サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

運動器の外傷学

糸満盛憲 専門編集

詳細情報

タイトル 運動器の外傷学
著者 糸満盛憲 専門編集
著者標目 糸満, 盛憲, 1944-
著者標目 越智, 隆弘, 1941-
著者標目 糸満, 盛憲, 1944-
著者標目 越智, 光夫, 1952-
著者標目 高岸, 憲二, 1952-
シリーズ名 最新整形外科学大系 = Integrated handbook of orthopaedics ; 5
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中山書店
出版年月日等 2007.6
大きさ、容量等 319p ; 31cm
注記 文献あり
ISBN 9784521722214
価格 27000円
JP番号 21259827
シリーズ著者越智隆弘 総編集
シリーズ著者糸満盛憲, 越智光夫, 高岸憲二, 戸山芳昭, 中村利孝, 三浪明男, 吉川秀樹 編
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 運動器官--疾患
件名(キーワード) 外傷
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC SC551
NDC(9版) 494.7 : 外科学
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 運動器の外傷学
  • 第5巻 運動器の外傷学CONTENTS
  • 1章 外傷の疫学 中原慎二 2
  • 2章 外傷の法医学的問題 永井智紀,栗原克由 12
  • 3章 救急医療システム 益子邦洋 20
  • 4章 外傷患者の初期診断と初期治療
  • 4章 病院前救護 石原晋 28
  • 4章 病院での診断と処置
  • 4章 外傷患者の初療:primary surveyと蘇生 横田順一朗 35
  • 4章 外傷患者の初療:secondary survey 新藤正輝 45
  • 4章 外傷患者の初療:tertiary survey 新藤正輝 54
  • 5章 外傷患者の管理
  • 5章 外傷と呼吸 児玉貴光,箕輪良行 58
  • 5章 外傷と循環 田中裕,松嶋麻子 68
  • 5章 外傷と意識障害 森村尚登,坂本哲也 82
  • 5章 多発外傷の管理 大友康裕 91
  • 5章 外傷に伴う感染とその対策 坂本照夫,山下典雄 97
  • 6章 多数傷病者対応:トリアージ 山口芳裕 106
  • 7章 骨折
  • 7章 骨折の原因と種類 白仁田厚,鳥巣岳彦 116
  • 7章 骨折部の症状と診断 田中正,大塚誠 129
  • 7章 骨折の分類 田中正 138
  • 7章 骨折に伴う合併症・副損傷 澤口毅 145
  • 7章 骨折の治癒過程 神宮司誠也 152
  • 7章 遷延癒合,偽関節 内野正隆,糸満盛憲 158
  • 7章 骨折の治療法
  • 7章 皮下骨折の治療法 澤口毅 164
  • 7章 開放骨折の治療法 佐藤徹 179
  • 7章 遷延癒合・偽関節の治療法 糸満盛憲 188
  • 8章 小児骨折の特徴 奥住成晴 202
  • 9章 高齢者の骨折 安藤謙一 212
  • 10章 関節部の損傷
  • 10章 打撲,捻挫,脱臼 衣笠清人,道中泰典 226
  • 10章 骨軟骨骨折 占部憲 231
  • 10章 関節の非開放性・開放性損傷 占部憲 237
  • 10章 靱帯損傷 占部憲 248
  • 11章 その他の外傷
  • 11章 軟部組織損傷
  • 11章 筋・腱損傷 衣笠清人,西井幸信 258
  • 11章 血管損傷 金谷文則,普天間朝上 267
  • 11章 末梢神経損傷 金谷文則 281
  • 11章 熱傷 山田直人,内沼栄樹 295
  • 11章 電撃傷 山田直人,内沼栄樹 301
  • 11章 銃創 木村昭夫 305
  • 索引 309

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで