サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

「日本語学」特集テーマ別ファイル 意味 2 (命名/言語感覚)

宮地裕, 甲斐睦朗 編

詳細情報

タイトル 「日本語学」特集テーマ別ファイル
著者 宮地裕, 甲斐睦朗 編
著者標目 宮地, 裕, 1924-
著者標目 甲斐, 睦朗, 1939-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社明治書院
出版年月日等 2008.5
大きさ、容量等 134p ; 22cm
ISBN 9784625434051
価格 1200円
JP番号 21425240
巻次 意味 2 (命名/言語感覚)
部分タイトル 命名 名称学と命名論 / 鏡味明克 著
部分タイトル 私の命名論 / 野元菊雄 著
部分タイトル 命名を考える / 城生佰太郎 著
部分タイトル 専門概念の命名 / 石井正彦 著
部分タイトル 力士名 / 金沢裕之 著
部分タイトル 漁業社会における風名 / 久木田恵 著
部分タイトル 人名 / 田原広史 著
部分タイトル 家称名 / 張相彦 著
部分タイトル 通りの名 / 吉川敦子 著
部分タイトル 言語感覚 語感・言語意識・言語感覚 / 堀井令以知 著
部分タイトル 時代にみる言語感覚-上代 / 西宮一民 著
部分タイトル 文学作品における用語選択の意識-中古 / 関一雄 著
部分タイトル 時代にみる言語感覚-中世 / 遠藤好英 著
部分タイトル 時代にみる言語感覚-江戸言葉におけるErnest Satowの言語感覚 / 小島俊夫 著
部分タイトル 日本語の語感と英語の語感 / 安井稔 著
部分タイトル 言語感覚について / 小矢野哲夫 著
部分タイトル 言語感覚雑感 / 宇野義方 著
部分タイトル 言語感覚ということ / 佐藤喜代治 著
部分タイトル 言語感覚の今と昔と / 福島邦道 著
部分タイトル 言語感覚の育成 / 鈴木慶子 著
部分タイトル 「言語感覚」の問題点 / 甲斐睦朗 著
普及版
出版年(W3CDTF) 2008
件名(キーワード) 日本語--意味論--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KF21
NDLC KF86
NDC(9版) 810.4 : 日本語
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 「日本語学」特集テーマ別ファイル.意味 2
  • 「日本語学」特集テーマ別ファイル 普及版 意味2 ◆目次
  • はじめに i
  • 命名
  • 名称学と命名論 鏡味 明克 2
  • 私の命名論 野元 菊雄 8
  • 命名を考える 城生佰太郎 13
  • さまざまの命名
  • 専門概念の命名 石井 正彦 22
  • 力士名 金沢 裕之 27
  • 漁業社会における風名 久木田 恵 34
  • 人名 田原 広史 40
  • 家称名――日本の屋号・韓国の宅号―― 張 相彦 49
  • 通りの名――商業地の街路名に関する考察―― 吉川 敦子 55
  • 言語感覚
  • 語感・言語意識・言語感覚 堀井令以知 62
  • 時代にみる言語感覚――上代―― 西宮 一民 69
  • 文学作品における用語選択の意識――中古―― 関 一雄 75
  • 時代にみる言語感覚――中世―― 遠藤 好英 81
  • 時代にみる言語感覚――江戸ことばにおけるErnest Satowの言語感覚―― 小島 俊夫 88
  • 日本語の語感と英語の語感 安井 稔 96
  • 言語感覚について 小矢野哲夫 101
  • 言語感覚雑感
  • 言語感覚雑感 宇野 義方 109
  • 言語感覚ということ 佐藤喜代治 113
  • 言語感覚の今と昔と 福島 邦道 117
  • 言語感覚の育成――詩の指導を通して―― 鈴木 慶子 121
  • 「言語感覚」の問題点 甲斐 睦朗 131

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで