サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本大学生産工学部ハイテク・リサーチ・センター研究報告書 平成18年度

日本大学生産工学部生産工学研究所

詳細情報

タイトル 日本大学生産工学部ハイテク・リサーチ・センター研究報告書
著者標目 日本大学生産工学部生産工学研究所
出版地(国名コード) JP
出版地習志野
出版社日本大学生産工学部生産工学研究所
出版年月日等 2007.6
大きさ、容量等 38p ; 30cm
注記 文献あり
JP番号 21256590
巻次 平成18年度
部分タイトル グリーン・サステイナブルな先端有機材料の高機能化と高選択的分離分析システムへの展開.機能性材料を利用した高選択的分離分析法の開発 / 渋川雅美 著
部分タイトル 高選択的分離を指向した機能性材料の創製 / 藤井孝宜, 平田光男 著
部分タイトル アリールアクリル酸エステル誘導体の光化学反応および包接化 / 杉山邦夫 著
部分タイトル 酵素を固定化したポリアクリル酸グラフト化ePTFE膜の複合化によるDDSの構築 / 松田清美 ほか著
部分タイトル フルオラスレゾルシンアレーン6量体分子カプセルを反応場とするDiels-Alder反応 / 清水正一 著
部分タイトル 酸化還元酵素チロシナーゼとペルオキシダーゼによる水溶液からのフェノール系化合物の除去 / 山田和典 ほか著
部分タイトル de novo設計ポリペプチドを用いた希土類金属イオン選択的センシング系の構築 / 柏田歩, 松田清美 著
部分タイトル 環境資料中の微量金属の分離濃縮に関する研究. その2 / 南澤宏明 著
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 科学技術--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC M21
NDC(9版) 504 : 論文集.評論集.講演集
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 日本大学生産工学部ハイテク・リサーチ・センター研究報告書 平成18年度
  • 目次
  • プロジェクト名
  • グリーン・サステイナブルな先端有機材料の高機能化と高選択的分離分析システムへの展開
  • 機能性材料を利用した高選択的分離分析法の開発 渋川雅美 3
  • 高選択的分離を指向した機能性材料の創製—新規スルファンニトリル配位子の錯形成について— 藤井孝宜,平田光男 7
  • アリールアクリル酸エステル誘導体の光化学反応および包接化 杉山邦夫 11
  • 酵素を固定化したポリアクリル酸グラフト化ePTFE膜の複合化によるDDSの構築 松田清美,柏田歩,山田和典,平田光男 15
  • フルオラスレゾルシンアレーン6量体分子カプセルを反応場とするDiels-Alder反応 清水正一 19
  • 酸化還元酵素チロシナーゼとペルオキシダーゼによる水溶液からのフェノール系化合物の除去 山田和典,柏田歩,松田清美,平田光男 23
  • de novo 設計ポリペプチドを用いた希土類金属イオン選択的センシング系の構築 柏田歩,松田清美 27
  • 環境資料中の微量金属の分離濃縮に関する研究(その2) 南沢宏明 31
  • 研究成果一覧 35

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで