サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

生殖医療ガイドライン

日本生殖医学会 編

詳細情報

タイトル 生殖医療ガイドライン
著者 日本生殖医学会 編
著者標目 日本生殖医学会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金原出版
出版年月日等 2007.8
大きさ、容量等 384p ; 26cm
注記 「新しい生殖医療技術のガイドライン」 (2003年刊) の2007 (改訂版)
注記 文献あり
ISBN 9784307300933
価格 12000円
JP番号 21481921
別タイトル Guideline for reproductive medicine
別タイトル 新しい生殖医療技術のガイドライン
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 不妊症
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 人工授精
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 体外受精 (人類)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC571
NDLC SC577
NDC(9版) 495.48 : 婦人科学.産科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 生殖医療ガイドライン
  • 目次
  • 序 v
  • 第I章 内分泌 編集:田原隆三,編集:市川智彦 1
  • 第I章 1. 女性内分泌 2
  • 第I章 2. 男性内分泌 12
  • 第II章 臨床遺伝学 (編集:吉村泰典) 21
  • 第II章 1. 臨床遺伝学の基礎知識と遺伝医療の実践 22
  • 第II章 2. 性分化と性腺機能の異常 45
  • 第III章 不妊症 編集:柴原浩章,編集:市川智彦,編集:安部裕司 51
  • 第III章 1. 不妊因子の種類と診断 52
  • 第III章 1. A. 排卵因子 52
  • 第III章 1. A. 1) 視床下部・下垂体性排卵障害 52
  • 第III章 1. A. 2) 卵巣性排卵障害 55
  • 第III章 1. A. 3) 乳汁漏出症 57
  • 第III章 1. A. 4) 多囊胞性卵巣症候群(PCOS) 61
  • 第III章 1. A. 5) 黄体機能不全 64
  • 第III章 1. B. 卵管因子 67
  • 第III章 1. B. 1) 卵管閉塞・卵管周囲癒着 67
  • 第III章 1. B. 2) 子宮内膜症 70
  • 第III章 1. B. 3) クラミジア感染症 74
  • 第III章 1. C. 着床因子 78
  • 第III章 1. C. 1) 子宮因子 78
  • 第III章 1. C. 2) 免疫因子 81
  • 第III章 1. D. 男性因子 83
  • 第III章 1. D. 1) 精巣機能障害 83
  • 第III章 1. D. 2) 精索静脈瘤 85
  • 第III章 1. D. 3) 閉塞性無精子症 88
  • 第III章 1. D. 4) 非閉塞性無精子症 91
  • 第III章 1. D. 5) 乏精子症 93
  • 第III章 1. D. 6) 勃起障害・射精障害 95
  • 第III章 1. D. 7) 特発性男性不妊症 98
  • 第III章 1. E. 免疫因子 101
  • 第III章 1. E. 1) 免疫因子など 101
  • 第III章 1. F. 原因不明 104
  • 第III章 1. F. 1) 原因不明不妊 104
  • 第III章 2. 不妊の検査 107
  • 第III章 2. A. 排卵因子 107
  • 第III章 2. A. 1) 各種ホルモン測定・負荷テスト 107
  • 第III章 2. A. 2) 超音波検査 110
  • 第III章 2. A. 3) 染色体検査 112
  • 第III章 2. A. 4) 甲状腺機能検査 116
  • 第III章 2. A. 5) 卵胞発育モニタリング 120
  • 第III章 2. A. 6) 基礎体温 123
  • 第III章 2. A. 7) 子宮内膜日付診 126
  • 第III章 2. A. 8) 頸管粘液検査 128
  • 第III章 2. A. 9) トルコ鞍MRI 131
  • 第III章 2. A. 10) インスリン抵抗性 133
  • 第III章 2. B. 卵管因子 136
  • 第III章 2. B. 1) 子宮卵管造影 136
  • 第III章 2. B. 2) 卵管因子(腹腔鏡検査) 138
  • 第III章 2. B. 3) 卵管通気・通水法 141
  • 第III章 2. C. 子宮因子 143
  • 第III章 2. C. 1) 卵管疎通性検査 143
  • 第III章 2. C. 2) 子宮鏡検査 147
  • 第III章 2. D. 男性因子 150
  • 第III章 2. D. 1) 精液検査 150
  • 第III章 2. D. 2) 尿道分泌液・前立腺液の検査 153
  • 第III章 2. D. 3) 精子機能検査 155
  • 第III章 2. D. 4) 各種ホルモン測定と負荷テスト 157
  • 第III章 2. D. 5) 染色体検査・Y染色体微小欠失 159
  • 第III章 2. D. 6) 超音波画像診断法:陰囊内容 162
  • 第III章 2. D. 7) 精管造影・精巣生検 164
  • 第III章 2. E. 頸管因子 167
  • 第III章 2. E. 1) Huhnerテスト・Miller-Kurzrokテスト 167
  • 第III章 2. F. 免疫因子 169
  • 第III章 2. F. 1) 抗精子抗体 169
  • 第III章 2. F. 2) 自己抗体 172
  • 第III章 2. F. 3) HLAタイピング 175
  • 第III章 3. 不妊の治療 177
  • 第III章 3. A. 女性因子に対する薬物療法 177
  • 第III章 3. A. 1) クロミフェン療法・シクロフェニル療法 177
  • 第III章 3. A. 2) ゴナドトロピン療法 179
  • 第III章 3. A. 3) カウフマン療法 182
  • 第III章 3. A. 4) グルココルチコイド投与法 184
  • 第III章 3. A. 5) ドパミンアゴニスト療法 188
  • 第III章 3. A. 6) インスリン抵抗性改善薬 191
  • 第III章 3. A. 7) 黄体機能不全の治療 194
  • 第III章 3. B. 手術療法 196
  • 第III章 3. B. 1) 開腹による子宮形成術 196
  • 第III章 3. B. 2) 不妊症に対する腹腔鏡手術 198
  • 第III章 3. B. 3) 生殖医学領域における子宮鏡 204
  • 第III章 3. C. 人工授精 210
  • 第III章 3. C. 1) AIHの方法 210
  • 第III章 3. C. 2) 精子調整法 213
  • 第III章 3. C. 3) 精子凍結保存法 217
  • 第III章 3. D. 生殖補助医療(ART) 220
  • 第III章 3. D. 1) 調節卵胞刺激法 220
  • 第III章 3. D. 2) 採卵 222
  • 第III章 3. D. 3) 体外受精および培養 228
  • 第III章 3. D. 4) 顕微授精 230
  • 第III章 3. D. 5) 胚移植 233
  • 第III章 3. D. 6) 黄体補充 237
  • 第III章 3. D. 7) 胚凍結 240
  • 第III章 3. D. 8) IVM 243
  • 第III章 3. D. 9) PGDとPGS 246
  • 第III章 3. D. 10) その他のART 249
  • 第III章 3. E. 男性因子に対する治療 252
  • 第III章 3. E. 1) 薬物療法 252
  • 第III章 3. E. 2) 精索静脈瘤 254
  • 第III章 3. E. 3) 精巣内精子採取術 256
  • 第III章 3. E. 4) 精路再建術 258
  • 第IV章 不育症 (編集:柴原浩章) 263
  • 第IV章 1. 不育症の検査 264
  • 第IV章 1. A. 遺伝因子 264
  • 第IV章 1. A. 1) 習慣流産と染色体検査 264
  • 第IV章 1. B. 免疫因子 268
  • 第IV章 1. B. 1) 抗リン脂質抗体 268
  • 第IV章 1. C. 子宮因子 270
  • 第IV章 1. C. 1) 子宮奇形 270
  • 第IV章 1. C. 2) 頸管無力症 275
  • 第IV章 1. D. 内分泌・代謝因子 277
  • 第IV章 1. D. 1) 内分泌・代謝因子 277
  • 第IV章 2. 不育症の治療 279
  • 第IV章 2. A. 手術療法 279
  • 第IV章 2. A. 1) 頸管縫縮術 279
  • 第IV章 2. B. 薬物療法 282
  • 第IV章 2. B. 1) 薬物療法 282
  • 第IV章 2. C. 免疫療法 285
  • 第IV章 2. C. 1) 免疫療法 285
  • 第V章 日本生殖医学会生殖医療従事者資格制度 289
  • 第VI章 最適な不妊治療の選択指針 301
  • 第VII章 ICMART用語集 311
  • [付1] 日本生殖医学会理事会・倫理委員会の報告および会告 318
  • [付2] 日本産科婦人科学会会告 327
  • [付3] 略語一覧 357
  • [付4] 遺伝学的検査に関するガイドライン 360
  • おわりに 377

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで