サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

成人の先天性心疾患診療ブック : 臨床現場で役に立つ

丹羽公一郎, 中澤誠, 赤木禎治, 立野滋 編

詳細情報

タイトル 成人の先天性心疾患診療ブック : 臨床現場で役に立つ
著者 丹羽公一郎, 中澤誠, 赤木禎治, 立野滋 編
著者標目 丹羽, 公一郎
著者標目 中沢, 誠, 1943-
著者標目 赤木, 禎治
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社メジカルビュー社
出版年月日等 2008.6
大きさ、容量等 295p ; 26cm
注記 文献あり
ISBN 9784758301817
価格 6500円
JP番号 21446044
別タイトル Guidebook for adult congenital heart disease
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 心臓病
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC271
NDC(9版) 493.23 : 内科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 成人の先天性心疾患診療ブック : 臨床現場で役に立つ
  • 目次●臨床現場で役に立つ成人の先天性心疾患診療ブック
  • Introduction
  • 小児心疾患となにが違うのか 丹羽公一郎 10
  • 小児心疾患の成人後の動向
  • 成人先天性心疾患における問題点
  • チーム医療の重要性
  • 今,なぜ成人先天性心疾患が注目されるのか 丹羽公一郎 12
  • 小児心疾患の成人後の特徴
  • 成人先天性心疾患の頻度
  • 看護師の役割 水野芳子 15
  • 成人先天性心疾患患者の看護
  • 診療体制のなかでの看護師の役割
  • I 成人患者を理解するための先天性心疾患の基礎知識
  • I 小児期の先天性心疾患の問題点 丹羽公一郎 20
  • I 先天性心疾患の病態生理
  • I 先天性心疾患の頻度 立野滋,丹羽公一郎 23
  • I 先天性心疾患の頻度
  • I 疾患別頻度
  • I 成人期の先天性心疾患の頻度
  • I 親子での繰り返し頻度
  • I 成人期への移行の問題 丹羽公一郎 26
  • I 成人先天性心疾患専門医に移行する必要性
  • I 成人先天性心疾患専門医の役割―循環器小児科医がいつまでみるのか。循環器科医が代わりうるか。誰が経過観察することがよいか―
  • I 思春期の問題点,病気の理解と心内膜炎の予防の実践
  • I 健康保険,医療保険,生命保険
  • I 循環器小児科医から,成人先天性心疾患専門医にどのような時期,どのような場所で移行していくか。transient clinicの実際
  • I こどもの心臓病をいつ,どのように説明するか
  • I 病院のかかりかた,成人先天性心疾患の専門医,その特徴とは?
  • I 成人期の先天性心疾患の問題点 丹羽公一郎 31
  • I 成人期に起こる諸問題
  • I 診療施設
  • I 先天性心疾患患者の社会的自立
  • I 日本の今後の方向性と問題点
  • II ここが知りたい,成人期の先天性心疾患 立野滋,丹羽公一郎
  • II 心房中隔欠損症 36
  • II 手術時期,手術適応(1)
  • II 手術時期,手術適応(2)
  • II 心房細動,脳梗塞
  • II 手術とdevice closure
  • II 部分肺静脈還流異常との合併と手術(高齢者の心房中隔欠損症と部分肺静脈還流異常)
  • II 心室中隔欠損症 44
  • II 漏斗部欠損と大動脈弁逸脱,閉鎖不全
  • II 膜性部欠損の手術適応
  • II 自然閉鎖
  • II 術後長期管理,予後
  • II 感染性心内膜炎予防
  • II 運動制限,生活制限
  • II 妊娠出産 56
  • II ピル(Ebstein奇形の妊娠出産とピル)
  • II 大動脈弁逸脱と妊娠,カウンセリング
  • II Fontan手術
  • II 川崎病
  • II 性行為
  • II 不整脈 66
  • II ペースメーカ
  • II 動悸,頻脈,期外収縮
  • II Fallot四徴症と心房粗細動,カテーテルアブレーション
  • II 心房中隔欠損症と不整脈
  • II Fallot四徴症 74
  • II 妊娠出産
  • II 再手術(大動脈閉鎖不全)
  • II 成人期Fallot四徴症の再手術
  • II 遠隔期死亡
  • II 肺高血圧症 82
  • II 妊娠
  • II 特発性肺高血圧症と妊娠
  • II アイゼンメンゲル症候群
  • II 社会生活 88
  • II 心房中隔欠損症手術の公費負担
  • II 生命保険
  • II Fontan手術 92
  • II 遠隔期合併症
  • II 成人期Fontan手術
  • II 感染性心内膜炎 96
  • II 予防
  • II 遺伝 98
  • II 遺伝
  • II カテーテル治療 100
  • II 動脈管開存症の治療
  • II 施設基準
  • III 成人期の日常生活の注意点
  • III 成人期の日常生活の注意点 赤木禎治 104
  • III 就業内容
  • III レクリエーション
  • III 運転
  • III 運動
  • III 飲酒
  • III 喫煙
  • III 感染性心内膜炎予防
  • III 入浴
  • III 海外に住む場合
  • III 旅行する場合の注意点
  • III 予防接種
  • III 性生活
  • III 妊娠・出産
  • IV 成人期になると起こること-その特徴-
  • IV 不整脈 立野滋,丹羽公一郎 110
  • IV 罹病率
  • IV 不整脈の種類
  • IV 副伝導路
  • IV 重複房室結節・接合部頻拍
  • IV 心房性頻拍:心房内リエントリー性頻拍(IART),心房粗動,異所性心房頻拍
  • IV 心房細動
  • IV 心室頻拍
  • IV 洞機能不全
  • IV 房室ブロック
  • IV 心不全 丹羽公一郎 114
  • IV 概念
  • IV 検査所見
  • IV 画像診断による心機能評価法
  • IV 心不全治療
  • IV チアノーゼと全身系統的合併症 坂崎尚徳 117
  • IV 血液学的異常,出血傾向
  • IV 血栓塞栓症
  • IV 腎合併症
  • IV 尿酸代謝異常
  • IV ビリルビン代謝異常
  • IV 四肢,長管骨の異常
  • IV 感染症
  • IV 感染性心内膜炎 丹羽公一郎 120
  • IV 心内膜炎の特徴
  • IV 予防
  • IV 診断
  • IV 治療
  • IV 菌種が同定されている場合の抗菌薬と使用法(自己弁)
  • IV 妊娠出産
  • IV 産科的管理 岩永直子,池田智明 123
  • IV 妊娠前
  • IV 妊娠中
  • IV 分娩・産褥
  • IV 内科的管理 丹羽公一郎 125
  • IV 妊娠・出産の循環生理:妊娠・出産における母体の変化/妊娠出産がハイリスクと考えられる疾患/機械弁置換術後の妊娠時の抗凝固療法/不整脈/心不全
  • IV 心理社会的問題 白井丈晶 128
  • IV 生理的ストレスの事象
  • IV 成人期における社会的問題
  • IV 今後の展望
  • IV 周術期管理 杉本晃一 131
  • IV 成人先天性心疾患患者の術後の特徴
  • IV 循環管理の比較
  • IV 血行動態に影響を与える因子
  • IV 麻酔 杉森邦夫 135
  • IV 全般的な問題
  • IV 心臓手術の麻酔
  • IV カテーテルの麻酔
  • IV 出産時麻酔
  • IV 遺伝 市田蕗子 138
  • IV 多因子遺伝性心疾患
  • IV 染色体異常症候群
  • IV 隣接遺伝子症候群
  • IV 責任遺伝子が判明した疾患
  • IV 右室機能評価の重要性と実際 青墳裕之,中島弘道 143
  • IV 成人先天性心疾患における右室機能不全の原因および右室機能評価の意義
  • IV 成人先天性心疾患における右室機能評価の実際
  • V 成人期に特徴的な診断法
  • V 病歴 豊田智彦 150
  • V 病歴聴取のポイント
  • V 症状 豊田智彦 152
  • V チアノーゼ
  • V 息切れ,呼吸困難
  • V 浮腫,体重増加
  • V 動悸,脈の不整
  • V 胸痛
  • V 腹痛
  • V 発熱
  • V 頭痛
  • V 関節痛
  • V 出血傾向・喀血
  • V めまい,立ちくらみ,失神
  • V 過粘稠度症候群
  • V 脳塞栓に伴う症状
  • V 精神神経症状
  • V 診断法
  • V 基本的臨床診断法の比較(どの検査をするかの決定) 豊田智彦 158
  • V 身体所見
  • V 胸部X線
  • V 心電図
  • V 心エコー図
  • V 血液検査,尿検査
  • V 検査法の選択
  • V Holter心電図,運動負荷テスト 立野滋,丹羽公一郎 164
  • V Holter心電図
  • V 運動負荷テスト
  • V RI, CT, MRI 景山貴洋 167
  • V RI, CT, MRIの有用性と比較
  • V RI
  • V CT
  • V MRI
  • V 心臓カテーテル検査,電気生理学的検査 立野滋,丹羽公一郎 173
  • V 心臓カテーテル検査
  • V 心臓電気生理検査(electrophysiological study: EPS)
  • V 胎児診断 川副泰隆,丹羽公一郎 175
  • V 胎児診断の意義
  • V 胎児well-beingの評価法
  • V 胎児心臓超音波検査の適応
  • V 胎児心臓超音波検査の方法
  • V 胎児診断の今後
  • VI 成人期の内科治療
  • VI 薬物 豊田智彦 180
  • VI 成人先天性心疾患における薬物治療
  • VI 心不全に対する薬物療法
  • VI 不整脈
  • VI 主な不整脈と薬物治療の実際
  • VI 抗血小板薬,抗凝固薬
  • VI 肺高血圧の薬物治療
  • VI 心外併存症に対する薬物治療
  • VI 妊婦に対する抗不整脈薬,抗心不全薬の危険性
  • VI カテーテル治療
  • VI インターベンション 岡嶋良知 186
  • VI 二次孔型心房中隔欠損デバイス閉鎖
  • VI 動脈管開存コイル塞栓術
  • VI 大動脈縮窄
  • VI 弁・血管に対するカテーテルインターベンション
  • VI 経皮的肺動脈弁留置
  • VI アブレーション 立野滋,丹羽公一郎 190
  • VI 副伝導路
  • VI 重複房室結節
  • VI cavo-tricuspid isthmus dependent atrial flutter
  • VI 心房内リエントリー性頻拍(intra-atrial reentrant tachycardia: IART)
  • VI 異所性心房頻拍
  • VI 心室頻拍
  • VI 留意点
  • VI ペースメーカ,ICD,心臓再同期治療 鈴木嗣敏 193
  • VI ペースメーカ
  • VI ICD
  • VI 心臓再同期療法(CRT)
  • VII 成人期の手術治療
  • VII 成人期の手術治療 松尾浩三 200
  • VII 成人期の初回心臓手術
  • VII 再手術
  • VII 手術成績
  • VIII 多くみられる先天性心疾患
  • VIII 心室中隔欠損 丹羽公一郎 208
  • VIII 解剖学的特徴,初回修復手術,血行動態/小児期,成人期の経過,問題点/自然閉鎖/検査/治療(内科外科)/経過観察(心内膜炎予防,妊娠出産,運動の可否)/長期予後
  • VIII 心房中隔欠損 赤木禎治,谷口学 213
  • VIII 解剖学的特徴,成人期の問題点
  • VIII 検査所見と治療適応
  • VIII カテーテル治療
  • VIII 房室中隔欠損 百々秀心,磯田貴義 218
  • VIII 解剖学的特徴と病態
  • VIII 治療・修復手術
  • VIII 検査(胸部X線,心電図,エコー,その他)
  • VIII 心電図
  • VIII 心エコー
  • VIII 心臓カテーテルおよび造影
  • VIII 経過,予後
  • VIII 妊娠,出産
  • VIII 動脈管開存 川副泰隆,丹羽公一郎 222
  • VIII 解剖学的特徴,初回修復手術と血行動態
  • VIII 小児期,成人期の経過,問題点
  • VIII 身体所見,検査所見
  • VIII 治療(内科的管理)
  • VIII 治療(外科的管理)
  • VIII 経過観察・長期予後
  • VIII 左室流出路狭窄,閉鎖不全 塚野真也 227
  • VIII 左室流出路狭窄:分類
  • VIII 大動脈弁狭窄:解剖学的特徴/病態生理と血行動態,症状/小児期から成人期の経過,問題点/身体所見と検査/治療/経過観察/予後
  • VIII 大動脈弁下狭窄:解剖学的分類/病態生理と血行動態,症状/小児期から成人期の経過,問題点/身体所見,画像診断/治療/予後
  • VIII 大動脈弁上狭窄:解剖学的特徴
  • VIII Williams症候群:小児期から成人期の経過,問題点/身体所見/画像診断/治療
  • VIII 大動脈閉鎖不全:解剖学的特徴/病態生理,血行動態,症状/小児期から成人期の経過,問題点/身体所見/画像診断/治療
  • VIII Ebstein奇形,三尖弁狭窄閉鎖不全 高橋長裕 235
  • VIII 解剖学的特徴,初回修復手術と血行動態
  • VIII 小児期,成人期の経過,問題点
  • VIII 身体所見,検査所見
  • VIII 治療
  • VIII 経過観察
  • VIII 長期予後
  • VIII 大動脈縮窄および大動脈拡張性疾患 丹羽公一郎,立野滋,松尾浩三 240
  • VIII 解剖学的特徴,初回修復手術,血行動態
  • VIII 縮窄修復手術
  • VIII 小児期,成人期の経過,問題点
  • VIII 検査
  • VIII 治療
  • VIII 経過観察
  • VIII 長期予後
  • VIII 先天性心疾患の大動脈拡張
  • VIII 修正大血管転位 池田亜希 245
  • VIII 解剖学的特徴と病態
  • VIII 初回修復術と血行動態
  • VIII 小児期,成人期の経過,問題点
  • VIII 身体所見,検査所見
  • VIII 画像検査
  • VIII 機能検査
  • VIII 治療(内科,外科)
  • VIII 経過観察
  • VIII 長期予後
  • VIII Fallot四徴症,右室流出路狭窄 立野滋,丹羽公一郎 251
  • VIII Fallot四徴症:解剖学的特徴,初回手術と血行動態/小児期,成人期の経過,問題点/身体所見,検査所見/治療/経過観察/長期予後
  • VIII 右室流出路狭窄:解剖学的特徴,初回手術と血行動態/小児期,成人期の経過,問題点/身体所見,検査所見/治療/経過観察/長期予後
  • VIII Eisenmenger症候群,肺高血圧 坂崎尚徳 258
  • VIII 概念
  • VIII 分類
  • VIII 病態
  • VIII 検査
  • VIII 治療
  • VIII 川崎病冠動脈瘤 赤木禎治 262
  • VIII 川崎病の心血管合併症
  • VIII 心血管合併症の自然歴,長期予後
  • VIII 冠動脈病変の血管機能
  • VIII 成人期の管理
  • VIII 成人期冠動脈病変に対する治療
  • VIII 完全大血管転位 丹羽公一郎,立野滋,松尾浩三 267
  • VIII 解剖学的特徴,初回修復手術と血行動態
  • VIII 小児期,成人期の経過,問題点
  • VIII 身体所見,検査所見
  • VIII 治療
  • VIII 遠隔期の治療介入
  • VIII 経過観察
  • VIII 長期予後
  • VIII Fontan手術後 高橋一浩 272
  • VIII ヒトの正常な血液循環とFontan手術が適応になる単心室循環
  • VIII Fontan手術
  • VIII Fontan循環の問題点
  • VIII Fontan手術後の合併症
  • VIII 検査
  • VIII 治療法
  • VIII Fontan再手術revision
  • VIII conversion
  • VIII 僧帽弁逸脱,閉鎖不全 豊田智彦 277
  • VIII 概念
  • VIII 成因・解剖
  • VIII 頻度・自然歴
  • VIII 症状
  • VIII 身体所見・検査所見
  • VIII 胸部X線
  • VIII 心エコー
  • VIII 治療
  • IX 社会保障制度,給付制度
  • IX 社会保障制度,給付制度 水野芳子 282
  • IX 概要
  • IX 医療費の公費負担および給付制度
  • IX 各種手当て,税金の免除など
  • IX 障害年金
  • IX 介護保険
  • X 患者さんに有用な,先天性心疾患の情報
  • X 患者さんに有用な,先天性心疾患の情報 立野滋,豊田智彦,丹羽公一郎 286
  • X 成人先天性心疾患診療の現状と問題点
  • X 成人先天性心疾患外来設置病院
  • X 病院の賢いかかり方
  • X 成人先天性心疾患研究会
  • X ホームページ
  • X 成人先天性心疾患セミナー
  • X 海外の学会組織,団体
  • 索引 289

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで