サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム

日本植物病理学会

詳細情報

タイトル 植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム
著者標目 日本植物病理学会
シリーズ名 植物感染生理談話会論文集 = Proceedings of 43rd PSJ plant-microbe interactions symposium, 第43号
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本植物病理学会
出版年月日等 2007.7
大きさ、容量等 158p ; 30cm
注記 会期・会場: 2007年8月9日-11日 Kyoto Prefectural University
注記 編集: 平成19年度植物感染生理談話会監事事務局
ISSN 13458086
JP番号 21300931
別タイトル Dynamism of plant-pathogen interactions
部分タイトル 細胞間コミュニケーションのダイナミズム.イネのフラジェリン認識によって誘導される過敏感細胞死の機構解析 / 蔡晃植 ほか著
部分タイトル MAMPs/PAMPs認識と防御応答シグナル伝達の分子機構 / 渋谷直人, 賀来華江, 宮彩子 著
部分タイトル 過敏感細胞死の情報伝達と防御応答 / 光原一朗, 瀬尾茂美, 大橋祐子 著
部分タイトル Gタンパク質を介した病原体認識シグナルの伝達 / 川崎努, 島本功 著
部分タイトル 植物免疫におけるラジカルバーストの分子機構 / 吉岡博文 ほか著
部分タイトル イネ-いもち病菌相互作用の解析 / 寺内良平 ほか著
部分タイトル 植物病原細菌の感染を制御する宿主応答機構 / 木場章範 ほか著
部分タイトル トリプタミン経路を介したイネの抵抗性発現機構 / 荒瀬栄 ほか著
部分タイトル 植物感染における宿主・病原菌の細胞応答 / 朴杓允 ほか著
部分タイトル ウリ類炭疽病菌の感染戦略に必要な代謝機能 / 高野義孝 ほか著
部分タイトル 細菌細胞間情報伝達システム(クオラム・センシング)と病原細菌の動態について / 篠原信 ほか著
部分タイトル トマトTm-1遺伝子によるトマトモザイクウイルス増殖抑制機構の解析 / 石橋和大 ほか著
部分タイトル イネ萎縮ウイルスがコードする12種タンパク質の感染細胞内での動態とウイルス複製 / 大村敏博 ほか著
部分タイトル 遺伝的多様性と変異のダイナミズム.いもち病菌非病原力遺伝子の変異と彷徨 / 土佐幸雄, 中馬いづみ 著
部分タイトル クローバー葉脈黄化ウイルスの病原性 / 中原健二, 厚見剛, 上田一郎 著
部分タイトル 非病原力遺伝子の圃場における安定性決定要因について / 露無慎二 ほか著
部分タイトル 総括・討議.今、感染生理学は何を明らかにすべきか?路傍から / 白石友紀 著
部分タイトル 特別講演.植物の細胞シグナル伝達における葉緑体の役割の再評価 / 椎名隆, 子守禎子, 野村裕也 著
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 植物病理学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RB77
NDC(9版) 615.82 : 作物栽培.作物学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 植物-病原微生物の相互作用のダイナミズム
  • 目次
  • I. 細胞間コミュニケーションのダイナミズム
  • I. 1. 病原体認識とシグナル伝達
  • I. 1. イネのフラジェリン認識によって誘導される過敏感細胞死の機構解析 蔡 晃植(長浜バイオ大学大学院バイオサイエンス研究科),高井亮太(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科),金田隆志(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科),藤原沙都姫(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科),多賀有里(長浜バイオ大学大学院バイオサイエンス研究科),磯貝 彰(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科) 1
  • I. 1. MAMPs/PAMPs認識と防御応答シグナル伝達の分子機構 渋谷直人(明治大学農学部),賀来華江(明治大学農学部),宮 彩子(明治大学農学部) 13
  • I. 1. 過敏感細胞死の情報伝達と防御応答 光原一朗((独)農業生物資源研究所),瀬尾茂美((独)農業生物資源研究所),大橋祐子((独)農業生物資源研究所) 21
  • I. 1. Gタンパク質を介した病原体認識シグナルの伝達 川崎 努(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科),島本 功(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科) 29
  • I. 1. 植物免疫におけるラジカルバーストの分子機構 吉岡博文(名古屋大学大学院生命農学研究科),浅井秀太(名古屋大学大学院生命農学研究科),間瀬圭介(名古屋大学大学院生命農学研究科),市川達士(名古屋大学大学院生命農学研究科),小林光智衣((独)農業生物資源研究所),小八重善裕(名古屋大学大学院生命農学研究科) 37
  • I. 2. 感染と宿主応答
  • I. 2. イネーいもち病菌相互作用の解析 寺内良平((財)岩手生物工学研究センター),松村英生((財)岩手生物工学研究センター),斎藤宏昌((財)岩手生物工学研究センター),吉田健太郎((財)岩手生物工学研究センター),神崎洋之((財)岩手生物工学研究センター),Thomas Berberich((財)岩手生物工学研究センター),Matt Shenton((財)岩手生物工学研究センター),藤澤志津子((財)岩手生物工学研究センター),伊東明子((財)岩手生物工学研究センター),Joe Win(Department of Plant Pathology, Ohio State University),Sophien Kamoun(Department of Plant Pathology, Ohio State University),高野義孝(京都大学大学院農学研究科),土佐幸雄(神戸大学大学院農学研究科) 49
  • I. 2. 植物病原細菌の感染を制御する宿主応答機構~Ralstonia solanacerum-Nicotiana属植物相互作用の解析~ 木場章範(高知大学農学部),Mainbo Milimo(高知大学農学部),小森大輔(高知大学農学部),張 宛果(高知大学農学部),冨山裕美(高知大学農学部),高橋彰子(高知大学農学部),大西浩平(高知大学遺伝子実験施設),吉岡博文(名古屋大学大学院生命農学研究科),曵地康史(高知大学農学部) 55
  • I. 2. トリプタミン経路を介したイネの抵抗性発現機構 荒瀬 栄(島根大学生物資源科学部),上野 誠(島根大学生物資源科学部),今岡敦子(島根大学生物資源科学部),木原淳一(島根大学生物資源科学部) 67
  • I. 2. 植物感染における宿主・病原菌の細胞応答 朴 杓允(神戸大学大学院農学研究科),池田健一(神戸大学大学院農学研究科),清水直人(神戸大学大学院農学研究科),姜 山(神戸大学大学院農学研究科),細木直樹(神戸大学大学院農学研究科),玄 康洙(神戸大学大学院農学研究科),井上加奈子(神戸大学大学院農学研究科) 77
  • I. 3. 病原体の増殖と感染
  • I. 3. ウリ類炭疽病菌の感染戦略に必要な代謝機能 高野義孝(京都大学大学院農学研究科),朝倉万琴(京都大学大学院農学研究科),木村祥子(京都大学大学院農学研究科),二宮幸子(京都大学大学院農学研究科),奥野哲郎(京都大学大学院農学研究科) 87
  • I. 3. 細菌細胞間情報伝達システム(クオラム・センシング)と病原細菌の動態について 篠原 信(野菜茶業研究所),窪田昌春(野菜茶業研究所),大西 純(野菜茶業研究所),西 和文(野菜茶業研究所) 95
  • I. 3. トマトTm-1遺伝子によるトマトモザイクウイルス増殖抑制機構の解析 石橋和大((独)農業生物資源研究所、北海道大学大学院農学研究院),飯 哲夫((独)農業生物資源研究所、CREST, Japan Science and Technology Agency),内藤 哲(北海道大学大学院先端生命科学研究院),石川雅之((独)農業生物資源研究所、CREST, Japan Science and Technology Agency) 105
  • I. 3. イネ萎縮ウイルスがコードする12種タンパク質の感染細胞内での動態とウイルス複製 大村敏博(中央農業総合研究センター),Wei Taiyun(中央農業総合研究センター),清水巧(中央農業総合研究センター),萩原恭二(中央農業総合研究センター),一木珠樹(中央農業総合研究センター) 111
  • II. 遺伝的多様性と変異のダイナミズム
  • II. いもち病菌非病原力遺伝子の変異と彷徨 土佐幸雄(神戸大学大学院農学研究科),中馬いづみ(神戸大学大学院農学研究科) 117
  • II. クローバー葉脈黄化ウイルスの病原性 中原健二(北海道大学大学院農学研究院),厚見剛(北海道大学大学院農学研究院),上田一郎(北海道大学大学院農学研究院) 127
  • II. 非病原力遺伝子の圃場における安定性決定要因について:病害抵抗性育種の一戦略 露無慎二(静岡大学創造科学技術大学院),藤川貴史((独)農業生物資源研究所),駒井慶子(静岡大学農学部),木村 幸(静岡大学農学部),小松節子((独)農業生物資源研究所),平田久笑(静岡大学農学部) 135
  • III. 総括・討議
  • III. 今、感染生理学は何を明らかにすべきか?路傍から 白石友紀(岡山大学大学院自然科学研究科) 141
  • 特別講演
  • 植物の細胞シグナル伝達における葉緑体の役割の再評価 椎名 隆(京都府立大学人間環境科学研究科),小森禎子(京都府立大学人間環境科学研究科),野村裕也(京都府立大学人間環境科学研究科) 151

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで