サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

真言密教と日本文化 : 加藤精一博士古稀記念論文集 上

大正大学真言学豊山研究室加藤精一博士古稀記念論文集刊行会 編

詳細情報

タイトル 真言密教と日本文化 : 加藤精一博士古稀記念論文集
著者 大正大学真言学豊山研究室加藤精一博士古稀記念論文集刊行会 編
著者標目 大正大学
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社ノンブル
出版年月日等 2007.12
大きさ、容量等 659p ; 22cm
注記 肖像あり
注記 文献あり
ISBN(set) 9784903470269
JP番号 21355466
巻次
部分タイトル 弘法大師空海と日本書道 / 松崎惠水 著
部分タイトル 成仏論考 / 吉田宏晢 著
部分タイトル 空海が用いた『般若心経』について / 大澤聖寛 著
部分タイトル 入智の偈頌 / 伊藤教宣 著
部分タイトル 弘法大師の両部思想 / 乾仁志 著
部分タイトル 空海思想の成仏と菩提心について / 目黒宗榮 著
部分タイトル 空海から済暹まで / 堀内規之 著
部分タイトル 真言密教の律典について / 白石卓秀 著
部分タイトル 六大法身 / 橘信雄 著
部分タイトル 明恵の釈尊観をめぐって / 粕谷隆宣 著
部分タイトル 永観の法身観 / 舎奈田智宏 著
部分タイトル 『大疏百條第二重』の古板と新刊の相違について / 榊義孝 著
部分タイトル 六字経法と密教の六観音 / 苫米地誠一 著
部分タイトル 最澄と徳一の行位対論 / 大久保良峻 著
部分タイトル 真実曼荼羅と形像曼荼羅 / 福田亮成 著
部分タイトル 両部曼荼羅の形態とかたち / 真鍋俊照 著
部分タイトル 中国思想からみた正系現図曼荼羅 / 中村幸真 著
部分タイトル 真言声明醍醐流<理趣経讃>の二種の譜 / 新井弘順 著
部分タイトル 醍醐寺所蔵「雅厳授与記」 / 坂本正仁 著
部分タイトル 真言寺院におかれた年分度者 / 武内孝善 著
部分タイトル 長谷信仰の伝播と長谷寺の性格 / 笹岡弘隆 著
部分タイトル 近世南部藩における出羽三山信仰 / 藤田祐俊 著
部分タイトル 薩摩坊津一乗院と紀州根来寺 / 赤塚祐道 著
部分タイトル 遍路ブームと団塊の世代 / 星野英紀 著
部分タイトル 四国遍路のいわゆる四転説の成立 / 頼富本宏 著
部分タイトル 戦後真言宗豊山派社会事業の展開 / 山口幸照 著
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 加藤, 精一, 1936-
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 真言宗--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 密教--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC HM141
NDC(9版) 188.5 : 各宗
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 真言密教と日本文化:加藤精一博士古稀記念論文集. 上
  • 真言密教と日本文化〈上〉目次
  • 序にかえて 平井 宥慶
  • 加藤精一博士 略歴 所属学会 著書
  • 弘法大師空海と日本書道 松﨑 惠水 3
  • 成仏論考 吉田 宏晢 21
  • 空海が用いた『般若心経』について 大澤 聖寬 41
  • 入智の偈頌 伊藤 教宣 63
  • 弘法大師の両部思想 乾 仁志 95
  • 空海思想の成仏と菩提心について 目黒 宗榮 111
  • 空海から済暹まで 堀内 規之 143
  • 真言密教の律典について――上田説をめぐって―― 白石 卓秀 181
  • 六大法身 橘 信雄 191
  • 明恵の釈尊観をめぐって 粕谷 隆宣 215
  • 永観の法身観――『拾因』法身同体に関する一考察―― 舎奈田智宏 237
  • 『大疏百條第二重』の古板と新刊の相違について 榊 義孝 265
  • 六字経法と密教の六観音――六観音信仰の成立をめぐって(2)―― 苫米地誠一 323
  • 最澄と徳一の行位対論――最澄説を中心に―― 大久保良峻 391
  • 真実曼荼羅と形像曼荼羅――運敞『大疏啓蒙』の「絵木法然」を視座として―― 福田 亮成 411
  • 両部曼荼羅の形態とかたち 真鍋 俊照 431
  • 中国思想からみた正系現図曼荼羅――甲本と一切遍知印―― 中村 幸真 445
  • 真言声明醍醐流<理趣経讃>の二種の譜――唯律様と反音様について―― 新井 弘順 471
  • 醍醐寺所蔵「雅厳授与記」 坂本 正仁 501
  • 真言寺院におかれた年分度者 武内 孝善 521
  • 長谷信仰の伝播と長谷寺の性格 笹岡 弘隆 557
  • 近世南部藩における出羽三山信仰――『寺社記録』に見る諸問題―― 藤田 祐俊 577
  • 薩摩坊津一乘院と紀州根来寺 赤塚 祐道 589
  • 遍路ブームと団塊の世代 星野 英紀 607
  • 四国遍路のいわゆる四転説の成立 頼富 本宏 625
  • 戦後真言宗豊山派社会事業の展開 山口 幸照 645

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで