サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 政府刊行物

新編倉渕村誌 第3巻 民俗編

倉渕村誌編さん委員会 編

詳細情報

タイトル 新編倉渕村誌
著者 倉渕村誌編さん委員会 編
著者標目 倉淵村 (群馬県)
出版地(国名コード) JP
出版地高崎
出版社倉渕村誌刊行委員会
出版年月日等 2007.3
大きさ、容量等 235p ; 26cm
JP番号 21244695
巻次 第3巻 民俗編
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 高崎市--地誌
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC GC54
NDC(9版) 291.33 : 日本
対象利用者 一般
資料の種別 図書
資料の種別 政府刊行物
資料の種別 地方公共団体刊行物
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 新編倉淵村誌 第3巻 民俗編
  • 目次 倉淵村誌 第三巻 民俗編
  • 序 高崎市長 松浦幸雄
  • 「新編 倉淵村誌」の発刊にあたり 倉淵村誌刊行委員会委員長 前倉淵村長 市川平治
  • 口絵
  • 凡例
  • 第一章 倉淵村の概観 三
  • 第一章 第一節 倉淵という村 三
  • 第一章 第二節 歴史の概観 三
  • 第一章 第三節 生活の変化 五
  • 第一章 第四節 民俗の特色 六
  • 第二章 日々の生活 九
  • 第二章 第一節 衣服 一〇
  • 第二章 第一節 一、 着物・裁縫 一〇
  • 第二章 第一節 二、 普段着・作業着 一〇
  • 第二章 第一節 三、 晴着 一一
  • 第二章 第一節 四、 髪型・化粧 一二
  • 第二章 第一節 五、 履物 一二
  • 第二章 第一節 六、 染色・機織 一三
  • 第二章 第二節 食事 一三
  • 第二章 第二節 一、 食制 一三
  • 第二章 第二節 二、 副食・食用動植物・保存食 一五
  • 第二章 第二節 三、 特別の日の食事 一八
  • 第二章 第三節 住まい 一九
  • 第二章 第三節 一、 家屋 一九
  • 第二章 第三節 二、 間取り 二〇
  • 第二章 第三節 三、 飲み水 二〇
  • 第二章 第四節 村の仕組み 二〇
  • 第二章 第四節 一、 村組織・村役 二二
  • 第二章 第四節 二、 共有地・共同作業 二五
  • 第二章 第四節 三、 階層 二七
  • 第二章 第四節 四、 青年団 二七
  • 第二章 第四節 五、 家族生活 二九
  • 第二章 第五節 人の一生 三一
  • 第二章 第五節 一、 誕生 三一
  • 第二章 第五節 一、 (一) 妊娠 三一
  • 第二章 第五節 一、 (二) 生児儀礼 三四
  • 第二章 第五節 一、 (三) 育児 三六
  • 第二章 第五節 二、 年祝い 三七
  • 第二章 第五節 三、 婚姻 三七
  • 第二章 第五節 三、 (一) むかしの婚姻 三七
  • 第二章 第五節 三、 (二) 婚姻の条件 三八
  • 第二章 第五節 三、 (三) 婚約 三八
  • 第二章 第五節 三、 (四) 嫁入り 三九
  • 第二章 第五節 四、 葬制 四二
  • 第二章 第五節 四、 (一) 病気・死の予兆・死 四二
  • 第二章 第五節 四、 (二) 葬送 四四
  • 第二章 第五節 四、 (三) 死後の供養・その他 四七
  • 第二章 第六節 生産・生業 四八
  • 第二章 第六節 一、 畑作 四九
  • 第二章 第六節 二、 稲作 五二
  • 第二章 第六節 三、 養蚕 五六
  • 第二章 第六節 四、 漁撈・狩猟 五九
  • 第二章 第六節 五、 畜産 六〇
  • 第二章 第六節 六、 諸職と労働慣行 六一
  • 第二章 第七節 民俗知識 六三
  • 第二章 第七節 一、 民間医療 六三
  • 第二章 第七節 二、 まじない(呪) 六四
  • 第二章 第七節 三、 躾け 六七
  • 第二章 第七節 四、 禁忌 六七
  • 第二章 第七節 五、 予知 六八
  • 第二章 第七節 六、 数理 七〇
  • 第三章 山の暮らし 七一
  • 第三章 第一節 木材の生産 七一
  • 第三章 第一節 一、 伐採—杣の仕事 七一
  • 第三章 第一節 二、 木挽 七三
  • 第三章 第一節 三、 製材所の出現によるうつりかわり 七五
  • 第三章 第一節 四、 木挽唄 七五
  • 第三章 第一節 五、 木材の運搬の仕事 七六
  • 第三章 第二節 炭焼き 七八
  • 第三章 第二節 一、 本村における製炭のうつりかわり 七八
  • 第三章 第二節 一、 (一) 製炭方法 七八
  • 第三章 第二節 一、 (二) 生産技術と品質の向上 七八
  • 第三章 第二節 二、 炭焼きの仕事 七九
  • 第三章 第二節 二、 (一) 原木・かま・木炭 七九
  • 第三章 第二節 二、 (二) 炭がまのつくり方 七九
  • 第三章 第二節 二、 (三) 泊まり小屋(山小屋)の設営 七九
  • 第三章 第二節 二、 (四) 炭焼きの作業と山小屋の生活 八〇
  • 第三章 第二節 二、 (五) 炭の搬出 八〇
  • 第三章 第三節 山仕事の道具 八〇
  • 第三章 第三節 一、 伐木・造材 八〇
  • 第三章 第三節 二、 炭焼きの道具 八一
  • 第三章 第三節 二、 (一) 鋸・斧・鉈—原木伐採に使う(杣道具と同様) 八一
  • 第三章 第三節 二、 (二) 炭がまで使う道具 八一
  • 第三章 第三節 二、 (三) 運搬具 八一
  • 第三章 第四節 その他の林産物 八一
  • 第三章 第四節 (一) 杉皮 八一
  • 第三章 第四節 (二) 屋根板 八二
  • 第三章 第四節 (三) 天秤棒 九二
  • 第三章 第四節 (四) 線香 八三
  • 第三章 第四節 (五) 篠切り 八三
  • 第三章 第四節 (六) すず切り 八四
  • 第三章 第四節 (七) 柏の皮 八四
  • 第四章 倉淵の一年間 八五
  • 第四章 第一節 村の行事 八六
  • 第四章 第一節 一月 八六
  • 第四章 第一節 二月 九七
  • 第四章 第一節 三月 九八
  • 第四章 第一節 四月 一〇〇
  • 第四章 第一節 五月 一〇〇
  • 第四章 第一節 六月 一〇一
  • 第四章 第一節 七月 一〇二
  • 第四章 第一節 八月 一〇三
  • 第四章 第一節 九月 一〇六
  • 第四章 第一節 十月 一〇七
  • 第四章 第一節 十一月 一〇七
  • 第四章 第一節 十二月 一〇八
  • 第四章 第二節 Y家の年中行事 一一二
  • 第五章 信仰と道祖神 一二〇
  • 第五章 第一節 神社信仰 一二一
  • 第五章 第一節 一、 榛名信仰 一二一
  • 第五章 第一節 二、 石上信仰 一二二
  • 第五章 第一節 三、 諏訪信仰 一二三
  • 第五章 第一節 四、 熊野信仰 一二三
  • 第五章 第一節 五、 浅間信仰 一二四
  • 第五章 第一節 六、 八幡信仰 一二四
  • 第五章 第一節 七、 天神信仰 一二五
  • 第五章 第一節 八、 神明信仰 一二五
  • 第五章 第一節 九、 その他の神々 一二五
  • 第五章 第二節 仏教信仰 一二八
  • 第五章 第二節 一、 観音信仰 一二八
  • 第五章 第二節 二、 薬師如来 一二九
  • 第五章 第二節 三、 不動信仰 一二九
  • 第五章 第二節 四、 地蔵信仰 一三〇
  • 第五章 第二節 五、 大師様 一三〇
  • 第五章 第二節 六、 マリシテン 一三一
  • 第五章 第二節 七、 行人塚 一三一
  • 第五章 第二節 八、 その他 一三一
  • 第五章 第三節 民俗信仰 一三二
  • 第五章 第三節 一、 代参講 一三二
  • 第五章 第三節 二、 各地区の信仰 一三三
  • 第五章 第三節 三、 春祈祷 一三六
  • 第五章 第三節 四、 屋敷内の神々 一三七
  • 第五章 第三節 五、 家の神 一三九
  • 第五章 第三節 六、 その他 一四〇
  • 第五章 第四節 俗信 一四〇
  • 第五章 第四節 一、 俗信 一四〇
  • 第五章 第四節 二、 つきもの・怪異 一四一
  • 第五章 第五節 道祖神 一四二
  • 第五章 第五節 一、 倉淵村の道祖神信仰の源流 一四二
  • 第五章 第五節 二、 道祖神の形成 一四二
  • 第五章 第五節 三、 道祖神祭りの民俗 一四四
  • 第五章 第五節 四、 倉淵の道祖神 一覧 一四四
  • 第六章 街道と暮らし 一四八
  • 第六章 第一節 交通 一五〇
  • 第六章 第二節 交易 一五一
  • 第六章 第三節 村に来た行商と遊芸人 一五二
  • 第七章 祭りと芸能 一五四
  • 第七章 第一節 水沼の獅子舞 一五四
  • 第七章 第二節 川浦の獅子舞 一五六
  • 第七章 第三節 戸春名神社と水押・石上の獅子舞 一五八
  • 第七章 第四節 椿名神社太々神楽 一五九
  • 第七章 第五節 その他の芸能 一五九
  • 第八章 倉淵に伝わる話 一六二
  • 第八章 第一節 伝説 一六二
  • 第八章 第二節 民話・昔話 一七五
  • 第九章 倉淵のことば 一八〇
  • 第九章 第一節 方言 一八三
  • 第十章 地名が伝えるもの 一九七
  • 第十章 第一節 地名 一九七
  • 第十章 第一節 一 大字別地名 二一五
  • 参考文献
  • 索引
  • 協力者名簿
  • 村誌編さん関係者名簿
  • あとがき

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで