サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本の農業 : 2005年農業センサス分析

小田切徳美 編

詳細情報

タイトル 日本の農業 : 2005年農業センサス分析
著者 小田切徳美 編
著者標目 小田切, 徳美, 1959-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社農林統計協会
出版年月日等 2008.8
大きさ、容量等 260p ; 21cm
ISBN 9784541035882
価格 2900円
JP番号 21476171
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 日本--農業
NDLC DM21
NDC(9版) 612.1 : 農業史・事情
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本の農業 : 2005年農業センサス分析
  • 目次
  • 第1章 日本農業の変貌 小田切徳美
  • 第1章 第1節 2005年農林業センサスと日本農業-その位置と概観- 1
  • 第1章 第1節 1. 2005年農林業センサスの位置 1
  • 第1章 第1節 2. 日本農業の現状-概観- 4
  • 第1章 第2節 農家家族と農業就業構造-澤田論文の論点- 7
  • 第1章 第2節 1. 農家家族の変化 7
  • 第1章 第2節 2. 昭和1桁世代の動向 9
  • 第1章 第3節 農地賦存・利用と担い手-細山論文の論点- 12
  • 第1章 第3節 1. 「農地減少卓越地域」の拡大プロセス 12
  • 第1章 第3節 2. 農地の受け皿としての農家以外の事業体 14
  • 第1章 第3節 3. 耕作放棄地 16
  • 第1章 第4節 農家以外の事業体の位置と性格-鈴村論文の論点- 19
  • 第1章 第4節 1. 農家以外の事業体数増大の実態 19
  • 第1章 第4節 2. 農家以外の事業体の地域性 21
  • 第1章 第5節 農業経営体の性格-木下論文の論点- 23
  • 第1章 第5節 1. 経営体による生産集中度の分析 23
  • 第1章 第5節 2. 経営体における経営展開の地域性 26
  • 第1章 第6節 農業集落の地域別性格-橋口論文の論点- 28
  • 第1章 第6節 1. 集落調査の再編 28
  • 第1章 第6節 2. DID距離と集落活動 29
  • 第1章 第7節 日本農業の変貌と課題 33
  • 第2章 労働力の変化と農業就業構造 澤田守
  • 第2章 第1節 はじめに-本章の課題と構成- 39
  • 第2章 第2節 農林業センサスが示す農家世帯の変化 40
  • 第2章 第2節 1. 農家人口の変化 40
  • 第2章 第2節 2. 世帯構成の変化 42
  • 第2章 第2節 3. 農家数の変化-副業的農家の減少 43
  • 第2章 第2節 4. 若年農業後継者の減少と調査様式 45
  • 第2章 第3節 農業継承の変化とその動向 49
  • 第2章 第3節 1. 農業後継者の高齢化と世代交替の変化 49
  • 第2章 第3節 2. 昭和一桁世代のリタイアと農業継承の動向 54
  • 第2章 第4節 専兼別農家数の変化と就業構造 61
  • 第2章 第4節 1. 専業農家の増加と中高年農業従事者の新たな動き 61
  • 第2章 第4節 2. 兼業農家の就業状況の変化 67
  • 第2章 第4節 3. 農業雇用の変化とその動向 72
  • 第2章 第4節 4. 農業投下労働規模別分類を用いた農業経営の動向 77
  • 第2章 第5節 農業労働力の変化と農業構造の特徴 80
  • 第3章 農地利用の変化と担い手の実態 細山隆夫
  • 第3章 第1節 課題 87
  • 第3章 第2節 農業構造変化の基本動向 88
  • 第3章 第2節 1. 農家数減少,借地展開と経営耕地面積動向の相関 88
  • 第3章 第2節 2. 農地・農業の担い手動向 92
  • 第3章 第2節 3. 耕作放棄地,不作付け地の発生動向 95
  • 第3章 第3節 農地流動化,作業受委託の動向 98
  • 第3章 第3節 1. 自給的農家,土地持ち非農家の動向と農地所有者世帯の構成変化 98
  • 第3章 第3節 2. 農地貸付けの動向 102
  • 第3章 第3節 3. 土地持ち非農家,下層農の農地利用 104
  • 第3章 第3節 4. 農地借入の動向 107
  • 第3章 第3節 5. 作業受託の動向 110
  • 第3章 第4節 上層農,大規模経営の展開状況 112
  • 第3章 第4節 1. 上層農,大規模経営の展開動向 112
  • 第3章 第4節 2. 上層農,大規模経営における借地シェアの推移 115
  • 第3章 第4節 3. 上層農,大規模経営の内部構成と性格-水旧農業の担い手 117
  • 第3章 第5節 農地利用後退の動向 120
  • 第3章 第5節 1. 耕作放棄地の発生動向 120
  • 第3章 第5節 2. 不作付け地の発生動向 126
  • 第3章 第6節 結語 128
  • 第4章 <補論> 農家以外の農業事業者を基軸とした構造変化 鈴村源太郎
  • 第4章 第1節 はじめに 135
  • 第4章 第2節 農家以外事業体における経営体数の急増とその背景 136
  • 第4章 第3節 総資源量に占める農家以外事業体シェアの拡大 143
  • 第4章 第4節 農家以外事業体の借地展開 148
  • 第4章 第5節 農家以外事業体の作付動向と農業関連事業への取組 156
  • 第4章 第6節 結語 159
  • 第5章 農業経営と農業構造 木下幸雄
  • 第5章 第1節 はじめに 165
  • 第5章 第2節 農業経営の現況 166
  • 第5章 第2節 1. 「農業経営体」の概念と分類体系 166
  • 第5章 第2節 2. 農業経営体の全体像 169
  • 第5章 第2節 3. 農業経営体の平均像 169
  • 第5章 第3節 ビジネスサイズの視点からの農業構造の変化 172
  • 第5章 第3節 1. 総農家における経済的農業構造 172
  • 第5章 第3節 2. 農業経営体における経済的農業構造 174
  • 第5章 第3節 3. 事業体種類別の事業体数・農産物販売金額シェアの変化動向 176
  • 第5章 第3節 4. 販売農家における農産物販売金額シェアの変化 178
  • 第5章 第4節 農業経営の展開と経営成長 181
  • 第5章 第4節 1. 農業生産上の工夫と経営成長 182
  • 第5章 第4節 2. 経営管理体制の整備と経営成長 185
  • 第5章 第4節 3. 経営の複合化・単一化と経営成長 190
  • 第5章 第4節 4. 事業多角化、販売ルート多様化と経営成長 192
  • 第5章 第5節 まとめ 197
  • 第5章 第5節 1. 経済的な農業構造の変化と農業経営の成長 197
  • 第5章 第5節 2. 「家族経営体」概念に対する問題提起 199
  • 第6章 農業集落の構造と動向 橋口卓也
  • 第6章 第1節 はじめに 203
  • 第6章 第2節 農業集落調査と農村集落調査の対象の比較 204
  • 第6章 第2節 1. 集落定義について 204
  • 第6章 第2節 2. 農業集落に対する農村集落割合の地域性 206
  • 第6章 第2節 3. 集落の立地条件 209
  • 第6章 第3節 地域資源や農業関連施設の賦存および保全管理の状況 211
  • 第6章 第3節 1. 地域資源の賦存状況 211
  • 第6章 第3節 2. 地域資源の保全状況 211
  • 第6章 第3節 3. 共同作業への出役義務者の変化 216
  • 第6章 第3節 4. 共同作業の実施状況の変化 217
  • 第6章 第4節 地域資源を活用した交流事業や施設の状況 220
  • 第6章 第4節 1. 地域資源を活用した交流事業の取組状況 220
  • 第6章 第4節 2. 地域資源を活用した施設の状況 222
  • 第6章 第5節 集落活動の状況 224
  • 第6章 第5節 1. 寄り合いの状況 224
  • 第6章 第5節 2. 活性化活動の状況 226
  • 第6章 第6節 農林業経営体調査結果と組み合わせた分析 230
  • 第6章 第6節 1. 販売農家の存在状況 230
  • 第6章 第6節 2. 担い手の存在状況と地域資源の保全 233
  • 第6章 第7節 おわりに 236
  • 第7章 2005年農林業センサス改定点と分析視点 吉村秀清
  • 第7章 第1節 はじめに 238
  • 第7章 第2節 2005年農林業センサスの変更の背景 239
  • 第7章 第3節 2005年農林業センサスの変更点 240
  • 第7章 第3節 1. 調査体系等の変更内容 240
  • 第7章 第3節 2. 調査対象,調査対象の概念の変更 241
  • 第7章 第4節 過去の農林業センサスデータとの接続について 247
  • 第7章 第4節 1. 農業関係データの接続 247
  • 第7章 第4節 2. 林業関係データの接続 249
  • 第7章 第5節 2005年農林業センサス見直しの効果 250
  • 第7章 第5節 1. 農林業経営体の分析が可能 250
  • 第7章 第5節 2. 資源総量、構造分析がより明確化 250
  • 第7章 第5節 3. 法人経営の実像が明確に 251
  • 第7章 第5節 4. 林業の実態が5年間隔で明らかに 251
  • 第7章 第5節 5. 地域資源や地域の状況が5年間隔で明らかに 251
  • 第7章 第6節 統計改革と農林統計 252
  • 第7章 第6節 1. 統計改革の内容 252
  • 第7章 第6節 2. 統計改革下の農林統計 255
  • 第7章 第6節 <参考>農林業経営体の一断面 255

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで