サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

ASRを生じたコンクリート構造物の残存膨張量測定法の開発に関する研究

黒田保, 鳥取大学 [著]

詳細情報

タイトル ASRを生じたコンクリート構造物の残存膨張量測定法の開発に関する研究
著者 黒田保, 鳥取大学 [著]
出版地(国名コード) JP
出版社[黒田保]
出版年月日等 2006-2007
出版年月日等 2008.5
大きさ、容量等 1冊
注記 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書
科研費課題番号 18560451
別タイトル 研究種目 基盤研究(C)
出版年(W3CDTF) 2006
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) コンクリート / アルカリシリカ反応 / 残存膨張量 / 促進試験 / 耐久性 / 維持管理
NDLC Y151
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで