The site menu is from hereThe head of this page

This is an explanation of shortcut keys. To link or execute a function, press any of the following combinations of shortcut keys and then press Enter.  To listen to an explanation of shortcut keys, press Alt and 0.  To display the top page, press Alt and 1.  To login, press Alt and 2.  To display the Simple Search page, press Alt and 3.  To display the Advanced Search page, press Alt and 4.  To display the Search page for persons with disabilities, press Alt and 5.  To sort search results, press Alt and 6.  To display the NDL homepage, press Alt and 7.  To refine search results, press Alt and 8.  This ends the explanation of shortcut keys.

The navigation is from here

The navigation is to here

A body is from here

Format 図書

計量経済学のフロンティア

田中辰雄, 中妻照雄 編著

details

Title 計量経済学のフロンティア
Author 田中辰雄, 中妻照雄 編著
Personal Name (Author) 田中, 辰雄, 1957-
Personal Name (Author) 中妻, 照雄, 1968-
Place of Publication (Country Code) JP
Place of Publication東京
Publisher慶應義塾大学出版会
Date 2006.3
Size & Duration 194p ; 22cm
Description 文献あり
ISBN 4766412702
Price 3600円
National Bibliography No.(JPNO) 21102306
Parallel Title Frontiers of econometrics
Partial Title 2段階S推定による頑健回帰 / 蓑谷千凰彦 著
Partial Title 一般化モーメント法の問題とその修正 / 大津泰介 著
Partial Title モデル選択における包括テスト統計量の役割と意義 / 清水玄彦 著
Partial Title 状態空間モデルのベイズ分析 / 中妻照雄 著
Partial Title 投資オプションモデルの耐久消費財支出行動への応用 / 高木康順 著
Partial Title 東京大都市圏における単一中心都市圏仮説と波紋効果の検証 / 隅田和人 著
Year of Publication(W3CDTF) 2006
Subject Heading(Keyword) 計量経済学--論文集
Ajax-loader Related keywordSearching ・・・
NDLC DA39
NDC(9th revised) 331.19 : Economic theory and thought
Target Audience 一般
Material Type 図書
Language(ISO639-2 Form) jpn : 日本語

Table of Contents
 

  • 計量経済学のフロンティア
  • 目次
  • 序文 i
  • 1 2段階S推定による頑健回帰 蓑谷千凰彦 1
  • 1 1 はじめに 1
  • 1 2 OLSと回帰診断 3
  • 1 3 M推定 9
  • 1 4 有界影響推定 13
  • 1 5 総誤差感度と崩壊点 15
  • 1 6 S推定 18
  • 1 6 6.1 S推定 18
  • 1 6 6.2 S推定量の崩壊点 19
  • 1 6 6.3 S推定量の必要条件 20
  • 1 6 6.4 S推定量の漸近的分布 21
  • 1 7 4つの損失関数,ψおよびウエイト 21
  • 1 7 7.1 Tukeyの双加重 21
  • 1 7 7.2 Andrews 23
  • 1 7 7.3 Hinich and Talwar 25
  • 1 7 7.4 Collins 27
  • 1 8 調整定数と崩壊点,漸近的有効性 30
  • 1 9 2段階S推定 32
  • 1 10 賃金率関数の2段階S推定 36
  • 1 10 10.1 OLSと回帰診断 36
  • 1 11 2段階S推定 44
  • 1 12 おわりに 47
  • 2 一般化モーメント法の問題とその修正 大津泰介 53
  • 2 1 はじめに 53
  • 2 2 GMM 54
  • 2 3 モデルの弱識別 58
  • 2 3 3.1 弱識別の問題 58
  • 2 3 3.2 弱識別のもとでのパラメータ検定と区間推定 61
  • 2 4 多数のモーメント条件 65
  • 2 4 4.1 多数のモーメント条件がもたらすバイアス 65
  • 2 4 4.2 多数のモーメント条件があるときの推定と検定 68
  • 2 5 新しい推定および検定方法 71
  • 2 5 5.1 一般化経験尤度 71
  • 2 5 5.2 GEL推定量および検定統計量の比較 75
  • 2 6 条件付きモーメントモデルの推定 77
  • 2 6 6.1 条件付きモーメントモデル 77
  • 2 6 6.2 モデルの推定 79
  • 2 7 おわりに 81
  • 3 モデル選択における包括テスト統計量の役割と意義 清水玄彦 87
  • 3 1 はじめに 87
  • 3 1 1.1 モデル選択としての包括テスト 87
  • 3 1 1.2 理論の包括と包括テスト 89
  • 3 1 1.3 応用計量経済分析における包括テストの位置づけ 91
  • 3 1 1.3 1.3.1 十戒(1)-Kennedy (2001) 91
  • 3 1 1.3 1.3.2 十戒(2)-Hendry (2001) 92
  • 3 2 包括テスト統計量 94
  • 3 2 2.1 Cox-Pesaran統計量 94
  • 3 2 2.2 N統計量 98
  • 3 3 モンテカルロ実験による包括テスト統計量の比較 99
  • 3 3 3.1 モンテカルロ実験の概要 99
  • 3 3 3.1 3.1.1 実験(1)-Godfrey and Pesaran (1983) 99
  • 3 3 3.1 3.1.2 実験(2)-時系列分析 100
  • 3 3 3.2 棄却率と統計量の分布の比較 101
  • 3 3 3.3 検出力の検証 103
  • 3 4 まとめと今後の課題 104
  • 4 状態空間モデルのベイズ分析 中妻照雄 107
  • 4 1 はじめに 107
  • 4 2 状態空間モデル 109
  • 4 3 状態変数に関する推論 113
  • 4 4 未知のパラメータに関する推論 119
  • 4 5 MCMC法の活用 122
  • 4 6 確率的ボラティリティ・モデル 129
  • 4 7 まとめ 134
  • 4 付録A 確率分布 135
  • 4 付録B カルマン・フィルタの公式の導出 137
  • 4 付録C 状態変数の予測分布の導出 139
  • 4 付録D 平滑化の公式の導出 141
  • 5 投資オプションモデルの耐久消費財支出行動への応用 高木康順 147
  • 5 1 導入 147
  • 5 2 耐久消費財支出の間歇性 149
  • 5 2 2.1 (S, s)モデル 149
  • 5 2 2.2 遅延確率モデル 155
  • 5 3 遅延確率モデル 155
  • 5 4 推計モデルと推計結果 159
  • 5 5 結語 160
  • 5 補論 162
  • 6 東京大都市圏における単一中心都市圏仮説と波紋効果の検証 隅田和人 165
  • 6 1 はじめに 165
  • 6 2 単一都市圏内での地域価格指数間の関係 167
  • 6 2 2.1 実質家賃モデル 167
  • 6 2 2.2 実質価格モデル 169
  • 6 3 データとその特徴 171
  • 6 3 3.1 データの出典と加工 171
  • 6 3 3.2 記述統計量 171
  • 6 3 3.3 単位根検定 172
  • 6 4 共和分検定 176
  • 6 4 4.1 モデルの定式化 176
  • 6 4 4.2 実質家賃モデル 178
  • 6 4 4.3 実質価格モデル 180
  • 6 5 Granger因果性の検定 185
  • 6 5 5.1 Gragner因果性検定の方法論的背景 185
  • 6 5 5.2 2変量VARモデルの場合 186
  • 6 5 5.2 5.2.1 検定統計量の導出 186
  • 6 5 5.2 5.2.2 検定結果 187
  • 6 5 5.3 3変量VARモデルの場合 188
  • 6 5 5.3 5.3.1 検定統計量の導出 189
  • 6 5 5.3 5.3.2 検定結果 190
  • 6 6 まとめと今後の課題 191
  • 6 付録 制約付き推定量の導出 192

A body is to here

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

Foot is to here