The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

グローバル化と法 : 〈日本におけるドイツ年〉法学研究集会

ハンス・ペーター・マルチュケ, 村上淳一 編

details

Title グローバル化と法 : 〈日本におけるドイツ年〉法学研究集会
Author ハンス・ペーター・マルチュケ, 村上淳一 編
Personal Name (Author) Marutschke, Hans Peter, 1951-
Personal Name (Author) 村上, 淳一, 1933-2017
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher信山社出版
Date 2006.9
Size & Duration 219p ; 22cm
ISBN 4797255978
Price 3800円
National Bibliography No.(JPNO) 21218785
Partial Title 基調講演 グローバル化時代における法の役割変化 / グンター・トイブナー 著村上淳一 訳
Partial Title 歴史的意味論の文脈におけるグローバル化と法 / 村上淳一 著
Partial Title 民法部会 ヨーロッパ共通の私法 / ユルゲン・バーゼドウ 著相澤啓一 訳
Partial Title 日本民法学に対するドイツ民法学の影響 / 松岡久和 著
Partial Title 公法部会 ヨーロッパにおける法の現今の動向 / ユルゲン・シュヴァルツェ 著松原敬之 訳
Partial Title ヨーロッパにおける最近の法的発展方向 / 西原博史 著
Partial Title 経済法部会 Lex mercatoria / カルステン・シュミット 著松原敬之 訳
Partial Title ソフトローとしてのlex mercatoria / 神作裕之 著
Partial Title 国際法部会 世界住民の法へと変貌する国際法 / フィリップ・クーニヒ 著三島憲一 訳
Partial Title グローバル化・法制度化・国際法 / 奥脇直也 著
Partial Title 刑法部会 刑法の国際化 / フィリップ・オステン 著
Partial Title 越境犯罪と刑法の国際化 / 井田良 著
Partial Title 法曹養成部会 グローバル化が法曹養成に及ぼす影響 / ハンス・プリュッティング 著桑折千恵子 訳
Partial Title カンボジアの法曹教育に対する日本の貢献 / 相澤恵一 著
Partial Title After dinner speech Global governanceか、good global governanceか? / ゲジーネ・シュヴァーン 著松原敬之 訳
Year of Publication(W3CDTF) 2006
Subject Heading(Keyword) 法律学--論文集
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC A121
NDC(9th revised) 321.04 : Jurisprudence
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • グローバル化と法〈日本におけるドイツ年〉法学研究集会
  • 目次
  • 編者はしがき
  • 第1部 基調講演 1
  • 第1部 グローバル化時代における法の役割変化—各種のグローバルな法レジームの分立化・民間憲法化・ネット化— グンター・トイブナー,(村上淳一訳) 3
  • 第1部 I グローバルな法の分立化(Fragmentierung) (3)
  • 第1部 II 社会理論から見た法衝突 (6)
  • 第1部 III 衝突する諸レジームを結ぶネット化 (12)
  • 第1部 IV 法の統一性から諸レジームの規範的な両立可能性へ (22)
  • 第1部 基調講演へのコメント
  • 第1部 歴史的意味論の文脈におけるグローバル化と法 村上淳一 25
  • 第1部 I 近代の法理解 (25)
  • 第1部 II 非国家法の復権と「国家なき世界法」 (27)
  • 第1部 III 非同時的なものの同時性 (29)
  • 第2部 民法部会 33
  • 第2部 ヨーロッパ共通の私法—必要性、発展の軌道、各国の寄与— ユルゲン・バーゼドウ,(相沢啓一訳) 35
  • 第2部 日本民法学に対するドイツ民法学の影響—個人的研究関心を寄せる3つのテーマを素材に— 松岡久和 47
  • 第2部 はじめに (47)
  • 第2部 I 不動産物権変動 (48)
  • 第2部 II 不当利得 (50)
  • 第2部 III 物権と債権の峻別体系 (51)
  • 第2部 おわりに (53)
  • 第3部 公法部会 59
  • 第3部 ヨーロッパにおける法の現今の動向—単一経済圏から憲法を有する政治連合へ?— ユルゲン・シュヴァルツェ,(松原敬之訳) 61
  • 第3部 ヨーロッパにおける最近の法的発展方向—統一市場から政治的連合へ?:特に制度間競合の中における基本権の意義を中心に— 西原博史 73
  • 第3部 I 自由、民主制、基本権の価値を目指して (73)
  • 第3部 II 基本的人権の様々な機能 (75)
  • 第3部 III 基本的人権を保障する最終的責任の担い手 (76)
  • 第3部 IV 展望 (79)
  • 第4部 経済法部会 83
  • 第4部 Lex mercatoria—万能薬か、謎か、キメラか— カルステン・シュミット,(松原敬之訳) 85
  • 第4部 I まず、議論の対象の検証から (85)
  • 第4部 II Lex mercatoriaの「現実」について—現実と法 (90)
  • 第4部 III Lex mercatoriaを法理論に照らしてみれば (92)
  • 第4部 IV 国家法と自治法—国家には立法の独占権があるのか? (97)
  • 第4部 V 方向性を見いだす試み (99)
  • 第4部 ソフトローとしてのlex mercatoria 神作裕之 105
  • 第4部 I はじめに (105)
  • 第4部 II Lex mercatoriaの法源性 (106)
  • 第4部 III ソフトローとしてのlex mercatoria;機能と構造 (107)
  • 第4部 IV 結びに代えて (110)
  • 第5部 国際法部会 117
  • 第5部 世界住民の法へと変貌する国際法 フィリップ・クーニヒ,(三島憲一訳) 119
  • 第5部 I 概念と現実 (119)
  • 第5部 II 現代の国際法秩序の内容的欠陥 (122)
  • 第5部 III 欠陥の原因 (124)
  • 第5部 IV 国際法の将来への道 (125)
  • 第5部 グローバル化・法制度化・国際法—国際法はグローバリゼーションを生き残れるか— 奥脇直也 137
  • 第6部 刑法部会 149
  • 第6部 刑法の国際化—ドイツと日本における国際刑法の受容を中心に— フィリップ・オステン 151
  • 第6部 I はじめに (151)
  • 第6部 II 国際刑法の発展 (152)
  • 第6部 III 現行国際刑法の概要 (154)
  • 第6部 IV 国際刑法の受容 (157)
  • 第6部 V おわりに—刑法学の課題 (161)
  • 第6部 越境犯罪と刑法の国際化—問題の素描— 井田良 165
  • 第6部 I はじめに (165)
  • 第6部 II 日本刑法の国際化—概観 (167)
  • 第6部 III 刑法の国際化に伴う諸問題 (170)
  • 第6部 IV 要約にかえて—刑法学の任務 (175)
  • 第7部 法曹養成部会 179
  • 第7部 グローバル化が法曹養成に及ぼす影響 ハンス・プリュッティング,(桑折千恵子訳) 181
  • 第7部 I はじめに (181)
  • 第7部 II 法曹養成におけるグローバル化? (183)
  • 第7部 III 日独共通の歴史 (186)
  • 第7部 IV 20世紀におけるドイツの法曹養成と2003年改革 (188)
  • 第7部 V ヨーロッパ各国の動向 (190)
  • 第7部 VI ヨーロッパ化とグローバル化:ボローニャ・プロセス (193)
  • 第7部 VII 教育目標と成果 (195)
  • 第7部 カンボジアの法曹教育に対する日本の貢献 相沢恵一 197
  • 第7部 I はじめに (197)
  • 第7部 II 法務省法務総合研究所と法整備支援 (197)
  • 第7部 III カンボジアに対する法整備支援の取組み (199)
  • 第7部 IV カンボジアにおける法曹養成の重要性 (200)
  • 第7部 V 王立司法官職養成校の制度の概要 (201)
  • 第7部 VI 養成校の抱える問題点 (202)
  • 第7部 VII 養成校に対する支援方針と支援体制 (203)
  • 第7部 VIII 具体的な支援内容 (204)
  • 第7部 IX 今後の課題と展望 (205)
  • 第8部 After Dinner Speech 209
  • 第8部 Global Governanceか、Good Global Governanceか? ゲジーネ・シュヴァーン,(松原敬之訳) 211
  • 第8部 I Good Governanceと人間の尊厳 (211)
  • 第8部 II 民主主義にとって危険な、グローバルな経済の越境化 (214)
  • 第8部 III 市場が政治の代わりとなるのか? (215)

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here