  • I Q-7. 医薬品にはすべて催奇形性がある? 21
  • I Q-8. つわり・妊娠悪阻について知りたい 24
  • I Q-9. 妊娠検査薬使用時に注意することは? 27
  • II 妊娠と合併症治療
  • II Q-10. 妊娠によって誘発される疾患は? 30
  • II Q-11. 妊娠高血圧症候群(旧:妊娠中毒症)とは? 33
  • II Q-12. 妊娠と糖尿病について知りたい 36
  • II Q-13. 妊娠と精神疾患について知りたい 40
  • II Q-14. 妊娠と甲状腺疾患について知りたい 43
  • II Q-15. 妊娠と喘息治療について知りたい 46
  • II Q-16. 妊娠とてんかん治療について知りたい 50
  • III 妊娠と医薬品の影響
  • III Q-17. 妊娠初期・中期・末期における薬剤の影響の考え方は? 53
  • III Q-18. 妊娠中に注意すべき医薬品は具体的にどのようなもの? 56
  • III Q-18. Side memo:ウテメリン(R)とメテルギン(R)
  • III Q-19. 動物実験で催奇形性の疑いのある薬剤は必ずヒトでも催奇形性を示す? 60
  • III Q-20. 妊婦に禁忌の薬を服用したら,妊娠はあきらめたほうがよい? 62
  • III Q-21. 医薬品の胎盤通過について知りたい 64
  • III Q-22. 妊娠初期に父親が医薬品を服用したが? 67
  • III Q-23. 妊娠初期に気づかず常備薬を服用していたが? 70
  • III Q-24. 妊娠初期に気づかず催眠薬を服用していたが? 73
  • III Q-25. 妊娠初期に気づかずピルを服用していたが? 76
  • III Q-26. 妊娠中にアスピリンが処方されているが,目的は? 79
  • III Q-27. 妊娠中にワルファリンを継続したいが,催奇形性は? 82
  • III Q-28. 妊娠中のうつ病にSSRIが処方されているが? 85
  • III Q-29. 妊娠中に使用できる解熱鎮痛薬は? 88
  • III Q-30. 妊娠中に使用できる抗菌薬は? 91
  • III Q-31. 妊娠中に使用できる抗アレルギー薬は? 95
  • III Q-32. 妊娠中に使用できる胃腸薬・便秘薬・下痢止め薬は? 98
  • III Q-33. 妊娠中に市販の痛み止めやかぜ薬を服用してもよい? 100
  • III Q-34. 妊娠中は漢方薬のほうが安全といわれたが,本当? 107
  • III Q-35. インフルエンザワクチンを妊娠中に接種したいが? 109
  • III Q-35. Side memo:チメロサールとは
  • III Q-36. リトドリン塩酸塩を妊娠中に服用しても安全? 113
  • III Q-37. サリドマイド投与に関する法規制を知りたい 116
  • IV 妊娠と食品・嗜好品の影響
  • IV Q-38. タバコは妊娠に影響する? 119
  • IV Q-39. ビールなどのアルコールは妊娠に影響する? 121
  • IV Q-40. コーヒーなどのカフェインは妊娠に影響する? 123
  • IV Q-41. 妊娠に影響がある食品は? 125
  • IV Q-42. サプリメントの妊娠への影響は? 129
  • IV Q-43. 妊娠中の葉酸摂取が重要である理由は? 132
  • V 授乳の基礎知識・授乳と医薬品の影響
  • V Q-44. 母乳と人工乳の違いは? 135
  • V Q-45. 母乳のメリットはどんなもの? 140
  • V Q-46. 服用した医薬品は何でも母乳に移行する? 143
  • V Q-47. 授乳婦への薬物療法の基本的な考え方は? 147
  • V Q-48. 授乳婦に投与すべきでない医薬品は? 149
  • V Q-49. 授乳婦が注意すべき嗜好品は? 152
  • V Q-50. 授乳婦が注意すべきサプリメントは? 154
  • VI 妊娠に関わる医薬品情報の基本
  • VI Q-51. 妊娠中の薬物療法に関わる医薬品情報の入手方法は? 158
  • VI Q-52. 妊婦に関する添付文書の「使用上の注意」の読み方は? 161
  • VI Q-53. オーストラリアのリスクカテゴリーとは? 165
  • VI Q-54. FDAのリスクカテゴリーとは? 168
  • VI Q-54. Side memo:オーストラリアとFDAのリスクカテゴリーの違い
  • VI Q-55. Briggsの「Drugs in Pregnancy and Lactation」とはどんな書籍? 171
  • VI Q-56. 妊娠と薬情報センターとは? 174
  • VI Q-57. 妊娠と薬情報センターの情報収集の実際は? 178
  • VI Q-58. 「妊娠と薬外来」でのカウンセリング方法は? 180

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで