サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

人物で知る日本の国土史

緒方英樹 著

詳細情報

タイトル 人物で知る日本の国土史
著者 緒方英樹 著
著者標目 緒方, 英樹
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社オーム社
出版年月日等 2008.8
大きさ、容量等 207p ; 21cm
注記 年譜あり
注記 文献あり
ISBN 9784274205811
価格 2000円
JP番号 21468823
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 土木工学--伝記
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 建設事業--日本--伝記
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC NA23
NDC(9版) 510.28 : 建設工学.土木工学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 人物で知る日本の国土史
  • 目次
  • 古代
  • 民を助け国をつくった僧侶 行基 2
  • 百姓恋い慕うこと父母のごとし 空海 6
  • 春の夜の夢 平清盛 10
  • 中世
  • 水を治めた戦国武将 武田信玄 14
  • 信長と散った棟梁 岡部又右衛門 18
  • 戦国時代を生きた宣教師 ルイス・フロイス 22
  • 悲運の武将 佐々成政 26
  • 戦わずして勝った土木力 豊臣秀吉 30
  • 江戸のプランナー 徳川家康 34
  • 近世
  • 戦国商人の土木 角倉了以 38
  • さが水ものがたり 成富兵庫茂安 42
  • 土木の天才 加藤清正 46
  • 土木請負人 川村孫兵衛重吉 50
  • 辰巳用水の偉業 板屋兵四郎 54
  • ため池の達人 西嶋八兵衛 58
  • 千載不朽の土木家 野中兼山 62
  • 砂浜に木を植えた男 大梶七兵衛 66
  • 錦帯橋をつくった男 児玉九郎右衛門 70
  • 手掘り「青の洞門」 禅海 74
  • 宝暦治水の悲劇 平田靱負 78
  • 非凡なる凡人 伊能忠敬 82
  • 民の父母となって 上杉鷹山 86
  • 不屈の北方探検家 最上徳内 90
  • 農村再建の達人 二宮尊徳 94
  • 新渡戸一族の大望 新渡戸傳 98
  • ドイツ人医師の愛した江戸日本 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト 102
  • 近代
  • 英国女性の日本奥地行 イザベラ・バード 106
  • 西洋文明を灯した男 リチャード・ヘンリー・ブラントン 110
  • ゼロマイルからの出発 エドモンド・モレル 114
  • 治山・治水の恩人 ヨハニス・デ・レーケ 118
  • 鉄道に捧げた生涯 井上勝 122
  • 明治ニッポンの立役者 ヘンリー・ダイアー 126
  • 海を渡ってきた建築家 ジョサイア・コンドル 130
  • 初めての日本人建築家 辰野金吾 134
  • 近代土木工学の祖 古市公威 138
  • 衛生工学の恩人 ウィリアム・キニモンド・バルトン 142
  • 世紀を超えた指導者 後藤新平 146
  • 台湾の治水に貢献 西郷菊次郎 150
  • 土木技術者のロマン 田辺朔郎 154
  • 清きエンジニア 廣井勇 158
  • 約束の理想郷づくり 石井十次 162
  • 建築にとって美とは何か 伊東忠太 166
  • 土木技術者と自然 岡﨑文吉 170
  • 自然科学の目 寺田寅彦 174
  • サムライ・エンジニア 青山士 178
  • 優しきアマチュア建築家 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 182
  • 地下鉄にかけた夢 早川徳次 186
  • 砂防一路 赤木正雄 190
  • 風にむかう炎のごとく 宮本武之輔 194
  • 台湾に水を引いた神 八田與一 198
  • 主な参考文献 202
  • あとがき 206

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで