サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

実験音声学と一般言語学 : 城生佰太郎博士還暦記念論文集

城生佰太郎博士還暦記念論文集編集委員会 編

詳細情報

タイトル 実験音声学と一般言語学 : 城生佰太郎博士還暦記念論文集
著者 城生佰太郎博士還暦記念論文集編集委員会 編
著者標目 城生, 佰太郎, 1946-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東京堂出版
出版年月日等 2006.7
大きさ、容量等 605p ; 23cm
注記 肖像あり
注記 著作目録あり
注記 文献あり
ISBN 4490205791
価格 18000円
JP番号 21088230
部分タイトル 音声研究 実験音声学の研究方法 / 城生佰太郎 著
部分タイトル 新潟県中魚沼郡津南町大字結東前倉方言のオ段長音開合現象 / 大橋勝男, 大橋純一, 河内秀樹 著
部分タイトル 日本語におけるアクセントの担い手としての音節 / 三浦弘 著
部分タイトル 音響音声学におけるモンゴル語弱母音の一考察 / レン・トヤー 著
部分タイトル 母音調和の音響音声学的類型 / 福盛貴弘 著
部分タイトル 朝鮮語ソウル方言のアクセント句におけるインテンシティーの特徴 / 宇都木昭 著
部分タイトル ポーズ論の新展開 / 高村めぐみ 著
部分タイトル 事象関連電位を用いた韓国語と日本語のアクセント / 高慧禎 著
部分タイトル 中間言語学と辞典における英語の定義 / 島岡丘 著
部分タイトル 幼児音は方言音とどのような関わりがあるのか / 伊藤克敏 著
部分タイトル 在日コリア語のアクセント / 羅聖淑 著
部分タイトル アルファベット頭文字語のアクセント / 上野善道 著
部分タイトル Mangghuer(土族語民話方言)の音節変化は漢語の影響と言えるか / 角道正佳 著
部分タイトル 英語の嵌入閉鎖音について / 三上司 著
部分タイトル 鏡像関係をなすアクセントシステム / 田端敏幸 著
部分タイトル 自然発話に生じた音位転倒の心理言語学的分析 / 寺尾康 著
部分タイトル 破擦音化と母音体系 / 高山知明 著
部分タイトル プロソディーとしての英語のschwa / 島田武 著
部分タイトル 兼常清佐の「音韻音声学」小考 / 蒲生美津子 著
部分タイトル 子ども向け英語学習プロジェクトの現場から / 和田のり子 著
部分タイトル 英語プロソディー習得法としてのシャドウイング / 岡田あずさ 著
部分タイトル 日本人EFL学習者の英語子音知覚 / 菅井康祐 著
部分タイトル 認知を視野に入れた日本語近似音に関する研究 / 小笠原雅子 著
部分タイトル 事象関連電位(ERP)を用いた実験音声学的研究 / 山崎修一 著
部分タイトル 言語研究 詩における垂直的文法 / 津村俊夫 著
部分タイトル 共時的変異と通時的変化 / 鷲尾龍一 著
部分タイトル 現生人類単一起源説と言語単一起源説 / 山本秀樹 著
部分タイトル 文献言語学序説 / 池田潤 著
部分タイトル 日英語の基礎色彩語彙 / 皆島博 著
部分タイトル Non-surface-apparent opacity in standard Japanese verb morphology / Kan Sasaki 著
部分タイトル 古代日本語のテンスとアスペクト / 今泉喜一 著
部分タイトル 版本狂言記研究の構想 / 大倉浩 著
部分タイトル 『元朝秘史』における疑問助詞についての一考察 / 栗林均 著
部分タイトル ライデン大学蔵Or.517写本のモンゴル語部分について / 斎藤純男 著
部分タイトル モンゴル語3人称所有後接語の複数の機能について / 橋本邦彦 著
部分タイトル 近代漢語における女性を指す人称代名詞「奴」について / 増野仁, 孟子敏 著
部分タイトル フランス語副詞si,tant,tellementについて / 青井明 著
部分タイトル フランス語のオノマトペについて / 青木三郎 著
部分タイトル Prefixed verbs and simple verbs in AB language / Harumi Tanabe 著
部分タイトル Vladimir Ilich dorabotalsia do bessonnicy / 三谷惠子 著
部分タイトル ロシア語における名辞述語の形式と機能に関する試論 / 臼山利信 著
部分タイトル アバール語の不定詞従属節のいくつかの用法について / 山田久就 著
部分タイトル バスケト語の態(ヴォイス)について / 乾秀行 著
部分タイトル アザティワダ碑文のフェニキア語部分における非過去を表す不定詞絶対形再考 / 竹内茂夫 著
部分タイトル エジプト聖刻文字の表記要素の分類案 / 永井正勝 著
部分タイトル 「聖書ヘブライ語」動詞の再建 / 高橋洋成 著
部分タイトル 検索エンジンGoogleの使い方とWWWコーパスによる日本語研究 / 荻野綱男 著
部分タイトル 外国人年少者日本語教育の基礎としての言語政策分析研究 / 岡崎敏雄 著
部分タイトル 方法論としての「第三者調査」 / 宮崎里司 著
部分タイトル Time allocated to the four skills in teaching English in South Korea / June-ko Matsui 著
部分タイトル 漢字文化圏出身学習者に対する漢字と漢語知識を利用した効率的な日本語教育に向けて / 三松国宏 著
部分タイトル モンゴル語仏典翻訳の規範 / 金岡秀郎 著
部分タイトル 欧米文化研究におけるハンガリー語の意義 / 秋山学 著
部分タイトル 会話シーンの映像文法 / 今泉容子 著
出版年(W3CDTF) 2006
件名(キーワード) 言語学--論文集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE12
NDC(9版) 804 : 論文集.評論集.講演集
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 実験音声学と一般言語学 城生佰太郎博士還暦記念論文集
  • 実験音声学と一般言語学—城生佰太郎博士還暦記念論文集 目次
  • 献辞 橋本邦彦 3
  • 城生佰太郎博士 履歴・業績一覧
  • 履歴 12
  • 非常勤職歴一覧 14
  • 城生佰太郎博士業績一覧—総合目録 17
  • 第1部 音声研究
  • 第1部 第1章 実験音声学
  • 第1部 第1章 実験音声学の研究方法 城生佰太郎 52
  • 第1部 第1章 新潟県中魚沼郡津南町大字結東前倉(なかうおぬまぐんつなんまちおおあざけっとうまえくら)方言のオ段長音開合現象—1老年男性の音響的実相— 大橋勝男,大橋純一,河内秀樹 61
  • 第1部 第1章 日本語におけるアクセントの担い手としての音節 三浦弘 73
  • 第1部 第1章 音響音声学によるモンゴル語弱母音の一考察—オラダ方言における解析— レン トヤー 88
  • 第1部 第1章 母音調和の音響音声学的類型—トルコ語・モンゴル語を起点として— 福盛貴弘 99
  • 第1部 第1章 朝鮮語ソウル方言のアクセント句におけるインテンシティーの特徴 宇都木昭 107
  • 第1部 第1章 ポーズ論の新展開—節(ふし)と大ポーズ・小ポーズ— 高村めぐみ 117
  • 第1部 第1章 事象関連電位を用いた韓国語と日本語のアクセント 高慧禎 128
  • 第1部 第2章 音声学・音韻論
  • 第1部 第2章 中間言語学と辞典における英語の定義 島岡丘 140
  • 第1部 第2章 幼児音は方言音とどのような関わりがあるのか 伊藤克敏 151
  • 第1部 第2章 在日コリア語のアクセント—韓国大邱方言および東京方言との対比— 羅聖淑 159
  • 第1部 第2章 アルファベット頭文字語のアクセント 上野善道 170
  • 第1部 第2章 Mangghuer(土族語民和方言)の音節変化は漢語の影響と言えるか—東郷語との比較の観点から— 角道正佳 181
  • 第1部 第2章 英語の嵌入閉鎖音について 三上司 187
  • 第1部 第2章 鏡像関係をなすアクセントシステム—古典ギリシャ語とラテン語— 田端敏幸 194
  • 第1部 第2章 自然発話に生じた音位転倒の心理言語学的分析 寺尾康 206
  • 第1部 第2章 破擦音化と母音体系 高山知明 218
  • 第1部 第2章 プロソディーとしての英語のschwa 島田武 229
  • 第1部 第3章 関連領域
  • 第1部 第3章 兼常清佐の「音韻音声学」小考 蒲生美津子 242
  • 第1部 第3章 子ども向け英語学習プロジェクトの現場から—日本語環境に育つ子どもに適した英語教材とは?— 和田のり子 250
  • 第1部 第3章 英語プロソディー習得法としてのシャドウイング—大学生の音声の分析を通して— 岡田あずさ 262
  • 第1部 第3章 日本人EFL学習者の英語子音知覚—単音節語における難易度の調査— 菅井康祐 272
  • 第1部 第3章 認知を視野に入れた日本語近似音に関する研究 小笠原雅子 280
  • 第1部 第3章 事象関連電位(ERP)を用いた実験音声学的研究—筑波大学実験音声学研究室における研究の歴史— 山崎修一 291
  • 第2部 言語研究
  • 第2部 第4章 一般言語学
  • 第2部 第4章 詩における垂直的文法(Vertical Grammar) 津村俊夫 302
  • 第2部 第4章 共時的変異と通時的変化—助動詞選択における《領域拡張》の場合— 鷲尾竜一 307
  • 第2部 第4章 現生人類単一起源説と言語単一起源説 山本秀樹 316
  • 第2部 第4章 文献言語学序説 池田潤 325
  • 第2部 第4章 日英語の基礎色彩語彙—「クロ」と“black”の語彙分析— 皆島博 335
  • 第2部 第4章 Non-surface-apparent Opacity in Standard Japanese Verb Morphology Kan SASAKI 348
  • 第2部 第5章 個別言語学
  • 第2部 第5章 古代日本語のテンスとアスペクト—図示の可能性を探る— 今泉喜一 362
  • 第2部 第5章 版本狂言記研究の構想 大倉浩 375
  • 第2部 第5章 『元朝秘史』における疑問助詞についての一考察 栗林均 382
  • 第2部 第5章 ライデン大学蔵Or.517写本のモンゴル語部分について 斎藤純男 389
  • 第2部 第5章 モンゴル語3人称所有後接語の複数の機能について 橋本邦彦 400
  • 第2部 第5章 近代漢語における女性を指す人称代名詞「奴」について 増野仁,孟子敏 412
  • 第2部 第5章 フランス語副詞si, tant, tellementについて 青井明 424
  • 第2部 第5章 フランス語のオノマトペについて 青木三郎 432
  • 第2部 第5章 Prefixed Verbs and Simple Verbs in AB Language Harumi TANABE 443
  • 第2部 第5章 Vladimir Ilich dorabotalsia do bessonnicy—ロシア語のdo-V-sia動詞についての記述的考察— 三谷恵子 454
  • 第2部 第5章 ロシア語における名辞述語の形式と機能に関する試論 臼山利信 467
  • 第2部 第5章 アバール語の不定詞従属節のいくつかの用法について 山田久就 480
  • 第2部 第5章 バスケト語の態(ヴォイス)について 乾秀行 489
  • 第2部 第5章 アザティワダ碑文のフェニキア語部分における非過去を表す不定詞絶対形再考 竹内茂夫 496
  • 第2部 第5章 エジプト聖刻文字の表記要素の分類案 永井正勝 506
  • 第2部 第5章 「聖書ヘブライ語」動詞の再建 高橋洋成 516
  • 第2部 第6章 応用言語学・関連領域
  • 第2部 第6章 検索エンジンGoogleの使い方とWWWコーパスによる日本語研究 荻野綱男 528
  • 第2部 第6章 外国人年少者日本語教育の基礎としての言語政策分析研究—スウェーデン言語政策の言語生態学・動態分析— 岡崎敏雄 538
  • 第2部 第6章 方法論としての「第三者調査」—言語研究への応用— 宮崎里司 548
  • 第2部 第6章 Time Allocated to the Four Skills in Teaching English in South Korea June-ko MATSUI 555
  • 第2部 第6章 漢字文化圏出身学習者に対する漢字と漢語知識を利用した効率的な日本語教育に向けて 三松国宏 560
  • 第2部 第6章 モンゴル語仏典翻訳の規範—『merged Garqu-yin orun (mGo)』序章に見る翻訳論— 金岡秀郎 570
  • 第2部 第6章 欧米文化研究におけるハンガリー語の意義—語順を中心に— 秋山学 580
  • 第2部 第6章 会話シーンの映像文法—効果的な撮影・編集の試案— 今泉容子 590
  • 執筆者一覧 604

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで