サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

法の生成と民法の体系 : 無償行為論・法過程論・民法体系論 : 広中俊雄先生傘寿記念論集

林信夫, 佐藤岩夫 編

詳細情報

タイトル 法の生成と民法の体系 : 無償行為論・法過程論・民法体系論 : 広中俊雄先生傘寿記念論集
著者 林信夫, 佐藤岩夫 編
著者標目 広中, 俊雄, 1926-2014
著者標目 林, 信夫, 1948-
著者標目 佐藤, 岩夫, 1958-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社創文社
出版年月日等 2006.12
大きさ、容量等 796p ; 22cm
注記 文献あり
注記 年譜あり
注記 著作目録あり
ISBN 9784423731086
価格 19000円
JP番号 21184376
部分タイトル 無償行為論 関係の無償性と対象の無償性 / 高橋清徳 著
部分タイトル 無償行為論の再検討へ / 大村敦志 著
部分タイトル イルニ市法八四章(九表B欄九-一〇行)「悪意でなされたと主張される、組合、信託若しくは委任各訴権以外」条項について / ディーター・ネル 著西村重雄 訳
部分タイトル 『勅法彙纂』にみる贈与の機能変化 / 林信夫 著
部分タイトル 居住の無償供与をめぐる普通法学の解釈覚書 / 田中実 著
部分タイトル 江戸時代の買戻しについて / 吉田正志 著
部分タイトル 法過程論 市民社会論のルネサンスと市民法論 / 広渡清吾 著
部分タイトル 消費者信用と裁判所利用 / 高橋裕 著
部分タイトル 法廷にあらわれた仲裁 / 北野かほる 著
部分タイトル 離婚事件における弁護士の役割 / 村山眞維 著
部分タイトル 「司法過疎」とは何か / 樫村志郎 著
部分タイトル 法務省における法案策定と検察官 / 福島至 著
部分タイトル 民法体系論 憲法の視点からの民法? / 中村哲也 著
部分タイトル サヴィニーの類推論について / 児玉寛 著
部分タイトル 法制定の重み / 亀本洋 著
部分タイトル 内縁準婚理論と事実婚の保護 / 水野紀子 著
部分タイトル 環境利益保護と民法 / 吉村良一 著
部分タイトル 消費者団体訴訟の法形成機能について / 佐藤岩夫 著
部分タイトル ドイツ債務法現代化法における買主の追完請求権について / 岡孝 著
部分タイトル 広中民法学労働者像 / 山野目章夫 著
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 民法--論文集
NDLC A811
NDC(9版) 324.04 : 民法
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 法の生成と民法の体系 無償行為論・法過程論・民法体系論 広中俊雄先生傘寿記念論集
  • 目次
  • 第一部 無償行為論
  • 第一部 関係の無償性と対象の無償性 高橋清徳 三
  • 第一部 無償行為論の再検討へ—現代におけるその位置づけを中心に— 大村敦志 三三
  • 第一部 イルニ市法八四章(九表B欄九−一〇行)「悪意でなされたと主張される、組合、信託若しくは委任各訴権以外」条項について(Zur Klausel "neque pro socio aut fiduciae aut mandati quod dolo malo factum esse dicatur" in lex Irnitana c. 84 IXB 9-10) ディーター・ネル,西村重雄訳 五九
  • 第一部 『勅法彙纂』にみる贈与の機能変化 林信夫 一一五
  • 第一部 居住の無償供与をめぐる普通法学の解釈覚書—D.39.5.27をめぐって— 田中実 一五九
  • 第一部 江戸時代の買戻しについて 吉田正志 二〇五
  • 第二部 法過程論
  • 第二部 市民社会論のルネサンスと市民法論 広渡清吾 二四九
  • 第二部 消費者信用と裁判所利用—経済動向と政策の作用に焦点をあわせて— 高橋裕 二九五
  • 第二部 法廷にあらわれた仲裁—中世後期イングランド法システムにおける「裁判外」紛争解決— 北野かほる 三四一
  • 第二部 離婚事件における弁護士の役割 村山真維 三八七
  • 第二部 「司法過疎」とは何か—大量調査と事例調査を通じて— 樫村志郎 四一七
  • 第二部 法務省における法案策定と検察官—刑事訴訟記録に関する立法過程を素材に— 福島至 四六三
  • 第三部 民法体系論
  • 第三部 憲法の視点からの民法?—基本権保護義務論の中の民法をめぐって— 中村哲也 四九九
  • 第三部 サヴィニーの類推論について 断章II 児玉寛 五四五
  • 第三部 法制定の重み—広中俊雄教授の民法解釈方法論覚書— 亀本洋 五七五
  • 第三部 内縁準婚理論と事実婚の保護 水野紀子 六一一
  • 第三部 環境利益保護と民法 吉村良一 六四一
  • 第三部 消費者団体訴訟の法形成機能について—「市民社会を基盤とする法形成」の一断面— 佐藤岩夫 六七五
  • 第三部 ドイツ債務法現代化法における買主の追完請求権について 岡孝 七〇七
  • 第三部 広中民法学の労働者像 山野目章夫 七四五
  • 第三部 広中俊雄先生略歴・著作目録 七六七
  • 第三部 あとがき 七九三

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで