サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

公衆衛生

高橋茂樹, 豊澤隆弘, 西基 著

詳細情報

タイトル 公衆衛生
著者 高橋茂樹, 豊澤隆弘, 西基 著
著者標目 高橋, 茂樹
著者標目 豊沢, 隆弘
著者標目 西, 基, 1958-
シリーズ名 Step series
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社海馬書房
出版年月日等 2007.10
大きさ、容量等 428p ; 26cm
ISBN 9784907704490
価格 5300円
JP番号 21383758
別タイトル Public health
第10版
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 公衆衛生--日本
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC171
NDC(9版) 498 : 衛生学.公衆衛生.予防医学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 公衆衛生
  • 目次
  • I 公衆衛生総論
  • I A わが国の公衆衛生上の問題点 3
  • I A 1. 概説 3
  • I A 2. 急激な人口の高齢化 3
  • I A 3. 出生率(再生産率)の低下 7
  • I A 4. 疾病構造の変化 11
  • I B 疾病・障害の概念と社会 13
  • I B 1. 総論 13
  • I B 2. 機能障害・能力障害・社会的不利 13
  • I B 3. 国際生活機能分類-国際障害分類改訂版 13
  • I B 4. ノーマライゼーション 15
  • I C 予防医学と健康管理・増進 15
  • I C 1. 予防医学 15
  • I C 2. 健康増進 16
  • I D 医の倫理 23
  • I D 1. 概念 23
  • I D 2. 医の倫理の具体化 24
  • I D 3. 医師・患者関係 27
  • I D 4. 末期患者への対応 29
  • I E 医療事故とその防止 33
  • I E 1. 概念 33
  • I E 2. 統計 34
  • I E 3. 医療危機管理 34
  • II 疫学
  • II A 疫学の概念 36
  • II A 1. 総論 36
  • II A 2. 疫学の基礎概念 37
  • II A 3. 記述疫学 40
  • II B 分析疫学 47
  • II B 1. 概念 47
  • II B 2. コホート研究(要因・対照研究) 47
  • II B 3. 患者・対照研究(症例・対照研究) 50
  • II B 4. 両者の比較 53
  • II B 5. 偶然誤差 53
  • II B 6. バイアス(系統誤差) 57
  • II B 7. 精度と正確度 59
  • II C 介入研究 60
  • II C 1. 概念 60
  • II C 2. 方法 61
  • II D メタ分析 63
  • II E 横断研究 63
  • II E 1. 概念 63
  • II E 2. 具体例 64
  • II E 3. 問題点 64
  • II F 時系列研究 65
  • II F 1. 概念 65
  • II F 2. 具体例 65
  • II G 臨床疫学 65
  • II G 1. 概念 65
  • II G 2. スクリーニング検査 66
  • II G 3. カットオフ値とトレードオフの関係 72
  • II G 4. ROC曲線 73
  • II G 5. Evidence Based Medicine (EBM) 74
  • II G 6. 費用効果分析と費用便益分析 76
  • III 保健医療論
  • III A 保健・医療・福祉の仕組 78
  • III A 1. 社会保障の理念 78
  • III A 2. 保健・医療・福祉の組織と連携 81
  • III A 3. 高齢化・少子化社会への対応 85
  • III A 4. 在宅ケア 89
  • III A 5. 障害者保健福祉施策の推進 93
  • III B 地域保健と地域医療 95
  • III B 1. 医療計画 95
  • III B 2. プライマリ・ヘルスケア 98
  • III B 3. 救急医療 99
  • III B 4. 災害医療とトリアージ 102
  • III B 5. へき地医療 103
  • III C 保健・医療・福祉の資源 103
  • III C 1. 保健・医療・福祉の施設と機能 103
  • III C 2. 保健・医療・福祉従事者 109
  • III C 3. 保健・医療・福祉情報システム 111
  • III D 医療保険と医療経済 112
  • III D 1. 医療保険 112
  • III D 2. 国民医療費 116
  • III D 3. 保険医・保険医療機関・保険医療養担当規則 121
  • III D 4. 医療制度改革 122
  • III D 5. 医療資源の国際比較 123
  • III D 6. 公費医療 126
  • III E 介護保険 128
  • III E 1. 制度趣旨 128
  • III E 2. 介護保険法の概要 129
  • III E 3. 介護保険の給付状況 140
  • III F 国際保健 142
  • III F 1. 世界保健機関 142
  • III F 2. 国際保健協力 143
  • III F 3. 国際労働機関 143
  • III G 診療録と諸証明書 143
  • III G 1. 診療録 143
  • III G 2. 処方箋 146
  • III G 3. 診断書・検案書・証明書 147
  • III G 4. 死因の記載 149
  • III G 5. 戸籍法の規定 153
  • III H 保健・医療関係法規 153
  • III H 1. 医師の届出先 153
  • III H 2. 医師法 155
  • III H 3. 医療法 158
  • III H 4. 麻薬及び向精神薬取締法 161
  • III H 5. 刑法 163
  • IV 人口・保健統計
  • IV A 人口静態統計 165
  • IV A 1. 概念 165
  • IV A 2. 総人口と人口構造 165
  • IV A 3. 各種人口 165
  • IV A 4. 世帯数 166
  • IV B 人口動態統計 166
  • IV B 1. 出生と再生産 166
  • IV B 2. 死亡 167
  • IV B 3. 婚姻と離婚 172
  • IV C 疾病・障害統計 173
  • IV C 1. 健康状態の調査 173
  • IV C 2. 受療状況の調査 174
  • IV C 3. 致命率 177
  • IV C 4. 障害統計 177
  • V 母子保健
  • V A 概念 178
  • V A 1. 乳児死亡・新生児死亡・早期新生児死亡 178
  • V A 2. 死産 181
  • V A 3. 周産期死亡 183
  • V A 4. 妊産婦死亡 186
  • V A 5. 児童死亡 187
  • V A 6. 健やか親子21 188
  • V B 母子保健法 189
  • V B 1. 総論 189
  • V B 2. 各論 189
  • V C 新生児・乳児マススクリーニング 191
  • V C 1. 総論 191
  • V C 2. 各論 192
  • V C 3. 受診率 193
  • V D B型肝炎ウイルス垂直感染防止事業 194
  • V D 1. 制度の概要 194
  • V D 2. 方法 194
  • V D 3. 結果 195
  • V E 母体保護法 195
  • V E 1. 総論 195
  • V E 2. 各論 195
  • V F 乳幼児突然死症候群 197
  • V F 1. 概念 197
  • V F 2. 原因と対策 197
  • VI 成人保健
  • VI A 死因順位 199
  • VI A 1. 総数 199
  • VI A 2. 年齢階級別にみた死因順位第1位の疾患 200
  • VI B 主要な死因とその動向 202
  • VI B 1. 悪性新生物 202
  • VI B 2. 心疾患 205
  • VI B 3. 脳血管疾患 207
  • VI B 4. 肺炎 208
  • VI B 5. 不慮の事故 209
  • VI B 6. 自殺 209
  • VII 老人保健・老人福祉
  • VII A 現状と対策 211
  • VII A 1. 高齢者の健康状態 211
  • VII A 2. 寝たきり老人 211
  • VII A 3. 認知症高齢者 212
  • VII A 4. 高齢社会対策基本法 213
  • VII B 老人福祉法 213
  • VII B 1. 総論 213
  • VII B 2. 各論 214
  • VII C 老人保健法 217
  • VII C 1. 総論 217
  • VII C 2. 医療 218
  • VII C 3. その他の保健事業 218
  • VIII 精神保健
  • VIII A 精神保健福祉法 223
  • VIII A 1. 総論 223
  • VIII A 2. 入院形式 224
  • VIII A 3. 移送 230
  • VIII A 4. 社会復帰対策 231
  • VIII A 5. その他の規定 231
  • VIII B 保健所と精神保健福祉センター 233
  • VIII B 1. 精神保健福祉センターの意義 233
  • VIII B 2. 業務 233
  • VIII C 精神保健統計 234
  • VIII C 1. 受療率 234
  • VIII C 2. 措置率 235
  • IX 感染症対策
  • IX A 感染症の動向 236
  • IX A 1. わが国の直面する問題点 236
  • IX A 2. 重要な感染症の統計 237
  • IX A 3. 結核統計 242
  • IX A 4. 主要な性感染症 245
  • IX A 5. エイズ統計 246
  • IX B 感染症対策 249
  • IX B 1. 感染症法 249
  • IX B 2. 検疫法 260
  • IX B 3. 結核・感染症発生動向調査事業 262
  • IX B 4. 感染症流行予測調査事業 263
  • IX B 5. 予防接種 264
  • IX C 予防接種 264
  • IX C 1. 概説 264
  • IX C 2. 予防接種法 264
  • IX C 3. 生ワクチンと不活性化ワクチン 270
  • X 食生活と食品の安全
  • X A 健康づくりと食生活 271
  • X A 1. 概説 271
  • X A 2. 食事摂取基準 271
  • X A 3. 摂取状況 275
  • X B 食品の安全 280
  • X B 1. 食品衛生法 280
  • X B 2. 食品安全基本法と牛海綿状脳症(BSE) 282
  • X B 3. 食中毒 283
  • XI 学校保健
  • XI A 学校保健法 295
  • XI A 1. 総論 295
  • XI A 2. 学校医・学校歯科医・学校薬剤師 295
  • XI A 3. 学校保健技師 297
  • XI A 4. 児童,生徒,学生及び幼児の健康診断 297
  • XI A 5. 就学時健康診断 299
  • XI A 6. 学校伝染病と出席停止 300
  • XI A 7. 学校環境衛生 302
  • XI B 学童の健康状況 302
  • XI B 1. 学校保健統計調査 302
  • XI B 2. 長期欠席 303
  • XI B 3. 学校管理下における学童・学生の死亡状況 303
  • XII 産業保健
  • XII A 総論 305
  • XII A 1. 概念 305
  • XII A 2. 健康管理体制 305
  • XII A 3. 産業保健の方法 307
  • XII A 4. 定期健康診断の有所見率 313
  • XII B 労働災害の現状と動向 314
  • XII B 1. 労働災害の統計 314
  • XII B 2. 労働者災害補償保険法と業務上疾病 315
  • XII C 健康影響と職業病 316
  • XII C 1. 金属中毒 316
  • XII C 2. 有機溶剤中毒 322
  • XII C 3. ガス体中毒 328
  • XII C 4. 農薬中毒 331
  • XII C 5. 物理的原因による疾患 335
  • XII C 6. じん肺 346
  • XII C 7. 酸素欠乏症 350
  • XII C 8. 作業態様による障害 352
  • XII C 9. 作業関連疾患 353
  • XII C 10. 職業癌 354
  • XIII 環境保全
  • XIII A 地球環境の変化と健康影響 356
  • XIII A 1. 総論 356
  • XIII A 2. 地球の温暖化 357
  • XIII A 3. オゾン層の破壊 357
  • XIII A 4. 酸性雨 359
  • XIII A 5. 森林破壊 359
  • XIII A 6. 砂漠化 360
  • XIII A 7. 生物種の減少 360
  • XIII B 公害とその対策 360
  • XIII B 1. 主な公害のエピソード 360
  • XIII B 2. 公害健康被害の補償等に関する法律 362
  • XIII B 3. 生物濃縮と植物網 364
  • XIII B 4. 富栄養化 365
  • XIII B 5. 近年問題となっている有害物質 366
  • XIII C 環境評価と公害防止対策 369
  • XIII C 1. 環境基本法 369
  • XIII C 2. 環境モニタリング 370
  • XIII C 3. 環境影響評価(アセスメント) 370
  • XIII C 4. 環境汚染物質排出移動登録 370
  • XIII D 廃棄物処理 371
  • XIII D 1. 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 371
  • XIII D 2. 廃棄物に関する統計と対策 374
  • XIII E 大気と健康 374
  • XIII E 1. 環境基準とその達成率 374
  • XIII E 2. 排出基準 378
  • XIII E 3. 逆転層 378
  • XIII F 水と健康 379
  • XIII F 1. 上下水道に関する統計 379
  • XIII F 2. 浄水法と飲料水 380
  • XIII F 3. 下水処理 383
  • XIII F 4. 環境基準 383
  • XIII F 5. 排出基準 386
  • XIII G 居住・衣服環境と健康 388
  • XIII G 1. 居住環境と健康 388
  • XIII G 2. 衣服環境と健康 389
  • XIV 死
  • XIV A 死の概念と定義 390
  • XIV A 1. 脳死と臓器移植 390
  • XIV A 2. 安楽死 397
  • XIV A 3. 尊厳死とliving will 397
  • XIV B 異状死 398
  • XIV B 1. 異状死体 398
  • XIV B 2. 司法解剖 399
  • XIV B 3. 行政解剖と死体解剖保存法 399
  • XIV C 死体現象 400
  • XIV C 1. 概念 400
  • XIV C 2. 各論 400
  • XIV C 付)生活反応 402
  • 和文索引 407
  • 欧文索引 424

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで