サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

憲法の基礎理論と解釈

尾吹善人 著

詳細情報

タイトル 憲法の基礎理論と解釈
著者 尾吹善人 著
著者標目 尾吹, 善人, 1929-1995
シリーズ名 学術選書 ; 憲法
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社信山社
出版年月日等 2007.1
大きさ、容量等 678p ; 22cm
注記 年譜あり
注記 著作目録あり
ISBN 9784797232318
価格 21000円
JP番号 21258504
部分タイトル 憲法の基礎理論 カール・シュミットの『憲法理論』 ケルゼンにおける理論と実践 権力分立と混合政体 民主制と権力分立 権力分立 ケルゼンv.シュミット、三つの争点 憲法理論の基本問題-小林直樹著『憲法の構成原理』を読んで 憲法理論の基本問題-小林教授の『反論』に答える 憲法学者が診断する「小沢答申案」 憲法改正限界論の迷路 憲法の「国際協調主義」
部分タイトル 基本的人権 外国人の基本的人権 私人間における人権の保障 思想・言論の自由 言論の自由と営利目的 表現の自由と取材の自由 いわゆる税関検閲 広告の自由と表現の自由 教科書検定と表現の自由 報道の自由 国家秘密と知る権利 海外渡航の自由の性質と限界 出国の自由と旅券行政 出国の自由と旅券法 憲法第三一条をめぐる判例の展開
部分タイトル 統治機構・司法権 憲法・法律・行政 司法権の本質 憲法規範の変性? 「政治的問題」の問題性 統治行為
部分タイトル 判例研究 いわゆる「平和的生存権」論への疑問 三つの地裁判決 殉職自衛官合祀訴訟大法廷判決をめぐって マクリーン訴訟最高裁判決をめぐって イデオロギーの相違を理由とする解雇の有効性 言論の自由と名誉毀損 いわゆるフェア・コメントの法理を認めた事例 営利的な広告の自由の制限 報道の自由と正当行為の範囲 取材源の秘匿と表現の自由 報道取材の司法的利用と報道の自由 電電公社職員の職場内における政治的表現の自由 盗聴器の使用とプライバシー 政見放送削除事件 台帳地積による換地予定地指定と憲法第二九条 言論の自由. 1-2 アメリカにおける報道の自由と取材源などの秘匿 シュレースウィヒ=ホルシュタイン州の選挙法は平等原則に反し無効
出版年(W3CDTF) 2007
件名(キーワード) 憲法
NDLC A211
NDC(9版) 323.01 : 憲法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで