从网站菜单这儿是这个页的前头

快捷键的操作方法如下。跳转页面和执行功能需要同时按下下面的快捷键之后再按下Enter键:听快捷键的操作方法,按下Alt和0键。跳转到首页,按下Alt和1键。登录,按下Alt和2键。跳转到简易检索,按下Alt和3键。跳转到高级检索,按下Alt和4键。跳转到面向残疾人的资料检索,按下Alt和5键。排序检索结果,按下Alt和6键。跳转到国立国会图书馆首页,按下Alt和7键。对检索结果进行过滤,按下Alt和8键。以上是快捷键的操作方法。

从导航这儿

到导航这儿

从本文这儿

资料类别 図書

物理学

平田雅子 編

书目信息

题名 物理学
著者 平田雅子 編
著者目录 平田, 雅子, 1940-
丛编 新体系看護学全書. 基礎科目
出版地(国名编码) JP
出版地東京
出版社メヂカルフレンド社
出版年月日等 2008.2(5刷)
大小,容量等 253p ; 26cm
ISBN 9784839231217
价格 2400円
日本全国书目号码 21437371
出版年(W3CDTF) 2008
主题(关键字) 物理学
Ajax-loader 相关的关键字取得中,..
NDLC MC21
NDC(9版) 420 : 物理学
阅读对象 一般
资料的类别 図書
语言(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目录
 

  • 物理学
  • 目次
  • 第1章 質点の力学―体位変換の原理を学ぶ 1
  • 第1章 (1) 速度と加速度 2
  • 第1章 (1) A 基本単位と組み立て単位 2
  • 第1章 (1) B 平均速度と瞬間速度 3
  • 第1章 (1) C 加速度 4
  • 第1章 (2) ニュートンの運動法則 6
  • 第1章 (2) A 力の加減 6
  • 第1章 (2) A 1. ベクトルとスカラー 6
  • 第1章 (2) A 2. ベクトルの加法 6
  • 第1章 (2) A 3. ベクトルの減法 9
  • 第1章 (2) B ニュートンの運動法則 11
  • 第1章 (2) B 1. 第1法則(慣性の法則) 11
  • 第1章 (2) B 2. 第2法則(運動の法則) 12
  • 第1章 (2) B 3. 第3法則(作用・反作用の法則) 13
  • 第1章 (2) C 質量と重さ(重力) 14
  • 第1章 (2) C 1. 質量と重さの違い 14
  • 第1章 (2) C 2. 力の単位 15
  • 第1章 (3) 力学的エネルギーの保存則 16
  • 第1章 (3) A 赤ちゃんを抱き上げるときのエネルギーは? 16
  • 第1章 (3) B 点滴液の落ちる速度 19
  • 第1章 (4) 無視できない摩擦力 23
  • 第1章 (4) A 摩擦力とは 23
  • 第1章 (4) B 牽引における摩擦力 25
  • 第1章 (4) C 押す場合と引く場合 26
  • 第2章 剛体の力学―到れない条件,倒れにくい条件 29
  • 第2章 (1) トルクとは 30
  • 第2章 (2) 剛体の釣り合い 31
  • 第2章 (2) A 剛体における力の釣り合い 31
  • 第2章 (2) B 剛体におけるトルクの釣り合い 32
  • 第2章 (3) 重心とその具体的解釈 36
  • 第2章 (3) A ファーラー位の角度は決められるか 36
  • 第2章 (3) B 看護の諸動作のもたらす脊柱への影響 38
  • 第2章 (3) B 1. 力の釣り合い 40
  • 第2章 (3) B 2. トルクの釣り合い 41
  • 第2章 (4) 重心と安定性 45
  • 第2章 (4) A 安定の条件 45
  • 第2章 (4) B 諸動作と安定性 48
  • 第2章 (5) 看護の場などにみられるトルクとその考え方 51
  • 第2章 (5) A 鉗子とピンセット 51
  • 第2章 (5) B 身体にみられるトルク 53
  • 第2章 (5) B 1. つま先立ちの足 53
  • 第2章 (5) B 2. 頭部 53
  • 第2章 (5) C 体位変換とトルク 54
  • 第2章 (5) D ハイヒールとナースシューズ 56
  • 第3章 流体―水中リハビリテーションで感じる体重は? 61
  • 第3章 (1) アルキメデスの原理 62
  • 第3章 (1) A 比重と浮力 62
  • 第3章 (1) B 血液比重測定と尿比重計 65
  • 第3章 (2) ベルヌーイの定理 67
  • 第3章 (2) A ネブライザーの原理 67
  • 第3章 (2) B 粘性と経管栄養 69
  • 第4章 圧力―圧力と看護の深い関係 75
  • 第4章 (1) 気圧 76
  • 第4章 (1) A 気圧とは 76
  • 第4章 (1) B ケイソン病(潜水病) 79
  • 第4章 (1) C 驚くべき1気圧の大きさ 81
  • 第4章 (2) 血圧 82
  • 第4章 (2) A 点滴の液が管に残る理由 82
  • 第4章 (2) B 血圧測定における補正について 85
  • 第4章 (3) 酸素ボンベ 88
  • 第4章 (3) A ボイルの法則 88
  • 第4章 (3) B ボンベを冷暗所に保管する理由 89
  • 第4章 (3) C O2の流量と残量の関係 91
  • 第4章 (4) 低圧持続吸引装置 94
  • 第4章 (4) A 低圧持続吸引装置の原理 94
  • 第4章 (4) B 低圧持続吸引装置の注意すべき点 98
  • 第4章 (5) サイフォン 99
  • 第4章 (5) A サイフォンの原理 99
  • 第4章 (5) B 胃洗浄とサイフォン 101
  • 第4章 (5) C 一定の速度で液体を補給する工夫 102
  • 第4章 (6) オートクレープ(高圧蒸気滅菌器) 105
  • 第4章 (6) A オートクレープの原理 105
  • 第4章 (6) B 「15ポンド→2気圧?」は正しいだろうか 108
  • 第4章 (7) 体圧と使用する単位 111
  • 第5章 看護に必要な電気学―電気の基本を学んでおこう 115
  • 第5章 (1) 電気に関する基本的知識 116
  • 第5章 (1) A 電流・電圧・抵抗とは 116
  • 第5章 (1) A 1. 電流(単位はA)とは 116
  • 第5章 (1) A 2. 電圧(単位はV)とは 116
  • 第5章 (1) A 3. 抵抗(単位はΩ)とは 117
  • 第5章 (1) B 直流・交流 118
  • 第5章 (1) B 1. 直流(DC)とは 118
  • 第5章 (1) B 2. 交流(AC)とは 118
  • 第5章 (1) C 電力と熱の発生 120
  • 第5章 (1) C 1. 電力(単位はW) 120
  • 第5章 (1) C 2. 電流による発熱 121
  • 第5章 (1) D ヒューズとブレーカー 122
  • 第5章 (2) 感電に関する基本的知識 123
  • 第5章 (2) A アースとリーク(電気漏れ) 123
  • 第5章 (2) A 1. アースとは 123
  • 第5章 (2) A 2. リーク(電気漏れ)とは 125
  • 第5章 (2) B 電撃(感電) 126
  • 第5章 (2) B 1. マクロショック 127
  • 第5章 (2) B 2. ミクロショック 129
  • 第6章 熱現象―看護に役立つ水の特異性 131
  • 第6章 (1) 熱膨張 132
  • 第6章 (1) A 自動温度調節と熱膨張 132
  • 第6章 (1) B 熱膨張における水の特異性 134
  • 第6章 (2) 比熱と潜熱 136
  • 第6章 (2) A 比熱とは 136
  • 第6章 (2) B 水が罨法に役立つ理由 138
  • 第6章 (2) C 三態変化と潜熱 139
  • 第6章 (2) D 水の三態変化 140
  • 第6章 (2) E 氷枕や熱傷における熱エネルギーの計算例 142
  • 第6章 (3) 熱と仕事 144
  • 第6章 (3) A ジュールの実験 144
  • 第6章 (3) B ジュールとカロリーのわかりやすい関係 145
  • 第6章 (4) 熱の移動と保温 146
  • 第6章 (4) A 熱はどのようにして伝わるか 146
  • 第6章 (4) A 1. 伝導 146
  • 第6章 (4) A 2. 対流 148
  • 第6章 (4) A 3. 放射(輻射) 149
  • 第6章 (4) B 保温の工夫 150
  • 第6章 (4) B 1. 魔法びん 150
  • 第6章 (4) B 2. 衣服 151
  • 第6章 (4) B 3. 家屋 151
  • 第7章 音に関する現象―音と医療の意外な関係 153
  • 第7章 (1) 音波の基本的知識 154
  • 第7章 (2) 音の強さと大きさ 157
  • 第7章 (2) A 音の強さと大きさの違いは? 157
  • 第7章 (2) B 騒音 159
  • 第7章 (3) ドップラー効果 160
  • 第7章 (3) A ドップラー効果とは 160
  • 第7章 (3) B 診断に用いるドップラービートー 163
  • 第7章 (4) 医療に必要な超音波 165
  • 第7章 (4) A 超音波とは 165
  • 第7章 (4) B わかりやすい超音波診断 167
  • 第8章 光に関する現象―様々な医療現場で役立つ光 173
  • 第8章 (1) 光の性質 174
  • 第8章 (1) A 光学の基礎 174
  • 第8章 (1) B 鏡に像ができる理由 175
  • 第8章 (1) C 光の屈折のいたずら 177
  • 第8章 (2) 全反射とファイバースコープ 180
  • 第8章 (2) A 全反射とは 180
  • 第8章 (2) B ファイバースコープ 182
  • 第8章 (3) レンズと眼鏡 182
  • 第8章 (3) A レンズによる結像 182
  • 第8章 (3) B 年をとると老眼鏡が必要になる理由 188
  • 第8章 (3) C 物体の遠近と大小 189
  • 第8章 (4) 光学器械 190
  • 第8章 (4) A 虫眼鏡(拡大鏡,ルーペ) 190
  • 第8章 (4) B 光学顕微鏡(光顕) 191
  • 第8章 (4) C 光学顕微鏡と電子顕微鏡との対比 194
  • 第8章 (4) C 1. 電子顕微鏡が光学顕微鏡より非常に高倍率である理由 194
  • 第8章 (4) C 2. 電子顕微鏡の構造 196
  • 第8章 (5) 紫外線 198
  • 第8章 (5) A 紫外線の殺菌作用 198
  • 第8章 (5) B 日光皮膚炎 200
  • 第8章 (6) 赤外線 201
  • 第8章 (6) A 赤外線とは 201
  • 第8章 (6) B サーモグラフイー 203
  • 第9章 放射線の防護と応用―毒にも薬にもなる放射線 207
  • 第9章 (1) X線 208
  • 第9章 (1) A X線の性質 208
  • 第9章 (1) B X線と透過波 209
  • 第9章 (2) RIとトレーサー(追跡子) 210
  • 第9章 (2) A 同位元素(アイソトープ) 210
  • 第9章 (2) B ラジオアイソトープ(RI) 213
  • 第9章 (2) C トレーサー(追跡子) 215
  • 第9章 (3) 放射線防護 216
  • 第9章 (3) A 半価層 216
  • 第9章 (3) B 線源からの距離と被曝量の関係 217
  • 第9章 (4) 放射性元素の崩壊と半減期 219
  • 第9章 (4) A 医療と半減期 219
  • 第9章 (4) B 半減期と年代決定 221
  • 第9章 (5) 放射線の単位 223
  • 第9章 (5) A 線源強度 223
  • 第9章 (5) B 照射線量と吸収線量 224
  • 第9章 (5) C 生物学的等価線量 224
  • 付録 練習問題 227
  • 付録 (1) 質点の力学に関する問題 228
  • 付録 (2) 剛体の力学に関する問題 230
  • 付録 (3) 流体に関する問題 232
  • 付録 (4) 圧力に関する問題 233
  • 付録 (5) 電気に関する問題 235
  • 付録 (6) 熱現象に関する問題 237
  • 付録 (7) 音に関する問題 239
  • 付録 (8) 光に関する問題 241
  • 付録 (9) 放射線に関する問題 244
  • 索引 249

到本文这儿

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

到页脚这儿