サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

富士山と日本人の心性

天野紀代子, 澤登寛聡 編

詳細情報

タイトル 富士山と日本人の心性
著者 天野紀代子, 澤登寛聡 編
著者標目 天野, 紀代子
著者標目 澤登, 寛聡, 1952-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩田書院
出版年月日等 2007.10
大きさ、容量等 353p ; 22cm
ISBN 9784872944839
価格 6900円
JP番号 21373496
部分タイトル 富士山に対する縄文人の意識化について / 高橋毅, 金山喜昭 著
部分タイトル 古代人の富士山観 / 天野紀代子 著
部分タイトル 富士山をめぐる民間伝承 / 宮本瑞夫 著
部分タイトル 「三国一」の富士の山 / 小林ふみ子 著
部分タイトル 七代目市川団十郎父子と富士山 / 木村涼 著
部分タイトル 謡曲<富士山>の演能の場と言説 / 川上真理 著
部分タイトル 時代小説と富士山 / 横山泰子 著
部分タイトル ビゴーは富士を描かない / 高橋覚 著
部分タイトル 富士御法家伝来文書管見祖述 / 岡田博 著
部分タイトル 富士信仰と「御大行の巻」 / 中山学 著
部分タイトル 富士の聖地と洞穴 / 山本志乃 著
部分タイトル 身禄派師職の継統と江戸十一講の成立 / 澤登寛聡 著
部分タイトル 富士信仰の展開と秩序形成 / 菅野洋介 著
部分タイトル 明治期の不二道孝心講について / 小林秀樹 著
部分タイトル 英米の美術史研究者による「富士山研究」 / 山中玲子 著
部分タイトル フランスの比較文学者による「富士山研究」 / 天野紀代子 著
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 富士山
NDLC GC115
NDC(9版) 215.4 : 中部地方:東山・東海地方
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 富士山と日本人の心性
  • 目次
  • はしがき 天野 紀代子 5
  • I
  • I 富士山に対する縄文人の意識化について 高橋 毅,金山喜昭 17
  • I 古代人の富士山観 ―火の山・日の本の鎮め― 天野 紀代子 39
  • I 富士山をめぐる民間伝承 宮本 瑞夫 57
  • I 「三国一」の富士の山 ―日本人の国家意識と富士山とのかかわりを考える端緒として― 小林 ふみ子 71
  • I 七代目市川団十郎父子と富士山 ―「暫」のつらねにみる観客の心性をめぐって― 木村 涼 91
  • I 謡曲〈富士山〉の演能の場と言説 ―江戸幕府儀礼を中心に― 川上 真理 109
  • I 時代小説と富士山 横山 泰子 135
  • I ビゴーは富士を描かない 高橋 覚 157
  • II
  • II 富士御法家伝来文書管見祖述 岡田 博 179
  • II 富士信仰と「御大行の巻」 中山 学 207
  • II 富士の聖地と洞穴 ―「人穴」と「御胎内」にみる近世庶民の信仰と旅― 山本 志乃 229
  • II 身禄派師職の継統と江戸十一講の成立 ―田辺近江家の跡目養子一件をめぐって― 澤登 寛聡 251
  • II 富士信仰の展開と秩序形成 ―天台勢力との接点をめぐって― 菅野 洋介 281
  • II 明治期の不二道孝心講について ―皇居御造営御手伝土持を事例に― 小林 秀樹 305
  • 英米の美術史研究者による「富士山研究」 山中 玲子 321
  • フランスの比較文学者による「富士山研究」 天野 紀代子 341
  • あとがき 澤登 寛聡 347

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで